ブログ



ご来場
ありがとうございました!









令和元年版
更新済み



カウンター

カウンター

(運用開始2012/1/4)

勉強と部活動に励み、かけがえのない友人と出会う。

充実した3年間が、ここにある。






2学期始業式及び表彰式(9月2日)
夏休みが終わり、2学期の始業式が行われました。校長先生は式辞の中で、
広津崇亮(ひろつたかあき)さんについての話をされました。広津さんは、基礎研究者・大学教授という身分をすて、線虫がん検査N-NOSEの実用化に向けて、会社を設立し、2020年の実用化目指して取り組んでいます。校長先生はこの夏に広津さんの講演を聴き、多くの人のために生きるという彼の考え方や生きざまに感銘を受けたそうです。2学期は、落ち着いて学習に取り組め、校外行事も自己を見つめ将来を考える機会となる行事が多数計画されています。人のために何をやるのか、社会に貢献できる自己を創造しながら、新たなチャレンジをしてください。そして対話のある授業を通して自らの学びを深め、自己実現に邁進してくださいと結びました。

 

始業式の後、表彰式が行われました。
表彰された生徒は女子バレー部、2241 渡辺 渚  2616 坂元亜衣
第4回 東海ビーチバレーボール選手権大会 第3位


「いきいき茨城ゆめ国体」サッカー少年男子 村下監督率いる静岡県選抜チームが優勝!!
 サッカー少年男子で村下監督率いる静岡県選抜チームが優勝!!

村下先生から国体での様子、今後について話を聞きしました。
「茨城国体の静岡県選抜の監督として参加させていただきました。静岡県は06年に国体少年男子の部が
U-16での大会に移行されてから初となる単独優勝をすることができました。国体少年男子がU-18年代の大会だった05年までに最多19回の日本一でサッカー王国と呼ばれてきました。だが、06年のU-16になってからの優勝は11年大会の1度だけで、それも千葉県との同点優勝でした。選手には、『勝ち続けること、上手いだけじゃなくて、タフで、たくましくて、チームのために働ける選手になること』を意識させてきました。また、決勝戦の前では、今までお世話になってきた方々への感謝の気持ちをもって試合に臨むことを求め、選手はそれをピッチで表現してくれました。沼津西高校のサッカー部でも『応援されるチーム』を目指して、選手たちにも県選抜と同じように求めています。日々努力を積み重ねていき成長していってもらいたいと思います。」

本校サッカー部も全国サッカー選手権県大会1次トーナメント3回戦に臨みます。県選抜につづいての躍進を期待しています。






海外語学研修「トビダセ 沼西!!」 報告会 (10月4日(金))
 今年度から新たに始めた海外語学研修「トビダセ 沼西!!」の報告会を行いました。
 8月19日(月)~23日(金)に沼津西高校の生徒10名(男子3名 女子7名)が台湾の高校(内湖高級中学)、大学(中國文化大学)を訪問し沼津西高校ならではの特色ある語学研修を行いました。高校では学校交流を行い英語によるディベート、異文化体験として市内観光、大学では実際にディベートの講義を受講しました。生徒は「異文化を受け入れる姿勢の大切さを学んだ」「英語という言語を通して人とつながる喜びが実感できた」等の報告をしました。今回の語学研修で体験したこと、感じたことを自分の言葉で表現していました。
 支援をしていただいた同窓会、後援会の方にも出席していただき、今回の研修を通して成長した姿を見ていただきました。









JAなんすん×沼西コラボの沼津茶発売
昨年度、書道専攻3年生と美術専攻1年生(現2年生)が手掛けた沼津茶パッケージデザインが採用された商品が、10月4日から発売されることになりました。あららぎ包装も生徒のデザインです。



ロビーコンサート(9月30日(月))
 芸術科音楽専攻の生徒による、2学期第1回目のロビーコンサートを行いました。
今回は、打楽器二重奏「ジギラ ギギン」とピアノ8手連弾「シャンパントッカータ」を演奏しました。
次回は10月19日(土)オープンスクールでのロビーコンサートを予定しています。









2年生大学出張講義(10月3日(木)
 11分野8大学の先生をお招きし2年生対象の大学出張講義を行いました。
今回の出張講義は高校生が大学教育を実際に受講し,関心を持ち,そして進路について視野を広げ,考えるきっかけにする。そして今の学びがどのように大学で学ぶことにつながっているのか今の勉強に対する意欲関心を高めることを目的として行っております。

 

 

 

 

 


