スクールライフ 学校案内 教育内容 お知らせ 共生・共育 進路・就労支援 センター的機能 交通アクセス 掛川特別支援学校


アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター




静岡県立掛川特別支援学校
御前崎分校
〒437-1612
静岡県御前崎市池新田2907-1
TEL 0537-85-7400
FAX 0537-85-3435
スクールライフ (過去記事はメニューバーの「スクールライフ」をクリック)
2月14日 掛川特別支援学校の販売会ついて
 今週末、2月16日(土)掛川特別支援学校の販売会に参加します。
販売場所 掛川特別支援学校体育館



 
 車で掛川特別支援学校へ行く場合は、掛川本校内または掛川東病院駐車場を
ご利用ください。
 詳しくは掛川特別支援学校のホームページを御覧ください。

1月31日池新田高等学校とのLHR 交流
〈1月29日(火)〉
 2月19日に行うプランターへの苗の植え替えに向けて交流を深めることを目的に、池新田高等学校の1年生とLHR交流を行いました。
 両校合わせて4人のグループで、新聞タワー作りに挑戦しました。池高生と分校生が自然に言葉を交わしながら、より高いタワーを作ろうと協力して活動する姿が多く見られました。
 池新田高等学校と合同で行うパンジーの植え替え作業も今回のようにお互いが言葉を交わしながら協力し、学校を華やかに彩りたいと思います。

 

第2回小笠高等学校との作業交流
 1月25日(金)小笠高等学校の生徒と、御前崎分校の農園芸班の生徒が、活動をとおして交流を深め、草花の管理方法について学ぶことを目的に作業交流を行いました。
 パンジーの植え替えの場面では、ペアになった小笠高生が土の量や苗の置き方などの手本を示しながら丁寧に教えてくれました。分校生は、わからないことは自分から聞き、生徒同士で積極的に話をする場面が多く見られ、充実した交流になりました。「今回の交流で学んだことを、池新田高等学校と行うパンジーの植え替えでも生かしていきたい。」と小笠高等学校の生徒に話す姿も見られました。

 

1月28日 作業製品展示と浜岡原子力館見学
 御前崎分校の教育について地域の方々へ理解啓発を図ることを目的に、浜岡原子力館に作業学習で作った製品を展示させていただきました。地域の方が見やすいレイアウトを友達と考え展示しました。
 是非、浜岡原子力館に展示してある御前崎分校の作業製品を御覧ください。

 
 


 展示をした後、館内を見学し、クイズや体験をとおして、原子力発電の仕組みや電力利用量、環境問題について学びました。

1月16日 1年食育講座及び調理実習
 12月11日(火)に、御前崎市役所健康づくり課の栄養士の方や、健康づくり食生活推進協議会の方々を講師にお招きして、食育講座を行いました。
 これからの食生活をよりよくしていくために食育講座では、栄養バランスの良い食事や朝ごはんの大切さなどを学びました。
 生徒は「豚の生姜焼き」「ハンバーグ」「カレー風味の魚のムニエル」の3種類の料理から一つを選び、栄養バランスの良い弁当を作りました。食生活の大切さに気付き、働くための土台である健康な体作りのために、自分の食生活について考える良い機会となりました。

 

 

12月17日 学校保健委員会
 11月29日(木)に学校保健委員会を開催しました。
学校歯科医、さくらい歯科医院院長 櫻井剛史先生を講師に、『歯周病について』の講演をしていただきました。
 歯科医院へは、虫歯や歯周病などにかかってから行くのではなく、予防のために行くことが大切など、多くのことを学ぶ機会となりました。
 参加した、保護者や本校教職員から多くの質問があり、日頃の悩みにお答えいただきました。



