静岡県立沼津西高等学校ホームページ
 
 
29年5月25日(木)1年生国際理解教育「世界一大きな授業」
1年生の総合的な学習の時間「探求と表現」の国際理解教育の時間として、本校の外村教諭が「世界一大きな授業」を行いました。この授業は地球規模のイベントで「すべての子どもに教育を」を合言葉に世界100カ国で開催されています。現在、世界で学校に通えない子どもは5700万人、文字の読み書きができない大人は7億7400万人です。今日の授業では世界の教育の現状や識字率などについて、クイズ形式で学んでいきました。また、世界の子どもたちの教育に必要な費用、世界のゲーム費、世界の軍事費をそれぞれ表した「紐の長さ」見て、軍事費などに比べて教育の費用がはるかに少ないことを実感しました。最後に生徒たちは授業で学んだことについてどう感じたか、どうしたらよいのかを考えて、自分の意見をワークシートにまとめました。
  

平成29年5月25日(木)「ハワイのここに注目!」ポスター作成(2年生)
2年生は「探求と表現」の時間にハワイ修学旅行の学習の一環として、ポスター「ハワイのここに注目!」を完成させました。調べの内容は、気候、生物、ビーチ、映画のロケ地、土産、服装、食べ物、歴史など班ごとに話し合って決めたものです。完成したポスターのうち何点かを潮音祭で展示します。また、6月8日にはクラス内でプレゼンテーションを行い相互に評価をする予定です。これらの取組は生徒たちの表現力を高める学習や異文化を理解する学びにつながります。
  

平成29年5月23日(火) 池谷教諭 県文化奨励賞授賞式
本校書道科池谷教諭が今年度の静岡県文化奨励賞授賞式に臨み、県庁にて県知事から賞状及び副賞が授与されました。受賞理由は書家としての功績、書道教育者としての功績、静岡県の文化芸術への貢献があげられます。県知事は式辞の中で「書道一筋で、幾多の書道展で賞を受賞するなど、静岡県が誇る書道家である。書道文化を芸術に広げていただき感謝している。また、高校の教員として後進の育成に励んでいる。今後もこれまで以上の指導をしてほしい。」などと語っていました。続いて、県文化協会会長からの祝辞もいただきました。池谷教諭は受賞者の言葉として今後の目標を「現代に生きる書として、革新的な表現、生活に溶け込む書」、「幼少期から書を総合的、体系的に学べる環境の構築」、「書を体系的に学べる教本の作成」と述べました。なお、書道家の本賞受賞は21年ぶりとのことです。今後とも池谷教諭は大いに活躍するものと思います。
  

平成29年5月23日(火)台湾高校生交流会
台湾国立和美実験学校の生徒21名と先生方4名が本校を訪れ、交流会を持ちました。歓迎セレモニーではそれぞれの学校代表のスピーチ、学校紹介、記念品の交換、そして和美実験学校の生徒たちによる踊りが披露されました。その後、台湾の生徒たちは、英語、体育、音楽、美術、書道、ホームルーム活動の授業に参加し、さらに放課後は、剣道部、筝曲部、茶道部、イラスト部の活動に参加して日本の文化に触れました。生徒同士は英語を使ってコミュニケーションをとり、ネームカードを交換したり、写真をとったりして交流を深め、両校生徒たちの笑顔があふれる一日となりました。

平成29年5月23日(火)潮音祭、まもなくです
今年度の潮音祭は「Justice」をテーマにして、文化の部校内発表を6月3日(土)、文化の部一般公開を6月4日(日)10時~14時30分、体育の部を6月5日(月)に行います。「Justice」は「笑いあり、涙あり、みんなで描く潮音祭・感動と達成感がある潮音祭」というコンセプトのもと、「互いの長所を認め合いながら一人ひとりの目標(正義)を達成する」という意味を持っています。多くの皆様の御来場をお待ちしています。
  

平成29年5月22日(月)PTA理事会
本年度第2回目のPTA理事会を開催しました。午後7時から専門部会を行い、地区長会では6月に行われる地区会について、広報部ではPTA会誌「駿風」について、進路部では進路講演会について、生活・保健部では潮音祭におけるバザーについて主に話しあいました。午後8時からの全体会ではそれらの報告と地区会の進め方について、綿密に確認しました。本校のPTA活動は生徒たちの成長と学校の発展につながる活動だと思います。感謝いたします。

 

平成29年5月18日(木)第1回学校評議員会
今年度の第1回学校評議員会を開催しました。学校評議員会は静岡県立学校管理規則の規定に基づき組織され、評議員の方々から学校運営について意見や助言をいただくことを目的としています。第1回の会では、学校長から学校経営計画書の説明、そして教務課、生徒課、進路課、芸術科の長からそれぞれの目標や具体的取組についての説明の後、評議員の方々から質問や御意見をいただきました。本校が目指す教育を実現するためにも今後も御支援、御助言をいただきたいと思います

平成29年5月18日(木)職員エピペン講習会
職員対象のエピペン講習会を開催しました。アナフィラキシーと呼ばれる急性アレルギー反応が出た場合、エピペンを注射することによってアレルギー反応を抑えることができます。万が一に備え、エピペンを正しく注射することができるようになるために映像や練習用のエピペンを使って、職員で研修を行いました
  

前へ