静岡県立浜松湖北高等学校ホームページ
学校案内浜松湖北NEWS部活動中学生の皆さんへ事務室・保健室
アクセス学校経営計画書いじめ防止学校基本方針台風接近時の対応湖北MAGIC
ホーム>浜松湖北NEWS
11月14日(火)バドミントン部がSBSラジオに出演しました!
11月14日(火)バドミントン部がSBSラジオ『「聴くディラン」頑張れ高校生!ミルクで元気』に出演しました!
ラジオ出演に緊張しながらも、バドミントン部の生徒は元気よく声を出していました。


11月11日(土)オープンスクールを行いました
11月11日(土)オープンスクールを行いました。
午前中は授業公開を行い、午後は学科展や部活動見学を行いました。

朝早くから多くの中学生や保護者の方々にお越しいただき、ありがとうございました。


11/10(金) 遠隔授業(音楽)
本校と佐久間分校で、テレビ会議システムを利用した音楽の遠隔授業を行いました。
この日に合わせて遠隔授業についての研究協議も計画されていたため、慶應義塾大学の研究員の方や遠隔授業を行っている長崎県対馬高校の先生が訪問されました。本校と分校の生徒はお互いの校歌を披露した後、器楽アンサンブルの中間発表会をし合い、交流することのよさを感じ、またいい刺激を受けたようでした。
 最後に本校の生徒と分校の生徒で混声3部合唱を行いましたが、通信のタイムラグが生じ、音のずれが気になりました。



11月1日(水) 平成29年度浜松湖北高校 第4回朝礼が行われました。
11月1日(水) 平成29年度浜松湖北高校 第4回朝礼が行われました。
表彰式では柔道部やバドミントン部、そして農業科の生徒2名が表彰を受けました。
農業科の生徒は「日本学校農業クラブ主催第68回全国大会」に参加し、農業鑑定協議会にて優秀賞を受賞しました。

 朝礼では副校長先生からお話をいただきました。
副校長先生は「チンパンジーが教えてくれた人間の力(想像する力)」というテーマで話をされました。チンパンジーは「今、ここ」という世界にしか生きていないので絶望しないが、人間は過去や未来に思いを馳せて絶望もするが希望も抱く。人間にしか備わっていない想像力を十分に活用し、自ら気づき、自ら自分とまわりに働きかけてたくましく生きていってほしい、社会に貢献する人間になってほしい、とお話をされました。

まず毎日の学校生活を充実させ、想像力を活用して自ら気づくことのできる人間になろう。


10月25、26日の農業クラブの全国大会において2人が優秀賞を受賞!
10月25日(水)~26日(木)に、岡山県で農業クラブの全国大会が開催されました。本校からは産業マネジメント科(農業科)の生徒2人が「農業鑑定競技会」という大会に出場しました。これは日常の授業で学んだ知識を競う大会ですので、2人は夏休みからこつこつと学習を進めていました。今回はその成果が表れ、昨年に引き続き2人とも優秀賞を受賞することができました。来年は、鹿児島県での開催となります。

10月27日(金)芸術鑑賞教室を行いました
10月27日(金)に芸術鑑賞教室を本校体育館で行い、大型人形劇「三国志」を鑑賞しました。

まるで生きているかのように躍動する人形の動きに生徒は見入っていました。

約60体の大型の人形が登場し、場面の切り替えが早いスピーデイーな展開でした。しかし、古く
から多くの日本人に愛されてきたストーリーの名場面が、次から次へと登場する巧妙な構成でし
たので、生徒は十分に楽しめたことと思います。


平成29年10月30日 学校の樹木20本にネームプレートを設置しました。
特定非営利活動法人(NPO法人)ラブネイチャーズの方々5名が来訪し、浜松湖北高校の樹木20本にネームプレートを設置してくださいました。その際、浜松湖北高校側から、農業クラブの生徒7名と、農業科教諭2名、理科教諭1名が立ち会いました。その後、2班に別かれ、プレートを設置した樹木の説明をしていただきました。名前も知らなかった樹木に、様々な興味深い性質や人間との関わりの歴史があることを知り、改めて樹木への興味関心を深めることができました。とても有意義な体験をすることができました。

前へ