静岡県立小山高等学校公式ホームページ




お知らせ小山高案内中学生へ部活動情報全日制 生徒会アクセス緊急時対応

 

  • 野球
  • 陸上
  • サッカー
  • 弓道
  • ダンス
  • 女子ハンド
  • 男子ハンド
  • 女子バスケ
  • 男子バスケ
  • 女子テニス
  • 男子テニス
  • 女子バレー
春季大会結果


4月29日(日)に春季大会がありました。
今大会は高校総体(個人戦)東部予選を兼ねており、
男子は8射5中以上、女子は4中以上で県大会進出となります。

男子は勝間田有介、内海幸樹、中村匠の3名、
女子は近野晴菜、勝又遥菜、田代純奈、富澤愛弓、
山﨑美緒、岡野友香、齋田優花、鈴木るかの8名が通過しました。

また、田代が優勝、近野が2位に入賞することができました。


県大会は5月27日にあります。
さらに技術に磨きをかけ、結果を出すことができるよう努力していきます。


今回惜しくも通過できず悔し涙を流した選手もたくさんいます。
そういったみんなの気持ちを心に、精一杯競技してきますので
今後とも応援していただければと思います。よろしくお願いします。

第12回須走口大会
3月24日に本校弓道場にて須走口大会を行いました。
毎年開催している大会で、今年は多くの学校が参加してくださり16校、300人の参加となりました。

東部大会は沼津商業高校と市立沼津高校で行っております。
この大会を通して、多くの学校を招くこと、大会を運営することの大変さを実感し、
会場校への感謝の気持ちが芽生えてくれたらと思っております。

前日から弓道場や校内の清掃、準備を行い、当日は看的や記録の仕事を担当しました。
若干のミスはあったものの、全体的にはスムーズな運営をすることができていたと思います。
今回の大会を通して、これまでやってきた積み重ねで成長してきたことを実感しました。


大会の結果は十分満足のいくものではありませんでしたが、
それぞれ課題を見つけることができたと思います。
今後の修練で課題を解決していってくれたらと思います。


今年度の大会はこれで終わりました。
次は4月29日の春季大会(個人戦)、5月5日の総体東部予選(団体戦)となります。
ここでしっかりと結果を残して県大会に出場した上で、
本校の目標である『男女ともに県優勝』を果たせるよう頑張っていきます。

今後とも小山高校弓道部の応援をよろしくお願いします。

東部地区学校対抗戦結果



2月17日(土)に沼津商業高校にて東部地区学校対抗戦がありました。
5人団体で一人4射を2回行い、計40射の的中合計で競います。

男子団体は計15中で8位、女子団体は計17中で5位に入賞しました。
男女とも入賞できたことは良かったと思います。

個々に見ると、課題が浮き彫りとなった試合だったと感じました。
これから総体に向けて修正していけるよう頑張っていきたいと思います。


年度内の公式戦はこれで終わりになります。
2年生は総体で引退となるため、残された時間を大切に、
1本1本集中して練習することで結果に繋げていきたいと思います。


今後とも小山高校弓道部の応援をぜひよろしくお願いいたします。

錬成大会(合宿)
  

2月2日から4日にかけて神奈川県主催の大会(合宿)に参加しました。
毎年青少年交流の家で行われており、小山高校は地元ということもあって金曜日の夜のから宿泊して準備しました。
主催校の足柄高校と協力して、土曜日からの大会が滞りなく行えるよう準備設営することができました。


土曜日の試合では、3人のチームで一人4射、団体計12射を2回行い、
上位30チームがさらに12射引いて順位をつける形式でした。

本校は男女4チームずつ出場しましたが、全チームが3回目に通過することができました。
惜しくも順位に入ることはできませんでしたが、
小山高校全体のレベルがあがっていることを実感することができました。


日曜日も、土曜日と同様に3人立ち一人4射、団体計12射を行いました。
この日は1回で上位24チームに絞り、2回戦で18チームまで絞った後、
決勝トーナメントを行うという形式でした。

男女とも2チームずつ決勝トーナメントまで残りましたが、 あとひと息で順位までは入りませんでした。


2日間を通して、入賞することはできませんでしたが全体的にレベルがあがっていることを感じることができました。
3年生女子もお互いを補い合いながら全国大会まで出場することができたので、通じるものがあると思います。

また、個人個人を見ると射型、生活その他課題を実感することもできたので、
これから総体に向けて修正していき、結果を残せるよう頑張っていきます。

今後とも小山高校弓道部の応援をよろしくお願いします。

武道のつどい(合宿)
  

1月6日から8日にかけて、青少年交流の家で合宿を行いました。
県内から16校、約370人の高校生が参加しました。

この合宿では、射技の向上だけでなく精神修養も目的とし、
厳しい指導がなされる環境で行われました。


小山高校は地元の学校ということで会場設営を中心に積極的に行動していました。
また、射技についても多くの先生から指導をいただき、
普段の稽古では気付かない問題点や修正方法を学び、得ることの多い合宿になったと思います。

最終日には試合形式での個人戦を行いました。
勝間田有介が4位、小宮山彩花が5位、勝又悠希が8位に入賞しました。
その他の選手達もこの合宿で学んだことを意識して試合に臨むことができていました。


今回の合宿で学んだことを部活動のときだけでなく、
普段の学校生活や日常生活でも意識し、さらにレベルアップしていってくれたらと思います。


次へ