講話の内容はこちらから

12月5日 相良萬様への野菜の販売
 12月5日(水)に農園芸班の生徒が育てた野菜を「相良萬」様へ届けました。「相良萬」様と御前崎分校は協定を結んでおり、農園芸班が育てた野菜を購入していただいています。購入していただいた野菜は、「中部電力株式会社浜岡原子力発電所」様の社員食堂で調理・提供されます。
 これからも無農薬でおいしい野菜づくりに取り組んでいきます。
                                渡邊 仁様
 

12月5日 御前崎市大産業まつり
 11月24日(土)、25日(日)に開催された御前崎市大産業まつりへ参加しました。2日間、秋晴れの気持ちのよい天気の下、クラフト、革工芸、縫製、農園芸の各班が自主生産作業で製作した製品や栽培した野菜を販売しました。
 地域の方から好評で製品は全て完売しました。これからもお客様に喜ばれる製品作りに励みます。生徒一人一人が接客、アンケート調査などの役割に責任をもって取り組みました。お客様から意見を聞いたり、他の販売ブースの見学をしたりすることで、今後の製作意欲を高めることができました。

クラフト班
 

革工芸班
 

縫製班
 

農園芸班
 

12月4日 砂丘マラソン大会
砂丘マラソン大会
~池新田高等学校とともに走った浜岡砂丘~

感動のベストショット!!


 
 
   

  

 

 

 
 
  

11月27日 小笠高等学校との作業交流
 11月19日(月)に小笠高等学校において、御前崎分校農園芸班の生徒が作業交流を行いました。小笠高等学校の生徒と二人一組のペアになり、大根を収穫したり、イチゴの人工授粉のやり方を教えてもらったりしました。本校の生徒から小笠高等学校の生徒に「どうしたら形の良い大根が作れますか。」「虫がつかないようにするにはどうしたらよいですか。」などの質問を積極的に行ったり、「学んだことを作業学習で生かしていきたい。」と感想を述べたりして交流を深めることができました。

 

11月14日 現場実習報告会
 11月8日(木)現場実習報告会
 現場実習報告会を行いました。達成した目標や確認できた課題、次回の現場実習への抱負などを発表しました。「教えていただいたとおりに仕事ができました。」「品出しした商品が売れたことがうれしかったです。」「立ち仕事が大変でした。もっと体力を付けたいと思いました。」など、一人一人の貴重な学びを発表することできました。緊張しながらも、堂々と誇らしげに発表する様子に、充実した現場実習であったことが伝わってきました。

Aグループ 実習先が菊川市                Bグループ 実習先が牧之原市、掛川市
 
Cグループ 実習先が御前崎市、掛川市 

10月23日 生徒救急法講習会
 10月11日(木)に、御前崎消防署の職員を講師に招き、救急法講習会を行いました。生徒は学年に分かれて、心肺蘇生法やAEDの使用方法、応急手当の方法などを学びました。最初は上手に胸骨を圧迫できない生徒もいましたが、講師のアドバイスを聞きながら練習し、上手に行うことができるようになりました。自分や他人の命を守るための知識や技術、態度を身に付けることができました。
 


10月22日 1年ふれあいサロンさざんかの皆さんとの交流
 10月11日、1年生が浜岡福祉会館で「ふれあいサロンさざんか」の皆さんと交流会を行いました。言葉の掛け方や相手の立場を思いやる気持ちについて考え、参加しました。
 よさこいソーランの活動を一緒に行ったり、食事の準備を手伝わせていただいたりする中で、「鳴子、どうぞ。」と鳴子を手渡ししたり、「ごはん、こちらに置きますね。」と丁寧に食事を配ったりする姿が見られました。
 生徒からは、「貴重な体験ができてよかった。」「もう少し話す時間がほしかった。」などの感想が聞かれ、「地域のお年寄りにも優しく接したい。」と、今後につながる言葉を聞くことができました。
   

 

