韮山高校公式HP
 
学校案内
理数科だより
校内行事
進路だより
学校生活
韮高の取り組み
総務課より
韮高を目指すあなたへ
龍城美術館
運動部
文化部
最近の出来事・ニュース
図書館だより 文系探究だより


最近、在校生および卒業生の個人情報を問い合わせる事例が頻発しています。

本校ならびに同窓会とは一切関係がありませんので、十分ご注意ください。

(例(有)人事新報社など)


この下の、「重要連絡」には、最近の行事の様子、一時的なお知らせをアップします。









韮山高校facebookページほぼ毎日更新中!
 
ホーム>進路だより

前期入試直前まで頑張る韮高
2月22日から24日までの三連休は、国公立大学前期入試の直前でもあります。その22日、23日の2日間、進路課長の先生のご厚意で、学校を開けて3年生の自習場所を確保し、それに応える3年生たちがたくさんいます。志望校はそれぞれですが、最後まで仲間同士が同じ場所で切磋琢磨し合い、教師と生徒たちがスクラム組んで頑張る学校、それが韮高です。


さあ、センター試験
1月18日、令和初にして最後の実施となる大学入試センター試験が始まりました。明日19日までです。日本大学三島駅前キャンパスには続々と受験生たちが集結しています。昨日は講堂で激励会が催され、志の鐘を鳴らした生徒たちもいました。韮高3年生、大学入試センター試験、ぜひ頑張ってください!




医療系セミナー
7月19日、駿台予備校市谷校舎長の細谷一史さんを講師として招き、医学部医学科進学希望者を対象とし、医療系セミナーが行われました。細谷さんはセンター試験や共通テストのあらましや、医学部医学科に現役合格するための情報等について話しました。細谷さんは「センター試験及び共通テストの実施大綱にはこれらの試験を行うための目的は『基礎的な学習の達成の程度を判定するためのもの』と明記されており、2つの試験には特に大きな違いはありません。近年では、共通テストが施行される影響から医学部医学科の志望者が減少傾向にあることや、医師不足による入学定員の増加により、現役合格できる可能性は昔よりも高まっています。みなさんはこれからも常に強気で勉強に励んでください」と語りました。

インターンシップ2019
今年度も1年生を対象にキャリア教育の一環として、夏休みを利用したインターンシップが実施されています。受け入れ先は県立がんセンター、国立遺伝学研究所、静岡銀行、三島市役所、電業社、シード、アリス薬局、三島共立病院、上沢薬局の9事業所で100名ちょっとの定員があります。生徒たちはこの経験を通じて職業観や進路意識を高めていきます。また、それ以外の生徒たちはジョブインタビューの形で仕事の聞き書きを行っています。




1年生職業レクチャー2019
7月27日、1年生を対象に職業レクチャーが行われました。今回の職業レクチャーでは、医療(医師、薬剤師、ソーシャルワーカー)、研究(理系、企業)、メーカー・開発、金融・地域・経済、法律・弁護士、建築・設計、都市開発、教育(小学校)、マスコミ・報道、企画・広報、IT(エンジニア)、スポーツ・アスリートの全15講座、いずれも韮高ОBОGの講師の先生方がいらっしゃり、熱心に講義をしてくださいました。生徒は第一希望と第二希望の計二つを選び、それぞれ講義を受けました。講師の先生方は、その職業につくために必要なことや心構え、高校生のうちにやっておくべきことなどを教えてくださいました。医療(医師)の講義を受けた後藤さん(1年)は、「医師でも多くの種類があり色々なところで活躍していることが分かった。『将来その人達と同じレベルで社会に貢献できる』という言葉が一番印象に残った。ビジョンを持ち、計画的に生活していきたい」と語りました。また、研究(理系)の講義を受けた久保田さん(1年)は、「大学教授のメリットと必要なことを教わった。大学教授について漠然としたイメージしかなかったが、今回の講座で現実的に考えることができた」と語りました。




東大訪問2019
オープンスクールの代休となった6月17日、1年生の理数科全員と普通科の希望者が東大訪問をしました。韮高ОBの研究室などを訪問して最先端の研究を見学するとともに、学食体験もしてキャンパスライフを楽しみました。


「医療者を目指す君たちへ」セミナー
2月16日(土)午後、SCOME(医学教育に関する委員会)が主催し、その責任者でもある林明澄さん(高67回卒)が中心となって、医療系を目指す生徒向け授業「医療者を目指す君たちへ」を行い、社会科教室で約40名の生徒が大学在籍の医学部生など14名の指導を受けるという貴重な体験をしました。


2019センター試験始まる
1月19、20日は大学入試センター試験です。現役生は三島北高校で受験しています。その初日の19日朝、韮高の先生方が幟を持って応援に駆け付けました。


医学科セミナー2018③
11月19日、浜松医科大学副学長、渡邉裕司先生(高28回卒)による医学科対象医療系セミナーがあり、40名近い生徒の参加がありました。静岡県の医療状況、地域医療状況、それらをふまえた医師としての心構えなどを伺うことができました。


韮高ОGによる東京大学説明会
9月6日、希望者を対象に、この春に東京大学農学部に推薦入学を果たした韮高OGによる東京大学説明会がありました。これは東京大学主催「在学女子学生による母校訪問」の一環として企画されたものです。東京大学の概要、教育改革の現状、入試制度のあらましなどを説明した後、質疑応答がなされました。


医学科セミナー2018②
6月27日は平成30年度第2回目の医学科セミナーがあり、韮高OGの開業医である宮下先生をお招きし、医師への道、女医としての心構えなどを、テニスに明け暮れた韮高時代や受験、静岡県の地域医療の現状などを絡め、医師という資格の強みとやりがいなど、経験談を熱く語っていただきました。今回のセミナーで多く参加したのは女子でしたが、生徒からは結婚についての質問も出るなど、女性の働き方についても多くの示唆をいただきました。眠くなったときは韮高の校歌や応援歌を歌うと元気になるとおっしゃったとき、生徒たちからは笑みがこぼれていました。


医学科セミナー2018①
6月22日、駿台予備学校の講師をお呼びして、現役合格のための医学部入試講演会を開催しました。1年生から3年生までの希望者約60名が参加しました。医学科入試制度のあらまし、前年度入試を振り返って、これからの学習法など、参加した生徒たちは真剣なまなざしで聞いていました。


東大訪問2018
6月18日、オープンスクールの代休を利用して1年生希望者による東大訪問が実施されました。貸し切りバス2台で本郷キャンパスを訪れました。農学部、工学部、理学部に分かれ、韮高OBの学部生、院生、教授などから学生生活や学部の紹介を受け、研究室訪問をしました。また、学食では名物の「赤門ラーメン」などをいただきました。