静岡県立沼津西高等学校ホームページ
 
 
平成29年4月25日(火)潮音祭ビッグアート作成
本校の学校祭「潮音祭」で校舎に飾るビッグアートの作成を各クラスで進めました。全校生徒がそれぞれA4一枚を担当し、指定された色で塗り、後日それらをつなぎ合わせて巨大なモザイクアートを作り上げます。また、紙の裏には各自の心の支えになる言葉を書き、あわせて写真部の生徒たちによる写真撮影も行われます。潮音祭で来校される方々をこのビッグアートがお迎えするでしょう。なお、潮音祭は6月4日(日)文化の部一般公開、5日(月)体育の部となります。
  

平成29年4月21日(金)創立記念講演会
本校卒業生で弁護士の後藤真理先生を講師としてお招きし、創立記念講演会を開催しました。後藤真理先生は、沼津西高卒業後、早稲田大学第一文学部文芸専修で小説の創作を学ばれ、その後、編集者、作家を経て、現在は弁護士としてご活躍されています。今日の講演では、「私が西高を卒業してから弁護士になるまで」という演題で、高校生から大学生、編集者、作家、そして弁護士になるまでの道のりについてお話いただきました。また弁護士の仕事の内容ややりがいなどについてのお話もありました。最後に、在校生たちに生きていく上で大切なことについてのメッセージもいただきました。これから進学し、そして社会に出て行く生徒たちにとって、大変参考になるお話でした。

平成29年4月20日(木)1年生スマホ安全教室
1年生対象のスマホ安全教室を開催しました。NTTドコモの講師の方に、自分にも起こりうる様々なトラブルについてスライドやビデオを使って説明をしていただき、スマホや携帯を安全に使うためにはルールとマナーを守ることが必要であることを講義していただきました。本校では学校へのスマホの持込み、使用は禁止されています。また、家庭でも夜の9時以降のスマホ、携帯の使用は禁止としています。家庭学習時間の確保や充実した高校生活のためにも、上手にスマホと付き合っていきましょう。

平成29年4月17日(月)ロビーコンサート
芸術科音楽専攻の生徒たちによるロビーコンサートが開催されました。曲目は2年声楽専攻の安藤聖華さんによる「カッチーニ アマリッリ」、3年ピアノ専攻の野村萌音さんによる「シューベルト ピアノソナタ作品164第一楽章」でした。西高芸術科音楽専攻ではこのように昼休みの時間に生徒ホールでコンサートを開いています。お昼休みのひととき美しい音楽が校舎内に響きます。
 

平成29年4月18日(火)1年生交通安全教室
1年生対象の交通安全教室を開きました。沼津警察署交通課の方にお越しいただき、この時期の高校1年生の自転車事故が多いことや、その一番の原因が一時不停止であるということ、そして「自転車安全利用五則」などについて講義いただきました。後半は交通安全協会の指導員の方から自転車シミュレータを利用して安全な自転車の走行方法について説明をしていただきました。生徒の代表が実際に自転車シミュレータに乗って体験をし、その走行を画像で振り返りながら指導員の方から解説をしていただき、生徒全員で共有することができました。これからの自転車安全走行に役立ててほしいと思います。
   

平成29年4月18日(火)合唱練習
2、3年生はLHRの時間に合唱の練習を行いました。合唱コンクールは5月9日(火)に行いますが、限られた練習時間の中で上達しようと集中して取り組んでいました。自分たちの合唱曲から感じ取ったものを皆さんに伝えることができるようにと、クラスごとにパートリーダーが中心となって練習しています。コンクール当日まで上達し続けて、本番ではすばらしい曲を披露してくれるでしょう。なお、保護者の皆さんの御来場も可能です。
  

平成29年4月16日(日)御用邸沼西DAY(4月30日)に向けての練習
沼津御用邸記念公園企画の一環で4月30日(日)は恒例の「沼西DAY」!! 本校生徒に出演の機会をいただきました。30日に書道部による書道パフォーマンスと筝曲部による演奏会を行います。来園した皆様に喜んでいただくために、休日返上で書道部も筝曲部も熱心にリハーサルをしています。書道部は位置取りの確認、音楽との調和などを広場で行い、箏曲部は視聴覚室で本番の舞台の配置で演奏していました。ぜひ当日は多くの方に来ていただき、生徒たちの頑張りを見たり聴いたりしていただきたいと思います。
  
  

平成29年4月14日(金)交通指導
今週は教員が生徒の朝の交通指導に当たってきましたが、今日はPTA生活・保健部会の保護者の方々にも参加していただき、生徒たちの登校見守りと交通指導を行いました。西高前の十字路と西高入口の五叉路に保護者の方と教員とが立ち、交通ルールの遵守と余裕を持った登校を呼びかけました。今年も一年間交通ルールをしっかり守り、安全に登下校してほしいと思います。

前へ