湖西高等学校ホームページ
 
お知らせ学校紹介部活動進路状況事務室よりアクセス
 
ホーム>お知らせ>最近のできごと

  • 最近のできごと
  • 湖西高校レポート
書道部菅沼成美さん『とぴあ2月号』に掲載されました。
書道部2年菅沼成美さん(鷲津中出身)がJAとぴあ浜松の広報誌『とぴあ 2月号』に掲載されました。
書道部での活動を紹介しています。

記事はこちら

挨拶運動
2月1日(金)交通安全委員の生徒と職員で朝の挨拶運動を行いました。
湖西市影山市長も参加して下さいました。


1年生進路ガイダンス パネルディスカッション
1月23日(水)6時間目にキャリアタイムの時間を使い、大学、専門学校、企業それぞれから講師の方を招き進路ガイダンスを行いました。

豊橋創造大学より岩田様、ミズモト学園より杉浦様、スズキ株式会社より岩崎様をお招きし、講師の3名によるパネルディスカッションを行いました。
各講師から学校や企業の紹介があった後、
「高校での学びと違い、高校生活との違い」
「各進路で求められる人物は?どんな人が適してる?」
「高校生のうちにしておくべきことは?」
の3つの質問についてそれぞれお答え頂きました。


生徒感想
「各進路の特徴やそれぞれ何が違うか詳しく知れてよかった。自分のやりたいことを決めて、将来につなげていきたいと思いました。」
「どの進路先でも、当たり前のことができることが一番大事だということが分かりました。自分の将来について考え、挨拶や勉強などをこれからも頑張ろうと思いました。」


家庭科生徒研究発表会
平成31年1月21日(月)
浜松南高校において家庭科生徒研究発表会が開かれました。
テーマは防災、食、衣服、環境など多岐にわたり、たいへん有意義な発表会となりました。
本校からは田中翔くん(3年 舞阪中出身)、安田真彬くん(3年 牟呂中出身)が参加し
『茶碗蒸しの簡単でおいしい作り方』について、パワーポイントを使いながら,
わかりやすくプレゼンを行いました。 二人はこの発表のため、10月から、何度も茶碗蒸しを作っては、職員室で先生方に試食をしてもらい、「おいしさ」を追求してきました。



高文連書道専門部西部支部新春書作展
書道の授業において、高文連書道専門部西部支部新春書作展へ出品しました。
(湖西高校出品数137点)

受賞者
特別奨励賞
 2年 山下 典香(湖西中出身)
 1年 渕上ありさ(豊橋市立東部中出身)
奨励賞 40名

吹奏楽部定期演奏会のご案内
次の日曜日(20日)、本校吹奏楽部の定期演奏会が行われます。
今年も野球部との共演があり、さらに今回は教職員バンドによる演奏も行われます。
吹奏楽部の生徒達も、一生懸命練習して本番に備えています。ぜひ御来場ください。

日 時 平成31年1月20日(日)13:30から(開場13:00)
会 場 湖西市新居地域センター
    (湖西市新居町浜名519-1)
入場料 無料

湖西市議会議員との意見交換
1月9日(金)2年生の34人が湖西市役所を訪問し、
議場や市長室を見学した後、湖西市議会議員の方々とこれからの街づくりについて意見交換会を行いました。

生徒感想
「普段は入ることのできない場所に入ることができて、とても貴重な体験をさせていただくことができました。様々な部屋があり、その中で湖西市の大事な決定がされているのだと感じました。」

「聞きたいことや気になることも分かってよかった。事前にどんな質問をするか、議員の方にお伝えしていたおかげで、討論が始めから止まることなく進み、しっかり納得がいく答えが返ってきたのもよかった。普段全く話すことのないような人たちと話すのは少し緊張したが、話しやすくて、とてもよかった。」

「議員の方と討論して、私たちが提案したことのほとんどは、私たちが考えていたほど甘くはなく、人口的にも財政的にも厳しく、難しい問題だと分かった。大型ショッピングセンターは人口的に厳しいとおっしゃっていたが、大型ショッピングセンターなどの施設がないと、人は来ないし人口も増えないのにと思った。」


三浦凪砂さん 静岡新聞社・静岡放送スポーツ賞 受賞
3年 三浦凪砂さん(青陵中出身)が静岡新聞社・静岡放送スポーツ賞を受賞しました。
この賞は、スポーツの振興に尽力した功労者や指導者をたたえるもので、三浦さんは優秀選手賞に選ばれました。

関連記事:静岡新聞WEB

第41回中学校・高等学校生徒保健委員活動発表会
12月26日(水)、静岡市で第41回中学校・高等学校生徒保健委員活動発表会が開催され、2年生のイデ ヤスミンさん(鷲津中出身)と佐藤愛さん(舞阪中出身)が「校内美化の取り組み」について、保健委員会の代表として発表しました。他校の生徒から、「自分の学校にはない活動をしているので、参考にしたい。」などの感想をいただき、今後の委員会活動の励みとなりました。


