ブログ














カウンター

カウンター

(運用開始2012/1/4)

勉強と部活動に励み、かけがえのない友人と出会う。

充実した3年間が、ここにある。






平成29年11月17日(金) 生徒会役員選挙の投票日
本校の生徒選挙管理委員会では、3年前から実際の選挙に即した形で選挙運動、投票を行い、選挙に関する理解を深めることも含めて、生徒会役員選挙を実施しています。昨日の立会演説会に引続き、本日は投票及び開票を行ないます。選挙活動、投票所入場券発行、期日前投票、立会演説会、実際の記載台と投票箱の利用など生徒たちができる限り実際の選挙に近い行動が取れるように工夫しています。生徒たちは三々五々誘いあわせて投票所に来て、入場券と引き換えに受付で選挙管理委員から投票用紙を渡してもらい投票していました。本日の投票時間は7:40~8:10と15:45~17:30で、その後委員による開票作業が始まります。
  

平成29年11月16日(木) 生徒会役員選挙立会演説会
前期生徒会の会長及び副会長を選出する選挙の立会演説会を行いました。定員は会長1人、副会長2人です。応援演説の後、立候補者が次年度の潮音祭への取組や日頃の生徒会活動の活性化などについて抱負を述べました。今回は定数と同じ立候補者数なので信任投票となりますが、沼津市選挙管理委員会からお借りした記載台と投票箱を使い、投票券、期日前投票や明日の朝と放課後の投票時間の設定など少しでも本物の選挙に近くなるよう工夫しています。また、先日の全校集会では、生徒選挙管理委員が主権者教育の一環として、選挙の基本知識や選挙運動の注意点などを説明する機会を持ちました。
 

平成29年11月16日(木)認知症カフェ「せんぼんカフェ音楽会」音楽専攻2、3年生 出演
音楽専攻の2、3年生の生徒が千本地域包括支援センターで開催された認知症カフェ「せんぼんカフェ音楽会」で演奏してきました。この「せんぼんカフェ音楽会」には8月に本校の加藤和子教諭が出演しましたが、今回は生徒による演奏を行いました。聞いていただく方々にどうすれば喜んでもらえるかを生徒たちが音楽専攻の授業の中で考え、練習を重ねてきました。「むらまつり」「もみじ」「なごり雪」「トゥモロー」「ジブリメドレー」「母に贈る歌」「群青」「あの鐘を鳴らすのはあなた」を合唱や独唱、クラリネットとホルンの二重奏などで披露しました。みなさんからたくさんの手拍子や拍手をいただき、また歌を聞いて涙を流す方々もいらっしゃいました。最後に、第二地区の民生委員の方からお礼の品とお褒めの言葉をいただきました。このように地域の中で自分たちの演奏を聞いていただける場があることは生徒たちにとって大変ありがたいことだと思います。

平成29年11月15日(水)沼西クリーン作戦
沼西クリーン作戦は毎年生徒会の企画として、部活動などから希望者を募集して行うボランティア活動です。今年のクリーン作戦は約150名の生徒が参加しました。松下町の方々と地域の側溝掃除をするグループと千本浜海岸を清掃するグループに分かれて行いました。松下町清掃班は側溝のふたを取り、スコップなどでたまった泥を取り除きました。海岸では生徒たちがプラスチックや缶、ビンなどを拾い、ゴミ袋をいっぱいにしました。学校に持ち帰ってさらに生徒たちで分別作業を行いました。生徒たちは仲間と一緒に楽しみながら地域の清掃活動を行っていました。
     

平成29年11月14日(火) 芸術科書道専攻2年生による沼津三小書写指導
芸術科書道専攻の2年生7人が沼津第三小学校に出向き、3年生の3クラスで書写指導を行いました。授業の最初には、筆の持ち方や姿勢など基本的なことがらを、小学生がわかるように大きなジェスチャーを入れ指導しました。続いて、指導する「人」について、起筆(始筆)、左はらい、右はらいを中心に示した後、個々の指導へ移りました。高校生は小学生一人ひとりの良いところをほめながら朱で丸や花丸をつけ、次にアドバイスをしました。高校生の小学生の気持ちに添った声かけがうまく、小学生たちは積極的に学び、次第にすばらしい書になりました。また、あるクラスでは授業の最後に高校生へのリクエストがあり、「龍」と「花」を書きました。このように地域貢献の一環として小中学校で書写指導を行うことで高校生の成長につながり、本校の芸術科の特徴や書道のよさを知ってもらう機会にもなっています。
  
