静岡県立小山高等学校公式ホームページ




お知らせ小山高案内中学生へ部活動情報全日制 生徒会アクセス緊急時対応

 

  • 野球
  • 陸上
  • サッカー
  • 弓道
  • ダンス
  • 女子ハンド
  • 男子ハンド
  • 女子バスケ
  • 男子バスケ
  • 女子テニス
  • 男子テニス
  • 女子バレー
第12回須走口大会
3月24日に本校弓道場にて須走口大会を行いました。
毎年開催している大会で、今年は多くの学校が参加してくださり16校、300人の参加となりました。

東部大会は沼津商業高校と市立沼津高校で行っております。
この大会を通して、多くの学校を招くこと、大会を運営することの大変さを実感し、
会場校への感謝の気持ちが芽生えてくれたらと思っております。

前日から弓道場や校内の清掃、準備を行い、当日は看的や記録の仕事を担当しました。
若干のミスはあったものの、全体的にはスムーズな運営をすることができていたと思います。
今回の大会を通して、これまでやってきた積み重ねで成長してきたことを実感しました。


大会の結果は十分満足のいくものではありませんでしたが、
それぞれ課題を見つけることができたと思います。
今後の修練で課題を解決していってくれたらと思います。


今年度の大会はこれで終わりました。
次は4月29日の春季大会(個人戦)、5月5日の総体東部予選(団体戦)となります。
ここでしっかりと結果を残して県大会に出場した上で、
本校の目標である『男女ともに県優勝』を果たせるよう頑張っていきます。

今後とも小山高校弓道部の応援をよろしくお願いします。

東部地区学校対抗戦結果



2月17日(土)に沼津商業高校にて東部地区学校対抗戦がありました。
5人団体で一人4射を2回行い、計40射の的中合計で競います。

男子団体は計15中で8位、女子団体は計17中で5位に入賞しました。
男女とも入賞できたことは良かったと思います。

個々に見ると、課題が浮き彫りとなった試合だったと感じました。
これから総体に向けて修正していけるよう頑張っていきたいと思います。


年度内の公式戦はこれで終わりになります。
2年生は総体で引退となるため、残された時間を大切に、
1本1本集中して練習することで結果に繋げていきたいと思います。


今後とも小山高校弓道部の応援をぜひよろしくお願いいたします。

錬成大会(合宿)
  

2月2日から4日にかけて神奈川県主催の大会(合宿)に参加しました。
毎年青少年交流の家で行われており、小山高校は地元ということもあって金曜日の夜のから宿泊して準備しました。
主催校の足柄高校と協力して、土曜日からの大会が滞りなく行えるよう準備設営することができました。


土曜日の試合では、3人のチームで一人4射、団体計12射を2回行い、
上位30チームがさらに12射引いて順位をつける形式でした。

本校は男女4チームずつ出場しましたが、全チームが3回目に通過することができました。
惜しくも順位に入ることはできませんでしたが、
小山高校全体のレベルがあがっていることを実感することができました。


日曜日も、土曜日と同様に3人立ち一人4射、団体計12射を行いました。
この日は1回で上位24チームに絞り、2回戦で18チームまで絞った後、
決勝トーナメントを行うという形式でした。

男女とも2チームずつ決勝トーナメントまで残りましたが、 あとひと息で順位までは入りませんでした。


2日間を通して、入賞することはできませんでしたが全体的にレベルがあがっていることを感じることができました。
3年生女子もお互いを補い合いながら全国大会まで出場することができたので、通じるものがあると思います。

また、個人個人を見ると射型、生活その他課題を実感することもできたので、
これから総体に向けて修正していき、結果を残せるよう頑張っていきます。

今後とも小山高校弓道部の応援をよろしくお願いします。

武道のつどい(合宿)
  

1月6日から8日にかけて、青少年交流の家で合宿を行いました。
県内から16校、約370人の高校生が参加しました。

この合宿では、射技の向上だけでなく精神修養も目的とし、
厳しい指導がなされる環境で行われました。


小山高校は地元の学校ということで会場設営を中心に積極的に行動していました。
また、射技についても多くの先生から指導をいただき、
普段の稽古では気付かない問題点や修正方法を学び、得ることの多い合宿になったと思います。

最終日には試合形式での個人戦を行いました。
勝間田有介が4位、小宮山彩花が5位、勝又悠希が8位に入賞しました。
その他の選手達もこの合宿で学んだことを意識して試合に臨むことができていました。


