お知らせ小山高案内中学生へ部活動情報全日制 生徒会アクセス緊急時対応
 
 
 
静岡県立小山高等学校公式ホームページへようこそ!


カウンター
Since 2012.3.1

〒410-1313        
静岡県駿東郡      
小山町竹之下369

TEL 0550(76)1188
Fax 0550(76)5513

  • お知らせ
  • 小山高案内
  • 中学生へ
  • 部活動情報
  • 運動部
  • 文化部
  • アクセス
  • 緊急時対応
  • 全日制 生徒会
  • 事務室より

リンク


小山高校マスコットキャラクター

小太郎




後期生徒会選挙立会演説会
 9月15日(水)に生徒会選挙立会演説会が行われました。zoomを用いての形ではありましたが、7名の立候補者とその応援者による、画面越しでも熱意の伝わる力強い演説があり、投票の結果全員が信任を得ました。10月からは今まで学校を引っ張ってきた3年生に替わり2年生主体の生徒会や委員会活動が行われていきます。今まで以上により良い小山高校にしていきましょう。
 
【生徒のコメント】
 私は小山高校を生徒一人一人が輝けるような学校にしていきたいです。授業や部活動で輝くのはもちろん、行事や日常生活で周りに合わせるのではなく自分らしく表現してそれぞれが違う個性で輝いていけるようにしたいです。(新生徒会長 松元愛菜)

2学期始業式
 8/30(月)に2学期始業式が行われました。感染症対策としてzoomを用いての形で行われました。久しぶりの学校に生徒のたくさんの笑顔がありました。緊急事態宣言下で感染が拡大する中ですが、対策をしっかりとし、楽しい学校生活が送れるようにしていきたいと思います。
 

 陸上部(清川君)とダンス部の表彰及び全国大会報告会も行われました。清川君は「全国優勝」、ダンス部も全国の舞台で堂々としたダンスを披露してくれ、生徒会長より労いの言葉が送られました。お疲れさまでした。
 

中学生1日体験入学
 8月2日(月)に中学生の1日体験入学が行われました。全体会にて学校の概要説明があり、その後、中学生は実際の授業を体験したり、先輩と交流をしたりしました。プロジェクターを使った授業や、先輩の話に目を輝かせている中学生の姿が印象的でした!
 多くの中学生、保護者の皆様にご来校いただきましてありがとうございました。

 
 
 

1学期終業式、壮行会
 7月21日に1学期終業式が行われました。校長先生からは校歌の意味や作られた経緯についての話がありました。各課長の先生方からもお話をいただきました。
 明日から39日間の夏休みになります。自分の目標に向けて有意義な時間にしてほしいと思います。
 

 また、8月に全国大会に出場する陸上部(清川君)、ダンス部の壮行会を行いました。本校から、全国大会に2つの部活が出場することはたいへん光栄なことです。ぜひ、全国の舞台でも力を発揮してきてほしいと思います。
 

薬学講座、生徒総会
 7月20日(火)に薬学講座が行われました。学校薬剤師の杉山博昭様、御殿場警察署の杉山博紀様をお招きして、覚せい剤や大麻の危険性について話をしていただきました。
【生徒のコメント】
 大麻などの薬物の怖さを改めて確認することができました。使用するだけでなく、持っているだけで捕まることを知ったので受け取ることがないようにもしようと思いました。たばこの中毒性について体に出る害についても知ることができました。(11HR広報委員 吉川成美)

 


 生徒総会では身だしなみについて議論をしました。グループで出た意見を積極的に発表していました。
【生徒のコメント】
 前回の議案と同じ身だしなみについて話し合いました。他学年とグループを組み、意見を交わすことで議案に対して、いろいろな視点から見ることができたので、いい話し合いになりました。今回の生徒総会でより一層小山高校の身だしなみへの意識が高まったと思います。(21HR広報委員 芹澤亜美)

 

球技大会
 7/13(火)に球技大会が行われました。今年はドッジボールが新種目として加わり、とても盛り上がりました。 バスケットボールとバレーボールでは優勝チームvs教員チームとのエキシビションマッチも行われました。