  

平成29年11月10日(金)球技大会
さわやかな秋晴れの下、球技大会が行われました。種目はサッカー、ハンドボール、バレーボール、バスケットボールで、クラス対抗で行われました。開会式での体育委員長の「てっぺんを目指そう」という声に応え、生徒たちは勝利を目指し一生懸命にプレーしました。優勝がかかる試合になると、応援側にも一層熱が入り、普段忙しい毎日を送っている生徒たちは、ひととき勉強や部活動のことを忘れてプレーや応援に夢中になることができました。また、準備と運営は体育委員と運動部員の生徒たちが中心になって行いましたが、大変スムーズな運営で素晴らしかったです。生徒たちの明るい笑顔と歓声でいっぱいの一日でした。
     

平成29年11月9日(木)2年生「探求と表現」ディベート
2年生の総合的な学習の時間「探求と表現」でディベートのクラス対抗の試合を行いました。論題は「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである」で肯定と否定に分かれてクラス対抗で試合をしました。司会やタイムキーパーも生徒が行い、観戦をした生徒たちが判定をしました。今日の試合までに班でリンクマップを使ってブレーンストーミングをしたり、クラスでミニディベートを行ったりしました。この活動は主権教育の一環として行っており、有権者として判断を求められる政治的課題について話し合う授業です。少子高齢化の問題、年金問題、雇用問題など様々な社会の問題がかかわる論題で、生徒の振り返りでは「文化の違いや考え方の違いは問題点ではなく、変わるための大きなチャンスだと思う」「労働力が不足しているというが、日本で雇用されていない人がいる。まず日本の労働環境を良くするべき」といった様々な意見が聞かれました。このように本校では総合的な学習、授業、行事を通して生徒の思考力や表現力を育成する取組を行っています。
  

平成29年11月9日(木)家庭科「ファッション造形基礎」発表会
7日(火)に家庭科の選択科目である「ファッション造形基礎」の授業で、生徒がデザインして製作したアウターパンツのファッションショーが行われました。この授業を選択している5名の生徒はデザイン、生地選び、パターン製作を行い、それぞれのパンツを縫い上げました。今回のファッションショーでは最初に家庭科の前田教諭が自分の製作やコーディネートについて話をして見本を見せた後、生徒一人ひとりが自分で考えたコーディネートでみんなの前に立ち、製作のねらいや過程、苦労した点、うまくいった点、コーディネートのポイントなどについて発表し、さらに見ている生徒から感想やコメントが発表されました。どの生徒の作品も仕上がりが素晴らしく街で十分着ることができるものとなり、それぞれの自分らしさを表現した発表会になりました。

平成29年11月9日(木) 芸術科書道専攻3年生による沼津二中での書写指導
芸術科書道専攻の3年生6人が沼津市立第二中学校の1年生から3年生の書写の授業で書写指導をさせていただきました。4限に2年生へ「雲海」、5限に1年生へ「栄光」、6限に3年生へ「自然を守る」の指導でした。最初に高校生がお手本を書いて見せて説明した後、中学生たちがそれぞれ書に取り組みました。高校生は良いところをほめながら細かいところまで指導をしていたので、中学生は緊張しながらも熱心に取り組んでいました。「授業の最初に書いたものより、清書として提出したものはうまくなった。」と多くの中学生が言ってくれるなど、書道専攻生にとって良い経験となりました。小学校での書写指導も含め児童生徒へ教えることは、本校書道専攻の授業の中で特色ある取組となっています。
  
  