平成30年度 2学期終業式
12月21日(金)2学期終業式が行われました。
 大上校長先生は「世の中には服装や髪型など変わっていくものと変わらないものがある。変化の中で、守らなければならないことを、自分で考え、判断してほしい。」というお話がありました。
 その後、教務課長の米本先生より2学期の成績や出欠席についてのお話、生徒課長の楠屋先生より冬休みの過ごし方についてのお話がありました。

平成30年度 修学旅行(沖縄)
12月4日(火)から12月7日(金)まで2年生が修学旅行に行ってきました。現地はあいにくの曇り空が続きましたが、友達との親睦を深め、また、戦争の悲惨さを学びや沖縄の自然を体感することができました。

・1日目(12月4日火曜日)
沖縄に到着後、平和講和を聴き、国際通り研修を行いました。
平和講和は生徒を惹きつける力のこもった講和で戦争の悲惨さを実感でき、またその中で生き抜いた体験者の方の力強さを感じることができました。


・2日目(12月5日水曜日)
ガマとひめゆり平和記念公園の見学を行いました。
平和記念公園では、事前に生徒が制作した千羽鶴を奉納しました。


・3日目(12月6日木曜日)
タクシー研修を行い、夕食後にエイサーの体験をお行いました。
タクシー研修では、グループ毎に事前に決めたコースを見学し、普段は見ることのできない沖縄を満喫しました。
また、マリン体験を行ったグループもあり沖縄の美しい海を身をもって体感しました。


・4日目(12月7日金曜日)
美ら海水族館と首里城を見学後、帰路につきました。
美ら海水族館はこれまで経験がないほど混雑していましたが、生徒それぞれが時間管理をし遅れることなく行程を進めることができました。
首里城では世界遺産を自分の目で見て、そこに潜む琉球の歴史を感じ取りました。


4日間を通して大きな事故・病気もなく、みんな笑顔で帰ってくることができました。

交通安全教室、表彰式
12月14日(金)交通安全教室が本校体育館で開かれました。

 最初に湖西警察署の方から災害対策についてお話がありました。
またこの話かと思われて、むしろうれしい。繰り返し繰り返し災害について意識をすることが大切、という冒頭の言葉が印象的でした。
①災害に興味を持つこと ②自分の命は自分で守る ③各自治体、学校での訓練への積極的参加
など、これからも、防災を意識した生活をしたいと思いました。

 交通安全教室では、まず交通ルールについてのお話があり、続いて、交通安全指導員の方から、スライドで湖西校生の実際の通学路を見ながら、注意点などを丁寧に説明していただきました。自転車は軽車両であり、交通社会人としての自覚が必要という言葉は大切だと思いました。
 自転車シュミレーターを使った実験では、代表生徒2名が、スマートフォンを使用しながら商店街や夜間に運転するという危険な運転を体験しました。改めて安全運転を意識するきっかけになりました。








交通安全教室終了後に行われた表彰式では
高校生による交通安全標語コンクール
 最優秀賞 2年 相曾彩加(雄踏中出身)
 優秀賞  1年 小林綾夏(鷲津中出身)
防犯スローガン
 優秀賞  3年 古西英恵(岡崎中出身)

税の作文
 浜松西税務署所長賞 3年 吉田紗奈(舞阪中出身)
の4名に加え、

平成30年度交通安全無事故コンクールで湖西市交通安全対策委員会より本校が表彰されました。


平成30年度 第2回学校説明会
12月8日(土)本校湖風館において第2回学校説明会を行いました。
百名近くの中学生、保護者においでいただきました。
ありがとうございました。
学校生活や部活動、進路についての説明の後、部活動を見ていただきました。






第33回こさい安全・安心まちづくり大会
高校生による交通安全標語コンクール入賞作品
最優秀賞 2年 相曾彩加(雄踏中出身)
「前を見て 集中するのは 画面じゃない」

優秀賞  1年 小林綾夏(鷲津中出身)
「ながら自転車事故のもと!!みんなでつくろう安全な街づくり!!」



防犯スローガン入賞作品
優秀賞 3年 古西英恵(岡崎中出身)
「オレおれ俺 ダレ誰この声 孫じゃない」 

平成30年度 マラソン大会
11月15日(木)マラソン大会が行われました。
PTAの皆様や近隣の皆様のご支援とご協力いただき無事参加者全員が完走することができました。


創立40周年記念式典
 11月17日(土)湖西高校創立40周年記念式典が挙行されました。
天候が心配されましたが、当日は暖かい日差しが差し込む穏やかな一日となりました。

