ブログ



ご来場
ありがとうございました!











カウンター

カウンター

(運用開始2012/1/4)

勉強と部活動に励み、かけがえのない友人と出会う。

充実した3年間が、ここにある。






千本小読み聞かせボランティア(6月21日)
千本小学校の1年から6年生までの各クラスで本校生徒のボランティアが絵本の読み聞かせを行いました。参加する高校生が自分で選んだ絵本を、午前8時から10分間程度、小学校の教室で読み聞かせました。小学生たちは物語の世界を楽しんだようで、途中でうなずいたり、笑ったり、前ににじり寄ったりする子どもたちの姿もありました。このような活動を行うことで、地域貢献や児童理解、自己肯定感を高められる機会になります。




千本小書写指導(6月20日)
 本校1、2、3年書道専攻の生徒が書写指導を千本小にて行った。 3年は6月17日(月)に小6年に、2年は6月18日(火)に小4年に、1年は6月20日(木)に小3年に行った。
 写真は1年の書写指導の様子、入学して初めて指導に行った。
  感想「初めは緊張して上手く話せなかったが、徐々にコミュニケーションが取れるようになって指導もよく聞いてくれるようになった。」




薬学講座を実施しました (6月18日)
本日7時間目に薬学講座を実施しました。
講話とDVDの映像により違法薬物の危険性について学びました。





薬物に対する正しい知識をもつこと、断る勇気を持つことが大切であると学びました。

仲見世巨大短冊パフォーマンス(6月17日)
 沼津市仲見世商店街で本校書道部員が巨大短冊を書き上げるパフォーマンスを行った。多くの人に足を止めて見ていただくことができた。大胆な筆づかいに時折歓声も起きた。






海外語学研修「トビダセ 沼西!!」事前研修②(6月15日)
 事前研修第2回が行われました。内容は、1時間目は、1分間という短い時間で英語で日本の文化を紹介しました。それぞれ持ち寄った物、資料を用いながら自分なりの英語の表現で発表していました。
 2時間目は、英語によるディベートについて学習しました。ディベートの流れ、スピーチでの注意点などディベートの基礎について学び、実際にお題を与えらえ2人1組でディベートを体験していました。立論を根拠をあげ英語で説明することや相手の立論の矛盾点を英語で伝える難しさを体験することができ、今後の研修の課題が見えてきました。












1年生「学問リサーチ」グループ発表(6月11日)
 4月のホームルーム活動で7つの系統をさらに5~8の分野に分け、自分の興味に関係なく、割り振られた学問を調べてきました。5月16日の探求の時間で、各系統別にグループ発表を行い、各系統について情報をシェアし、その後、シェアした情報を各自、再度レポートにまとめ直し、本日6月11日に各自系統の代表者としてジグソーされたグループで各7つの系統の代表としてグループ発表し、情報をシェアしました。
 生徒は6月27日に行われる説明会から始まる類型科目選択に向けて、多くの学問を学び、情報を共有することができました。





芸術科 版画ワークショップ(6月11日)
 沼津市にゆかりのある版画家山口源の顕彰のため、市では「山口源賞」の授与を始めとした事業を行っております。その一環として、美術に関心の高い若い世代に版画に興味を持ってもらうことが必要であるとの考えから、29年度より高校生を対象にワークショップが開催されることとなりました。講師は山口源賞(主に新人賞)受賞者にお願いし、毎年2回(2技法)の講座が開催されています。今年度は木版画と銅版画の講座を実施します。
 今回は濱田 路子氏をお招きし、木版画のワークショップを行いました。美術の授業で描いた校内風景を多色塗りの技法を用いて版画で表現するといった内容で芸術科1年生美術専攻14名が取り組みました。生徒は濱田氏の話を興味深そうに聞いていました。絵画とは違う版画の世界に引き込まれていました。




学校案内制作中! 6月13日(木)
学校案内の部活動紹介のための写真撮影を行いました。
各部活動が協力してくれました。


令和元年度 第1回表彰式(6月6日)
 フェンシング部、陸上部、サッカー部の表彰式を行いました。
 
フェンシング部
男子団体2位 3年鈴木 友也、2年村木 駿、2年睦 祥豪、2年渡辺 賢伸、1年関谷 拓未 
(東海大会出場)
女子個人サーブル1位 3年山田 夢羽未 (全国大会出場、東海大会出場)
男子個人エペ2位 1年今井 孝輔 (東海大会出場)   
女子個人エペ2位 1年一藤木 由香 (東海大会出場)

陸上競技部   
走り幅跳び県大会1位 3年 葛西 伊吹  (東海大会出場)
やり投げ東部大会3位 2年 杉本 賀音

サッカー部 東部大会3位  県大会ベスト16 






潮音祭拡大実行委員会(6月6日)
 潮音祭拡大実行委員会が執行部をはじめ常任委員長、HR委員長、部長、各団体代表者が視聴覚教室に集まり行われた。生徒会長佐々木健太君から潮音祭が盛り上がり成功に終わったことへのお礼のあいさつ、生徒会顧問の外村先生から潮音祭は歴史のある文化祭、時の中で改善していいものができあがっている。各団体の意見を吸上げ、集約し来年度の文化祭につなげていきたいといった話があった。生徒はみな真剣に耳を傾けていました。







潮音祭体育の部(6月3日)
潮音祭3日目、体育の部は天候が心配されたが、朝には雨があがり予定通り行うことができました。開会式にはグランドコンディションも最高で、生徒たちは6つの色(ピンク、青、オレンジ、赤、緑、黄)の学年縦割りのチームに分かれ、優勝目指し、精一杯競技に参加しました。応援合戦では3年生がリーダーシップを発揮し、各チーム工夫を凝らした素晴らしい応援を披露しましたが、優勝はピンク(35・24・12HR)でした。選抜リレーの「杜蔭杯争奪リレー」は青色(34・25・13HR)が優勝、そして色別総合優勝は圧倒的な強さを見せたオレンジ(31・33・23・14HR)という結果でした。先生たちも生徒の中に入り一緒に応援をしていました。生徒たちの歓声と笑顔で素晴らしい一日となりました。これで潮音祭3日間の日程は終わりです。令和最初の潮音祭大いに盛り上がった3日間でした。

