静岡県立沼津西高等学校ホームページ
 
 
3月練習会
3月13日(日曜日)東部地区から5校が来校して合同練習会を実施しました。
富士見高校の辻村先生の御指導のもと、合同で基礎練習、その後午前、午後と練習試合を実施し、最後は地稽古を50分ほど行いました。
試合の途中で先生方からは的確な御指導もあり、試合シーズンに向けてよいスタートが切れたと思います。



この日は卓球部に場所をお借りし、2面取り、充実した稽古ができました。
















剣道部  活動内容 紹介
沼津西高校剣道部は
初心者が多く、少人数ですが、休日練習も積極的に実施し
技量が向上しています。
練習内容は
素振り(一挙動を意識した素振りを行っています。
タイヤ打ち(30分程度実施します。)
面をつけての
基本
出頭を中心とした応用稽古
体当たりを中心とした打ち込み
地稽古
(顧問2人が入り、充実した稽古を心がけています。)
掛かり稽古
(相掛かり、顧問が元にたっての掛かり稽古)
にも力を入れています。
初心者で入った部員が2年生までに二段を取得できること。
正しい基本を身につけ、正しい剣道をすること。
剣道で学んだ精神を日常生活に活かすことを心かけています。

剣道部 活動内容
本校では他校に来校いただき、定期的に合同練習会を開いています。
 この練習会では、剣道を専門に学ばれてきた先生方から試合、審判について学ぶことに重点を置いて行って  います。
 新人戦前には来校いただいた学校から、県大会、東海選抜大会へ勝ち上がったところもありました。
 春以降も継続していき、本校生が他校と剣道交流する機会を増やしていきます。

















楽しく剣道に取り組んでいます!

近年の剣道人口の減少で部員は少ないですが、誰一人として休むことなく稽古に励んでいます。
基本に基づく正しい剣道、礼儀を身につけることを第一目標として「心」を大切にしています。
清掃活動などボランティア活動にも力を入れています。

稽古風景
日々の練習内容と道場の様子を簡単に紹介します。
 


素振り、足捌きに力を入れています。


正しい基本を身につけるべく努力しています。






広い道場を利用し追い込み、打ちぬけ練習に力を入れています。

剣道部紹介

校訓である「克己」のもと、基本を重視し、正しい「心」から入る剣道を目指しています。
限られた時間で最大の成果が出せるよう日々一生懸命稽古に励んでいます。
練習以外では先輩・後輩の仲もよく非常にまとまりがあります。
初心者で始めている部員も多いです
男女ともに「県大会に出場し勝つこと」を第一目標に、一人一人が常に集中して毎日の稽古に臨んでいます。
部員数
2年 男子4名 女子1名
1年 男子2名 女子6名
平成25年度入賞成績
東部地区高校剣道選手権大会 女子団体第8位