ブログ














カウンター

カウンター

(運用開始2012/1/4)

勉強と部活動に励み、かけがえのない友人と出会う。

充実した3年間が、ここにある。






平成30年2月23日(金)富士山の日
静岡県では、県民が富士山について学び、考え、想いを寄せ、富士山憲章の理念に基づき、後世に引き継ぐことを期する日として、2月23日を「富士山の日」とする条例を制定しました。県立学校等ではこの目的が達成できるよう生徒たちの休業日としています。富士山の麓に生活する本校生徒たちにも富士山の日の意義を考え過ごしてほしいと願います。
  

平成30年2月22日(木) 卒業式会場準備
3月1日の第70回卒業証書授与式の会場準備を行いました。1年生が3年生への感謝の気持ちを持ち卒業を祝して快く行ってくれました。シート、椅子、掲示など一通りの準備ができました。なお、28日は同窓会からの記念品贈呈式、卒業式予行が行われます。
  

平成30年2月22日(木) 1、2年生学年末テスト
本日から4日間(28日まで)で学年末試験を行います。1年間の学習のまとめと進級に向けての意欲付けになるテストです。2年生は大学受験を意識して学習している者が多くなりました。1年生も学年全体で学習量の増加を心がけています。23日からの3連休も有効に活用できるでしょう。
  

平成30年2月20日(火) 1年生の学年リクリエーション
ロングホームルームの時間に1年生は学年リクリエーションを体育館で行いました。学年委員の生徒たちが企画から運営まで計画的に進め、240余の生徒たちを楽しませてくれました。クラスごとにレク種目に出場する選手を決め、クラス対抗で行いました。種目は「ドッジボールリレー」、「バレーボールリレー」、「フリースロー」、「グルグル 借り人競争」の4種で、12HRが総合優勝しました。委員たちのリーダーシップが発揮できていた楽しい時間でした。
   

平成30年2月20日(火)国際ソロプチミスト駿河認証40周年記念教育機器贈呈式
国際ソロプチミスト駿河認証40周年を記念して本校に電子黒板機能付きプロジェクターが寄付されることになり、その贈呈式を行いました。教室の前面黒板上部に設置する壁かけ式で、教員が授業のたびに機材を持ちこむ必要がありません。また、電子黒板機能が付いているのでスクリーンに文字や図形の書きこみが可能で、この教室で行う数学、英語、社会等の授業に大きく役立ちます。設置工事は先週終わっており、すでに授業でも利用されています。贈呈式ではソロプチミスト駿河会長様から本校校長に目録が手渡され、本校校長からは感謝状が渡されました。また、生徒会長からお礼のビデオメッセージが流され、授業だけでなく生徒会行事でも活用できますという感謝の気持ちが述べられていました。

平成30年2月15日(木)ふじのくに親善大使来校
1年生の総合的な学習の時間に「ふじのくに親善大使」が来校し、生徒たちにそれぞれの母国について語ってくださいました。これは毎年国際教育の一環として行っているもので、今回お招きしたのは、中国・上海、インドネシア、中国・黒竜江省、ネパールからの4名の親善大使の方々です。プロジェクターなどの準備、親善大使の方々の教室への案内、司会、お礼の言葉などすべて生徒が行いました。各国の歴史や文化などを写真を交えて話していただき、その後は生徒の質問にも答えていただきました。時折驚きの声や笑い声がおこり、生徒たちの異文化理解に大変役立つ機会となったと思います。
   

平成30年2月15日(木)2年生総合的な学習の時間「主権者教育まとめ」
2年生の総合的な学習の時間で主権者教育のまとめを行いました。現2年生は1年の3学期から総務省と文部科学省が作成した「私たちが拓く日本の未来」を使いながら主権者として必要な知識を学び、さらに2年では国の政策に関するディベートを行いました。今日はそのまとめの時間で、各教室で班に分かれ「私たちが拓く日本の未来」を参考にしてワークシートに書き込みながら班で話し合い、これまで学んできたことをまとめました。
  

