静岡県立沼津商業高等学校ホームページ
 
お知らせ   学校紹介   学科紹介   部活動   沼商・楽天特設ページ
 


















コトリスラボ 交流会 (情報ビジネス科マルチメディアコース)
平成29年 7月28日(金曜日)

三島市にある女性起業家のためのシェアオフィス「コトリスラボ」の女性経営者の皆様と、本校情報ビジネス科マルチメディアコースの生徒とが交流会を開きました。

いままでのマーケティング活動について様々な取り組みを、本校職員が紹介するとともに、8月7日(月)に、静岡市にある静岡県男女共同参画センター「あざれあ」で行われる「静岡県生徒商業研究発表大会」に出場する情報ビジネス科マルチメディアコースの生徒の発表を見ていただき、色々と貴重なアドバイスをいただきました。
今回いただいたアドバイスをもとに、更なるレベルアップを図り、当日の発表大会では優秀な成績を収めることができるよう頑張っていきます。コトリスラボの皆様、お忙しい中ありがとうございました。

楽天IT学校 伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね 施設訪問
平成29年 7月25日(火曜日)

楽天IT学校で協力をいただいている 伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね様を訪問しました。
本校からスクールバスを使って1時間ほどでした。

オーナーの岸本夫妻、スタッフの大石さんが施設案内をしてくださいました。お仕事でお忙しい中、時間を割いていただき、ありがとうございます。

二つの班に別れ、一つの班はまず、足湯の施設、縁結びの絵馬を拝見しました。次に、子どもが遊べる部屋、内風呂を二箇所、そして、海が見える露天風呂を見学しました。一度はこの絶景でお風呂に入りたいと思った人もいたのではないでしょうか?
また、宿泊施設を案内していただきましたが、ロフトが付いている部屋もあり、ワクワク、ドキドキでしたね。どの場所もお客様を考えたレイアウトになっており、アットフォームな感じがしましたね。

次に、ダイニングルームにて宿泊のコンセプトについての説明がありました。お客様は、スタッフの生の声を必要としており、その際に、手作りのパンフレットを使って案内をされているということ。また、ねこまだぎ選手権のパンフレットのおかげで、金目鯛の煮付け食べ方がわかり食べ残しが少なくなったというお話がありました。

さらに、アロマオイルをお客様にプレゼントすることや、幸福の往復ハガキなどの様々なサービスを用いて、リピータを増やす試みをしており、お客様のかゆいところに手が届くようなサービスを心掛けていることがわかりましたね。

最後に、金目鯛の煮付けとご飯を頂きました。身がふっくらとしており大変おいしかったですね。大変貴重な体験ができました。今回の体験を通して、ペルソナをさらに考え、次回の授業に活かしていきたいですね。

次回の授業は、9月を予定しています。

H29 楽天IT学校 第3回目授業
平成29年 7月12日(水曜日)

<本日の授業内容>

 第3回目の授業は、私たちに協力してくださる「こころね」さんが楽天トラベルアワード2017において、トップマイスター賞を受賞したという話から始まりました。心強い方が、協力してくれるんだと改めて感じた人も多いのではないでしょうか?私たちもより良いプランを考えていきましょう。

 その後、「商品の作り方を学ぶ」をテーマに授業が進みました。ぜひ宿泊してほしい、具体的なお客様像のことを楽天では、ペルソナって言うんでしたね。よりリアルにペルソナを想定すると、対象のユーザに響く価値(ベネフィット)が具体的に想定しやすくなると教えていただきました。そこで、前回宿題になっていた「想定するお客様を明確に定義する」というプリントを用いて、各班から発表を行いました。各班とも細かく想定ができていたのではないでしょうか?