平成29年11月8日(水) 職員研修「高大接続改革の現状と課題」を開催
駿台教育研究所進路情報事業部の石原賢一部長をお招きして、校内進路講演会を行いました。石原様は進学指導の専門家として研究や各方面で講演をされている方で、本校が指定を受けた「ネオアドバンススクール」事業の一環として依頼し実現できました。講演では改革の現状、大学入学共通テストの最新情報、英語の検定試験、来年度の高校1年生への指導方法、これからの大学の変化と対応など今後の進路指導に欠かせない内容をお話しいただき、有益な研修となりました。来年度入学する高校生が新しいシステムで大学を受験する2020年度に向けて、職員研修を充実させながら常に新しい情報を入手し、「西高の学習指導や進路指導は適切だ」と言っていただけるように指導を進めたいと思います。
 

平成29年11月7日(火)表彰式、全校集会
表彰式の後の全校集会を行いました。まず9月に行われた沼津市日本語スピーチコンテストで特別賞を受賞した本校ALTのターニャ先生が全校生徒の前でその時のスピーチを披露してくれました。タイトルは「勇気をもって逆境に立ち向かう」で、ターニャ先生がこれまでどのようにして困難を克服してきたかについて流暢な日本語でスピーチをしてくれ、生徒も職員も感銘を受けました。次に、選挙管理委員長と副委員長の生徒による生徒会選挙についての説明がありました。今回の選挙では選挙管理委員会のもと、期日前投票の期間を設けたり投票場で投票券と投票用紙を交換したりするなど、その他できるだけ本物の選挙に近い形で実施します。また選挙の説明の後には、主権者教育の一環として選挙活動についてのクイズを出して、全校生徒に「主権者としての自覚を持ちましょう」と呼びかけました。最後に来年8月に静岡県を含む東海4県で行われるインターハイ高校生活動地区推進委員である生徒たちから来年度に向けての生徒たちの準備活動の説明があり「みんなで2018年の東海総体を盛り上げましょう!」と呼びかけがありました。

平成29年11月7日(火)表彰式
表彰式を行いました。今回の表彰式では来年度の全国大会出場を決めた筝曲部と写真部をはじめとし、自然科学部、写真部、フェンシング部、女子バドミントン部の生徒たちが表彰されました。なお、書道部も来年度の全国大会出場を決めています。目標を持ち勉強との両立しながら仲間とともに努力を続け、素晴らしい結果を残しました。
  

平成29年11月6日(月)中学校教員対象芸術科説明会
毎年中学生や保護者対象の芸術科入試説明会を開催していますが、今年は中学校の先生方対象の芸術科入試説明会も実施しました。2年生の書道専攻、音楽専攻、美術専攻の授業を参観していただき、全体会では芸術科各専攻の教育内容、進路状況、地域での活動、そして本番の入試の際に向けてどのような準備をすればよいかなどについても説明をさせていただきました。お忙しい中多くの先生方に出席いただきありがとうございました。本校を志望してくれている生徒さんへの御指導に活かせていただければ大変ありがたいです。12月には個別相談会もありますので、希望する中学生、保護者の方は直接本校にお問い合わせください。
  

平成29年11月6日(月) 千本小学校交流コンサート
隣接する千本小学校の児童や先生方を本校音楽室にお招きして、交流コンサートを行いました。コンサートは芸術科音楽専攻の3年生5人が企画、構成、運営、飾り付け、演奏まですべてを手がけ、授業の一環として行いました。ピアノ演奏、合唱、リコーダー演奏、マリンバ演奏、ハンドベル演奏、楽しい企画として「ラジオ体操第一」を2人がピアノ連弾、他の2人が体操を披露し、ラジオ体操キャラクターシールの配付もしました。アンコールとして全員でふるさとを歌い、コンサートは終了しました。小学生たちは笑顔で演奏を聴き、高校生の質問に大きい声で答えてくれました。また、高校生も自分たちの取組が子供たちの心を動かしたという達成感を得たと思います。本校芸術科は地域貢献として、地域行事や小中学校との交流、地元企業・施設や商店街との協働事業に参加し、実践的な教育活動を行う機会を持っています。
  
  

平成29年11月1日(水) 校内実力テスト
2、3年生は本日と明日、1年生は本日のみ日程で、実力テストを行っています。中間や期末テストとは異なり、ある程度広い範囲での学力を診断します。特に3年生は入学試験直前の試験として、進路検討の資料として活用してきます。また、1、2年生は学力の定着度合いを評価し、今後の学習に生かしていきます。本校の目標には「75%以上の生徒が平日2時間以上の家庭学習時間を行う」とあります。10月は3年生のほぼ全員が達成しています。1、2年生も3年生を見習い学習に励んでほしいと思います。
  