 

 

 

潮音祭文化の部一般公開(6月2日)
 潮音祭2日目は一般公開でした。10時前にはロータリー前に多くの来場者が入場を待ち構えていました。生徒会長と副会長によるテープカットから始まり、体育館のステージでは音楽部、箏曲部、書道部、吹奏楽部、有志によるクラッシックバレエ、ダンス、バンドで盛り上がりました。展示ではパソコン部、美術部、書道部、イラスト部、写真部、英語部、自然科学部の部活動による展示と防災委員、修学旅行委員の委員会による展示がありました。茶道部によるお茶会、食物部によるチーズハットグ、クッキーの販売、PTAの方々によるバザーもあり、どこも大混雑でした。クラスや部活動による食べ物の販売、お化け屋敷、縁日には長蛇の列ができました。まさにテーマ「響」のように1人1人の思いが皆に響きあい、生徒1人1人でつくりあげた文化祭になりました。来場者も1500人以上と例年以上でした。たくさんの御来場ありがとうございました。明日は潮音祭体育の部が行われます。

















潮音祭文化の部校内発表(6月1日)
潮音祭文化の部が開催されました。1日目は校内発表でした。ステージ発表午前の部では音楽部、防災委員会、箏曲部、書道部、吹奏楽部が日頃の練習の成果を披露しました。どれもレベルの高いもので見ている生徒からは歓声が上がり、惜しみない拍手が送られました。生徒会執行部の企画ではビックアートのメイキングビデオ、新企画の響く思いが行われ大いに盛り上がりました。午後は2、3年生各クラスによる仮装コンテストが行われ、それぞれ工夫を凝らした仮装とミニドラマで会場を沸かせました。明日は文化の部一般公開です。展示、食べ物販売、バザー、ステージ発表があります。多くの方の御来場をお待ちしています。


























潮音祭体育の部予行(5月30日)
 快晴のもと潮音祭体育の部の予行を実施しました。開会式の予行の後、体育委員が競技の説明をしました。その後、色ごと6チームに分かれ、応援練習も行われました。どのチームも優勝に向け、熱心に動きや声合わせを何度も練習していました。いよいよ潮音祭まであと1日となりました。沼津西高生の力を結集して最高の潮音祭にしてほしいです。











潮音祭まもなくです。
 今年度の潮音祭のテーマは「響」です。このテーマには「人の思いが皆に響き合う」という意味が込められています。沼津西高生の思いが響きあい素晴らしい文化祭をつくりあげていきましょう。
 日程は文化の部校内発表を6月1日(土)、文化の部一般公開を6月2日(日)10時~14時30分、体育の部6月3日(月)になります。準備は着々と進んでいます。多くの皆様の御来場をお待ちしています。













国際ソロプチミスト駿河 クラブユース・フォーラム(5月25日)
国際ソロプチミスト駿河クラブユース・フォーラム2019に2年生の鈴木美南さんが参加しました。「20年後のあなたと対話する」というテーマで発表をしました。美南さんは多様性について取り上げ、多様性を受け入れることで世界を平和にすることができる。人それぞれが違うことを楽しみ、視野を広げたい。そして多くの人にとって過ごしやすい幸せな世の中になってほしいといったことを20年後の自分と対話をしながら語っていました。審査結果はテーマの素晴らしさ、美南さんが時折見せる笑顔も高い評価で12名中3位になりました。







海外語学研修「トビダセ 沼西!!」保護者説明会(5月24日)
 海外語学研修の保護者説明会が行われました。中野校長先生から「この研修は1年前から準備をしてきたもの。後援会、同窓会から支援をいただいてこの研修は成り立っている。学校経営計画にあるように異文化理解、多様性を深めるといったことを具現化するための事業で、将来多文化、多民族との共生を目指していけるような生徒を育成することが目的である。」といったこと話され、参加した生徒は真剣に耳を傾けていました。
 その後、学校から旅程や今後の日程、JTB担当者からは台湾の気温情報、保険、外貨両替、荷物について説明していただきました。







海外語学研修「トビダセ 沼西!!」事前研修①(5月24日)
海外語学研修の事前研修が今日からスタートしました。初めて今回の語学研修に参加する10名が顔を合わせました。まずは自己紹介から始まり、今回の研修の目的や楽しみにしていることをお互い発表しあいました。
そのあと台湾についての学習ということで台湾について事前に調べてきたことをグループで発表しました。英語の事前研修では今後の研修計画についての説明、英語での自己紹介を行いました。







進路講演会(5月20日)
 PTA総会に先立ち、保護者対象の進路講演会を開催しました。本校進路課長の高橋が講演をしました。この春の卒業生の進路状況、センター試験に代わる共通テストの動向、受験への心構えなどについて説明をしました。





令和元年度PTA総会(5月20日)
 令和元年度のPTA総会が開催されました。お忙しい中、多くの保護者の方々にお集まりいただきました。平成30年度の事業報告及び会計報告、令和元年度の事業計画書及び会計予算書の説明、新役員選出などがあり、議案はすべて承認されました。
 また、前PTA会長の溝江希克に遠藤副校長から感謝状が贈呈されました。これまで本校のPTA活動にご尽力いただきましてありがとうございました。
 総会終了後クラス懇談も行われ、活発な意見交換が行われました。










全ての記事を見る