 教育委員会の小関指導監、影山湖西市長など100名以上の御来賓の方々をお迎えし、在校生、教職員などあわせて、約730名が出席しました。

 大上校長は式辞で「卒業生が築いてきた伝統を今後に引き継いでいく意識を」と在校生に向けて伝え、 40周年記念式典実行委員長である牧野敏之後援会会長は「『己に克つ』の校訓を忘れず、発展していくことを願っている」と話をされました。

 生徒代表の言葉では生徒会長の北原 翔君が「新たな歴史を築いていく」と湖西高校の今後の活躍を誓いました。

 式典は生徒が司会進行を行い、式典後半には生徒会制作の「40周年記念ムービー」や教養部三味線班による三味線の演奏、吹奏楽部演奏による書道部の書道パフォーマンスが披露されるなど生徒が主体となった式典となりました。


「生徒代表の言葉」 生徒会長 北原 翔(江南中出身)


「式典内発表」 40周年記念ムービー


「式典内発表」 三味線演奏


「式典内発表」 書道パフォーマンス(吹奏楽部演奏)


式典司会をつとめた 3年 川窪ありさ(鷲津中出身) 1年 樋口賢汰(浜松市立南部中出身)

湖西市青少年健全育成大会「少年の主張」
「少年の主張」部門において、本校の代表として
2年 友田克典くん(新津中)が登壇しました。

タイトルは「国際情勢について考えること」。

ニュースで話題になる国際情勢をきっかけに、
国と国との繋がりから、
翻って身近な人と人との繋がりを考えるように
なったことを話しました。

会場いっぱいの聴衆を前に、堂々とした態度で、
自分の考えを伝えることができました。

スピーチを終えた友田君は
「緊張しましたが、成功させることができてよかったです。」
と安堵の表情をうかべていました。


心を育む講演会
10月26日(金)の6時間目に心を育む講演会が行われました。
講師として松源山実相寺住職 巨島信慶様をお招きし「世界は こころ で できてる」というテーマでお話していただきました。
 
生徒感想
「人間関係や普段の精神状態について、いろいろと考えさせられることがあった。今日あったことを振り返り1日1回は心のメンテナンスをし、心の鏡を綺麗にして次の日を迎えたいと思う。」
「心は綺麗な状態でいれば利他(他人のため)に使えるようになる。自分の心を磨いて、他人のために行動したいと思う。」


1年生 絵本の読み聞かせ
 10月25日(木)、読み聞かせボランティアグループ「おはなし水曜日」の方々をお招きし絵本の読み聞かせを行っていただきました。 『あいつもともだち』や『マリアとコンドル』などの絵本を読んでいただきました。
 生徒たちは、抑揚があり感情のこもった語り口に引き込まれ、幼いころを思い出したようでした。また、11月1日に行われる予定の保育体験実習での話し方や読み聞かせをする際の参考になりました。


表彰式・壮行会(10月10日)
10月10日、表彰式と壮行会が行われました。

表彰式で表彰されたのは以下の競技です。
 ・3年 三浦凪砂(青陵中)  
   国民体育大会 少年女子セーリングレーザーラジアル級 優勝

 水球部
 ・静岡県高校新人水球競技大会 優勝

 卓球部 
 ・新人卓球大会学校対抗 西部予選 
   男子 第7位
   メンバー
   1年 年 鳥田明寛(岡崎中) 1年 小野川佑弥(三ヶ日中)
   1年 倉橋精夾(豊橋東部中) 1年 黒川 樹(舞阪中出身)
   1年 小林藍斗(岡崎中出身) 1年 管 魁馬(岡崎中出身)
   1年 三浦陽希(鷲津中出身)
   女子 第4位
    2年 山下優菜(岡崎中) 2年 大場望未(牟呂中)
    2年 大橋 愛(牟呂中)  2年 柏原 愛(牟呂中)
    2年 原田琉嘉(岡崎中)
    1年 内田澪那(舞阪中) 1年 川上未唯(牟呂中)
    1年 山下穂華(舞阪中) 1年 和田美穂(舞阪中)
 ・湖西市卓球大会  
   一般女子  大場望未 第2位
  
 柔道部
 ・静岡県高校新人柔道大会 西部地区予選
   無差別級 2年 姫野亘亮(笠井中)  第3位
   73kg級  2年 福田祐樹(高師台中) 優勝
   73kg級  2年 須藤雅斗(鷲津中)  第7位
 
おめでとございます。
中でも、三浦凪砂さんは同競技で高校総体との二冠
また、水球部は水球競技挑戦3年目での快挙となりました。


その後、東海卓球選手権大会(11月9日~11日)と新人卓球大会学校対抗県大会(10月27日)に出場する卓球部に対し壮行会が行われました。
東海卓球選手権には、以下の4選手が出場します。
 ・女子シングルス 大場望未、柏原 愛
 ・女子ダブルス  山下優菜・原田琉嘉 

 代表の山下選手から「よい結果を残したい、がんばります」という力強い言葉がありました。


前へ