スクールライフ 学校案内 教育内容 お知らせ 共生・共育 進路・就労支援 センター的機能 交通アクセス 掛川特別支援学校


アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター




静岡県立掛川特別支援学校
御前崎分校
〒437-1612
静岡県御前崎市池新田2907-1
TEL 0537-85-7400
FAX 0537-85-3435
スクールライフ (過去記事はメニューバーの「スクールライフ」をクリック)
2年生 『校内実習が始まりました!』
産業現場等の実習に向けて、6月18日から校内実習が始まりました。
実習に向けて、目標を確認
 
校内実習2日目の様子
<委託作業>
 

<校内清掃>
外部講師を招聘し、プロの清掃手順や清掃方法を学びました。 大切なことはメモを取ります。
 
2日目の様子
 
  

1年生 『防災ブックを作ろう』
災害時の学校周辺の危険な場所や避難地を探しに出掛けました。見つけた危険な場所について友達と話合い、災害時の安全な避難方法をまとめています。



   


しぶき祭
しぶき祭オープニングでは、歌声とダンスを発表しました。

 

 


池新田高等学校との集合写真


作業製品の販売では、多くの方に来ていただき、全ての製品を完売することができました。
ありがとうございました。



縫製班


農園芸班



 
革工芸班




クラフト班

 製品へのアンケートもとり、今後もよりよい製品作りに取り組みます。



★『しぶき祭 特別賞』を受賞しました!!


令和元年度 しぶき祭案内
しぶき祭の案内は、こちらから

外部講師授業
5月8日に、学校支援ボランティアとして講師の先生を招き、作業学習(縫製班)の御指導をいただきました。
ミシンの掛け方や刺し子などの基本動作や手順を丁寧に教えていただきました。

 
 

高齢者ふれあいサロンさざんかとの交流
5月9日(木) 浜岡福祉会館にて分校の3年生と介護予防事業・ふれあいサロンさざんかに参加している高齢者と交流を行いました。
事前に、高齢者の方々に喜んでもらうために、トランプや玉入れなどの計画を立て当日の交流を行いました。
たくさんの笑顔に溢れたすばらしい交流になりました。




「池新田高等学校・御前崎分校合同対面式」
4月10日(水)池新田高等学校と御前崎分校の合同対面式が行われました。
新入生は、大勢の人に囲まれ緊張した様子でした。2、3年生は新入生を拍手で温かく迎え入れていました。
行事や授業などをとおして、池新田高等学校との交流をしていきます。

 


入学式
4月8日(月)に多くの御来賓の皆様に参列していただき、入学式が行われました。
新入生は、厳粛な雰囲気の中、緊張した面持ちで式に臨みました。
3年後の卒業に向けて、御支援、御協力をお願いします。






第4回卒業証書授与式
 3月12日(火)卒業証書授与式
厳粛な雰囲気の中、たくさんの御来賓の皆様に御臨席いただき、12人が社会へ巣立ちました。

  


2月28日 1年生実習報告会
 2月14日に、1年生が現場実習報告会を行いました。
 現場実習を振り返り、これからの学校生活で取り組む目標を考え、発表しました。
 現場実習では、自分の得意なこと、苦手なことを知る機会となりました。今後の進路選択に向けて、働くために必要な力について考え、実践していく大切さを学びました。

 

2月21日  本校地域販売会
 掛川特別支援学校で行われた、販売会に参加しました。
 

 

 


 お客様に喜んでいただける製品や販売会に間に合うように効率的に仕事を行う方法を考え、作業班ごと製品作りに取り組みました。
 当日は、たくさんのお客様が来校してくださり、どの作業班の製品も完売しました。多くの方に、御来場いただきありがとうございました。
 来年度も、お客様に喜んでいただける、製品作りに励みます。楽しみにしてください。

2月19日 2年ふれあいサロンさざんかの皆さんとの交流
 2月14日、2年生が浜岡福祉会館で「ふれあいサロンさざんか」の皆さんと交流会を行いました。事前の学習で、一緒に楽しめるレクリエーションを考えて必要なものを作ったり、昼食の調理で気を付けることを話し合ったりしました。
 レクリエーションは、三つのグループに分かれて行いました。すごろくや紙コップタワー、
10回クイズ、もぐらたたきゲーム、折り紙などを一緒に楽しみました。昼食の調理を手伝った生徒たちは、フルーツヨーグルトのフルーツを切ったり、盛り付けたりしました。
 最後の感想発表では、生徒より「おばあさん、おじいさんと一緒に生活していないので、 今日はたくさん触れ合えて楽しかった。」「料理を教えてもらって、おいしくできてよかった。」などの感想がありました。さざんかの利用者の方からは、「高校生が用意してくれて、初めてのものもあって楽しかった。」「教えてもらった折り紙を家で作ってみるので、また見てください。」などの言葉をいただきました。