今回の合宿で学んだことを部活動のときだけでなく、
普段の学校生活や日常生活でも意識し、さらにレベルアップしていってくれたらと思います。


大掃除
 



今日は毎年年末に行っている大掃除をしました。

いつも使わせていただいている弓道場に感謝の意を込めて
普段できないところまで丁寧に掃除をしていました。
周囲の状況を見て積極的に行動することができ、部員たちの成長を感じました。

また、看的小屋に的を置くための棚を作りました。
設計図から組み立てまで全て部員が行い、立派な棚ができました。
こういうものがあったら、というものを自分たちで作る行動力も備わってきたと思います。


今後は1月に武道のつどいという合宿、
2月に錬成大会という神奈川県との合同合宿、学校対抗戦を経て
インターハイに臨むことになります。

この冬でさらに成長し、男女とも県優勝という目標目指して頑張っていきたいと思います。

富士マラソンフェスタボランティア



11月18日に富士スピードウェイで行われた
富士マラソンフェスタに高校生ボランティアとして参加しました。

弓道部は毎年参加しており、今年は手荷物預かりと給水を担当しました。
一般の方が気持ちよく参加できるようにと、あいさつや応対等心を込めて行うことができました。

あいさつといった当たり前のことを当たり前にやること、相手のことを考えて行動する大切さ
を改めて認識することができたのでは、と思います。



今後は1月に中央青少年交流の家で行われる合宿に参加します。

ボランティアや合宿等を通して、部活動として結果を求めていくと同時に、
人間的に成長してくれることも願って指導していきたいと思います。

今後とも小山高校弓道部の応援をよろしくお願いします。

新人戦県大会結果


11月11日、12日に新人戦県大会が県武道館にて行われた。


11日は団体戦で、小山高校は男女1チームずつ出場した。
一人8射を行い、団体合計24射での競技となる。

結果は男子:9中、女子:5中と力を発揮しきれず敗退となった。

どんな場面であっても落ち着いて試合に臨むのは難しいと実感した。
今回の結果を糧に、インターハイに向けて頑張っていきたいと思う。


12日は個人戦が行われ、10人の選手が出場した。
4射2中以上で準決勝進出、準決勝ではさらに4射を加えて計6中以上で決勝進出、
決勝でさらに4射を加えて順位を決定していくという形式で行われた。

鎌野、芹沢、伊深の3名が準決勝進出、勝又、近野が決勝に進出し、
勝又と近野は両名とも計9中し、7,8位決めの競射に残った。
この競射では的の中心に近いほど順位が高くなるものである。
9中した選手が14人いる中、勝又が的の中心に中て、県大会個人で7位に入賞することができた。


団体でも個人でも県大会ではまだまだ通用しないことを痛感した。
これから冬の稽古で矢数をかけるとともに普段の生活から見直していき、
『男女とも県大会優勝』という目標を達成できるよう頑張っていきたい。

新人戦東部地区予選結果


11月3日(金)に男子は市立沼津高校、女子は沼津商業高校で新人戦東部地区予選が行われました。

団体、個人ともに規定本数以上の的中で県大会出場となる大会です。
一人8射を行い、男子団体は12中以上、女子団体は10中以上で通過、
男子個人は5中以上、女子個人は4中以上で通過となります。


団体では男子Aチーム(鎌野、勝又潤、勝間田有)が13中、
女子Aチーム(近野、小宮山、勝又遥)が14中で通過しました。
また、男子Aチームが6位、女子Aチームが4位に入賞することができました。

個人では、男子は鎌野、勝間田有、上久保の3名、
女子は近野、小宮山、勝又遥、田代、山﨑、芹沢、伊深の7名が通過しました。
あわせて鎌野が8位に入賞しました。


県大会は団体戦が11月11日(土)、個人戦が12日(日)に
藤枝の県武道館にて行われます。


県大会でも良い報告ができるよう、自分達の射をすることができるよう頑張ってきます。
今後とも応援をよろしくお願いします!