【生徒のコメント】
 今年の球技大会では全員が全力で楽しむことができました。私はフットサルに出場したのですが、全員でボールをつないで準優勝することができました。未経験でもあきらめずに最後までやり遂げれば良い結果に結びつくことを学びました。(23HR広報委員 久徳悠月) 7/13(火)に球技大会が行われました。今年はドッジボールが新種目として加わり、とても盛り上がりました。 バスケットボールとバレーボールでは優勝チームvs教員チームのエキシビションマッチも行われました。




【生徒のコメント】
 今年の球技大会は、1週間ほど前から朝や昼に練習をし、昨年よりも本気で挑むことができました。本番は、チームのみんなと応援してくれた仲間のおかげで優勝することができ、とても嬉しかったです。最後の球技大会がこのメンバーで本当に最高でした。ありがとう!(32HR広報委員 石田優奈)
 
 今年の球技大会では全員が全力で楽しむことができました。私はフットサルに出場したのですが、全員でボールをつないで準優勝することができました。未経験でもあきらめずに最後までやり遂げれば良い結果に結びつくことを学びました。(23HR広報委員 久徳悠月)

 私は卓球をやりました。ダブルスでクラスメイトと助け合い、対戦を通して他学年とつながりを持つことができました。球技大会ではクラスメイトと協力や応援をし、団結力を深め、互いを高め合うことが大切だと学ぶことができました。(13HR広報委員 水野花音)

命の大切さを学ぶ教室
 7月9日(金)に命の大切さを学ぶ教室が行われました。ご家族を交通事故で亡くした遺族の方からお話をいただき、改めて命の大切さや事故の怖さを思い知りました。より一層、自分の命、仲間の命を大切にしていこうと思います。


笙陵祭 集合写真




【生徒のコメント】
コロナウイルスで保護者が来場できない中で例年と異なる笙陵祭でした。しかし、生徒会や先生方の支えもありみんなが笑顔で終われてとても感謝しています。体育祭では途中から雨が降りましたが無事最後までできて良かったです。(13HR広報委員 鈴木隼斗)

昨年の笙陵祭は1日開催だったこともあり、今年の笙陵祭体育の部はとても良い思い出になりました。カラーパフォーマンスでは毎日の練習を頑張ったので、踊っていてとても楽しかったです。(22HR広報委員 金子瑠々)

今年もコロナ禍で自分が1年生の時に行われた体育祭とは少し違う形で行われましたが、カラーパフォーマンスで3連覇したり、100mの決勝に出たり色別リレーのアンカーをやったりなど達成感のある1日にできました。前日は不安と緊張でいっぱいでしたが終えてみて高校最後の体育祭は一生忘れられません。
(31HR広報委員 佐藤魁斗)

今年の笙陵祭は3日間無事に開催することができ、先生方、生徒会、実行委員のみんなに感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。制限される中、工夫しながらみんなで協力することで思い出に残る笙陵祭にすることができました。(32HR広報委員 石田優奈)

笙陵祭 体育の部
 6月6日(日)に体育祭が行われました。小雨が降る中でしたが何とか全種目を行うことができました。今年は新種目の大玉転がしや障害借り物リレー、部活動対抗リレーが行われ盛り上がりました。また、毎年行われている小山高校名物の「カラーパフォーマンス」では、それぞれのカラーが練習の成果を十分に発揮し、素晴らしいダンスを披露しました。最終種目の色別対抗リレーでは、学年を超えて各カラーが1つになってバトンをつなぎました。

 3日間の笙陵祭が終了しました。保護者や一般のお客様に公開できなかったのは非常に残念ですが、例年と同じ3日間の日程で行うことができたことに感謝します。

 
 
 
 
 

笙陵祭 文化の部 2日目
 6月5日(土)に文化祭、一般公開が行われました。今年はコロナウイルス感染症対策のため、本校の生徒、職員のみでの実施となりましたが、各クラスの展示や野外ステージを楽しみました。また、今年度の生徒会企画として、ナンバーマッチング(全校生徒の中から同じ番号の相手を探す企画)が行われ100組以上のペアがマッチングしました。 中には先生とマッチングした人も、、!

 
 
 
 

全ての記事を見る