静岡県立沼津工業高等学校ホームページ
 
学校案内 学科紹介 部活動 中学生の方へ おしらせ
事務室 リンク
 
ホーム>学科紹介>電子ロボット科

令和元年度の工業技術基礎の実習風景
令和元年度の工業技術基礎の実習風景をまとめた動画です。


第33回研究助成金伝達式に参加しました
2019年6月23日(日)に静岡県職員会館「もくせい会館」にて、第33回研究助成金伝達式が行われました。



本校からは電子科の生徒が参加しました。

本年度助成された本校の研究主題は「チョウザメの腹腔切開を供わない雄雌判断の研究」です。


平成30年度パテントコンテスト表彰式
平成31年3月にパテントコンテストの表彰式が行われました。
パテントコンテストの説明は最後に記述してあります。



本校電子科が発明した【池の底に堆積するヘドロの吸引及び、池の側面や隅などに発生した藻をブラッシング・吸引する、オートサイフォン式交換ノズル】が優秀賞に選ばれました。



この表彰式に同科から4名の生徒が参加しました。




※パテントコンテストの説明を独立行政法人工業所有権情報・研修館のHPより引用させていただきました。

パテントコンテスト及びデザインパテントコンテストは、我が国の将来を担う高校生、高等専門学校生、大学生、専修学校生及び大学校生が、自ら考え出した発明や意匠デザインを応募し、優秀な応募作品を表彰するものです。
優秀賞として表彰された応募作品は、出願支援対象となり、日本弁理士会の弁理士が出願書類の書き方等を指導・支援し、特許庁への出願を行ってもらいます。
このコンテストを通じて、生徒、学生等の皆さんの知的財産マインドを育てるとともに、知的財産権制度の理解を促進することを目的に、文部科学省、特許庁、日本弁理士会及び当館で共催しています。

電子科2年生、工事担任者DD3種国家試験に一度で全員合格
 電子科2年生40人が、11月26日(日)に行われた平成29年度第2回工事担任者DD3種国家試験にクラス全員合格しました。今回の試験が2年生にとって初めて国家試験挑戦でした。

 今回の試験の3科目受験者(初めての試験受験者で基礎,技術,法規の3科目を1回の試験で受験する者)の全国合格率は38.6%で、100%の合格率は全国の合格率の2.6倍という驚異的な成果です。

 現在の3年生は、今年の5月に行われた平成29年度第1回試験で、昨年度科目合格であった2人が試験に合格し全員合格となりました。それを上回る、今回の2年生の頑張りは素晴らしいものです。22日は、新聞社の方も取材で来校されました。


【工事担任者DD3種国家試験とは】

 工事担任者は、資格者証の種類に応じて工事を行い、または実地に監督を行います。DD3種はデジタル回線への接続工事のうち、主に家庭、SOHO向けの回線速度が1ギガビット/秒以下のインターネットに接続するための小規模な工事を対象とする資格です。

 DD3種国家試験の全国の合格率は、平成28年度第2回が43.5%、平成29年度第1回が44.6%となっています。(日本データ通信協会公表)



3Dプリンタで作った作品の紹介
電子科に導入された3Dプリンタを利用して生徒が作った作品です。真中のものは、クリスマスツリーです。右側のものは、印刷後色付けをしたものです。
 今後はさらに試作を重ね、保護者の方や中学生を対象とした講習会なども企画したいと考えています。


1年生対象、進路体験発表会が開催されました
12月13日(水)の6限目、LHRの時間を使って、各科の3年生代表による1年生対象の「進路体験発表会」が行われました。就職、進学に取組んだ3年生それぞれの体験を、1年生に分かりやすく話してもらいました。
 電子科でも、就職内定者2名,公務員内定者1名,大学進学者2名(国立1、私立1)が1年生の前で話をしました。地元企業に内定した3年生からは、地元で頑張って会社の幹部になりたい、友達を大切にしようといった話がありました。公務員関係では国家公務員試験の流れや受験時のポイントの話があり、進学するためには評定平均がどの程度ないと希望校へ進学できないといった体験した者しか話せないアドバイスがありました。
 話を聞いた1年生からは、厳しい現実を知りため息がもれたり、これから頑張らなければという決意が感じられました。
 1月に2年生対象の体験発表会も計画されています。


国家試験に全員合格、新聞社の取材を受ける
電子科3年生40人が、「工事担任者DD3種」の国家試験に全員合格し、毎日新聞社,静岡新聞社の取材を受けました。DD3種合格者のうち、3人は5月の試験でDD1種にも合格しました。(取材日は7月19日)
 また、「第2級陸上特殊無線技士」の国家試験にも、体調不良で受験できなかった1人を除く39人が合格しました。工事担任者試験、陸上特殊無線技士試験ともに電子科の学習内容の理解度を試す重要な試験であり、今回の成果は立派なものです。
 3年生は、16日から入社試験が始まります。今まで頑張ってあげてきた成果を自信にして、この就職試験もしっかり頑張ってください。進学希望者も9月末から大学AO入試が始まります。各自の進路実現を目指し、校訓「不撓」を胸に頑張ってください。【電子科】

工業技術基礎 電子科1年生新クラスで授業開始
9月6日から、新しいクラスで工業技術基礎の実習授業が始まりました。
 電子科でも1年生新メンバー40人が、パソコンを利用したC言語学習に取組み始めました。
 スマホ世代は、意外とキーボード操作が苦手のようなので、授業のはじめにはタッチタイピングの実習も行っています。
 キーボードを自由に操作でき、C言語のプログラムをしっかり作成できる基礎力を身に付けていきましょう。

【電子科】

平成29年度 高校生作文コンクールに電子科3年生入賞
電子科3年 松本 武(マツモトタケル)君が(一般財団法人)関東電気保安協会主催の第5回高校生作文コンクールで入賞(奨励賞)しました。
 この作文コンクールは、平成25年度より、未来の電気保安を担う電気技術者の育成を目的として、工業高等学校電気科又はこれに相応する学科に在学中の高校生から、電気に係わる夢やアイデア、研究・考察に関するレポートを募集し、優秀な学生を応援するものです。
 今年は、東京都、栃木・群馬・茨城・埼玉・千葉・神奈川・山梨・静岡(東部地区)・福島県の工業高等学校の電気電子科およびこれに相当する学科から30校、981人の応募があり、その中で松本君は50人の奨励賞に選ばれました。
 18日の午後4時から、本校にて関東電気保安協会の宗沼津事業本部長から表彰していただきました。
松本君おめでとう。

電子科紹介

詳細はこちらから