平成29年10月31日(火)芸術鑑賞会
今年の芸術鑑賞会は「劇団わらび座」による「ミュージカル ブッダ」を上演しました。この作品は手塚治原作の漫画を舞台化したもので、シッダールタ(ブッダ)が様々な出会いと苦難の末「生きるということ」の本質を見出していくという壮大な物語です。回り舞台を使った多角的な演出、多彩なキャラクター、静と動の見せ場など、生徒たちも一瞬にして物語りに引き込まれていきました。保護者の方々、同窓会の方々にも鑑賞していただきました。来年度の芸術鑑賞会は能を上演する予定です。

平成29年10月30日(月)美術専攻1年生JAなんすんお米パッケージデザイン決定
今年で7年目になるJAなんすん様とのコラボレーションですが、今年はお米のパッケージデザインを手がけさせていただきました。題字はすでに書道専攻3年石原千夏さん、村上千紘さんの書が決まっていました。そしてデザインは9月15日にプレゼンテーションを行い、今回その採用デザインが発表されました。美術専攻1年生5つのグループの中から選ばれたのは1年石井千乃さん、杉山愛姫さん、櫃石毬花さんによるデザインで、11月13日からJAなんすんで販売されます。宣伝パンフレットやのぼり旗にもこの題字とデザインが使用される予定です。

平成29年10月26日(木)2年生「探求と表現」主権者教育 ミニディベート
2年生の総合的な学習の時間「探求と表現」で主権者教育の一環としてのミニディベートを行いました。論題は「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきである」で、前回の授業では個人で考える時間とグループでリンクマップを作りながら話し合う時間を設けて準備をしました。今日はスピーカーと司会者、審判の役割を決めて実際にミニディベートを行いました。このディベートは主権者教育資料「私たちが拓く日本の未来」の実践編『ディベートで政策論争をしてみよう』をもとに実施したものです。有権者として判断を求められるであろう政治的課題について話し合う大変良い機会となりました。

平成29年10月25日(水)芸術科入試説明会
例年、本校では秋に芸術科の教育と選抜についての説明の場として、芸術科入試説明会を行っています。今年も本日実施し多くの中学生、保護者の方が参加してくださいました。全体会では入学者選抜の概略と芸術科の特色を伝え、その後、音楽専攻、美術専攻、書道専攻に分かれ、担当教員からさらに詳しい説明をさせていただき、質問にも回答しました。なお、説明会の前には各専攻の生徒たちが在校生の活動の姿や施設などを見ていただくために案内をしました。この案内を来校された方々は大変喜んでくださったようでした。同じ内容の説明会を27日(金)にも開催します。
  
  

平成29年10月25日(水)~27日(金)1年生の保育体験実習
乳幼児と触れ合うことの楽しさを体験し、命の尊さを学ぶことを目的に、1年生が保育体験実習を行います。初日の本日は12HRが永明保育園で、14HRがルンビニ幼稚園で実習を行いました。班ごとに事前に実習計画書を作成し、遊びの詳細を練って臨みました。あいにく雨天となり、室内での実習となりましたが、ジェスチャーゲーム、トランプ、折り紙、ブロック遊び、食事の手助け、オムツ替えなど、乳幼児の年齢にあった動きがとれ、当初の目的が達成できたようでした。生徒たちは「少し緊張したけれど楽しい実習だった。」、「子どもたちが喜んでくれてよかった。」などの感想を述べていました。なお、明日は11、13HR、明後日が15、16HRの実習予定です。
 
 

平成29年10月18日(水) 研究授業と校内研修会
県総合教育センターから2人の指導主事の先生をお迎えして、授業研究と校内研修を行いました。指導を受けた教科は英語と保健体育で、英語では杉本博美教諭と外村健二教諭、保健体育では村下和之教諭と渡邊慶仁教諭が研究授業を行いました。放課後は全体での研修会を開催し、「これからの生徒に必要な学び」というテーマの下、主体的・対話的で深い学びの実現を視野に、ジグソー法を用いて実習を行いました。密度の濃い実践的な研修を受けたことで、今後の授業改善に役立つと思います。
  

