静岡県立沼津工業高等学校ホームページ
 
 
ホーム>部活動>ボート

みしまジュニアスポーツアカデミー ボート競技体験会
021年7月23日(金)・24日(土)、本校の艇庫を会場に みしまジュニアスポーツアカデミー(三島市の小・中学生が5種目のスポーツを体験する三島市スポーツ推進課の事業)のボート競技体験会が行われ、本校と沼津東高校のボート部員がアカデミー生を指導しました。

ボートの仕組みを学びます


いざ水上へ!



県新人戦(1次予選)
2021年8月1日(日)、浜松市の天竜ボート場でボート競技の新人戦(1次予選)が行われました。
シングルスカル種目(1人乗り)に出場し、沼工生が上位を占めました。
1位 佐々木吾瀧(2年 都市環境工学科)
2位 水口信之介(2年 機械科)
3位 髙村 崚  (2年 機械科)
4位 牧本琢磨  (2年 電気科)


9月に行われる新人戦(2次予選)に向け、自身の課題に向き合って更なる成長を目指します。

静岡県ボート協会 東部地区安全講習会が行われました
2021年7月10日(土)本校を会場にボート競技の安全講習会が行われ、本校と沼津東高校のボート部員が参加しました。
本校顧問の植松が講義とグループワークを行いました。部員は、競技上の危険を回避するための知識と適切な状況判断の両方が必要であること、日頃の危機管理がいかに重要であるかを実感している様子でした。

また、特に冬季の乗艇で水に落ちた際に心配される低体温症への処置など、事故時の具体的な対応を学びました。

沼津東高校顧問の鈴木先生からは、水に落ちてから再乗艇するための方法を教えていただきました。

自然相手の競技は、少しの気の緩みが事故につながります。安全を心掛け、新人戦に向け更に競技力を高めていきます。




日本サイクルスポーツセンター 能力測定会
2021年6月20日(日)本校艇庫にて、日本サイクルスポーツセンターの方々による運動能力測定会が昨年度に引き続き行われました。
運動のスピードやパワーを測る機器を使用します。腰に巻いてジャンプ力、腕に巻いてローイングマシーンを使うことで艇を漕ぐスピードがわかります。また、心拍数等を計測する機器を装着して屋内トレーニング用自転車を漕ぎます。


計測終了後には、エネルギー生成の仕組みと、その知識を生かした効率的なトレーニングについて学びました。
ボート競技は全身運動で、総合的な運動能力が求められます。今回の測定会の結果を分析し、鍛錬を積んで更なる成長を目指します。


オリンピック金メダリストによる講演会に参加しました
2020年12月5日(土)静岡県ボート協会主催の高校生選手向け講演会にリモート参加しました。

講師はシドニーオリンピック (ボート)金メダリスト ギザビエ・ドルフマン氏です。現在、「ナショナル・スポーツ・ディレクター」として日本代表チームを率いています。

世界を相手に戦うドルフマン氏が、ボート選手に必要な技術・体力・精神のトレーニングについて熱く語りました。

一言も漏らすまいと聞き入っていました。





講演で学んだことを通して、部長が今後の目標を部員と共有しました。



ボート競技 フィジカル強化講習会
2020年11月7日(土)、静岡県ボート協会選手強化事業の一環としてフィジカル強化講習会が沼津東高校で行われ、本校からは代表者8人が参加しました。

ボートをはじめ様々な競技の選手が合宿を行うことでも知られる、愛媛県のトレーニングジム「ランクアップ」から講師を招き、ウェイトトレーニングや体幹トレーニングを学びました。

負荷をかけている部位を意識します。

一流選手の指導もしている講師から直接指導を受けました。




チームに持ち帰り、全部員で競技力向上を目指します!



この前日の放課後には、本校艇庫にて、沼津市内のスポーツジムの店長を務めるボート部OB 後藤勇人さんによる栄養・トレーニング講習を実施しました。

専門的な情報をわかりやすく説明していただき、トレーニングの方法も細かく知ることができました。

毎日の練習、毎日の「生き方」に真摯に向き合い、チーム全員で成長していきます!



県新人戦・中部高校選抜大会
2020年10月17日(土)・18日(日)、佐鳴湖漕艇場でボート競技の新人戦が行われ、
シングルスカル種目(1人乗り)で 加藤瀬那さん が2位に入賞しました。

シングルスカル勢をを皆で水上にお送り出します...



加藤瀬那さん、準優勝おめでとう!



加藤瀬那さんは静岡県代表の1人として、10月24日(土)・25日(日)に愛知県東郷町の愛知池漕艇場で行われた中部高校選抜大会に出場しました。

(今年度は感染症対策のため、東海4県の大会)

東海の強豪選手たちとのレースに、いざ出陣!




決勝で4位となり、惜しくも全国選抜大会への切符は逃しましたが、チームメイトをはじめ、たくさんの人々に支えられていることが実感できたレースでした。

1年振りの公式戦が終わり、ボート競技はこれからオフシーズンに入ります。

部員は「チームの団結力は県内1!」を標榜し、来年度の総体に向け、励まし合って毎日の練習に取り組んでいます。

これからも応援、よろしくお願いします!


みしまジュニアスポーツアカデミー ボート競技体験会が行われました
 2020年8月22日(土)・23日(日)、本校の艇庫を会場に みしまジュニアスポーツアカデミー(三島市の小・中学生が5種目のスポーツを体験する三島市スポーツ推進課の事業)のボート競技体験会が行われ、本校と沼津東高校のボート部員がアカデミー生を指導しました。

ローイングマシンで、基本的な漕ぎ方を学習



救命具を装着



万全な準備で乗艇!



アカデミー生は「空中にいるみたいで浮いている感じ」「速い!涼しい!めっちゃ楽しい!」とボート競技を体験しました




多くの子が楽しめたようでした


おつかれさま!


静岡県ボート協会 東部地区安全講習会が行われました
 2020年8月1日(土)、沼津東高校艇庫でボート競技の安全講習会が行われ、本校と沼津東高校のボート部員が参加しました。

 沼津東高校ボート部顧問の鈴木先生による講義で、事故事例、事故のリスクが高まる条件や事故回避の手段、事故時の対応方法等について学びました。




講義の後は各校に分かれ、自分たちの練習水域で気をつけるべきポイントについて情報共有しました。


練習で危険な場所を付箋に書き出し...


皆で出し合った意見をまとめて...


結果を発表

最後に川に出て、沈(ボートから水に落ちること)から回復し、再度乗艇する練習をしました。


皆で再乗艇するためのポイントを確認して...


初めてとは思えぬ、1年生のスムーズな乗艇!

安全意識を更に高め、これからも部員全員で声を掛け合って練習をしていきます!


第32回 静岡県マシンローイング選手権大会 東部大会
2019年12月22日(日)、沼津東高校体育館でローイングマシンによる2000m東部大会(主催:静岡県ボート協会)が行われました。

選手たちは、新人戦後のトレーニングの成果が発揮できるように全力で挑みました。


底冷えする中でしたが、競漕中の選手の周りに各校の部員が集まり、声援が飛び交う白熱した大会でした。

東部大会 高校生男子の部では、本校の半田士恩さん(2年)が優勝、江里口一輝さん(2年)が第3位入賞となりました。


春のインターハイ予選に向け、みんなで練習を頑張っています!