静岡県立清流館高等学校ホームページ
 
学校案内清流館便り部活動修学旅行中学生の方在校生の方卒業生の方校長室からこんにちは!
 
ホーム>学校案内>進路

2月21日 2年生 SPの時間
2月21日(木)、2年生は、SPの時間に講師の先生をお招きし、小論文の書き方についての講義を受けました。


はじめに、講師の先生から「小論文」とは何かということを教えていただきました。


小論文に必要なものは、「文章力」だけではなく、「夢を持つ」こと、「世間の出来事に敏感になる」こと。
より良い小論文を書くためのポイントを伺い、真剣な面持ちで耳を傾ける生徒たち。


『工夫』という今日のキーワードをもとに、たくさんのお話をしていただきました。


小論文は入試のためだけじゃない。
大学に行っても、社会人になっても使える力!
将来のために、今、小論文の力を鍛えよう! 2月21日(木)、2年生は、SPの時間に講師の先生をお招きし、小論文の書き方についての講義を受けました。


はじめに、講師の先生から「小論文」とは何かということを教えていただきました。


小論文に必要なものは、「文章力」だけではなく、「夢を持つ」こと、「世間の出来事に敏感になる」こと。
より良い小論文を書くためのポイントを伺い、真剣な面持ちで耳を傾ける生徒たち。


『工夫』という今日のキーワードをもとに、たくさんのお話をしていただきました。


小論文は入試のためだけじゃない。
大学に行っても、社会人になっても使える力!
将来のために、今、小論文の力を鍛えよう!

2月21日 1年生 SPの時間
2月21日(木)、1年生は、SPの時間に小論文の書き方について学習しました。


静粛な教室。真剣にワークブックに向かっていました。


担任や副担任の先生が、ひとりひとりにアドバイスしていました。



「書く力」は「読む力」にもつながる大切な「力」。
自分の将来の夢の実現のために、小論文の力をつけていこう!2月21日(木)、1年生は、SPの時間に小論文の書き方について学習しました。


静粛な教室。真剣にワークブックに向かっていました。


担任や副担任の先生が、ひとりひとりにアドバイスしていました。



「書く力」は「読む力」にもつながる大切な「力」。
自分の将来の夢の実現のために、小論文の力をつけていこう!

2月16日 保護者対象進路講座
2月16日(土)、大井川福祉センター「ほほえみ」において、今年度3回目となる保護者を対象とした進路講座を開催しました。



本校進路課の職員から、今年度本校3年生の就職状況や、管内における就職状況などが報告されました。
また、今後の就職指導のながれと準備等についての説明を行いました。
今回は1・2年生の保護者が対象で、約30名の方々が参加してくださいました。

2月16日 今年度最後の「土曜補講」
2月16日(土)、1・2年生が今年度最後となる「土曜補講」に取り組みました。


1年生数学の補講は、三角比について学習しました。


あともう少しで2年生。勉強に取り組む姿勢も、真剣なものに変わってきました。


来年度も補講を活用し、夢の実現に向かってがんばろう!!

2年生 「センター試験早期対策模試」
2月9日(土)、2年生が「センター試験早期対策模試」を受けました。









センター試験まであと11ヶ月あまり。
夢の実現に向けて、頑張ろう!

2月7日 1年生 SPの時間
2月7日(木)、1年生は、SPの時間、1年間の振り返りを行いました。










3年生の先輩が、自身の経験をもとに進路実現に向けてのアドバイスを話してくれました。
「部活動と学習の両立のために、生活にメリハリをつけ、隙間時間を活用した。」
「お互い教え合い競い合って切磋琢磨できる仲間の存在が、目標達成に大きな支えになった。」
先輩の言葉が、後輩の心を奮い立たせました。









熱心に話を聞く理系選択の生徒たち

2月7日 2年生 SPの時間
2月7日(木)、2年生は、SPの時間、小論文を書く練習を行いました。












地道な積み重ねが、大きな実を結びます。

1月29日 「藤枝地区合同進学相談会」
1月29日(火)放課後、「藤枝地区合同進学相談会」に参加する1・2年生約50名が、バスで会場の藤枝市文化センターへ向かいました。








夢の実現に向かって!

大学入試センター試験 自己採点
1月21日(月)、土日に実施された大学入試センター試験を受験した3年生が、自己採点を行いました。
二次試験や私大出願に向けて、万全の準備を進めていきましょう!












大学入試センター試験1日目
1月19日(土) 大学入試センター試験1日目

本校3年生は、静岡市立高校の会場で受験しています。
これまでの努力を信じて、実力を発揮してください。
頑張れ清流館生!



前へ