静岡県立沼津西高等学校ホームページ
 
 
ホーム>部活動>自然科学部
令和元年度潮音祭


<展示>
・名探偵コナンの中で登場したトリックの再現実験
・渦電流による金属棒内の落下
・コイルの中を磁石電池が動く
・R1(ヨーグルト)の中の乳酸菌を顕微鏡でとらえた写真の展示(令和元年度特別企画)
・生徒理科研究の展示と賞状、楯
・二重振り子の展示と体験
・コマの展示と体験
・紙飛行機を作成する
・ジャイロ飛行の製作、体験
・鉱石の展示
多くの展示を行いました。


<教卓での演示実験>
「液体窒素を使った実験」「真空砲」
迫力ある実験を行いました。



ご来場ありがとうございました。来年度も頑張ります。
  

自然科学部 年間活動計画 月別計画
年間活動計画 クリック⇒年間活動予定

第35回(平成30年度)山﨑賞受賞
平成31年2月16日(土)静岡県職員会館(もくせい会館)にて行われた
第35回(平成30年度)山﨑賞授賞式に参加してきました。

「風力発電における羽根による発電効率の変化」というタイトルで山﨑賞を受賞しました。
(楢木大介(26HR)、田中樹生(23HR)、内田賢吾(16HR)、佐川幸翼(14HR))




今後もいろいろなことに関心を持ちながら、研究していきたいと思います。

グランシップ文化講座「地球温暖化と異常気象」 参加
平成31年3月17日(日)グランシップにて行われた グランシップ文化講座「地球温暖化と異常気象」に参加してきました。



「地球温暖化と科学」 講師:住 明正
「地球温暖化と適応」 講師:中北英一

地球温暖化について、いろいろなデータに基づいた話を聞いてきました。今後も地球温暖化について興味・関心を持っていきたいと思います。

2018年度日本物理学会 公開講座 参加
平成30年11月17日(土)
2018年度 日本物理学会 公開講座「周期表と物理学」
(会場:東京大学本郷キャンパス伊藤謝恩ホール)に参加してきました。



内容
1.「新元素ニホニウムの発見と、さらなる挑戦」
2.「すべての元素を超伝導に」
3.「様々な元素が生み出す物質の世界」



理解しやすい内容のものでした。生徒たちもいろいろな元素に興味を持ちました。
今後の研究テーマに結び付けたいと思います。

オープンスクール2018(国立中央青少年交流の家)
2018年11月3日(土)文化の日において
国立中央青少年交流の家で行われた「オープンハウス2018」に出展し、科学の魅力を発信した。



出展内容は「3Dめがね」の製作であった。飛び出す絵に感動してくれた。
  

  

来場者に対して、「3Dめがね」を使って科学の楽しさを伝えようと生徒達は頑張っていた。

平成30年度生徒理科研究発表会東部大会
平成30年10月14日(日)三島北高校にて
平成30年度生徒理科研究発表会東部大会が行われました。

「風力発電における羽根による発電効率の変化」というタイトルで研究発表を行いました。
(発表者:楢木大介(26HR)、田中樹生(23HR)、内田賢吾(16HR)、佐川幸翼(14HR))



残念ながら、今年は最優秀賞に入賞することができませんでした。

発表自体はよい形でできました。。
今後は研究内容をさらに深めていきたいと思います。

体験!科学実験2018inぬまづ
平成30年9月23日(日)「体験!科学実験2018inぬまづ」に参加してきました。



小学生を対象に「熱や光で硬さを変化させよう!」というテーマで
UVレジンとプラバンを使ってアクセサリーを作る企画を行いました。



天候もよく、150名ほどの小学生がブースで製作をしました。




小学生の喜びの声を聞き、生徒たちもやりがいを感じていました。
今後の自然科学部の活動に活かしていきたいと思います。

前へ