10月19日 体育大会
 9月28日(金)池新田高等学校と合同で体育大会を行いました。徒競走や綱引き、順送球、ムカデリレー、色別混合2050Ⅿリレーに参加しました。ムカデリレーでは池新田高等学校の生徒と一緒のチームで、力を発揮しました。体育大会をとおして、池新田高等学校生と一緒に応援をしたり、競い合ったりすることで、交流をより深めることができました。
 

 

10月16日 2年生校外学習「通学区内にある事業所を見学しよう」
 9月14日(金)に次年度の進路先決定に向けて、職種についての理解を深めるために、学区内の事業所を見学しました。3グループに分かれて、事業所を見学したり、働いている方や卒業生にインタビューをしたりすることで、販売業では笑顔で接すること、製造業では安全第一でルールを守ることなど、働く上で必要なことを学ぶことができました。今後の進路先選択の参考にしていきます。
 

10月3日 生徒会選挙
 9月25日(火)に生徒会選挙を行いました。  
 演説では、立候補者から「よりよい学校生活を送るために、生徒会で毎月目標を考え、意識を高めていきたい。」「3学年が協力する学校にしたい。」「元気な挨拶をして、明るい学校にする。」など、自らが中心となって学校を動かしていこうとする熱意が伝わりました。
 演説を聞いた生徒は、真剣に考えて投票しました。
 

9月18日 わかふじサッカー大会
9月9日(日)に袋井市にあるエコパスタジアムで開催された「わかふじサッカー大会」に出場しました。
第1試合 分校VS西部サッカー教室B(1-3)●
第2試合 分校VS磐田見付分校B  (3-0)○
第3試合 分校VS中部サッカー教室C(8-0)○
2勝1敗で準優勝でした。
生徒一人一人が自分の役割を果たし、チーム一丸となって戦うことができました。
 

9月7日 革工芸班外部講師授業
9月5日【外部講師授業】
 革工芸班では、12年前から外部講師として『浜松クラフト』の永田様に年6回来ていただき指導をいただいています。
 今回は、新製品のコインケースを作るために、革をミシンで縫うときのポイントや、カーブを縫う方法を教えていただきました。新製品をお楽しみに!

9月5日 池新田高等学校との合同授業
人権学習会
「スマホ時代の子どもと向き合う~Twitter、LINE、スマホの危険性」
 池田高等学校との合同学習で、全国webカウンセリング協会理事長の安川 雅史 様から、今SNSでどんなことが起きているか、SNSの危険性について学びました。

 

【学習会の感想】
・LINEの使い方などに、じゅうぶん気をつけていきたいと思いました。
・LINEなどのSNSは、便利だけれども使い方をまちがえると、自分に返ってくることを知りました。
・家族と話をする時間を大切にしようと思いました。
・ネットの使い方に気をつけようと思いました。
・人とのやりとりを見直していきたいと思いました。

8月31日 ウィズハート展のお知らせ
ウィズハート展および全国特別支援学校文化祭応募作品展のお知らせ

高文連では、今年も「ウィズハート展」と「全国特別支援学校文化祭応募作品展」を開催します。「ウィズハート展」は、「NHKハート展」と同時開催され、県内の特別支援学校高等部生徒の制作した作品の展示をとおし、特別支援教育での取組の一端について広く理解と啓発を図るものです。「全国特別支援学校文化祭応募作品展」は、全国特別支援学校文化祭への県代表候補を各校からエントリーし、「NHKハート展」会期中の会場において展示選出するものです。
・会場   静岡県コンベンションアーツセンターグランシップ
      6階展示ギャラリー 
     (所在地:静岡市駿河区池田79-4 ℡:054-203-5714)
・開催期間 平成30年9月15日(土)~9月30日(日)
・開催時間 10:00~17:00(最終入場16:30)
・入場料 無料
 
※詳細はグランシップのホームページを御覧ください。

御前崎分校からは、ウィズハート展に2点、全国特別支援学校文化祭応募作品展に1点出品します。皆さん、ぜひ足をお運びいただき、生徒たちの力作を御覧ください。

全ての記事を見る