生徒は真剣に大学の先生の講義に耳を傾けていました。
今の学びを大切にして進路実現に向けて頑張りましょう。

美術専攻 海外インターンシップ報告会(10月1日(火)
 全校集会にて、平成31年度高校生海外インターンシップの報告会が行われました。
インターンシップに参加した芸術科デザイン専攻2年生の川村柚葉さんと小柳津優奈さんが登壇し、タイでの実習体験や見学をした内容、現地工場の様子や観光地、街並みの様子などをデザイン専攻の生徒ならではの視点で考察し、現地で撮影してきた写真のスライドを示しながら「百聞は一見に如かず、という言葉を実感できた。今後の制作や課題への取り組みに生かしていきたい。」と今後への意気込みを交えて全校生徒に報告しました。



表彰式・壮行会(10月1日(火))
 表彰式が行われました。表彰された部活・生徒は以下のとおりです。
 バドミントン部 バドミントン選手権大会・新人バトミントン大会
  1年原田莉彩 1年高木さつき 1年久保田紗彩

 陸上部 新人陸上競技選手権大会 
  1年杉本くるみ 2年杉本賀音 
 
 吹奏楽部 吹奏楽コンクール
 
 音楽部 ヒット ライク ア ガールコンテスト 2019






 表彰の後、国体に静岡代表として出場する陸上部3年葛西伊吹君、東海新人陸上競技選手権大会に出場する2年杉本賀音さんの壮行会が行われました。県代表、学校の代表として活躍することを楽しみにしています。




 

沼津夏まつり感謝状贈呈(9月20日(金))
 9月20日金曜日、沼津商工会議所青年部の皆様が来校し、沼津夏まつりステージパネルを制作したことについて感謝状の贈呈が行われました。
 今年も沼津夏まつりのステージパネルを美術部が書道部の協力を得ながら制作しました。昨年は台風のため昼間の催しが中止となり当日の掲出はされなかったのですが、今年も台風で心配されましたがなんとか7月29日日曜日に掲出され、夏まつりを彩ることができました。










JAなんすんとのコラボ企画 美術専攻デザインプレゼン(9月19日)
 南(なん)でもたっ西(せい)プロジェクトの一環として、JAなんすんより依頼を受け、美術・書道専攻が取り組んできた産直市のぼり旗のデザインのプレゼンが行われました。
 書道専攻の生徒が製作した題字に合わせて、美術専攻1年生がグループに分かれ、アイディアを練り、時間をかけて制作してきました。本番では少し緊張しながらも、各グループ趣向をこらし、堂々とプレゼンをしていました。最終的には4つのデザインの中から1つが選ばれ、12月中旬のJAなんすんの産直市には今回採用されたデザインのぼり旗が設置される予定です。









新体力テスト(9月17日)
快晴の下、各学年で新体力テストを行いました。高校生の実施種目は、握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、持久走・シャトルラン、50メートル走、立ち幅とび、ハンドボール投げです。生徒それぞれが自分の体力を精一杯発揮しようと取り組みました。また、互いに声を掛け合い実施している姿も見られ、健やかな成長ぶりが見られました。

 







1年生防災講座(9月17日)
 静岡県東部危機管理局から講師の牧田晋吾主査をお招きして1年生対象の防災講座を開催しました。巨大地震のメカニズムから備えについて映像をまじえてお話しいただきました。100年から150年周期で起こる巨大地震、周期を考えるといつ起きてもおかしくない状況です。
 西高の防災教育は、発災時に自分自身の命を守る行動を即座にとることができる生徒を目指しています。今回の講話を聞いて身を守る行動を即座にとるためにも日ごろの備えが大切であることがわかりました。 自分の命、身近な人の命を守るためにも日ごろの備えをしっかりとやっていきましょう。






令和元年度静岡県高等学校総合文化祭 9月13日(金)~15日(日)
9月13日(金)~15日(日)静岡市のグランシップにて令和元年度静岡県高等学校総合文化祭が行われました。本校からは展示部門で2年梅澤ひかりさん(ポスターコンクール)、3年杉山愛姫さん(美術・工芸部門)、3年塩原瑠捺さん(書道部門)、3年渡邉彰子さん(書道部門)の作品が展示されました。

  
2年梅澤ひかりさん    3年杉山愛姫さん   3年渡邉彰子さん


 15日(日)に行われたギャラリート―クには3年塩原瑠捺さんが参加し来場者に作品解説を行いました。展示をご覧になった木苗教育長からは、作品の見どころや制作時間についての質問を受けるとともに、今後のさらなる技術向上に向けて激励の言葉をいただきました。

  

「世界津波の日」2019 高校生サミット in 北海道(9月10日~11日)
9月10日(火)、11日(水)の両日、北海道立総合体育センター「北海きたえーる」にて、海外43か国、国内71校から高校生が集まり実施されました。本校からは2年生の松田大輝君が参加しました。

