静岡県立沼津商業高等学校ホームページ
 
お知らせ   学校紹介   学科紹介   部活動   沼商・楽天特設ページ
 


















H29 楽天IT学校 第6回目授業
平成29年 11月13日(月曜日)

<本日の授業内容>
私たちが考えた宿泊プランが、11月1日(水)より「伊豆・伊東 金目鯛の宿 こころね」様のご協力により、
Webページにて1つの商品として紹介されています。まずは、掲載サイトをご覧ください。

今回の授業では、検証+プラン改修を考えるというテーマで始まりました。

まずは、中間発表&振り返りを行いました。
中間発表では、「予約されているのかどうか」期待と不安でドキドキでしたね。
結果は、すべての班で売り上げがあり、皆でホッと胸をなでおろす形となりました。

その後、こころねの岸本さんに、私たち各班で考えた宿泊プランと、
実際にこうした方が「お客様に不安を与えない」「不安が少なくなる」宿泊プランについての比較をしていただき、
より良い宿泊プランになるためのアドバイスをしていただきました。
宿泊プランの一番の売りを文章の一番最初に移動することや、
お品書きのように丁寧な説明をつけるなど、的確なアドバイスを頂きました。
どの班の宿泊プランもわかりやすく・見やすいものになっていくことが、見て取れたと思います。
岸本さん、さすがですね。

また、楽天の矢澤さんが用意してくださったプリントを使い検証を進めました。
その時のキーワードが、定量(数値をもとに検証する)と定性(数値では表せない視点で検証する)でした。
宿泊プランを提出した時の目標金額を基に、達成できたのかを書き、理想-現実=課題であることを学びました。
また、1日に「いくら」予約が入れば良いか具体的に計算もしましたね。
その後、宿泊プランの良かった点、悪かった点、
チームワークの改善策、向上策を各班で話し合いをしました。活発な意見交換が進みました。

授業の後半は、集客について学びました。
顧客最大のサイクル、売り上げの公式について教えていただきました。

売り上げの公式は、売上=アクセス人数×転換率×予約単価でしたね。
お客さんは、「来る」ではなく、「連れてくる」=集客とも教えていただきました。
お客さんに喜んでもらう宿泊プランを作成することは、そう簡単には出来ません。
難しい課題ですが、皆で協力してより良い宿泊プランになるようにアイディアを出しましょう。

最後に、プランの改善内容を提出、楽天IT学校に向けてのプレゼン提出が宿題として出ました。
今日の授業を活かして宿題を各班で協力して、作成していきましょう。
次回は、12月12日(火)プレゼン大会となります。