ブログ














カウンター

カウンター

(運用開始2012/1/4)

勉強と部活動に励み、かけがえのない友人と出会う。

充実した3年間が、ここにある。






平成29年9月21日(木) 新体力テスト
秋のすがすがしい青空の下、各学年で新体力テストを行いました。高校生の実施種目は、握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、持久走・シャトルラン、50メートル走、立ち幅とび、ハンドボール投げです。生徒それぞれが自分の体力を精一杯発揮しようと取り組みました。また、互いに声を掛け合い実施している姿もあり、健やかな成長ぶりが見られました。
  

平成29年9月15日(金) 芸術科美術専攻1年生 JAなんすんとのコラボ
本校芸術科は地域貢献を積極的に推進しています。特にJAなんすん様とのコラボレーションは7年目となり、今年度は「優良米」の「するがの極、きぬむすめ」の題字とパッケージデザインを提案しました。題字は書道専攻3年石原千夏さん、村上千紘さんの作品がすでに選出されており、本日は美術専攻1年生5グループのパッケージデザインのプレゼンテーションが行われました。3人で構成されたグループごとに、この優良米の購買層を予想し使用する色やその根拠、静岡県のイメージをデザインにあらわした理由、東部から県内や全国への広がりを期待した図柄の説明などを、とても魅力的に行いました。プレゼンはグループごとの特徴が表われ、劇風、コント風、調査発表、フリップボード活用など、審査にあたったJAの皆さんからも高い評価をいただきました。生徒たちには自分たちの考えを他者に伝えたり説明したりする力が付いてきていると感じます。JA担当者によると、1作品を9月中に選出し、11月上旬に完成、11月中旬に店頭での販売とのスケジュールだそうです。
  
  

平成29年9月15日(金)PTA交通安全指導
11日(月)から生活委員の生徒と本校教員とで朝の交通安全指導を行ってきましたが、最終日の今日はPTAの生活保健部の役員の方々にも御協力いただき、生徒の登校の指導と見守りを行いました。西高の周辺だけではなく各地区の危険な場所にも立っていただいています。朝早くから本当にありがとうございました。今後も西高の生徒たちを見守っていただけたらと思います。
  

平成29年9月14日(木)15日(金) 教育実習生の研究授業
9月4日(月)から12人の本校卒業の大学生が教育実習を行っています。期間は2週間と3週間ですが、この内、2週間の実習生3人が実習のまとめとして研究授業(数学、国語、物理)を行いました。緊張しながらも生徒の理解が進むように工夫して授業を行い、授業後は参観の先生方から指導を受けました。この体験を心に刻み、たくましい教員を目指してほしいと思います。
  

平成29年9月14日(木)1年生ビブリオバトル決勝
火曜日に行われたクラスでのビブリオバトル予選で選ばれたグループチャンプ本の中からクラスチャンプ本を選ぶ決勝が行われました。グループの代表らしくどれも素晴らしいプレゼンテーションでした。登場人物の性格や関係性、すじ書きの面白さ、作家の意図、心に残る言葉など、それぞれが熱をこめておすすめ本の魅力について語りました。最後にクラス全員で自分が一番読みたいと思った本に投票し、クラスチャンプ本が決定しました。自分が好きなものや感動したことを他の人たちにも伝えたいと強く思う気持ちが生徒たちの活き活きとしたプレゼンテーションにつながったと思います。
  

平成29年9月12日(火)1年生ビブリオバトル大会予選
1年生の全クラスでビブリオバトル大会が行われました。各教室でグループになり、順番にお気に入りの本をグループのメンバーに紹介しました。一人5分間のプレゼンの後に続き2分間の質問タイムを持ちました。自分が好きな登場人物について熱く語ったり、好きな場面を身振り手振りで説明したりするなど、大変楽しい時間になりました。自分の好きな本について他の人に語るためには、自己開示が必要になります。本の紹介を通して普段とは違った友達の面を発見できたと思います。最後にグループ内で一番読みたいと思った本に投票し、グループのチャンプ本を決めました。14日(金)にはクラス決勝戦でグループのチャンプ本に選ばれた生徒がクラス全体に向けて紹介します。そこでクラスチャンプ本が決定します。

