お知らせ小山高案内中学生へ部活動情報全日制 生徒会アクセス緊急時対応
 
 
 
静岡県立小山高等学校公式ホームページへようこそ!



学年行事
 4月20日(火)に学年行事がありました。
 
 3年生は鎌倉に行き、鶴岡八幡宮や小町通りを散策しました。海岸まで行ったり、美味しいパフェを食べたりしながら各班で楽しんでいました。
 
 

 2年生は横浜周辺で大学見学と観光をしました。実際に大学に入って説明を聞いたり、体験をしたりすることで進路に対する意識も高まりました。
 
 

 1年生は小山町内でウォークラリーを行いました。ゴミ拾いをしながら、チェックポイントにあるクイズに仲間と協力して挑み、ゴールを目指しました。高校に入って初めての行事でしたがクラスの絆が深まりました。
 
 

対面式
 4月8日に対面式が行われ、学校生活の説明や部活動の紹介が行われました。部活動紹介では多くの部が動画を作成し、いくつかの部は実演も交えながら分かりやすく、そして楽しく紹介をしてくれました。どの部も準備をしっかりして本番に臨んでいることが伺えて、とても頼りになる先輩だと感じました!1年生は早く学校に慣れ、充実した生活を送ってほしいと思います。
 
 
 
 
 

令和4年度入学式
 4月7日に入学式が行われ、108名の新入生の入学が許可されました。小山高校の校訓である「自尊」のもと、かけがえのない存在として大きく成長していってほしいと思います。初めてのホームルームでは、緊張しながらも自己紹介をして盛り上がっているクラスが多くありました。
 新入生の皆さん、保護者の皆様、ご入学おめでとうございます!
 
 
 

令和4年度新着任式及び始業式
 4月6日に新着任式及び始業式が行われました。校長先生をはじめ、多くの先生方が赴任されました。生徒は、新学年となり期待に胸を躍らせる様子が見てとれました。コロナ禍ではありますが、昨年同様いろいろなことにチャレンジして、よりよい小山高校を築き上げていきたいと思います。
 
 

令和3年度離退任式
 3月30日に離退任式が行われました。多くの先生方とお別れということで、とても寂しい気持ちでいっぱいですが、先生方の新天地でのご活躍をお祈りします。今まで小山高校を支えてくださり、ありがとうございました!
 
 

令和3年度 3学期終業式
 3月18日に3学期の終業式が行われました。今回もZoomを使って各HRに配信する形で行いました。英語検定、漢字検定、交通標語の表彰と校長先生、各課長の先生よりお話がありました。今年1年間も新型コロナウイルスの影響で思うような学校生活を送ることができないこともありましたが、その中でできることを精一杯行っていく生徒の姿がありました。春休みを迎えますが、新学期に向け準備をしっかりして、良いスタートが切れるようにしてもらいたいと思います。
 
 

生徒総会
 3月14日に生徒総会が行われました。各委員会や部活動からの活動報告とスマートフォンの使用に関しての議論が行われました。現在、校地内でのスマートフォンの利用は禁止となっていますが、授業や部活動、保護者への連絡等で必要な場面が出てくるため、しっかりとルールを設けて使用可能にしたらどうかという議論がされていました。教員がすべて決めるのではなく、生徒の意見を大切にしながら教員と生徒でより良い学校を作っていきたいと思います。
 
 

卒業証書授与式
 3月1日に卒業証書授与式が行われました。暖かな春の日差しが差し込む中、119名の卒業生が旅立ちの日を迎えました。仲間と共に過ごした3年間はかけがえのない宝物です。コロナウイルスの影響により、ここ2年間は思うような生活ができなかったかもしれませんが、その中でできることを探し、チャレンジしながら学校を引っ張っていく姿は在校生に強く印象付いていると思います。この先も、たくさんの困難があるかもしれませんが、小山高校で過ごした3年間を心の糧にして新たな道を切り開いていってほしいと思います。
 卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます!
 
 

共通テスト激励会 内定者課題発表会
 1月14日に共通テスト激励会が行われました。15,16日の共通テストに向けて校長先生、進路課長、学年主任、特進担任から励ましの言葉がありました。3年生の皆さん、自信を持ち、落ち着いて自分の力を発揮してきてください!在校生、教職員みんなが応援しています!
 

 また、進路先が決まっている生徒による内定者課題発表会が行われました。進路先に合わせて自分でテーマを決め、パワーポイントや自作の資料等を使いながら発表をしました。実演をする生徒もおり、とても分かりやすく発表してくれました。今年度からは1,2年生が発表を見学し、今後の進路選択に役立つものとなりました。
 
 
 

3学期始業式・カルタ大会
 1月6日に始業式が行われました。校長先生から漢字の意味に関するお話をいただき、新年度がスタートしました。校歌斉唱では、指揮者と伴奏者が今まで務めた3年生(柚村麻琴さん、神通陽菜さん)に替わり、2年生(湯山日菜さん、勝亦愛良さん)にバトンタッチされました。
 

 始業式後に1,2年生でカルタ大会(百人一首大会)が行われました。小山高校の伝統で毎年行われていましたが、昨年度は実施できなかったため、1,2年生とも初めての行事となりました。上の句で札を取れる生徒もいて、白熱した戦いが繰り広げられていました。
 
 

【生徒のコメント】
 学校の伝統行事であるカルタ大会では、みんなが知識を活かしてたくさんの札を取り合っていました。より多くの札を取るには、やはり上の句を覚えることが大切です。だから、この行事を通して私も自分から積極的に日本文化に触れ、少しずつ覚えていきたいと思いました。学年の壁を越え、交流できる良い機会になりました。(23HR広報委員 西村美波)
カルタ大会では百人一首をやりました。百人一首ではさまざまな和歌にふれることができるので、和歌を身近に感じることができるとても良い機会だと思いました。また、”新しい年が来た”ということも実感できて良かったです。(13HR広報委員 杉山華怜)

全ての記事を見る