静岡県立沼津西高等学校ホームページ
 
 
2学期の活動を振り返って
長く更新が途切れてしまいましたが、平成28年度・2学期中の大会結果等をまとめて掲載します。

☆特筆すべきは、秋の新人戦において、男子が創部以来初となる静岡県東部地区準優勝を果たしました。
また、女子は第3位入賞。日ごろの部員の頑張りが、実を結びました。





秋冬にしっかりと力を蓄えて、春に爆発してもらいたいです!頑張っていきましょう!!

夏の活動
先日(7月17、23・24日)、沼津地区高校生大会が行われました。男子部のみの参加となりましたが、結果は以下の通り。

【シングルス男子】優 勝;望月 諒登(23HR) 第5位入賞;山本 裕太(25HR)
【ダブルス男子】優 勝;望月・山本

そしていよいよ、男女共に8月5日(金)から、東部地区の各公営コート、高校テニスコートを会場に
新人戦(個人戦)がはじまります!

3年生の引退後、代替わり後の東部地区の高校の勢力図がどうなるのか?
選手には暑さに負けずに、粘り強く戦ってきてもらいたいと思います。
頑張れ!

☆平成28年度 静岡県インターハイ予選 テニス競技・個人戦 【結 果】☆
3年生にとって最後のインターハイ県大会個人戦が、団体戦に続き、5月中に終了しました。

■男子シングルス
  ・渡邉 雄太 1回戦 ○8-4 静岡市立
          2回戦 ×4-8 浜松市立  2回戦敗退

■男子ダブルス
   渡邉・小原 1回戦 ○9-8 浜松城北工業
          2回戦 ×1-8 浜松市立  2回戦敗退

□女子ダブルス
  川口・眞野 1回戦 ×1-8 浜松湖南

  門ノ澤・溝江 1回戦 ×4-8 浜松湖東  ともに1回戦敗退


     【写 真 ; 男子ダブルス 渡 邉 ・ 小 原】






☆いよいよ部活動もこれで代替わりとなります。
1、2年生たち、これからはあなた方の番です。また、コツコツと練習をしていきましょう!
引退した3年生たち、今後は自らの望む進路を掴み取ってください。
そして多くの応援くださった方々、ありがとうございました。 そして今後も、西高テニス部の応援をよろしくお願いいたします!

静岡県インターハイ団体戦 終わる
5月7日・8日の日程で男女のインターハイ静岡県大会(団体戦)が行われました。3年生にとっては活動の総決算!各自が役割をしっかり果たしました。

【結 果】
 男子 2回戦 2-1 静学
     3回戦 0-2 藤枝明誠


 女子 2回戦 2-0 聖隷
     3回戦 0-2 浜北西


静岡県大会・個人戦が5月14,15日、5月21,22日に行われます。

沼津市内大会(団体)行われる
4月29日(金)昭和の日に、沼津市内大会が行われました。
例年、団体戦形式(S1、D1、S2;シングルス2本、ダブルス1本)で実施されています。連休明けに行われるインターハイ団体戦(いきなり県大会)の前哨戦といった趣の大会です。

【結 果】

男 子;優 勝!

女 子;第3位 

     となりました。

【写真は男子(会場;沼津工専)後ろにたくさんの応援選手も見えます】
県大会に向けて弾みをつけてもらいたいです。

平成28年度 インターハイ東部予選(個人ダブルス) 速報!
□男子3年生ペア 渡邉雄太・小原 創 準優勝!

□並み居る強敵を粉砕し、見事に第2位という結果を収めました。

当日、熱心に応援してくれた後輩たちにも良いものを見せることが出来たのではないでしょうか?今後、団体戦にむけてよい弾みとしてもらいたい!


小室山運動公園テニスコートにて

平成28年度 インターハイ東部予選 開催中
新入生も入学し、まだ日も浅いのですが、
今年度もインターハイ東部予選・個人戦が、各公営コート、各高校コートで行われています。


  □4月9日(土)、10日(日)個人戦、順位戦


   ・男子シングルス;渡邉雄太(3年) 第8位 県大会進出


   ・女子ダブルス;門ノ澤・溝江(3年・3年) 第8位、

             川口・眞野(3年・2年) 第15位 県大会進出


  □4月16日(土)、17日(日)個人戦、順位戦


   ・男子ダブルス、女子シングルスが開催されました。

    *日曜日は天候不良のため、順位戦が途中までしか行われておらず、

     順位は確定していません。

     順位戦の続きは来週23日(土)に行われます。


5月連休明けの団体戦に向け、さらに頑張ります!

沼津市内大会 結果
さる12月19、20日に沼津市の高校生大会が行われました。

 □ 男子ダブルス
優 勝
    渡 邉・小 原


 □ 女子ダブルス
優 勝
    門ノ澤・溝 江

 

 男女アベック優勝でした!

 今後、それぞれに課題を克服し、春に向けてさらに弾みをつけてもらいたいです。

前へ