平成29年9月8日(金)沼津商工会議所青年部から感謝状
毎年美術部と書道部が沼津夏まつりのイベント舞台のパネル制作や当日のパフォーマンスで協力をさせていただいていますが、今回沼津夏まつり実行委員である沼津商工会議所青年部から感謝状をいただきました。代表して校長が感謝状を受け取った後、青年部の方々は活動中の美術部を訪れ、パフォーマンスを行った書道部の生徒もそこに加わりました。3年前から美術がパネルを制作、それにあわせて書道部によるパフォーマンスも行ってきましたが、生徒たちにとっては日頃の練習の貴重な発表の場であり、また地元に貢献できるという意味でも大変意義深い機会となっています。


平成29年9月7日(木)卒業生を囲む会
毎年この時期に行っている「卒業生を囲む会」が開かれました。普通科卒業生4名、芸術科卒業生3名が母校の在校生たちに向けて、受験時の勉強方法、受験への心構え、受験をとおして学んだこと、そして大学生活などについて語りました。在校生にとってはこれからの科目選択や日々の勉強方法などに生かせるヒントやアドバイスがたくさんありました。例えば「模試の結果はしっかり受け止めることが大切。落ち込むのではなく何がダメだったのかを分析して次に生かすこと」「周りにやらない人がいてもそれに合わせない。『自分はやっている人になるんだ』と考えること」「授業中に覚えるぞと言う気持ちで集中する」「スキマ時間を有効に使う」「計画は月単位で逆算して立て、さらにそれを週ごとに計画しよう」「大学に入ってはじめて高校時代が恵まれていたとわかった。現在の恵まれた環境を活用しよう」など、目標をもってこつこつ頑張り、目標を達成した人たちならではの重みのある語りでした。


平成29年9月5日(火) 15HRの生徒、チェンバロ演奏を聴く
1、2年生のLHRの時間は各クラス独自の企画でした。15HRでは教育実習生の伊藤さんのチェンバロ演奏を聴きました。伊藤さんは本校芸術科音楽専攻を卒業し、現在桐朋学園大学にて学んでいます。チェンバロはピアノと同じように鍵盤を押さえて音を鳴らしますが、ピアノがハンマーで弦を振動させる「打弦楽器」に対して、チェンバロは爪で弦をはじいて鳴らす「撥弦楽器」です。また、大きさや音、鍵盤、演奏方法、装飾なども異なります。多くの生徒たちは初めて生演奏を聴いたようで、楽しい鑑賞会となりました。鑑賞後は鍵盤に触れたり進路関係の質問をしたりしました。
  

平成29年9月5日(火)センター試験生徒対象説明会
3年生対象にセンター試験の説明会が開かれ、進路課長が出願の方法について話しをしました。「受験案内」が配付され、内容の確認、志願票の書き方などの説明がされました。志願票の下書きは来週月曜日まで、志願票の校内締め切りは22日になっています。センター試験まであと4ヶ月となりました。進路実現に向けてますます頑張ってほしいと思います。
  

平成29年8月31日(木)、9月1日(金) 各学年でテスト実施
新学期を迎え、夏季休業中での学習成果を測る今後の活動に生かすために、3年生は実力テスト、1、2年生は課題テストを実施しました。3年生はテストを通して受験に対応できる実力を身に付けると思います。また、1、2年生はこれまでに学んだことがらの復習になると思います。休み時間には廊下で最後の確認をする姿が、各教室では最後まであきらめずにテストに取り組む姿がありました。
  

平成29年8月31日(木)いじめ防止講話~静岡県子どもいじめ防止条例~
終業式の後、生徒課長から「静岡県子どもいじめ防止条例」について全校生徒に話しをしました。この条例は昨年12月に静岡県で制定されたもので、学校、相談機関、県民、保護者で協力をして「社会総がかり」でいじめ問題の克服に取り組むことを目的とした条例です。この条例を広く県民に周知するために静岡県教育員会により「手引き」が作成され、静岡県の小中高のすべての学校の児童生徒に配布されました。今回はいじめ防止講話として、この「手引き」を全校生徒に配付して、全体でその内容や趣旨について確認をしました。生徒は教室に戻り、いじめをなくすために何ができるか考え、自分の考えをまとめて書いたり、担任の先生の話しを聞いたりしました。この手引きは家に持ち帰るように伝えています。保護者方にも見ていただき御家庭でも話題にしていただければと思います。
  

