静岡県立浜松湖北高等学校ホームページ
学校案内浜松湖北NEWS部活動中学生の皆さんへ事務室・保健室
アクセス学校経営計画書いじめ防止学校基本方針台風接近時の対応湖北MAGIC
ホーム>浜松湖北NEWS
2月12日(火)本校3年生の1年生に対する進路講話
2月12日(火)の総合的な学習の時間で、1年生が本校の3年生から進路に関する体験談等を聞く機会を作りました。当日、3年生は家庭学習日でしたが、3年生の代表生徒8名に来校して話をしてもらいました。
 話の中で3年生は「進路実現のためには自分の意思を強く持つことが大切。」「試験に合格するために授業内で板書以外にも大切なことはメモを取った。また、放課後は面接練習をお願いしたり、疑問点を質問したりた。」など、自ら行動する大切さを語ってくれました。



2月8日(金)マラソン大会
2月8日(金)にマラソン大会が行われました。
2月6日(水)はあいにくの雨のため延期となりましたが、本日無事開催することができました。
今年度は昨年度に比べ全体的にタイムが向上しており、大会新記録も大幅に更新されるなど浜松湖北生の頑張りを多くの生徒から感じることができました。

何事にも全力で前向きに取り組む姿勢が今後の日常生活でも見られることを楽しみにしています。


1月30日(水) 第3回奥浜名湖サミット in KOHOKU開催
 平成31年1月30日(水)に本校会議室にて「第3回奥浜名湖サミット in KOHOKU」が行われました。
 サミットには、今年度本校の湖北MAGICの活動に御協力いただいた企業や自治体、観光協会の方や来年度からアドバイスをいただく予定の方々に御出席いただきました。
 サミットでは、今年度の活動報告と意見交換を行い、来年度に向けてのアドバイスをいただきました。最後には、ワークグループごとに宣言(決意表明)を行いました。
 来年度も本校のパワー(湖北MAGIC)を結集して地域活性化に取り組んでいきます。

1月25日(金)第6限LHR 産業マネジメント科生徒研究発表会
1月25日(金)第6限のLHRにおいて、産業マネジメント科の代表生徒による研究発表会が行われ、全校生徒が参加しました。

 発表生徒は産業マネジメント科の3年生で、課題研究の授業においてグループで行った研究の成果を発表しました。研究テーマは以下の通りです。

農業:4種のベジタブルアイス
農業:地域に笑顔を灯そう ~ほおずきプロジェクト~
工業:Yフリッカーの制作
工業:ドアオペレーターの制作
商業:パン会社の経営分析
商業:地域企業取材発信プロジェクト


1月24日(木) 農業科 みかん選果場見学
農業科の2年生が、本校の近くにあるJAとぴあ浜松のみかん選果場の見学に行きました。果樹の授業でみかんの流通を学習した後の見学でした。見学では、みかんが流れる選果場を見ながら職員の方に説明していただきました。みかんの選別と箱詰めの現場を見ることができ、学ぶことの多い一日でした。


全商電卓検定1級満点合格!
第137回珠算・電卓実務検定1級(電卓)において商業科3年の伊藤さんが満点合格を達成しました。

 この検定は公益財団法人 全国商業高等学校協会主催(文部科学省後援)の検定試験で、今回は全国で約32,900人が受検し、電卓部門の1級満点合格者は全国で36名(静岡県2名)でした。過去の満点合格者の多くが珠算部に在籍し、複数回の受験で満点合格しています。伊藤さんは授業と自主練習のみで、初めての1級受験が満点合格という、本校では初の快挙になりました。


第150回日商簿記検定2級に3名が合格しました。
商業科3年生の松本さん、齊藤さん、永田さんの3名が第150回日本商工会議所主催簿記検定2級(合格率14.69%)に合格しました。
近年、日商簿記検定は出題内容の変更などがあり、合格が難しくなってきています。3名は3回目の受験で見事合格することができました。普段から目標を高く持ち、努力を続けた結果が報われました。


前へ