平成29年10月18日(水) 千本小学校での読み聞かせ
10月12日(木)、13日(金)、17日(火)と本日の4日間、千本小学校の1年から6年生までの各クラスで本校生徒のボランティアが絵本の読み聞かせを行いました。参加する高校生が自分で選んだ絵本を、午前8時から10分間程度、小学校の教室で読み聞かせました。小学生たちは物語の世界を楽しんだようで、途中でうなずいたり、笑ったり、前ににじり寄ったりする子どもたちの姿もありました。読み終わった後は小学生たちが高校生に質問をしたりしました。今年度もすでに6月に実施しましたが、この活動を行うことで、地域貢献や児童理解の機会になると思います。
  
  

平成29年10月15日(月)東京大学・東京藝術大学 大学見学会
東大見学会と東京藝術大学見学会を行いました。東大見学会には1、2年生が20名参加し、まず最初に樋口秀男教授から講義をいただきました。講義の内容は高校生活の送り方、大学で学ぶべきこと、そして「がんを知り、がんを治す」というミニ講義では、がん細胞の薬について高校生にもわかりやすく講義していただきました。また、ラボ見学では先生の研究室で実験に使うマウスやコンピュータ、電子顕微鏡、光ピンセットなども見せていただきました。東京藝術大学には2年生の芸術科の生徒24名が参加し、学校内の設備を見学したり、彫刻科の授業を見学したりしました。また、入試課の職員の方から学校説明をいただき、さらに藝大の学生の方から学校生活についてお話を聞くことができました。生徒たちは大学生活への憧れを抱くとともに将来に向けて今の自分たちに必要なことについて深く考えることができ、大変有意義な一日となりました。

平成29年10月17日(火) 2年生修学旅行での学校交流に向けて
2年生はLHRの時間に体育館で、修学旅行での学校交流に向けた学習や練習をしました。ハワイ修学旅行ではワイパフ高校との交流を行います。本日は昨年度実施した現地高校生と本校先輩たちのパフォーマンスの映像を見たのち、交流で披露する「上を向いて歩こう」をパート別に練習しました。練習では、修学旅行委員、文化委員がリーダーとなり進行していました。12月の修学旅行までにハワイの高校生たちに喜んでもらえるパフォーマンスに仕上げてほしいと願います。
 

平成29年10月14日(土)  オープンスクール
普段の授業、部活動の様子を中学生の皆さんと保護者の方、または在校生の保護者の方、そして地域の方々に広く見ていただく機会としてオープンスクールを開催しました。8時40分の1限目の授業開始から放課後の部活動見学まで大変多くの方々に西高を見ていただくことができました。昼休みには芸術科音楽専攻生徒によるロビーコンサートも行われました。また、個別に質問を受け付ける相談コーナーも設けられました。西高の落ち着いた雰囲気、生徒の活発な様子、校舎内のいたるところにある芸術作品など、西高の良さを少しばかりでも感じていただけましたらなら幸いです。あいにくの雨の中御来校いただいた皆様、本当にありがとうございました。なお、10月25日(水)27日(金)には芸術科入試説明会が開催されます。芸術科への入学を考えている生徒さん、保護者の方々はぜひ御参加ください。中学校からの申込は締め切られていますが、今からでも受け付けは可能ですのでどうぞ御連絡ください。
  
  
  

平成29年10月14日(土) 修学旅行説明会
午後1時50分より、2年生と保護者を対象にした修学旅行説明会を開催しました。まず、田渕教頭が海外修学旅行の意義について話し、その後担当業者の添乗員から日程、諸注意、荷物、保険・両替などの説明がありました。ハワイへの修学旅行は12月4日から8日までで、学校交流、平和学習、オプション研修などを行います。安心して旅行ができるように体調管理と万全の準備をして臨んでほしいと願います。
  