平成29年8月31日(木)2学期始業式及び表彰式
夏休みが終わり、2学期の始業式が行われました。校長先生は式辞の中で、二つの感動についてお話しました。ひとつは、文化部のインターハイである「全国高等学校文化祭」に参加した美術部、書道部、写真部の5名の生徒の活躍を称えるとともに、今年の開催県であり東日本大震災の被災地である宮城県の高校生たちの素晴らしいおもてなしの心や明るく未来への希望にあふれた様子に触れ、生徒たちにその感動を伝えました。そして全国レベルの作品を作り上げる5名がいつも生活をともにしている仲間であることを誇りに思うとともにその栄誉を共有しましょうと語りかけました。また、もうひとつの感動として、世界陸上大会の男子400Mリレーで銅メダルに輝いた日本勢のチームについて取り上げました。一人ひとりの力が足りなくてもバトンワークなど、メンバーが協力することによってチームの力をレベルアップできます。特に補欠でありながらアンカーとなった藤光選手は、努力をしても必ず日の目を見るとは限らない中で、それでもその努力を続けられる素晴らしい選手です。生徒の皆さんも勉強やスポーツにおいてひたむきに努力をし続けられるような人になってほしいと話しました。そして層の厚い日本のリレーチームのように、学習、部活動、社会貢献等、「層の厚い沼西」といわれるように目の前を課題を着実にやり遂げていきましょうと結びました。
始業式の後、表彰式が行われました。表彰された生徒は以下の通りです。日頃の努力が実を結びました!
◆吹奏楽部
・吹奏楽コンクール東部地区大会金賞 県大会進出 県大会銅賞
◆女子バドミントン部
・静岡県夏季選手権大会1年生初心者の部 井上まい 東部大会5位・県ベスト8 西村友里 東部大会10位
・沼津市高校生大会1年生の部女子シングルス 西村友里 2位 井上まい3位 女子ダブルス 井上まい・引野華奈ペア 2位 大島花・西村友里ペア 3位
◆書道部
・全国高校総合文化祭 特別賞 3年鈴木利奈
  

平成29年8月31日(木)防災訓練
始業式の前に全校での防災訓練を行いました。今回の訓練は清掃時に地震が起きたという想定で行いました。生徒はまずその場で安全姿勢をとり、その後すぐに清掃担当の教員の指示に従い1、2棟の4階の教室に1次避難をして点呼を取りました。4階の防災本部では教員がその点呼を取りまとめ、全員の避難が完了しているかを確認し、その後、体育館に移動しました。体育館では防災室長が災害の際の心構えについて話をするとともに、ミサイル発射やテロ、大津波などの警告を知らせるJアラートについて説明をしました。どんな災害が起きても、常に正しい情報を手に入れ、その時その時の最善の行動がとれるよう、日頃からそれぞれがシミュレーションをして防災意識を高めてほしいと思います。
     

平成29年8月30日(水)職員対象の健康講座
職員安全衛生委員会として、聖隷沼津病院の内山美枝先生を講師としてお招きして「ヨーガ講座」を開催しました。ヨーガは本来は瞑想を行うものですが、今回は日頃の健康維持に手軽に取り入れることができる形で指導していただきました。暑い中での実施でしたが、40名近くの職員が参加し、汗を流しました。行った後は、普段使われていない筋肉がほぐれ、リラックスすることができました。今後、部活動や体育の授業にも取り入れていきたいと思います。
  

平成29年8月30日(水)静岡教弘教育活動奨励賞の贈呈式
地域との連携や特色ある教育研究活動の実践を継続的に推進し、実績を上げている学校に、静岡教弘から教育活動奨励賞が授与され10万円の奨励金が贈呈されます。今回、本校が研究テーマ「表現力を育てる指導の工夫~普通科・芸術科の特徴を生かして」を設定し研究を進めることに対して、奨励賞が授与されることになり、静岡教弘の方々が来校され、賞状と奨励金の贈呈式が行われました。
  

平成29年8月30日(水) 音楽専攻生による沼津二中での合唱指導
芸術科音楽専攻の1年生から3年生までの25人が沼津第二中学校に出向き、演奏披露と合唱指導を行いました。第二中では9月29日(金)に松かげ祭文化の部で合唱コンクールを開催し、たとえば3年1組は「ひとつの朝」、同2組は「虹」を合唱するそうです。本日はそれぞれのクラスに音楽専攻の生徒たちが数人ずつ加わり、合唱曲のパート練習、全体練習など1時間をかけて指導しました。日頃から学んでいることを中学生にわかりやすく、楽しく教えることで、自分たちの学びにプラスになります。工夫しながら生き生きと指導する生徒たちと、上達していくことがわかる中学生たちにとって素晴らしい時間となったと思います。
  
