静岡県立小山高等学校公式ホームページへようこそ!


カウンター
Since 2012.3.1

〒410-1313        
静岡県駿東郡      
小山町竹之下369

TEL 0550(76)1188
Fax 0550(76)5513

  • お知らせ
  • 小山高案内
  • 中学生へ
  • 部活動情報
  • 運動部
  • 文化部
  • アクセス
  • 緊急時対応
  • 全日制 生徒会
  • 事務室より

リンク


小山高校マスコットキャラクター

小太郎



全校集会
11月5日(火)に全校集会が行われました。

「表彰」
 陸上部 
  東海高校新人陸上競技選手権大会 男子やり投げ 
  第3位 清川裕哉 記録 「56m96」

 写真部
  ごてんば市民芸術祭
   優秀作品  市  長   賞  浅田 菜々子   「日々」 
   優秀作品  教 育 長 賞  井上 聡      「鼓舞」
   優秀作品  文化協会長賞  澤岡 汐里香   「朝の1コマ」
            奨  励   賞  岩田 凛      「海と私」
            奨  励   賞  勝又 慎二     「向う」




「リーダー研修会報告」
 リーダー研修会で議論された内容を全校で共有することができました。各学年、委員会、部活動のリーダーがまとめを発表しました。より良い小山高校にするために、リーダーだけでなく、全員で協力し、実践していこうとする気持ちが大切です。


令和元年度 球技大会
 10月31日(木)に球技大会が行われました。体育委員会・生徒会が中心となり、当日までの準備、当日の運営をしてくれました。天候にも恵まれ、また、大きな怪我無く大会を成功させることができました。






令和元年度 文化行事
 10月23日(水)に御殿場市民会館にて「落語」の鑑賞会が行われました。
 寄席で使われる用語や道具について教えていただいたり、実際に噺を聴いたり、落語の仕草を体験したりと、「学校寄席」という演目で落語を堪能させていただきました。 「紙切り」という芸では、生徒の注文に対し、笑いをとりながら素早く紙を切り抜いていく技術に驚いている様子でした。また、落語の体験では、扇子と手拭のみで蕎麦を食べるという動作を表現しました。手の動作や表情だけで、あたかも蕎麦を食べているように見せるのは、簡単そうに見えてとても難しく、古典芸能のすばらしさを感じました。影向舎様、笑いの絶えない時間を提供していただき、ありがとうございました。


落語体験(蕎麦の中にわさびが入っていたようです)

落語体験(とても長い蕎麦をざるからすくっています)、紙切り芸

リーダー研修会
 10月18日(金)~19日(土)の1泊2日でリーダー研修会が国立中央青少年交流の家にて行われました。生徒会、各HR正・副委員長、委員会委員長、文化部・運動部部長が参加し、小山高校のリーダーとしての認識を高めることができました。この研修で学んだことを活かし、それぞれのリーダーがそれぞれの団体でよりよい集団作りをしてほしいと思います。また、この研修を経てつながったリーダー同士のきずなを大切にし、学校生活の活性化につなげて欲しいです。




全校集会
「「日中学生交流事業」参加生徒による報告」
 小山高生6名が、小山町と友好交流関係を結んでいる中国海寧市を訪問しました。日本と違う国で過ごした7日間は、生徒たちにとってとても魅力的で忘れられない経験となりました。中国文化の魅力を知るということだけではなく、日本文化についても改めて考える機会となったようです。
 この報告会をとおし、参加した生徒以外も、遠く海の向こうにある海寧市を身近に感じることができたのではないかと思います。





「表彰」
女子テニス部
 東部新人テニス大会学校対抗の部 準優勝
陸上部
 新人戦東部大会
  池谷 拶紀 女子やり投げ 3位
  清川 裕哉 男子やり投げ 2位 
 新人戦県大会
  清川 裕哉 男子やり投げ 2位 東海大会出場



「陸上競技部 東海大会出場 壮行会」
  清川裕哉さんの東海大会での健闘を祈り、全校でエールを送りました。



「生徒会役員認証式」
 後期生徒会役員選挙、立会演説会を終え、生徒会役員の認証が行われました。

令和元年度 思春期講座
 10月2日(水)、RainbowDooRしずおかの後藤理玖様を講師に、「多様性を認め合える学校、社会へ」というテーマで思春期講座が行われました。
 「LGBT」という言葉の意味を知ることからはじまり、「性」には生物学的な性や社会的な性など、多様な性があること、そしてその中でも「性」は男と女の2つではなく、グラデーションのようになっていることを学びました。後藤様自身の今日に至るまでの苦悩や葛藤をお話ししていただいたことで、性の多様性についてより身近に感じ、考えることができました。小山高生にも、多様であって当たり前の学校・社会をつくる一員となってほしいです。