静岡県弓道連盟秋季大会結果
9月30日(土)に静岡県武道館にて県連秋季大会が行われました。

9月23日(土)に行われたスポーツフェスティバルで
男子団体が東部4位に入賞して出場権を得ました。


静岡県弓道連盟秋季大会では、
5人団体で1人4射、計20射を2回での競技となり、
小山高校は前半で9中と出遅れましたが
後半で13中と巻き返して県で7位に入賞することができました。


しかし、小山高校弓道部では男女で県優勝を目標にやってきています。
今回の結果で満足せず、課題点を修正していき、
新人戦ではさらなる結果を残せるよう頑張っていきます。

笛まつり



9月10日(日)に足柄峠で行われた笛まつりに参加させていただきました。
笛まつりは新羅三郎義光と師の一子 時秋の故事にちなんだお祭りで、
太鼓、笛、詩吟、火縄銃等の実演があり、その一端として弓道を披露しました。
男女5人ずつ出演し、初めて弓道を見る観客の方々に喜んでもらえたと思います。


本来弓道は28mの距離から弓を引きます。(戦場における弓の間合いに由来するそうです)
笛まつりではそれより距離が近く足場も安定しない中、自分の射をすることができました。
また、人前で引くことも良い経験になったと思います。


今後は9月23日のスポーツフェスティバル、11月4日の新人戦に向けて
さらに射技を向上させていきたいと思います。

ぜひ今後とも小山高校弓道部の応援をよろしくお願いします。

夏期休業中の弓道部活動報告
8月17日 安土整備
  

部員全員で安土(矢が刺さる盛り土)の整備と道場の大掃除をしました。
普段使わせていただいている弓道場に感謝の気持ちを込めて行いました。

誰一人手を抜くことなく、状況を見て判断して行動することができていて、とても良かったと思います。
今後も道場、弓具、仲間や保護者への感謝の気持ちを持って活動していってほしいと思います。


8月25日 ミーティング
  

8月24日に沼津商業高校で行われた東部地区ジュニア強化事業に9名の選手が参加しました。
それを受けて、グループワークや体配指導、射技講習で学んだことを全員に伝えるためのミーティングを開きました。

また、最後には部全体での目標について話し合いました。

大会目標  :男女とも県優勝
的中目標  :最初の8射を意識する
雰囲気目標 :メリハリをつける、部員同士仲良く活動する、イライラしない

に決定しました。
3年男子の弓道を研究する姿や女子団体が全国大会に出場したことで部全体の目標が高くなり、
一致団結し向上心を持って練習に取り組む雰囲気ができてきたと思います。



今後は9月23日のスポーツフェスティバル、11月4日の新人戦に向けて頑張っていきます。
ぜひ小山高校弓道部を応援よろしくお願いします。

全国総体結果
  


8月2日に宮城県仙台市にあるカメイアリーナ仙台特設弓道場にて、
平成29年度全国高等学校総合体育大会弓道競技が行われました。


予選は一人4射団体計20射で、的中上位32校が決勝トーナメント進出となります。


小山高校は全員2中の団体計10中でした。
10中の学校が8校あり、そのうち4校が決勝に進む競射では、
5射2中で惜しくも予選敗退となりました。


どの選手ももてる力を尽くして試合に臨むことができました。
それぞれ悔しい思いを抱えていることとは思いますが、
全国という舞台で立派に戦うことができたと思います。


これで3年生はみんな引退ということになります。
弓道を通じて学んだことを生かし、
今後は進路決定に向け、全力で邁進することと思います。


これまで多くのご支援、ご声援ありがとうございました。
今後とも小山高校弓道部を応援していただけたら幸いです。

本当にありがとうございました。

県総体団体女子結果
6月3日(土)に県総体の準決勝、決勝に出場しました。


準決勝では、一人8射団体計40射を予選の的中数に加えて、
団体合計100射で上位4校が東海総体の出場権を得ることになります。

1回目が14中、2回目が15中と安定した的中を出すことができ、
予選からの合計62中となり、2位で決勝に進出、東海出場を決めることができました。


決勝では、上位4校のリーグ戦を行い、1位が全国総体出場となります。
一人4射、団体合計20射で的中数の多い方が勝ちとなり、
同中の場合は一人1本ずつ計5本での勝負を続けることになります。

1回戦 小山13-13島田商業
     (競射 3-3、4-3)

2回戦 小山13-13清水西
     (競射 4-2)

3回戦 小山12-11駿河総合


上記の結果、3勝0敗で県大会1位、全国大会出場を決めました!