  

平成29年8月28日(月)書道部員対象用材用具研究「筆を知ろう」
広島県安芸郡熊野町の筆製造会社仿古堂から伝統工芸士の香川緑先生が来校され、書道部員対象に筆の基本知識や手入れの仕方などを説明し、筆の製造工程を実演してくださいました。香川先生は日本を代表する職人さんの一人です。筆の毛を混ぜ合わせる「練り」工程から、大きさに合わせて練った毛をまとめる「こま入れ」、完成した筆を布海苔を使って成形する「仕上げ」を実際に行って見せてくださいました。その後書道部員たちが実際にそれぞれの工程を体験し、筆に対する理解を深めました。生徒たちは先生のように上手くはできませんが、楽しく作り方を身に付けていました。中にはコツをつかんでスムーズに作業できる生徒もいました。2時間半の講習はあっという間に過ぎていきました。
     

平成29年8月21日(月)部活動全国大会報告
今年度はフェンシング部(10年連続)、美術部(10年連続)、書道部(15年連続)、写真部(2度目)が全国大会に出場してきました。また、写真部は写真甲子園本戦に出場することができました。ここに結果を御報告します。応援ありがとうございました。
◆全国高等学校総合体育大会
・フェンシング部
男子個人サーブルで3年青木貴雅君(県大会優勝)、男子個人エペで3年山田航平君(県大会優勝、東海大会3位)、女子団体(県大会優勝、東海大会3位)が全国大会に出場しました。結果は3年青木貴雅君が個人サーブルの部で全国7位、女子団体は3回戦まで勝ち進み全国ベスト16という成績を残しました。
◆全国高等学校総合文化祭
・美術部 3年杉山あるくさん(県高文祭美術工芸部門 県高文連優秀賞)が全国大会に出品しました。美術・工芸部門では賞や順位づけなどはなく、作品の鑑賞会や意見交換会に出席してきました。
・書道部 3年生鈴木利菜さん(県高文祭書道部門 静岡県教育長賞)と須田青葉さん(県高文祭書道部門 県高文連専門部会長賞)の2名が全国大会に出品し、3年鈴木利菜さんが特別賞を受賞しました。
・写真部
2年邑上綾音さん(県高等学校写真コンクール 優秀賞)と2年杉山楓君(県高等学校写真コンクール 奨励賞)の2名が全国大会に出品しました。
◆写真甲子園
・写真部 予選を経て東海ブロック代表校2校のうちの1校に選ばれ、北海道の東川町で行われた写真甲子園に参加し、敢闘賞を受賞しました。

平成29年8月17日(木) 「せんぼんカフェ」にて演奏を披露しました
本校芸術科の加藤和子教諭と本郷美津子講師が「せんぼんカフェ」で演奏を披露しました。このカフェは介護や認知症に関わる皆さんを地域全体で支えようと毎月1回開くもので、会場の千本プラザ大会議室には、沼津第一地区、第二地区等の方々が多数集まり、加藤教諭の澄み渡る歌声に心を癒していたようでした。演目は、おぼろ月夜、紅葉、ロンドンデリーの歌、七つの子、ふるさと、上を向いて歩こうなどで、会場の方々は手拍子を打ったり知っている歌は一緒に口ずさんだりしていました。途中、富士山の歌では、本校音楽専攻2年生の安藤さんも加わりレクリエーションを入れ楽しく過ごしました。今回の演奏は本校芸術科の地域貢献活動の一環で、今後も加藤教諭は10月1日(日)に沼津市港口公園で開かれる「香月・長世碑前祭」で奉納演奏、音楽専攻の生徒たちが10月22日(日)に第二小で行われる第二地区コミュニティフェティバルにて演奏を行う予定です。
  
  