 そして、旅行は・・・思い出づくり「お客様の笑顔を想像する」ことが重要であることも教えていただきました。ちょっといいかも!こんな体験してみたかった!などのキーワードがお客様の心が動くということも楽天の矢澤さんがおっしゃっていましたね。

 さらに、その中でアイディアとは・・・という説明がありました。ジェームス・W・ヤング氏の言葉を引用して、「アイディアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何者でもない」と教えてくださいました。その具体例として、USJの人気ジェットコースターバックドロップ、スマホ、松岡修造カレンダーなどの例を揚げでいただき、新しいアイディアの作り方のイメージがしやすかったのではないでしょうか。さらに、具体的なプラン作成のため、伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころねさんがすでにやっていることを紹介していただきました。金目鯛の料理方法、無料のサービスが数多くあることがわかりましたね。また、各班で旅行中のシーンを想定して発表も行いました。各班、具体的な旅行プランができていたかと思います。

 私たちが作成するプランは、12月を中心とした、11月~来年1月となっています。おすすめの過ごし方をより具体的な(プラン)にしようと話し合いが始まっています。チームとしてどんな人に来ていただきたいか、それぞれの意見を出し合っている最中です。また、楽天の矢澤さん、こころねの岸本さんに質問をする姿も多く見られました。各チームのアイディア(プラン)が楽しみです。

 最後に、今日学んだこと基に各チームで、こんな商品を売りたい!というプランのアイディアを最低2つ、最大3つ作成するという宿題がでました。次回の授業は夏休み明けとなります。また、夏休みを使って街の中のBenefitを探してみましょう。

沼津餃茶(沼津ギョーちゃ) ふわふわかき氷 沼津夏まつりで販売します!
平成29年 7月13日(木曜日)

3年生 総合ビジネス科 経営コース31名が、
7月29日(土曜日)・30日(日曜日)に行われる「沼津夏まつり」で、
沼津餃茶(沼津ギョーちゃ)と、ふわふわかき氷(寿太郎みかん・静岡茶)を販売します。
沼津餃茶(ギョーちゃ)とは、昨年、本校経営コースの生徒が、沼津商工会議所、沼津商工会議所青年部、なんすん農協青壮年部、伏見食品富士山餃子さんと協働して完成させたご当地餃子で、沼津茶を餡や皮に混ぜ込んだ鮮やかな緑色のオリジナル焼き餃子で、蒸す時にも「ぬまっちゃ」を使うなど、味だけでなく、お茶の風味にこだわって焼き上げた餃子です。
また、今回はそれに加えて、清水町堂庭にあるジェラートのお店「Le Vert marine(リヴィエールマラン)さんの寿太郎みかんと静岡茶のかき氷も販売することになりました。

今日は、当日の販売実習に向けて、沼津商工会議所青年部、伏見食品富士山餃子さんと、Le Vert marine(リヴィエールマラン)さんにお越しいただいて、餃子の焼き方と、かき氷の作り方について教えていただきました。




H29 楽天IT学校 第2回目授業
平成29年 6月26日(月曜日)6時間目・7時間目

<本日の授業内容>

第2回目の授業は、「マーケティングを考える」をテーマに始まりました。
楽天の矢澤さんはマーケティングとは、
「伝えたい価値・魅力を、伝えたいお客様に伝えて、わかったもらうこと」と
おっしゃっていました。

また、前回学んだ、Benefitの考え方を用いて
①駅直結、好立地の施設 
②自慢の貸切露天風呂を持つ施設のBenefitを考え、などグループで発表しました。

短い時間でしたが、詳しくまとめている班もありましたね。
今後のプラン作成が楽しみです。

後半は、新たなキーワード「ペルソナ」について学びました。
ペルソナとは「自社で欲しいターゲットユーザーのモデルのこと」と教えてくださいました。
ペルソナを考えた商品(プラン)を作ることは、
対象のお客さんを具体的にイメージすることなんですね。
プラン作成に役立てていきましょう。

また、伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね オーナー 岸本さんからも
宿泊施設の説明がありました。
夏休み中に実際に伺う予定なので楽しみですね。