平成30年2月15日(木) 平成29年度静岡県読書感想画コンクール表彰式
2月14日(水)に県庁にて表彰式があり、本校から次の3人が表彰式に臨みました。優秀作品(静岡県出版文化会理事長賞)…1年櫃石毬花さんの「サラバ!下」を読んでの作品「芯」、優良作品(毎日新聞社及び県高等学校図書館研究会長賞)…1年石井千乃さんの「何様ですか?」を読んでの作品「見えない!!」、奨励作品(県高等学校図書館研究会長賞)…1年原 聡志君の「少年H 下巻」を読んでの作品「欲」

それぞれが表彰を受けた後、全員で記念写真をとりました。読書感想画とは読んだ本から感じたこと、考えたこと、心に浮かんだイメージなどを組み立てて絵に表したものです。(写真左から櫃石さん、石井さん、原君、集合写真)
   

平成30年2月14日(水) 書道専攻2年生による書写指導
芸術科書道専攻2年生の8人が本校に隣接する千本小学校6年生6人へ書写指導を行いました。これは本校書道専攻の「漢字創作」の授業として行うもので、6年生が卒業記念として漢字1文字を色紙に毛筆で書き、その色紙を披露するためのお手伝いの機会となりました。小学生たちは事前に練習していましたが、本番を向かえさらに熱を込めて色紙に向かいました。作品には印も押して大変素晴らしい作品が完成しました。小・中学校との連携活動により高校生たちは確かな成長を見せています。
  
  

平成30年2月13日(火)2年生LHR百人一首大会
2年生のLHRの時間に学年レクリエーションとして百人一首大会を生徒の企画・運営により開催しました。昨年は学年全体で体育館で行いましたが、今年は各教室でグループに分かれての開催となりました。放送で読み上げられる句を聞いて生徒たちは一生懸命に札を探しました。中には上の句を聞いただけですぐに札をとることができる生徒もいて、誰かが札をとるたびに大きな歓声が上がり、生徒たちは大変楽しい時間を過ごしました。

平成30年2月13日(火) 芸術科書道専攻1年生が千本小3年生を書写指導
芸術科書道専攻の1年生15人が、千本小学校3年生の書写のクラスで指導講師を務めました。この書写指導は義務教育交流事業の一環として行っており今年度千本小学校で指導させていただくのは3回目ですが、今回3年生のクラスを指導するのは初めてでした。そこで生徒たちはそれぞれ自分でつくった名札を胸につけ、あらかじめ用意しておいた名刺カードを渡して担当の児童にあいさつをするところから始めました。今回指導したのは「水玉」という文字で、生徒たちは子どもたちの目線になってほめたり、励ましたり、筆づかいなどのアドバイスをしたりしながら、一生懸命に指導しました。子どもたちも熱心に取り組んでくれ、その上達の速さに指導した生徒たちもうれしそうでした。あさって14日(木)は書道専攻2年生の8人が6年生のクラスを指導する予定です。

平成30年2月9日(金)学校関係者評価委員会
学校評議員、学校後援会代表理事、PTA代表の方々に来校していただき学校関係者委員会を開催しました。開会の前には、アンサンブルコトンテスト県大会に出場したサクソフォン六重奏の生徒たちが演奏を披露して、場を和ましてくれました。委員会では校長、学校自己評価委員が今年度の自己評価について説明をした後、来校された皆様から質問や意見をいただきました。学習、進路、芸術科、防災、読書、スマホの使い方、学校整備計画など多岐の内容で話し合いがなされました。また、会の最後には、病院にお勤めのPTA代表者から病院におけるコンプライアンスの講義も受けました。今後、いただいた御意見を校内で共有して本校の教育活動に生かすとともに、学校関係者評価として公開します。

 

平成30年2月8日(木) 学校保健委員会
本日、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、PTA代表の皆様をお迎えして学校保健委員会を開催しました。この委員会は学校における健康に関する課題を研究協議し、健康づくりを推進する組織で、保健主事が中心となって運営します。今日は養護教諭から定期健康診結果、学校環境衛生、スポーツ振興センター給付状況、朝食摂取状況等の報告の後、来校の皆様から御意見や御指摘をいただきました。今年のインフルエンザの傾向、コンタクトレンズの使用と怪我、歯科治療の問題点、スマホ使用の問題点など生徒たちの健康安全に参考になるお話を聞くことができました。本校で行った学校評価アンケートでは「学校は生徒の健康面、安全面に配慮している」と生徒の79%が回答していますが、さらに課題の改善を進めたいと思います。