平成29年8月10日(木) 防災教育推進のための連絡会議
地域と連携した防災教育の展開や学校の防災体制の整備等を協議するため、学校・自主防災組織・市防災担当課等で組織する連絡会議を開催しました。本日の会には、第二地区、千本地区、第二地区北の方々と沼津市危機管理課の担当者、沼津市立第二小、千本小、第二中、本校の関係者が出席し、全体会では市側から見直した「沼津市地震・津波対策アクションプラン」や各学校の防災教育の取組について報告され、地区ごとの分科会では避難所運営について協議しました。本校を避難所とする第二地区分科会では、防災訓練等を通して地域と学校との連携を深めたいという意見が出たり、避難所として開放予定の武道場を見学したりしました。地域の皆さんが、自助、共助の意識を強く持って役割を果たすことが大切だと思いました。
  

平成29年8月5日(土) コールもりかげ15周年記念コンサート
杜蔭同窓会の文化事業として、本校の開校100周年にあわせて組織された合唱団「コールもりかげ」は誕生15周年を迎えました。現在コールもりかげは沼津西高卒業生45人で構成されています。本日は、沼津市民文化会館小ホールにて、15周年記念コンサートを開催して、美しいハーモニー、合唱の素晴らしさと歌う喜びを披露してくれました。満員の来場者は、第一部「花によせて」(からたちの花、ねむの花など)、第二部「若き同窓生と」(ウィーン我が夢のまちなど)、第三部「日本の抒情歌をうたう 岩河三郎の世界」(赤とんぼなど)を楽しんでいました。第二部では今年と昨年の卒業生、荒川太一さん(バイオリン、愛知県立芸術大)、佐野美都保さん(ピアノ、国立音楽大)、小澤恵美さん(クラリネット、国立音楽大)、佐藤大樹さん(ピアノ、愛知県立芸術大)の皆さんも出演し、コンサートに花を添えてくれました。
  

平成29年8月4日(金)中学生一日体験入学二日目
昨日に引き続き、中学生一日体験入学を開催しました。今日は約680名の来校があり、二日間で約1400名の中学生、保護者の方々に来ていただきました。本日も一日目と同じ日程で、全体会は音楽部によるウェルカム演奏に始まり、校歌合唱、生徒会長歓迎のあいさつ、スライドによる学校紹介がありました。その後は普通科と芸術科に分かれて学校説明や模擬授業、そして部活動見学、自由見学をしていただきました。昨日のホームページでも紹介しましたように、本校の一日体験入学のほとんどが生徒会と有志の実行委員による企画・運営されます。この体験入学は中学生のみなさんに西高について知っていただき、西高を楽しんでいただく場であると同時に、本校生徒たちの成長の場でもあります。一日目は緊張していた実行委員も二日目は緊張もほぐれ、中学生に明るく話しかけていました。西高の良さ、西高生の一生懸命さが中学生や保護者のみなさんに伝わりましたら幸いです。暑い中御来校いただき本当にありがとうございました!

平成29年8月3日(木)中学生一日体験入学第一日目
「西高でえがこう未来のキャンバス」のキャッチフレーズのもと中学生一日体験入学を開催しました。一日目の今日は中学生、保護者あわせて約700名の方々に来校いただきました。西高の一日体験は企画、準備、当日の運営すべてを生徒会と有志の実行委員が中心となって生徒の手でつくりあげます。生徒たちは「西高の良いところを中学生に伝えたい」「中学生に楽しんでもらいたい」という思いで、中学生のみなさんを迎える準備をしてきました。アーチや懸垂幕、美術部・書道部・写真部によるうちわ、デザイン専攻生徒によるパンフレット、全体会での演奏、スライドによる学校紹介、実行委員による普通科分科会での学校紹介など、西高生の熱い思いが中学生のみなさんにも届いたと思います。今年のフリータイムの特別企画は四角い紙に自分の願い事を書いて好きな色をぬりパネルに貼りつけていくと最後にある文字がうかびあがってくるという「Painting!!」です。明日にはその文字がわかると思います。明日の二日目も今日と同じ日程で一日体験入学を行います。

平成29年8月2日(水)2年生総合的な学習の時間「探求と表現」
2年生の登校日の「探求と表現」では、グループになってハワイのワイパフ高校の生徒たちに向けてのメッセージを英語で書きました。これは今年12月に予定している修学旅行先のハワイでの学校交流にさきがけて、英語でそれぞれが自己紹介をしたり、静岡の紹介や西高の紹介をしたりするものです。生徒はグループで話し合いながら、時に辞書を引きながら、レイアウトを考えてメッセージを紙にしていました。

