静岡県立三島北高等学校 公式WebSite
 
学校案内 学校経営計画 学校生活 進路状況 
部活動紹介①【運動部】 部活動紹介②【文化部】 各学年部より 事務室より 
中学生の皆さんへ アクセスマップ 裁量枠入試 English
 
ホーム>部活動紹介②【文化部】>国際交流部

  • 演劇部
  • 音楽部
  • 科学部
  • 茶道部
  • 華道部
  • 筝曲部
  • 放送部
  • 郷土研究部
  • 国際交流部
平成30年度高校生パーラメンタリーディベート県大会2019
2月11日に本校を会場として、
高校生パーラメンタリーディベート静岡県大会が行われました。
三島北Bチームが優勝、三島北Aチームが準優勝の成績をおさめました。

即興ディベートでは、論題発表の後20分の準備時間を経て試合が始まります。
今大会では、制服の廃止の是非、未成年のプロスポーツ選手の容認の是非、
動物園禁止の是非が論題となりました。
アカデミックディベートのさらなる充実に向けて、
選手以外の部員も多くのことを学ぶ機会となりました。



World Lunch in January, 2019
1月16日のワールドランチのテーマ国はオーストリアでした。
近隣の国々から食文化の影響を色濃く受けている特徴を踏まえ、
ビーフシチューに似たグラーシュと、ハンガリー風じゃがバターでの提供です。
この時期うれしい温かいグラーシュは、ご飯にもよく合います。



1月23日のテーマ国は韓国でした。
インスタ映えで話題のチーズダッカルビは、ご飯が進むしっかりした味で、
ほどよい辛みとチーズのまろやかさが食欲を刺激するメニューでした。


ディベート学習会
1月14日に藤枝明誠高校で行われた英語即興型ディベートの学習会に参加しました。
スピーチの役割を理解しながらその場で考えてやってみることを繰り返し、
最後には全員が試合を経験することができました。



12月の活動
これまで取り組んできた英語ディベートの力をさらに強固なものとするために、
12月は学校を飛び出して学習する機会がありました。

福井県で行われた全国高校生英語ディベート全国大会では、
強豪校同士の試合をじっくりと観戦し、全国レベルの熱気に触れてくることができました。



藤枝明誠高校で行われた即興ディベート学習会では、
理論を学ぶとともに実戦的な練習の機会も得ることができました。



全国英語教育研究団体連合会主催第57回全国高等学校生徒英作文コンテストにおいて、
1年生の小林幸佳さんと堀江拓道君が、全国17位相当となる入選を果たしました。
このコンテストのタイトルは学年ごとに指定されており、
1年生のタイトルはA Local Place I Want Tourists to Visit (外国人に訪れてほしい地元の場所)でした。
国際交流部の部員全員が夏休みに何度も書き直しながら取り組み、
昨年に続いて入選作品が出たのは大変喜ばしいことです。
全校生徒の前で表彰していただきました。




World Lunch in December, 2018
12月12日のワールドランチは、フランスよりパンキッシュとポトフです。
急に寒くなってきた気候にぴったりの温かいポトフには、
大きめにカットされた根菜がたっぷり。
レンコンが見た目も食感もよいアクセントになっていました。



12月18日は、今年最後のワールドランチで、マレーシアのミーゴレンです。
2年生はシンガポール修学旅行で、国境を越えてマレーシアにも行きました。
パリパリのえびせんと、絶妙な半熟具合の目玉焼きがポイントのメニューでした。


食べ盛りの男子も大丈夫。 食堂で人気のサイドメニューを加えておなかを満たしています。


World Lunch in November, 2018
11月のワールドランチ第一弾は、11月17日(土)の
オープンスクールに合わせての提供でした。
今回のメニューはイタリアをテーマとし、
アランチーニ(ライスコロッケ)と野菜たっぷりのパスタ。
前日までの予約で完売となり、「食べたかったのに!」という声も聞こえてきました。
パスタはボリューム満点ながら味付けはあっさりしており、
午後の授業に向けてエネルギーをチャージする生徒で
食堂はいつも以上の賑わいを見せていました。



期末テスト直前の11月28日(水)のワールドランチは、
メキシコ料理のエンチラーダでした。
ピリッと辛い味付けは、明日からのテストへの活力となりますね。
お料理に合わせた素敵な器にもご注目ください。
部員からの提案を、いつもすばらしいメニューとして具現化してくださる
食堂のスタッフの皆様に感謝します。


アメリカからの交換留学生の発表
AFSの交換留学生として2年生に在籍しているイザベラさんが、
家族のことやアメリカの学校のことなどを中心にプレゼンをしてくれました。
発表を聞いていた部員から様々な質問が出て盛り上がりました。


平成30年度オープンスクールでのディベート公開試合
11月17日(土)のオープンスクールでは、
部活動の時間に多くの中学生や保護者の方に来ていただきました。
県大会と同じ論題『日本は本人の意思による積極的安楽死を合法化すべきである。是か非か』
を用いて、立論1つずつを用いる試合形式で臨みました。
選手以外の1年生を中心に、来てくださった方々へも立派な対応をしていました。



シンガポール高校生との交流
11月13日(火)、14日(水)にシンガポールよりJurong West Secondary Schoolの生徒14名が
引率の先生等と共に来校しました。
国際交流部はこのうち13日の昼休みに、グループに分かれて、ランチ交流をしました。
前日のうちに工夫を凝らした飾り付けをし、温かい雰囲気の中、話が弾みました。
関連記事がSGH特設サイトにも掲載されています。


平成30年度静岡県高校生英語ディベート大会結果
11月4日に総合教育センターにて行われた県大会では、
A,Bチームとも最高のパフォーマンスでしたが、残念ながら入賞はなりませんでした。
全力でディベートを楽しみ、試合後に相手チームの健闘を讃え、
多くのことを常に学びとろうとしている姿をとても誇りに思います。




前へ