 

平成30年2月6日(火)~9日(金) 千本小学校での読み聞かせ
6日、7日、9日の3日間、千本小学校の各クラスに本校の生徒が出向き、絵本の読み聞かせを行っています。各学期に数日ずつの読み聞かせも今回が今年度の最後になりました。生徒が選んだ本を、小学生たちに沿った語り方で読むことは高校生にとって貴重な体験となります。初めての生徒の中には緊張気味の者もいました。毎回参加している生徒たちも初心に戻りよりよく伝えたいという思いを持ち臨んでいます。残った時間には小学生からの色々な質問に答えていました。これも楽しいひと時です。地域の中で連携を築ける良い環境に恵まれた本校ならではの取組です。
  

平成30年2月6日(火)1、2年生徒、保護者対象進路講演会
1、2年生徒と保護者対象の進路講演会を行いました。今回はセンター試験を終えて大学入試真っ最中の3年生を1年次のときから指導してきた現3年担任の先生からデータ分析などをもとに話しをしてもらいました。西高生の今年のセンター試験の結果から、伸びた生徒、伸び切らなかった生徒をグループごとに分けて、勉強の取り組み方を数字で分析しながら、今の1、2年生がこれからどのように受験に臨んでいけばよいのかが大変わかりやすく解説されました。また、センター試験を利用しない国公立の推薦・AOの傾向がここ数年で大きく変わり、本当に自分が目指したいものをしっかりもっている生徒、一般入試でも合格する基礎学力をもっている生徒しか受からなくなってきているというという話しもありました。今日の講演で、1、2年生たちは先輩たちの受験体験、先生たちの指導体験からたくさんのことを学んでくれたと思います。自分の将来の夢の実現に向けて今から一歩一歩努力を続けることを願います。

平成30年2月3日(土)高大連携事業~国立音楽大学出張講座~
本校と国立音楽大学との間で結んだ高大連携協定により、本校では大学の先生方の高いレベルの授業を受ける機会を持っています。本日は第2回目の講座として、国立音楽大学の塩原麻里教授をお招きし「コミュニティ音楽」の授業を音楽専攻生1、2年生18人が受けました。まず、コミュニティ音楽についてアメリカとイギリスでの歴史や国立音楽大学での取組の講義を受けました。その後、6人ずつの班で塩原先生がお持ちになった海外の絵はがきに合う音楽を民族楽器や玩具等を用いて演奏して、コミュニティ音楽の実際を学びました。本校では小学校、中学校、病院、介護施設、地域の文化祭などコミュニティ別にプログラムや飾り付けを工夫して演奏を披露しているので、今後の活動にとって参考となる講義だったと思います。
  

平成30年2月2日(金)長距離走大会
1、2年生による長距離大会を開催しました。バスで愛鷹運動競技場に移動し、開会式の後、男子と女子と時間差でスタートし、それぞれがゴールを目指しました。今年の距離は昨年より少し伸びて男子が8.5km、女子が6.5kmでした。ゴールの後にはPTAの方々が用意してくださったお茶、パン、チョコレートが待っていました。寒い中の長距離走大会となりましたが、生徒たちは本当によく頑張り、ゴールの後の疲れた表情の中にも達成感や満足感があらわれていました。3位までの生徒は以下の通りです。
男子 8.5km
1位 2年 後藤潤哉 32分44秒
2位 1年 草柳巧馬 33分07秒
3位 2年 秋山耕太郎 33分37秒
女子 6.5km
1位 1年 山口彩友佳 29分08秒
2位 1年 菅野寧音 29分41秒
3位 1年 梅田さおり 31分39秒

平成30年1月31日(水) 皆既月食
皆既月食が日本各地で見られました。本校でも、理科の先生がたを中心に生徒たちに観測を呼びかけました。赤銅色に見えるので「ブラッドムーン」、1ヶ月に2回目の満月なので「ブルームーン」、月と地球の距離が近くで大きく見えることから「スーパームーン」と3つの現象が同時に起こる珍しい天体ショーだったそうです。(写真左は生徒への呼びかけ用プリント)