9月10日(火)
・開会式と分科会が行われました。
・分科会では自己紹介の後、各校の発表やグループ討論が行われました。最後に分科会の統括を行い、翌日の分科会報告に備えました。
・夜にはレセプションパーティーが行われました。







9月11日(水)
・北海道知事公館にてエゾヤマザクラの記念植樹と記念碑除幕式が行われました。
・総会において分科会の報告と大会宣言発表が行われ、クロージングアトラクションをもって2日間の大会は終了しました。
※サミットはすべて英語を使用言語として行われました。










1年生 学年レクリエーション
7限LHRの時間に1年生学年レクリエーションを行いました。玉入れ、リレー、借り物競争をクラス対抗で行い大いに盛り上がりました。今回の学年レクは、事前に各クラスの委員長が集まり、みんなが楽しめる種目、ルールを決めました。学年、クラスの団結が強まりました。

 








3年生対象センター試験説明会(9月5日)
 3年生対象にセンター試験の説明会が開かれ、進路課長が出願の方法について説明をしました。「受験案内」が配付され、内容の確認、志願票の書き方などの説明がされました。志願票の下書きは12日(木)まで、志願票の校内締め切りは20日(金)になっています。「令和最初で最後のセンター試験が行われます。高校生活の総仕上げ、最後までしっかり勉強すれば来年の4月は良いスタートが切れます。今の学びを大切にして頑張ってほしい」と進路課長から激励の言葉がありました。センター試験まであと4ヶ月となりました。進路実現に向けてこれからタイトな日程になりますがあきらめずに頑張りましょう。





芸術科音楽専攻 フルート公開レッスン 9月7日(土)
芸術科音楽専攻ではフルーティスト吉岡次郎先生(洗足学園音楽大学講師)をお迎えし、
今年度第2回目の公開レッスンを行いました。

 

 

受講した生徒たちは、
「基礎から曲の解釈まで幅広く教えていただき、今後どう練習すべきかが見えてきました。」
と充実した時間を振り返りました。

卒業生を囲む会(9月5日)
 卒業生を囲む会が開かれました。普通科卒業生5名、芸術科卒業生3名が母校を訪問し、在校生たちに向けて、受験時の勉強方法、受験への心構え、大学の紹介、そして大学生活などについて話しをしていただきました。在校生にとってはこれからの勉強方法などに生かせるヒントやアドバイスがたくさんありました。「進路は慎重に、自分の将来について真剣に考える。」「何を勉強すればいいのかを明確にしておく。」「得意科目をつくる。心の支えになる。」「苦手科目は先生に質問する。」「たまには息抜き、その方が勉強に集中できる。」「高い目標を立て周りに言っておく。」「受験は心が折れる時がある。励ましあえる友達がいると強い。」「自分のレベルにあった問題集を極める。」「1,2年に勉強を頑張れば選択肢が増える。」などのアドバイスを語っていました。 今回の卒業生を囲む会は、第1志望として私立を考え、そういった中で国公立受験のための準備もしていた。そして後期まで頑張り、合格を勝ち取った卒業生が話をしてくれました。最後まであきらめないで頑張りきることが大切だと感じました。










高校生自転車マナーアップ(9月5日)
 沼津市では毎月「高校生自転車マナーアップ」という交通安全運動を実施しています。市内の高校生が交通量の多い交差点や通行時に注意が必要な場所に立ち、高校生がマナーを守って通学できるように声掛けを行います。
本校では各クラスの生活委員がこの活動に参加しています。今月は2年生が担当しました。朝7時頃から8時頃まで、あまねガードと添地駐輪場で生徒の登校を見守りました。

 自転車の運転中はスマホもイヤホンも禁止です。マナーを守って安全に運転しましょう。





防災訓練(9月2日)
始業式の前に全校での防災訓練を行いました。今回の訓練はHR中の地震発生とその直後の津波発生を想定した避難訓練です。生徒はまずその場で安全姿勢をとり、その後すぐに担任の指示に従い4階の教室に1次避難をして点呼を取りました。4階の防災本部では教員がその点呼を取りまとめ、全員の避難が完了しているかを確認し、その後、体育館に移動しました。体育館では地区別に集合し点呼を行った。点呼後は地震への備えに対する基本的な考え方について自助、共助、公助について話しをしました。「自分の身は自分で守る(自助)」、「自分たちの地域は自分たちで守る(共助)」、「これに足りない部分を行政機関が補う(公助)」といった考えを持ち、地震に備えることが必要です。そのためにも地域の人と一緒に行う地域防災訓練にも積極的に参加してほしいと思います。









全ての記事を見る