平成29年8月2日(水) 東部地区高校生活動推進委員会の開催
平成30年度全国高校総体「2018 彩る感動 東海総体」の開催に伴い、本県へ訪れる全国の方々をおもてなしの心でお迎えするとともに、心に残るすばらしい大会となるように高校生が連携を図り、地区の特徴を生かしながら積極的な活動を行うことを目的に、高校生活動推進委員会が設置されました。東部地区では本校が中心校となり、沼津工業高校、沼津東高校が推進校として、沼津市で開催される相撲競技に関するおもてなしを計画します。本日は第3回の委員会を本校で開催しました。議題は、鈴鹿市での「300日前イベント」の取組、静岡まつりでのPR活動、沼津や周辺の魅力映像作成、手作り記念品、沼津「よさこい東海道」でのPR活動等でした。3校が地区のリーダーとして目標を持って話し合っている様子は素晴らしいものでした。
  

平成29年8月2日(水)1年生総合的な学習の時間「探求と表現」
登校日の今日、1年生は「探求と表現」の時間で「ビブリオバトル」と「沼津活性化プロジェクト」について学びました。最初に図書担当の堀池教諭からビブリオバトルについて講義がありました。ビブリオバトルとは書評合戦のことで自分のおすすめの本を5分間でプレゼンテーションし、最終的に聞いた人たちが読みたいと思った本(チャンプ本)を選びます。2学期の「探求と表現」の時間に生徒はクラスでグループごとにビブリオバトルを行い、最後にクラスのチャンプ本を選ぶことになっています。次に原学年主任が「沼津活性化プロジェクト」についてリサーチの方法やプレゼンのコツについて講義しました。ここでは生徒が沼津活性化のプランをグループごとに提案します。夏休み中リサーチを進め、2学期にはプレゼンテーションを行います。この両方の取組においては効果的なプレゼンテーションが核になり、生徒は表現力を磨きます。

平成29年8月2日(水)3年生勉強合宿
7月31日から3泊4日で3年生の希望者110名が勉強合宿に参加しています。場所は御殿場のYMCA東山荘で、緑に囲まれた比較的涼しい環境で生徒たちは勉強に集中しています。国語、数学、英語に加え、理科、社会で講座を選択して自習の時間もはさみながら生徒同士刺激し合いつつ勉強漬けの4日間を過ごします。この合宿で大学受験に向けた夏休みの勉強にはずみをつけます。

平成29年7月29日(土)沼津夏まつり書道部パフォーマンス
今年も沼津夏まつりに美術部、書道部が参加してきました。夏まつりメイン会場の舞台を美術部と書道部とが制作したパネルが飾り、そのパネルの前で書道部が書道パフォーマンスを行いました。今回は2年の2人がそれぞれ「乱」「舞」という文字をパネルの両側に書き、会場の多くの方々から盛大な拍手をいただきました。このように地域のみなさんに日頃の成果を見ていただくことが生徒たちにとって大変な励みになります。今後も地域貢献を通じて生徒が成長してくれればと思います。

平成29年7月28日(金) 夏期講習
全学年で夏期講習を実施しています。本日が最終日ですが、3年生は31日から希望者による勉強合宿、その後8月7日から夏期講習Ⅱ、8月14日から夏に鍛える会が行われ、学力向上につなげます。1、2年生も1学期の学習内容の復習と定着、応用力養成等を目的に、夏季休業を効果的に使ってほしいと思います。(写真は3年生の講習です。)
  

平成29年7月26日(水)書道部による巨大七夕短冊が仲見世商店街に
6月17日に沼津仲見世商店街で書道部による書道パフォーマンスがあり、七夕まつりの巨大短冊を書き上げました。このパフォーマンスは多くの方々に見ていただきましたが、現在この短冊が商店街に飾られています。それぞれの短冊には一般の方々がたくさんの願い事を書き込んでいるのを見ることができます。市民の方と書道部の生徒が一緒になってつくりあげた短冊です。ぜひ御覧ください。

平成29年7月25日(火)全国大会壮行会
終業式と表彰式の後、全国大会に出場するフェンシング部、美術部、書道部、写真部の4つの部活動の壮行会を行いました。校長先生と生徒会長から激励の言葉があり、その後それぞれの部の代表生徒が感謝と全国大会に向けて抱負と決意を表明しました。最後は全校で応援する気持ちをこめて全員で校歌を合唱しました。生徒、職員みんなが応援しています。これまでの頑張りの成果を出してきてください。