 

平成30年1月31日(水) 3年生学年集会
3年生は明日から家庭学習日となります。4時間目に3月末までの過ごし方について学年集会とクラスで確認をしました。集会では藤学年主任から「有終の美を飾るために」、高橋進路課長から「最後まであきらめないこと」、土屋生徒課員から「西高生として決まりを守った生活を」などの話しを聞きました。各クラスでは担任の先生方から今後の心構えや机・ロッカーの美化などをしていました。3年間で大きく成長してきましたが、自分の進路を決定する大切な時期なので、家庭学習日を有効活用してほしいと願います。また、担任をはじめとする先生方は最後まで支援をするので「学校から受験に臨む」意識で努力を継続してほしいと思います。
  

平成30年1月30日(火) 生徒総会
平成30年第1回生徒総会を開催しました。今回は1、2年生だけの出席で行い、議長団の選出の後、1号議案「統括及び後期生徒会活動報告」、2号議案「「前期生徒会活動計画及び活動方針」、3号議案「後期委員会活動報告及び前期生徒会活動計画」について報告、質疑応答・承認が行われました。2月からの前期生徒会活動方針として、広報活動を積極的に行うとともに潮音祭では委員会や部活動と連携して学校全体でより良いものを作り出したいと丸山生徒会長は述べました。また、各専門委員長は反省や具体的な活動等を的確に伝えながら生徒たちの協力を依頼しました。集団や社会の一員としてより良い集団づくりにつながる自治活動が進むことを願います。
  

平成30年1月27日(土) 書道卒業制作展で音楽専攻生による友情コンサート
芸術科書道専攻第13期生の卒業制作展開催中の27日に、展示会場にて芸術科音楽専攻生たちによる友情コンサートを開きました。書道専攻の森さんの挨拶の後、「赤いスイトピー」を皮切りにした合唱とサックス演奏により来場の皆さんに温かい気持ちになっていただいたと思います。書道作品に表した「春よ、来い」(作詞作曲 松任谷由実)について制作者の須田さんが説明してそれを受けて音楽専攻生が合唱をしました。また、同様にコブコロの「心」の詞を球体に表した石原さんがその思いを語った後、音楽専攻生が合唱を披露しました。芸術科の音楽・美術・書道の3専攻の生徒たちは3年間同じクラスで互いの良さを認め刺激を受けながら専門の力を高めてきました。卒業後もそれぞれの進路先で活躍し芸術を愛する人材として育っていくでしょう。
  
  

平成30年1月25日(木)音楽専攻卒業演奏会
芸術科音楽専攻第13期生の卒業演奏会が三島市民文化会館小ホールで行われました。この春卒業する5名の音楽専攻の生徒が三年間の集大成となる演奏を披露しました。今年は4名がピアノ、1名がマリンバの演奏でした。これまでの日々の練習で積み重ねてきたことを、支えてくれた家族、先生、仲間、そして地域の方々に向けて心をこめて演奏しました。5名の生徒は音楽大学進学に向けて演奏そして勉強にさらなる努力を続けていきます。
    

平成30年1月25日 2年生主権者教育のための選管出張講座
総合的な学習の時間に2年生を対象にして沼津市選挙管理委員会出前講座が行われました。「選挙ってなに?」「選挙について考えよう!」「投票のながれ」「選挙マメ知識」「実際に投票してみよう」「選挙運動って何?」というプログラムを用意していただき、スライドやクイズなどで分かりやすい説明を受けました。候補者の氏名の書き方、開票のようす、記名不十分の票の分配のしかた、得票同数の場合の決定方法などについても知ることができました。
  

平成30年1月22日(月)音楽専攻ロビーコンサート
音楽専攻によるロビーコンサートを開催しました。演奏は3年若杉茜(ピアノ)ショパンのエチュード「革命」、3年日吉みなも(ピアノ)ショパンのエチュード「黒鍵」、そして3年生による合唱「花」でした。午後のひととき生徒ホールに美しい調べが流れました。これまで何度も美しい演奏を聴かせてくれた3年生たちですが、これが最後のロビーコンサートとなりました。今週25日(木)には3年生の卒業演奏会が三島市民文化会館小ホールで行われます。5時半開場、6時開演です。ぜひお越しください。
 