平成29年10月14日(土) 学校関係者評価委員会兼学校評議員会
学校公開日にあわせて、学校関係者評価委員会兼第2回学校評議員会を開催しました。学校には学校自らが行う「自己評価」と保護者や学校評議員、地元の方々などが自己評価の結果について評価する「学校関係者評価」が求められています。本日は学校評議員及びPTAの代表に来校していただき、まず生徒会長の丸山さんの話を聞いていただき、ビデオで生徒の活動の様子を見ていただきました。その後授業見学と意見の交換をしました。委員の皆様からは、工夫した授業であり生徒たちを伸ばそうとする様子が伺えた、様々な経験をさせることは良いことである、学習時間を増加させるためには1年次からの習慣づけや十分な課題と教員からの投げかけが必要ではないかなどという意見をいただきました。また、学校でのコンプライアンスについても御意見を聞きました。いただいた御意見等を校内で共有し今後の学校運営に役立てたいと思います。
  
  

平成29年10月12日(木) 沼駿地区公立高等学校説明会
本校を会場にして、沼津駿東地区にある公立高等学校10校の合同説明会を行いました。この説明会は中学校の先生方を対象にしたもので、沼駿地区、三島・田方地区、伊豆方面、富士・富士宮方面の先生方など約70人が出席しました。各高校は副校長がそれぞれの学校の特色や入学者選抜に関わる事柄をプレゼンテーションしました。なお、昼休みには本校芸術科音楽専攻2年生の長谷川さん(クラリネット)と奥田さん(ピアノ)の2人がドゥメルスマン作曲「ファンタジー」の演奏を披露し、参加の先生方を和ませてくれました。中学生の皆さんは現在勉強に全力を尽くしていること思いますが、公立高校の教育力の高さを理解していただき、適切な進路選択をしてほしいと願います。沼駿地区の公立高校は中学生の皆さんの成長をきっと支援できるはずです。
  

平成29年10月11日(水)職員メンタルヘルス講習
聖隷沼津健康診断センターから保健師の小野智美先生をお迎えして職員対象のメンタルヘルス講習を行いました。保健師の小野先生は本校の卒業生でもあります。教職員のストレス傾向、性格傾向について「交流分析」を使って講義と演習をしていただきました。教職員ができるセルフケアについてもお話いただきました。自分の性格や行動の傾向を理解して日々の仕事や人間関係に生かしたり、自分に合ったストレスの解消法をいくつか知っておいたりすることは大切なことです。先生たちの元気は生徒たちの元気です。一人一人の生徒たちの力を伸ばすためにも心身ともに健康な状態でいたいと思います。

平成29年10月10日(火)表彰式及び壮行会
全校集会を開き、表彰式と東海大会の壮行会を行いました。表彰式では全国大会で7位という成績を残したフェンシング部の青木貴雅君をはじめとして日頃の努力の成果を形にした各部活動、美術専攻の生徒たちがその栄誉を称えられました。なお、青木君は今月ポーランドで行われるジュニアワールドカップに出場します。壮行会では男子走幅跳で東海大会出場を決めた陸上部1年葛西伊吹君に校長先生、生徒会長から激励の言葉が贈られ、全校生徒職員で健闘を祈りました。東海大会は10月28日29日に三重県営総合競技場で開催されます。応援よろしくお願いします!


表彰された生徒の一覧はこちら

平成29年10月6日(金)ボランティア委員による点字ブロックキャンペーン参加
ボランティア委員12名と教員1名が、沼津視覚特別支援学校が主催する点字ブロックキャンペーンに参加してきました。本校以外にも2校の高校が参加し、視覚特別支援学校の先生方や生徒さんと一緒になって沼津駅北口で点字ブロック理解推進のためのキャンペーンを行いました。沼津視覚特別支援学校の生徒さんたちは普段点字ブロックを頼りに歩いてますが、駅を利用する人の荷物が点字ブロックをふさぐように置かれていたり、点字ブロック上で立話をしていたりする人がいたりします。今回のキャンペーンでは、沼津駅を利用する人たちに点字ブロックの大切さを少しでも理解してもらうための理解推進グッズを配付したり、白杖体験やアイマスク体験を行ったりしました。体験した生徒たちは「点字ブロックの大切さがわかった」「付き添ってくれる人がいると安心感があるとことがわかった」などという感想を述べており、すべての人に優しい地域づくりに関わることができました。
     

