静岡県立浜松湖北高等学校佐久間分校
 
 
ホーム>学校経営>学校長から

校長挨拶
浜松湖北高等学校佐久間分校ホームページへようこそ!
佐久間分校は静岡県の北西部、北遠地区にある飯田線沿いの自然環境豊かな学校です。学校が周囲の山々に抱かれている感覚を覚える、心が休まり落ち着いて何事にも取り組める教育環境であります。
佐久間高校においては、これまで1期生の金子(旧姓三輪)定廣さんが東京オリンピックの重量挙げで5位に入賞したのを始め、昭和60年にはスポーツテストで男女ともに14年連続県1位で表彰されたり、平成10年には郷土芸能部が「川合花の舞」で高文連の全国大会(鳥取大会)に出場したりするなど、生徒たちが様々な場面で活躍をしてきました。
現在、生徒減少期を迎え、各学年1クラスにもかかわらず、生徒たちは元気ではつらつとしており、日々の教育活動に積極的に取り組んでいます。平均年齢が若い教員集団も、生徒たちに学力を付けよう、自信を付けようと毎日熱心に指導しております。また、小規模校ならではの手厚く丁寧な指導をし、多種多様な進路に対応しています。
また、佐久間中学校と同じ施設内(2階・4階は高校、3階は中学校)で学ぶ良さを生かして、日頃から中学生と高校生、中学校教員と高校教員が自然な形で交流しております。この中で高校生はリーダーシップを身に付けたり、気配りを身に付けたりしています。  
これからも浜松湖北高等学校佐久間分校が、ますます発展できるように創意工夫をしていきますので、どうぞ御協力・御支援いただければ幸いです。
平成31年4月
静岡県立浜松湖北高等学校佐久間分校 校長 宮 田  治 幸