静岡県立沼津商業高等学校ホームページ
 
お知らせ   学校紹介   学科紹介   部活動   沼商・楽天特設ページ
 


















H29 楽天IT学校 第4回目授業
平成29年 9月19日(火曜日)

<本日の授業内容>
 第4回目の授業は「商品の内容や表現や掲載する画像を考える」をテーマに始まりました。
いよいよ私たちのアイディアや思いが詰ったプランを、どのようなことに注意して販売するのかを考える内容でした。
まず、ウォーミングアップとして矢澤さんから10個のプランを一度に見せてもらい、
私たちが家族旅行のプランを決めると仮定してプランを選びました。
10秒間という制限があったので、瞬時に見て決めないといけませんでした。
ここで私たちは、「あいまいなものには興味を示しづらい」「様々なニーズが存在するネットでは一部の商品に集中せず、分散する」ということを学びました。
挙手が少なかったプランは、あいまいなものだったのではないでしょうか。

 次に、楽天トラベルの実際のページを見ながら文字数、写真・イラストは4枚などの制限がある中で、
多くの人の目を引き付け、クリックしてもらえることが大切であると教えていただきました。
また、携帯電話では、最初の写真1枚とプランが相手の心に響く内容にしないといけないことも教えてもらいました。
さらに、購買心理の8つのステップについても宿泊予約編として具体的に説明を受けました。
考えてみると「たしかに」と思うことも多かったですね。
ちなみに、Benefitは興味、想像。Advantageは比較、納得でした。

 そして、「宿泊プラン名は、お客様との最初の接客の場であること」を確認しました。
プラン名の中で一番大事な部分は、どこかを考えました。
やはり、キャッチ(興味)説明(想像)してもらえるところが重要なんですね。
読みやすい文章の書き方、専門用語を使わないこと、曖昧な情報、ありきたりな情報、
無難なコミュニケーションでは無意味・迷惑であることも学びました。

 後半では、グループワークとして架空のプラン名を各班ごとに考え、発表をしました。
どの班も今日の授業内容を活かしたプラン名でした。
その中でも、「はらちゃん」の班のプラン名がこころねの岸本さんの心に響いたようです。

 授業の終盤に、実際にプランを作成し決定する準備に入りました。
いよいよ皆さんが考えたプランが世の中に出ます。
矢澤さん、岸本さんに相談し、アドバイスをいただきながら良いプランになるように話を進めていきましょう。
次回は、10月上旬を予定しています。