静岡県立沼津西高等学校ホームページ
 
 
ホーム>学校案内>学校行事
2年生探求の時間(6月4日(木))
 ハワイ修学旅行が沖縄修学旅行に変更になり、今日の7限探求の時間は、初めての沖縄研修を学年全体研修で行いました。学年主任から沖縄の地理、歴史、文化からお土産、郷土料理などの説明がありました。来週から始まる判別探求学習のきっかけとなってもらいたいと思います。多様な文化が入り混じる沖縄を様々な視点から探求し、7月のクラス発表、8月の代表発表につなげていきましょう。学年部の先生からの「おすすめ沖縄」も紹介しました。




1年生探求の時間(6月4日(木))
 2学期の文理選択に向けて、職業適性検査「ジブラボ」を行いました。
 学問と職業両面から進路を考えることができるよう、 結果を有効活用したいと思います。



 

部活動が再開しました。(6月2日(火))
昨日から部活動が再開し、学校が活気づいてきました。

 

 

 

 

  

  

部活動部長会(5月29日(金))
 来週から部活動が再開するにあたり部活動部長会を開催しました。部長会では感染予防を含めた部活動に関する決まりを確認しました。各部の部長は真剣な表情で話を聞いていました。



2年生探求「キャリアパスポート」説明会(5月28日(木))
 2年生7限の探求の時間今年度から始まる「キャリアパスポート」についての説明がありました。文科省から出されたキャリア教育を通して高校生活で伸ばしてほしい基礎的汎用的能力についての説明の後、キャリア教育で身につける能力を学校経営計画の教育目標に沿って沼西モデルとして生徒に示しました。キャリアパスポートは毎年蓄積していく資料です。その作成の狙いは学校生活の中でどのような力を身につけたいのか、見通しを持ち、意識して活動に取り組んでいくところにあります。そして1年間の活動を通し、どのような力が身についたのかを振り返り評価します。
 最後に学年主任から「高校生活の中で自分の役割、価値を見出し、その積み重ねを社会に出るためのパスポート(渡航証)に記していこう。」という話があり、教室に戻りキャリアパスポートに1年間自分のどのような力を伸ばすのかを記入しました。

 

学校再開2日目LHR(5月26日(火))

 学校が再開となり2日目、今日はLHRがありました。
1年生は人間関係プログラムを行いクラスの親睦を深めました。
教室からはにぎやかな笑い声も聞こえてきました。

  



 2,3年生は面談を行いました。臨時休業中の様子や今後の学校生活、進路についてHR担任と話をする光景が廊下、生徒ホール等あちらこちらで見られました。

 

 

学校再開に向けた登校日(5月22日(金))
 学校再開に向けての準備日ということで本日登校日を設けました。

 

朝のSHRでは放送により校長先生から話がありました。
まず最初に「沼津西高校にお帰りなさいという一声で始まり、学校における日常を取り戻していくためにも、これまでの生活様式を見直し、「新しい生活様式」の徹底のお願いがありました。そのことに関連して2点話がありました。

「誠実・責任とコミュニケーション・連帯」
マスクの着用や一定距離の確保などの行動は皆さん一人一人、大切な生命をまもるために必要なことです。誠実な取組、責任ある行動をお願いします。
学校生活では先生や仲間とリアルに繋がることができます。お互いのコミュニケーションを大切にし、一人ではなく、連帯してこの感染症に立ち向かっていきましょう。

「ポジティブに、そして前進と挑戦」
感染症拡大防止のため、学校行事、部活動の大会・コンクール等が中止となり、皆さん一人一人輝ける機会が奪われてしまいました。しかし、当たり前の日常、そして何よりも自分自身に対する向き合い方は、以前に比べて確実に変化があったと言えると思います。今回のこの経験をポジティブに捉え、今の瞬間にできることを少しずつ歩みを前へ進めて向かい、困難を乗り越えて未来を切り拓いていくべく、挑戦を続けていってほしいと願っています。
最後に、「新しい日常」、「沼津西高校の新たな歩み」をともに築いていきましょうと述べられました。

 

 校長先生の話の後、保健管理課長山本先生から新しい学校の生活様式についての説明がありました。詳細はこちらをクリックしてください ⇒ 新しい学校の生活様式

 

 

対面式(4月8日)
 交通安全教室の後、在校生と新入生の対面式を行いました。例年は体育館に集まり、生徒が対面する形で行われますが、コロナウイルス感染症拡大予防のため放送で生徒会長、二・三年代表、新入生代表が一言ずつ挨拶をしました。
 部活動や、クラス委員としての活動を通して学んだことについて、後悔のないよう全力で取り組むことを後輩たちへアドバイスをした上級生。新しい生活に期待と不安を抱きながらも、西高生として頑張っていこうと決意を示した新入生。短い時間でしたが、西高生として3学年が1つになる良いきっかけ作りができました。




前へ