平成30年1月21日(日)平成30年度インターハイ相撲競技広報活動
今年8月に開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の静岡県高校生活動推進委員である本校の4名の生徒が、沼津市で開かれたイベントで市民の皆さんにインターハイの広報活動を行ってきました。平成30年度のインターハイは、三重県、愛知県、岐阜県、静岡県からなる東海地区で行われ、静岡県では6競技8種目が行われますが、その中で沼津市では8月3日から5日にプラサヴェルデで相撲競技が開催されます。推進委員の生徒たちはインターハイの準備や運営にボランティアとして関わるだけでなく、沼津市の魅力も発信していきます。

平成30年1月18日(木)1、2年生実力テスト
1年生は本日、2年生は本日と明日の日程で実力テストを行います。1年生は昨年秋から学年全体で家庭学習時間を増加させて学力を高めようと努力を継続してきました。2年生は修学旅行終了後から「3年0学期」の意識を高めて受験生へ変容しようとしてきました。生徒個々が目標を持って学習に取り組んでいたものをこのテストで発揮してくれることでしょう。

 

平成30年1月16日(火)1年生人間関係づくりプログラム
1年生は1学期にクラスで人間関係づくりのプログラムの時間をもちましたが、今回は学年全体で人間関係づくりプログラムの様々なワークを行いました。最初に声を出さずに身振り手振りで誕生日の月ごとのグループに分かれ、ボール投げのワークでグループのメンバーの名前を覚えました。次にグループでタイミングを合わせ指1本でフラフープの輪を高く上げたり、手をつないだままでフラフープを一周させたり、また、輪になって「線路は続くよ」のピアノのメロディーに合わせて手拍子などでリズムをとったりしてグループが気持ちをひとつにする体験をしました。最後はペアになり、お互い握手をしたり、微笑みあったり、感情などを表すエクササイズをし、さらに心がほぐれたペア同士で今の自分について語り合いました。1年生も入学以来様々な行事をともにし、お互いをより理解できるようになりました。これからは新しい年度に向けて、学年全体の課題、自分自身の課題を考えながら、ともに成長してほしいと思います。

平成30年1月12日(金)職員対象AED研修会
職員の誰もがAED(自動体外式除細動器)を使って正しく救命活動ができるよう職員対象のAED研修会を開きました。本校では職員室に1台、事務室横玄関外に1台AEDを備え付けており、万が一の場合に備えています。研修会では職員が保健管理課長の村下教諭からの説明を聴き、映像を見て、実際にCPRトレーニングボックス「あっぱくん」を使って胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの操作方法を学びました。あっぱくんは圧迫がしっかりできているかを音で知らせてくれます。ペアになって練習をし、音で確認しながら正確な胸骨圧迫を覚えることができました。また、埼玉県で起きた事故から立ち上がったASUKAプロジェクトについても学び、倒れた人が呼吸をしていない、呼吸が弱い、または呼吸をしているかどうか分からない場合は、胸骨圧迫そしてAEDを使用することを躊躇しないということを確認しました。

平成30年1月12日(金)3年生センター激励会
明日、明後日のセンター試験をひかえ4時間目に3年生センター激励会を開きました。校長先生、学年主任、そして各HR副担任の先生からそれぞれ激励の言葉と注意事項の説明があり、その後生徒は各HRに戻り、担任の先生からの話しを聞きました。放課後も残って勉強をする姿がありました。生徒たちが今までやってきたことを信じ、自分の力を最大限に発揮することができるよう祈っています。がんばれ、西高生!!
  

平成30年1月5日(金)始業式及び表彰式
年が明け3学期の始業式が行われました。校長先生はお話の中で、卓球選手として世界で活躍している平野美宇選手が元プロテニス選手の松岡修造さんの著書で出会い、座右の銘としている「二重人格は素敵だ。消極的な自分を打ち消すのはもう一人の自分だ」という言葉について取り上げました。平野選手はこの言葉のおかげで、周囲の目を気にせず思い切ったプレーに徹することができるようになったということです。試合であれ、日々の学習であれ、「自分の殻をやぶり目標に向かってがむしゃらに突き進む生き方」を学んでいきましょうと話しました。また、この平野選手の母親は西高の卒業生であるということです。終業式の後行われた表彰式では、美術部、書道部の生徒と新体力テストで満点をとった生徒が全校生徒の前で日頃の努力の成果を称えられました。表彰された生徒の名前は以下の通りです。