平成29年7月25日(火)1学期終業式及び表彰式
1学期の終業式が行われました。校長先生は式辞の中で、今年の文化祭で新しい企画に挑戦した32HRの取り組みに触れ、挑戦しようとする気概を後輩に示してくれた生徒たちを称えました。また、棋士の加藤一二三氏の『負けて強くなる』という本について「加藤氏が1324勝を達成した裏には1180の負けがあった」という事実を取り上げました。加藤氏による「負けに強くなる秘訣」を挙げ「失敗した時どうやって乗り越えるかが大切で、さらに努力し自分に足りなかったところに気付き、落ち込むことなく前に進みましょう」と結びました。終業式終了後は教務課、生徒課、進路課からそれぞれ1学期のまとめや夏休みの過ごし方などについて話があり、その後表彰式が行われ、たゆまぬ努力を続けて結果を出すことができた生徒たちがその努力を称えられました。表彰を受けたのは以下の生徒たちです。
フェンシング部
東海大会
女子団体3位 
3年植松晴香、3年根岸茉子、2年久保田怜奈、2年望月美緒、2年山口夏歩
男子個人エペ3位 3年山野航平
東かがわ市長杯フェンシング大会 
ジュニア男子サーブル3位 3年青木貴雅
写真部
東部高写連第1回コンクール 特選 1年鈴木紀行 2年平野大悟 3年板垣達也 入選 3年高田侑里奈 2年下村昌輝 1年雄谷優菜
陸上部
東部陸上競技カーニバル
200m優勝 2年山田愛実 やり投2位 2年新堀加歩 砲丸投3位 2年長島 諒 走幅跳3位 1年葛西伊吹


平成29年7月24日(月)全国大会沼津市長表敬訪問
全国大会に出場するフェンシング部、美術部、書道部、写真部が校長、顧問とともに沼津市役所を表敬訪問しました。今回生徒13名が県大会、東海大会などの結果と全国大会への出場決定を大沼市長様と服部教育長様に報告しました。全国大会にかける思いをそれぞれの部の代表生徒が表明し、市長様と教育長様からお祝いと激励のお言葉をいただき、さらに沼津市からの賞賜金が贈呈されました。皆様の激励の言葉を胸に、生徒たちは大きな舞台で精一杯頑張ってきてくれることと思います。

平成29年7月20日(木) 校内ビブリオバトル決勝
先週行われた校内ビブリオバトル予選で勝ち抜いた5名の生徒がビブリオバトル決勝でそれぞれのお薦めの本を紹介しました。1人が順に5分ずつの書評と3分の質疑応答を行い、最後に図書委員と聴衆参加者の生徒や先生が一番読みたいと思った本を投票しました。どの発表もそれぞれの本への思いがこめられており、聞いている人たちの興味をそそるものでした。結果は以下の通りとなりました。1位と2位の丸山さんと岩本さんは9月の県大会に出場します。
1位 2年 丸山祐来さん「いたいのいたいのとんでゆけ」
2位 2年 岩本彩夏さん「魔界の塔」
3位 1年 井原啓吾さん「アナザー」

平成29年7月22日(土) 芸術科音楽専攻公開レッスン
黒川浩先生を講師にお迎えして、ピアノの公開レッスンを行いました。受講した生徒は3年ピアノ専攻の日吉さんと沼田さんで、日吉さんはベートーベン作曲ピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2より第3楽章を、沼田さんはショパン作曲バラード第3番変イ長調作品47を指導していただきました。この2人のレッスンを多くの生徒たちが同席して、共有し学ぶことができました。黒川先生はベートーベンやショパンの生活した時代や人となりをニューモアを交えて話してくださり、楽しくわかりやすいレッスンとなりました。今後は10月4日(水)に声楽の公開レッスンを行います。
  

平成29年7月20日(木)1年生沼津活性化プロジェクト
総合的な学習の時間「探求と表現」の時間に、1年生各クラスで沼津活性化プロジェクトのテーマについて話し合いました。生徒たちは班に分かれ「沼津」から連想するキーワードを放射状に派生させ「マインドマップ」を描いてイメージを引き出しながら、何をテーマに沼津の活性化案を考えるかを話し合いました。クラスによってはマイン