校技
 小山高校では、開校以来「型からはいる教育」の一助として、生徒が茶道・弓道を体験しています。弓道は礼儀作法や基本動作を学び、実際に弓を引きます。茶道ではおじぎの仕方をはじめ、礼儀作法を学んだり、盆略点前でお茶を立てる体験をします。





新体力テスト大会
 9月26日(木)に新体力テストが全校で一斉に行われました。
 体育委員を中心に各クラスごとで種目を回り、測定を進めることができました。午後には、一斉に20mシャトルランが行われました。自分の測定が終わった後も、最後まで頑張る生徒を応援する姿が印象的でした。互いに応援されながら測定をすることで、良い結果をだすことができたのではないかと思います。

測定のようす



20mシャトルラン

最後まで走る生徒を応援するようす


御殿場駅前清掃大会
 9月21日(土)に生徒会企画、御殿場駅前清掃大会が行われました。各部活動で手分けをして清掃し、普段から使用している駅周辺をきれいにすることができました。
 この活動は、毎年生徒会により企画されています。校内で生徒会が各部活動へ呼びかけを行うことで、多くの生徒が清掃活動へと参加しています。きれいに見える街でも、よく見ると様々なごみが捨てられいました。これからもこの活動を続け、少しでもきれいな街づくりに貢献できればと思います。



後期生徒会役員選挙 立会演説会
 9月18日(水)に立会演説会が行われました。
立候補者は、理想とする小山高生の姿をしっかりと持ち、スローガンを掲げていました。立候補者・応援責任者ともに、堂々とした演説を行い、全校生徒へアピールすることができました。後期からは新しく一年生が生徒会役員となります。新たな取り組みや企画を考え、小山高校を担っていく一員になってほしいです。




日中交流事業で中国・海寧市を訪問
 夏休みの7日間、3年生3名、2年生3名の計6名の生徒が小山町と友好交流関係を結んでいる中国・海寧市を訪問してきました。この交流は前回が平成24年であり、7年ぶりの学生交流事業となりました。2日目には海寧高級中学校(中国では高級中学校は高校)を訪れ、生徒同士の交流を行いました。中国の生徒は楽器の演奏や伝統舞踊や朗読を披露してくれ、中国の伝統文化に触れることができました。本校の生徒は本校の「校歌」を皆で歌い、紹介しました。3日目には台風が海寧市を直撃するというハプニングもありましたが、異国で台風に遭遇するということも貴重な体験でした。(安全面は何も問題ありませんでした)4日目以降は浙江大学のキャンパス見学、海寧市役所見学、海寧市内の観光、上海市、杭州市への訪問を行いました。また、毎日昼食と夕食は本場の中国料理をいただきました。日本で食べる中華料理とは違う本場の味を堪能しました。食事中は中国の先生方と英語や筆談でコミュニケーションを取ろうとする生徒の姿が見られました。
 今回、実際に中国を訪問し生徒たちは日本との違いや共通点を肌で感じ、文化や歴史はもちろんのこと様々なことを学び、考えることができました。そして何よりも「人の温かさ」を感じた7日間でした。私たちが安全安心快適に滞在できるよう、細やかな心配りをしていただきました。国は違っても人と人との「心の交流」が交流の基盤であることを再認識しました。この貴重な経験を今後の学校生活へ活かしていきます。




二学期がはじまりました
 8月30日(金)に始業式が行われました。まだまだ暑い日々が続きますが、体調を整えつつ、学業や部活、そして進路に向けて頑張ってほしいです。

校長先生のお話

ダンス部全国大会報告会・表彰、着任式
 8月10日11日、丸善インテックアリーナ大阪にて行われた全国大会へダンス部が出場しました。準優勝というすばらしい結果でした。
 また、あたらしく小山高校へ二人の先生方が赴任されました。11HR副担任、英語科の岡田先生と32HR副担任、社会科の芹澤先生です。