・静岡県新体力テスト満点 3年杉山 立、2年牧原未怜、2年根上那月
・書道部 県高文祭書道展 県高文連会長賞(2位)2年外山祐羽、特選(9位)2年坂本なつみ、団体の部県高文連会長賞(1位)代表 2年佐野真友子、地区選抜の部奨励賞(1位)2年黒田真衣
・美術部 県高文祭美術・工芸展 県高文連会長賞(2位~4位)2年藤谷健人、優良賞(17位~50位)2年植松真理菜、2年渡邊 恵、1年原 聡志、特選 2年宮尾花乃、1年杉山愛姫、1年前田琉菜

平成30年1月5日(金)生徒会役員認証式
生徒会選挙で信任された前期生徒会役員の認証式が行われました。生徒会長の丸山祐来さん、副会長の佐藤実柚さん、岩本和香さんが代表して校長先生から委嘱状を受け取りました。生徒会長からは「前期は行事が多いので前年度の反省を活かしながらよりよいものにしていきたい。潮音祭はみんながより楽しめるものにしたい」という決意の言葉が述べられました。
 

平成30年1月4日(木) 今年もよろしくお願いします
平成30年を迎えました。今年も沼津西高校の生徒たちが様々な場面で活躍できるように引き続きの御協力をお願いします。

1月の主な予定は
1月5日(金) 始業式
1月13日(土)、14日(日) 大学入試センター試験
1月15日(月) 3年生自己採点
1月18日(木) 1・2年生実力テスト
1月19日(金) 2年生実力テスト
1月24日(水) 書道専攻卒業制作展(~29日、プラサヴェルデ)
1月25日(木) 音楽専攻卒業演奏会(三島市民文化会館)、2年生選管出張授業
1月30日(火) 1・2年生生徒総会
 

平成29年12月28日(木) 12月29日から1月3日まで学校閉庁期間です
本年も沼津西高等学校の教育活動に御理解と御協力を賜り誠にありがとうございました。生徒たちは目標に向かい日々成長してきたと思います。来年も本校への御支援をよろしくお願いします。なお、来年1月3日(水)まで学校は閉庁となります。御連絡は4日(木)以降にお願いします。(本日の富士山や校内の写真を載せました。)
  

平成29年12月25日(月) 芸術科音楽専攻1・2年生による演奏会
クリスマスの25日、芸術科音楽専攻の1年生11人と2年生9人による演奏会を三島市民文化会館小ホールにて開催しました。会場には大変多くの方々が来場してくださり、生徒たちの日頃の練習の成果を聴いていただきました。生徒たちの一生懸命な演奏に対して大きな拍手が響きました。また、本校杜蔭同窓会の文化事業の一環として組織されている「コールもりかげ」の皆様に賛助出演をしていただき、合唱を披露していただきました。なお、来年1月25日(木)には3年生卒業演奏会を同ホールにて開催します。(写真は2年生。芸術科タグをクリックして他の写真もどうぞ)
  
  
  

平成29年12月25日(月)~28日(木)3年生マーク練習会
冬休みに入った25日から3年生はマーク練習会を実施しています。直前に迫った1月13日、14日の大学入試センター試験に向けての学力養成と学習事項の最終点検となります。今回のセンター試験には全国で582,669人が出願し、この人数は昨年度より6,702人増加しているそうです。また、本校の受験会場は県立富士高校と常葉大学富士キャンパスです。3年生は体調管理を万全にし、最後の最後まで勉強を継続して目標を達成させてほしいと願います。
   