平成29年10月5日(木)2年生ハワイ修学旅行平和学習
2年生は12月4日から8日までハワイへ修学旅行に行きます。現地では、平和学習として、太平洋戦争が始まった真珠湾、戦艦ミズーリ記念館、アリゾナメモリアル資料館、えひめ丸慰霊碑を訪れ、日米両方の視点で戦争の歴史について学び、世界平和について考えます。今回はその事前研修として総合的な学習の時間で日本軍の真珠湾攻撃、戦艦ミズーリ、また2001年に起こったえひめ丸事故について学びました。本校がハワイを修学旅行先にしている理由には現地の高校生との英語での交流、そしてこの平和学習があります。グローバルな視点をもった社会人となるために生徒たちには多くのことを学んできてほしいです。
  

平成29年10月4日(水)芸術科音楽専攻 松本美和子先生声楽公開レッスン
世界各国の主要オペラ劇場に出演されてきたソプラノ歌手松本美和子先生をお招きして芸術科音楽専攻公開レッスンを開きました。松本先生は現在武蔵野音楽大学特任教授として音楽活動だけでなく次世代の育成にも取り組まれています。今回は2年生の2名の生徒にレッスンをしていただきました。基本となる姿勢、口の開け方、発声方法などはもちろんのこと、音楽に対する謙虚でひたむきな思いについて語られ、御指導いただきました。先生の妥協を許さない熱のこもった指導は、直接レッスンを受けた2人の生徒だけでなく、他の音楽専攻の生徒たちにも感銘を与え、これからの音楽との向き合い方に影響を与えるような素晴らしいレッスンでした。

平成29年10月2日(月)職員研修会~いじめ防止対策~
本校では毎年職員研修としていじめ防止対策の研修を行っています。昨年度は講師の方をお招きしてピアサポートについての研修会を開きました。今年度は
総合教育センターから講師の方をお招きしていじめの未然防止やいじめが起こった場合の組織的な対応について講義していただきました。また、事例をもとにした演習ではジグソー法を使ったエキスパート活動も行いました。話し合いの後は、気づいたことや学んだことを付箋に書いて言語化し、それをさらに共有するというアクティブラーニングの手法も学ぶことができ、大変学びの多い研修となりました。

平成29年10月2日(月)~4日(水)中間テスト
中間テストが始まりました。1学期の期末テスト以降の2ヶ月間の学習の定着をはかる試験です。本校では平日1年生で2時間以上、2年生で3時間以上、3年生で4時間以上の家庭学習を求めています。目標を明確に設定しその達成のために計画的に学習を進め進路目標をかなえてきた先輩たちを見習い、在校生たちも学習に全力を尽くすことを願います。この中間テストをきっかけにして、生徒たちは年度後半の学習を充実させることでしょう。
  

平成29年9月28日(木)2年生対象大学出張講座
11名の大学の先生方をお招きして2年生対象の大学出張講座を開催しました。2年生全員と3年生芸術科の希望者が先生方による講義を受けました。どの先生も映像や実演を交え、熱のこもった講義をいただき、生徒たちも熱心に学んでいました。自分の進路について深く考え、毎日の学習を見直す機会になったと思います。講義をいただいた大学は次の通りです。洗足学園大学音楽部、長岡造形大学造形学部、帝京大学文学部、都留文科大学文学部、静岡大学人文社会科学部、静岡大学農学部、静岡県立大学経営情報学部、静岡県立大学看護学部、山梨大学教育学部、東京学芸大学自然科学系技術科学分野、東北大学工学部

平成29年9月24日(日)裾野・沼津公立高校7校合同説明会
沼津健康福祉プラザ「サンウェル沼津」で中学生と保護者の方々を対象とした7校合同説明会を開催しました。この会は毎年地域の公立高校の魅力を中学生に知ってもらうことを目的に開かれているもので、今年も多くの方々に来場していただきました。4階多目的ホールでは各学校から映像を使った学校説明会が行われ、それと平行して各高校のブースでは個別の相談や質問に応じました。10月14日(土)の本校オープンスクールでは事前の申込なしで授業や部活動の見学をすることができ、普段の学校の雰囲気を感じていただけます。また、10月25日(水)、27日(金)には芸術科入試説明会の開催を予定しています。
<