防災避難訓練(地震)
 避難経路の再確認と、前回よりもすばやく避難をすることができました。


中国海寧市学生代表団との交流
 8月5日に中国海寧市の高校生6名が来校し、本校の生徒と交流を行いました。

 生徒会が歓迎の挨拶を行い、和やかな雰囲気で交流がはじまりました。英語部との交流では、日本文化の紹介を楽しく聞く様子やフリートークで盛り上がる様子がうかがえました。


 部活動見学では、運動部の活動の様子を見学したり、一緒に活動を行うなどして交流をしました。特に、ダンス部の演技や吹奏楽部の演奏に感動していた様子でした。



また、夏休み中には、本校より6名の生徒が海寧市を訪問する予定です。

カナダ・ミッション市との交流
 7月30日(火)に小山町の友好都市であるミッション市から、生徒1名と引率者1名の2名が小山高校に来校しました。
 本校の英語部、弓道部、茶道部との交流をおこない、日本文化を体験をしてもらいました。英語部では、英語での学校・日本文化の紹介、人間知恵の輪やフリートークでの交流を行いました。また、弓道部では用具の準備から矢の撃ち方、そして矢を実際に打つところまでを体験しました。最後に、茶道部では部員がお茶のお点前を披露しました。
 ミッション市の皆様、そして小山町国際交流協会の皆様、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。





富士山研修
7月24日に1年生が富士山研修に行ってきました。

世界遺産センターでは、富士山の歴史や信仰の対象としての富士山の価値について学ぶことができました。多くの観光客やスタッフの方が訪れていましたが、すれ違う際には元気よく挨拶ができていました。

その後、富士山の須走5合目に向かい、小富士まで散策をしました。ガイドの方の解説のもと、富士山について深く学ぶことができました。

今回の富士山研修を通して、日々当たり前に目にする富士山の偉大さを体験できたのではないでしょうか。夏休みに入りますが、身の周りの物事に興味を持ち学ぶ姿勢を続けてほしいと思います・




一学期終了
 7月23日(火)に終業式が行われ、いよいよ夏休みに入ります。何か一つでも目標を立て、意義のある夏休みにしてほしいと思います。


7月22日(月)
○薬学講座
 学校薬剤師の杉山様と御殿場警察署の生活安全課の方に、違法薬物の危険性について講話をしていただきました。




○生徒総会
 委員会・部活動の活動報告や、生徒会が中心となり「笙陵祭の反省」と「一人一人の個性を活かすために」という議題で討論会が行われました。生徒会により、笙陵祭のアンケート結果がグラフ化され、全校生徒で意見を共有することができました。また、資料をもとにして、グループ討論、さらに全体討論を行うことができました。





7月23日(火)
○終業式・壮行会
 表彰、中国海寧市を訪問する小山高生の紹介、全国大会へ出場するダンス部の壮行会が行われました。


中国海寧市を訪問する生徒たち・ダンス部へのエール

全国高等学校ダンスドリル選手権大会2019東海大会 HIPHOP男女混成部門Medium編成 第二位
全国大会は、8月10日11日に丸善インテックアリーナ大阪で行われます。

野球応援
7月15日(月)に島田球場にて夏の高校野球選手権静岡大会が行われました。
初戦の相手は浜松城北工業高校でした。途中、天候が崩れる場面もありましたが、選手たちは最後まで健闘し、7対3で勝利を収めることができました。






2回戦
日時:7月21日(日) 10:00開始予定 第1試合(対浜松南高校)
場所:浜松球場
引き続き、応援よろしくおねがいいたします。

命の大切さを学ぶ教室
 7月10日(水)に、静岡県警本部の漆畑様、伊藤様を講師として、「命の大切さを学ぶ教室」を開いていただきました。
 講演により、犯罪で生活が一変してしまう被害者がいることを考えさせられました。また、言葉であっても人を傷つける行為は犯罪であり、必ず自分の言動には相手がいるということを改めて感じることができました。




野球応援 練習
 応援委員会が中心となり、1回戦に向けて応援歌、踊りの練習が行われました。選手たちの力になれるよう、一生懸命応援します!

日時:令和元年7月13日(土) 12:30 開始予定 第2試合(対浜松城北工業高校)
    ※雨天時は7月14日(日)の予定
場所:島田球場




勉強合宿
 6月14日(金)から16日(日)まで、青少年交流の家にて勉強合宿が行われました。笙陵祭から一転、長時間机に向かい勉強するという習慣がついたのではないかなと思います。
 この三日間の経験が、これからの長い受験期間を乗り越えるための自信になってくれると思います。



全ての記事を見る