平成29年12月23日芸術科美術専攻3年生卒業作品展及び1・2年生展覧会
芸術科美術専攻の展覧会が23日(土)から28日(木)の日程で沼津のプラサヴェルデ市民ギャラリーで開催されています。卒業を間近に控えた3年生にとっては3年間の集大成である卒業作品展であり、1、2年生にとっては日頃の取組を地域の方々に御覧いただける場です。平成15年に芸術科が学科としてスタートして15年目で、美術工芸部門の全国大会進出は11年連続、13回目になります。今回の展覧会には来年度全国大会(長野大会)への出品が決定した作品も展示されています。展覧会初日には芸術科音楽専攻生徒による友情コンサートが展示会場で開かれ、美術専攻の生徒たちの作品が展示されている会場に美しい音色が響きました。この友情コンサートは最終日である28日にも11:30から11:45に催されます。展覧会は9:30から18:00、最終日の28日は14:00までです。ぜひ生徒たちの作品を見にお越しください。

平成29年12月22日(金)東海大会出場フェンシング部壮行会、後援会激励金授与式
11月の新人戦県大会で男女アベック優勝を果たしたフェンシング部が今月26日に岐阜県で行われる東海大会に出場することになり、全校で壮行会を開きました。校長先生、生徒会長から激励の言葉が贈られ、代表選手からのあいさつの後、全校で校歌を歌ってエールを送りました。その後には、後援会激励金授与式が開かれました。授与式では東海大会に向けての意気込みを一人ひとりが述べた後、後援会に代わって校長先生が代表選手に激励金を手渡しました。本校のフェンシング部は昨年創部60周年を向かえた伝統ある部ですが、平成15年に男女共学になってから初の男女アベック優勝を達成しました。東海大会で2位までに入ると全国大会に出場できます。応援よろしくお願いします!
     

平成29年12月22日(金)2学期終業式、表彰式
2学期終業式が行われました。校長先生からは、自主的に学校のための活動を行っている3年の生徒たちについての話があり、1、2年生にはその先輩たちの気持ちを理解し、その意志をどんな形で継いでいくかを考えてほしいという話がありました。また、甘いみかんは水をあたえない時期(水ストレス)を意図的に作ることでより甘くなるという話しをされ、それぞれが具体的な目標、ノルマを設定して、時間的・内容的により負荷をかけた学習や生活を目指してほしいと生徒たちを励ましました。終業式の後には表彰式を行い、日頃の努力で素晴らしい結果を残した生徒たちが全校生徒の前で表彰されました。校長先生は友人・先輩の表彰にあたって、西高の誇りを全員で共有してほしいと話しました。表彰された生徒は以下の通りです。
・静岡県青少年読書感想文コンクール 出版文化会理事長賞 2年澤田詩織
・テニス部男子 新人戦東部大会3位(240ペア中) 2年林直央、松山拓海
・写真部 東部高写連第2回コンクール 第一席 2年海藤真央、特選 2年下村昌輝、1年日吉結姫、入選 2年正木さくら、瀬戸美月、丸山祐来、1年雄谷優菜、鈴木紀行
・フェンシング部 新人戦県大会 男子団体フルーレ優勝 伊藤槙也、萱間惇平、後藤佑輔、1年江黒勇斗、鈴木友也
女子団体フルーレ優勝、エペ優勝 2年望月美緒、三尋木るか、山口夏歩、 久保田怜奈
  

平成29年12月15日(金)JAなんすんブランド米試食会
芸術科美術専攻と書道専攻がパッケージデザインを担当させていただいたJAなんすんのブランド米「するがの極」の試食会が本校で行われ、JAの方が調理してくださった「するがの極」で作ったおむすびを試食しました。おむすびの他にあしたか牛のメンチカツや野菜のプチヴェールの塩ゆで、西浦みかんもいただきました。このパッケージは文字を書道専攻の生徒が、図柄を美術専攻の生徒が手がけています。2011年の「あしたか牛カレー」のパッケージデザインに始まり、沼津産のお茶「ぬまっちゃ」、西浦みかん、プチヴェールののぼり旗などもデザインしており、今回で7回目のコラボレーションとなりました。生徒にとって日頃の成果を発表する場をいただき、また多くの方の目に触れる商品のデザインにかかわることができるいう点でも、大変有意義な機会となっています。

平成29年12月15日(金)2年保護者進路講演会
先日2年生の生徒対象に「3年0学期」の講演会を開きましたが、今回は2年生保護者対象に駿台予備学校 横浜校 校舎長の新井智恵様をお招きして進路講演会を開きました。現在の受験生を取り巻く社会環境や最新の入試