最後に次回の授業に向けて、
想定するお客様を明確に定義することのプリントが宿題として出ました。
次回の授業までに、より具体的にまとめて授業に臨みたいですね。

次回は、7月中旬を予定しています。

沼津プロレス 代表:高橋裕一郎さんに講話をしていただきました。
平成29年 6月21日(水曜日)

地域密着お茶の間プロレス 沼津プロレス 代表 高橋裕一郎さんにお越しいただいて、情報ビジネス科マルチメディアコースの生徒を対象に、沼津を元気に!街の活性化に関する熱いお話をしていただきました。また、プロレスマスクを着けさせていただくなど、貴重な体験をさせていただきました。
現在マルチメディアコースは、専門ソフトを用いたパソコンでのキャラクター作りなどに取り組んでおり、今回のお話はそれらの良い刺激になったと思います。お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。本校も地元活性化に少しでも寄与できるよう今後も取り組んでまいります。


情報ビジネス科マルチメディアコース 外部講師授業
平成29年 6月14日(水曜日)

情報ビジネス科3年マルチメディアコース7名が、
有限会社サンディオス代表取締役の津賀由布子さん(バンデロール「のっぽパン」のキリンをデザイン)
から、「キャラクターの活かし方」についての指導を受けました。

平成29年度 楽天IT学校 第1回授業
平成29年 6月7日(水曜日)

情報ビジネス科3年 マーケティング選択者20名を対象に、第1回楽天IT学校が行われました。
本年度で4年目となります。静岡県初の取り組みを4年連続で行っています。

<本日の授業内容>

★講師の先生方の自己紹介
  楽天株式会社 インターネットトラベルコンサルタント 矢澤 直也 先生
  伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね オーナー 岸本 昭男 先生

楽天トラベルでの宿泊プラン販売を念頭におき、
ネット販売の基本の話+ベネフィットを知るをテーマに授業が進みました。

ネットショップ運営における重要な考え方「何を売るか」より「どう売るか」について学びました。

モノ(商品)の価値の伝え方には、Feature・Advantage・Benefitという考え方があり、
その中でもBenefit「商品の先にあるHappy売る」ことを意識した商品(プラン)販売が大切なんですね。

また、「ひとつ13,000円のハンガーをどうやって売るか?」という課題に対して
F・A・Bを踏まえて模造紙を使い、各班で発表しました。

次回の授業は、6月末を予定しています。

「楽天IT学校」(トラベル版) 今年も挑戦します!!
楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史)様が提供する高校生向け電子商取引授業「楽天IT学校」を今年度も実施することとなりました。
 「楽天IT学校」は、インターネットのサイト運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を学ぶことができる授業で、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」の店舗運営ノウハウや旅行予約サイト「楽天トラベル」の宿泊予約管理ノウハウを高校生向けにアレンジした内容です。
 楽天トラベルが提供する「楽天IT学校」は、御協力いただく宿泊施設の宿泊プランなどを生徒が一年を通して企画立案し、販売まで実践していきます。その中で、地域への観光客誘致や地域振興を目指します。
 この授業は、楽天スタッフに加え、「楽天トラベル」に登録中の「伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね」(所在地:静岡県伊東市宇佐美)の社員様が講師を務めます。生徒が立案した宿泊プランは、講師を生徒が立案した宿泊プランは、講師を務める「伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね」にて、実際に販売されます。
 本校では、情報ビジネス科3年生のマーケティング科目選択者20名が本授業に参加します。初回授業では、「ひとつ13,000円のハンガーをどうやって売るか?」という課題を設定し、参加生徒が商品紹介の切り口を考えます。

■□■「楽天IT学校×静岡県立沼津商業高等学校」初回授業概要 ■□■

■日  時: 2017年6月7日(水)14時25分~16時05分
■場  所: 静岡県立沼津商業高等学校 情報処理棟1階 コンピュータ教室
■内  容: ネットショップの基礎

昨年度の様子

次へ