  

  

2月14日 掛川特別支援学校の販売会ついて
 今週末、2月16日(土)掛川特別支援学校の販売会に参加します。
販売場所 掛川特別支援学校体育館



 
 車で掛川特別支援学校へ行く場合は、掛川本校内または掛川東病院駐車場を
ご利用ください。
 詳しくは掛川特別支援学校のホームページを御覧ください。

1月31日池新田高等学校とのLHR 交流
〈1月29日(火)〉
 2月19日に行うプランターへの苗の植え替えに向けて交流を深めることを目的に、池新田高等学校の1年生とLHR交流を行いました。
 両校合わせて4人のグループで、新聞タワー作りに挑戦しました。池高生と分校生が自然に言葉を交わしながら、より高いタワーを作ろうと協力して活動する姿が多く見られました。
 池新田高等学校と合同で行うパンジーの植え替え作業も今回のようにお互いが言葉を交わしながら協力し、学校を華やかに彩りたいと思います。

 

第2回小笠高等学校との作業交流
 1月25日(金)小笠高等学校の生徒と、御前崎分校の農園芸班の生徒が、活動をとおして交流を深め、草花の管理方法について学ぶことを目的に作業交流を行いました。
 パンジーの植え替えの場面では、ペアになった小笠高生が土の量や苗の置き方などの手本を示しながら丁寧に教えてくれました。分校生は、わからないことは自分から聞き、生徒同士で積極的に話をする場面が多く見られ、充実した交流になりました。「今回の交流で学んだことを、池新田高等学校と行うパンジーの植え替えでも生かしていきたい。」と小笠高等学校の生徒に話す姿も見られました。

 

1月28日 作業製品展示と浜岡原子力館見学
 御前崎分校の教育について地域の方々へ理解啓発を図ることを目的に、浜岡原子力館に作業学習で作った製品を展示させていただきました。地域の方が見やすいレイアウトを友達と考え展示しました。
 是非、浜岡原子力館に展示してある御前崎分校の作業製品を御覧ください。

 
 


 展示をした後、館内を見学し、クイズや体験をとおして、原子力発電の仕組みや電力利用量、環境問題について学びました。

1月16日 1年食育講座及び調理実習
 12月11日(火)に、御前崎市役所健康づくり課の栄養士の方や、健康づくり食生活推進協議会の方々を講師にお招きして、食育講座を行いました。
 これからの食生活をよりよくしていくために食育講座では、栄養バランスの良い食事や朝ごはんの大切さなどを学びました。
 生徒は「豚の生姜焼き」「ハンバーグ」「カレー風味の魚のムニエル」の3種類の料理から一つを選び、栄養バランスの良い弁当を作りました。食生活の大切さに気付き、働くための土台である健康な体作りのために、自分の食生活について考える良い機会となりました。

 

 

12月17日 学校保健委員会
 11月29日(木)に学校保健委員会を開催しました。
学校歯科医、さくらい歯科医院院長 櫻井剛史先生を講師に、『歯周病について』の講演をしていただきました。
 歯科医院へは、虫歯や歯周病などにかかってから行くのではなく、予防のために行くことが大切など、多くのことを学ぶ機会となりました。
 参加した、保護者や本校教職員から多くの質問があり、日頃の悩みにお答えいただきました。



講話の内容はこちらから

12月5日 相良萬様への野菜の販売
 12月5日(水)に農園芸班の生徒が育てた野菜を「相良萬」様へ届けました。「相良萬」様と御前崎分校は協定を結んでおり、農園芸班が育てた野菜を購入していただいています。購入していただいた野菜は、「中部電力株式会社浜岡原子力発電所」様の社員食堂で調理・提供されます。
 これからも無農薬でおいしい野菜づくりに取り組んでいきます。
                                渡邊 仁様
 

12月5日 御前崎市大産業まつり
 11月24日(土)、25日(日)に開催された御前崎市大産業まつりへ参加しました。2日間、秋晴れの気持ちのよい天気の下、クラフト、革工芸、縫製、農園芸の各班が自主生産作業で製作した製品や栽培した野菜を販売しました。
 地域の方から好評で製品は全て完売しました。これからもお客様に喜ばれる製品作りに励みます。生徒一人一人が接客、アンケート調査などの役割に責任をもって取り組みました。お客様から意見を聞いたり、他の販売ブースの見学をしたりすることで、今後の製作意欲を高めることができました。

クラフト班
 

革工芸班
 

縫製班
 

農園芸班
 

全ての記事を見る