女子団体はエースという選手がおらず、チームみんなで掴み取った勝利だと思います。
また、特別な能力があるわけではなく、素直に練習に取り組み、
あいさつや礼儀、まかされた仕事をきっちりと行うといった
「当たり前のことを当たり前にやる」ことを普段から心掛けてきたことがこの結果に繋がったと思います。



次は6月17,18日に東海総体、8月1日~4日に全国総体です。

弓道は「どんな舞台でも、28m先の36cmの的を狙う」ことには変わりません。
自分達の弓道をし、結果を残すことができるよう頑張ってきます。
是非、応援よろしくお願いします!!

総体東部地区予選結果


5月5日に高校総体弓道競技東部地区予選(団体)が沼津商業高校で行われました。
一人8射行い、団体合計40射での競技となり、
東部地区からは上位8校までが県大会出場となります。

男子は池野谷、滝口、勝間田有、横山→平岩、鎌野で計21中、東部5位で県大会出場、
女子は中山、田代、漆畑、小野寺、竹中で計22中、東部4位で県大会出場
を決めることができました。

当日は保護者の皆様や卒業生の応援のおかげで、男女とも勝ち進むことができました。
県大会は5月27日に藤枝にある県武道館で行われます。
県大会でも活躍できるよう頑張りますので、是非今後とも応援をよろしくお願いします。

平成29年度春季大会結果
4月30日に男子は沼津市立沼津高等学校で、女子は沼津商業高等学校で
平成29年度春季大会が行われました。

本大会は静岡県弓道連盟主催の大会ですが、
高校総体弓道個人競技の地区予選を兼ねた大会となります。
一人8本引いて的中上位から順位決定をし、
男子は5中以上、女子は4中以上で県大会出場となります。

男子では、3年生の小野奨太が8射8中で2位入賞、2年生の内海幸樹が7中で6位を取ることができました。
また、上記2名に加えて3年の三坂、漆畑、鈴木、中山、竹中、小野寺、
2年の勝間田有、鎌野、平岩、山上、近野、山﨑、芹沢優の計15名が県大会出場を決めました。
県大会は5月28日に藤枝の静岡県武道館で行われます。

また、高校総体弓道団体競技の地区予選は5月5日に沼津商業高等学校で行われます。
全力を出し切り、良い結果を残すことができるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。

学校対抗戦結果


2月11日に学校対抗戦に出場しました。

男子団体(池野谷、横山、勝間田有、滝口→皆川、小川)が5位に入賞、
女子団体(中山、石井、漆畑、小野寺、田代)が2位に入賞しました。

男女とも1回戦では的中を出すことができませんでしたが、
2回戦で 的中を重ね、入賞することができました。

女子は上位4チームに入ったため決勝トーナメントを行い、
市立沼津高校に10-7で勝利しました。
決勝では田方農業高校に13-10で敗れ、2位となりました。


今大会はインターハイの前哨戦という位置付けの大会であり、
男女とも得るものの多い大会となりました。
良かった点、修正すべき点が多く見つかったため、
今後修練を重ねて更なる結果を残せるよう頑張っていきます!

第10回富士山弓道錬成大会
  

2月3日~5日に神奈川県との合同合宿兼大会に
男子12名、女子13名の選抜メンバーで参加しました。

土曜日は男女1チームずつが決勝まで進出し、
女子C(中山七海、漆畑葉月、田代愛華)チームが2位に入賞しました。

日曜日も男女1チームずつが決勝トーナメントに新出し、
男子A(池野谷和希、勝又潤也、勝間田有介)チームが3位に入賞しました。

強い学校も参加する中、男女とも入賞することができたのは大きな収穫であったと思います。
今大会でできたこと、できなかったことを反省した上で
学校対抗戦やインターハイに向けて頑張っていきたいと思います。

今後ともぜひ応援をよろしくお願いします!

冬休みの活動


12月23日に弓道場の大掃除を行いました。
毎朝清掃を行っていますが、この日は普段できないところまで
部員全員で一生懸命行いました。
毎日稽古で使っている道場に感謝の気持ちを込めて行うことができました。

また、担当場所を早めに終えたところは、部員の方から自発的にやりたいという意見があったため
学校の付近にあるハッピードリンクという自動販売機のある空き地の清掃もあわせて実施しました。
こういった活動を通し、自分達のことだけでなく、周りのことを考えて積極的に行動できる
人に成長していってほしいと思います。


1月7日から9日は青少年交流の家にて、県内から多くの学校が参加する合宿が行われます。
例年、技術的な面での成長だけでなく、集団生活を通して生活面での大きな成長できる場となっています。
積極的に行動し、多くのものを得ることができる合宿にしていきたいと思います。

次へ