静岡県立川根高等学校
 
川根留学生募集 学校概要 川高ニュース 学校生活 部活動 進路情報 中学生の皆さんへ
中高一貫 保護者の皆さんへ 卒業生の皆さんへ 広報かわね 関連リンク 交通アクセス
 
ホーム>部活動>カヌー部

  • 野球部
  • サッカー部
  • カヌー部
  • テニス部
  • バレーボール部
  • パソコン部
  • 吹奏楽部
  • 郷土芸能部
平成30年度全国高等学校総合体育大会カヌー競技 結果
8月2日~6日
岐阜県・長良川で、カヌー競技の全国大会が開催されました。

川根高校からは、男子カヤック・シングル、ペア、フォア、男子カナディアン・シングル、ペア、フォアと、
男子全種目に出場しました。
各種目善戦し、カヤック・フォアは200m種目で決勝進出を果たしました。
結果は9位と惜しくも入賞を逃しましたが、開会式を含め5日間に渡ったインターハイの最終日まで、チームで戦い抜くことができました。

  

第65回東海高等学校総合体育大会カヌー競技 結果
6月16~17日 愛知県みよし市の三好池で、カヌー競技の東海大会が行われました。
天気にも恵まれ、良いコンディションの中で競技を行うことができました。

結果
男子カヤックシングル(K-1) 第6位 松﨑巧汰選手
男子カヤックペア(K-2) 第4位 松﨑・小野島ペア 第6位 和田・石川ペア
男子カヤックフォア(K-4) 第2位 松﨑・小野島・和田・石川組  第4位 水鳥・中村魁・又平・田中組

男子カナディアンペア(C-2) 第8位 濱井・中村友ペア
男子カナディアンフォア(C-4) 第4位 濱井・中村友・田村・髙松組

総合順位 男子総合4位

 東海地方では、愛知県のレベルが高く抜き出ています。その中で、愛知県勢に負けないという強い気持ちを持って、川根高校の生徒も必死に頑張っていました。特に、カヤックフォア(=カヤックという種類の舟に4人で乗る競技)では、非常に良いタイムが出て、2位という結果を出すことができました。
 今回の結果は、必ず今年のインターハイに繋がると思います。インターハイのカヌー競技は、8月2日開幕です。そこまで、精一杯練習をして、本番でベストの結果が残せるように頑張ります。
 
 
 
  

第66回静岡県高等学校 総合体育大会 カヌー競技
平成30年5月20日(日)
奥大井接岨湖カヌー競技場にて、第66回静岡県高等学校総合体育大会カヌー競技が行われました。
朝は、厚い曇り空で肌寒く、時折強い風が吹くという良い状況ではありませんでしたが、時間が経つにつれて天候もよくなり、午後の決勝レースの際には、良いコンディションでレースを行うことが出来ました。

<結果>
種目 男子カヤック・シングル 3年松﨑巧汰選手 優勝
    男子カヤック・ペア    3年松﨑巧汰・小野島優選手ペア 優勝
    男子カヤック・フォア   3年松﨑巧汰・小野島優・和田泰成・石川想大選手組 優勝

    男子カナディアン・シングル 3年生濱井功平選手 優勝
    男子カナディアン・ぺア    3年生濱井功平・中村友哉選手ペア 優勝
    男子カナディアン・フォア 3年生濱井功平・中村友哉・2年生髙松希身・田村一輝選手組 優勝

 男子の種目は、川根高校が今年の8月に岐阜県で行われる全国高等学校総合体育大会(通称:インターハイ)の出場権をすべて手に入れました。全国の舞台で活躍できるよう、8月に向けてさらに力をつけていきます。

 また、全国大会の前には、6月に東海大会が愛知県で行われます。この大会には、川高からは総勢15名(3年生9名、2年生3名、1年生3名)の選手が出場します。東海地方は、愛知県のレベルが非常に高く苦戦が予想されますが、自分のベストを尽くし、1つでも良い順位でゴールできるよう頑張ります。

 このような大会は、地域や保護者の方々、卒業生の方々のご理解・ご協力のもと、開催されています。ありがとうございます。今後とも、ご支援いただけますよう、この場をお借りしてお願い申し上げます。




こんにちは! カヌー部です!!
川根高校カヌー部は、3年生9人、2年生3人、1年生7人の総勢19人で活動しています。
カヌー部の目標は、「全国優勝」です。

川高カヌー部は毎年、全国高等学校総合体育大会(通称、インターハイ)に出場しています。昨年度はカヤックシングルで決勝に進出しました。また、昨年度の「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」では、7位入賞を果たすことが出来ました。

昨年度、全日本長良川長距離選手権で1位になった生徒や、今年の3月に行われたカヌースプリントジュニア海外派遣選手選考会で決勝に残った生徒がいて、今年も活躍が期待できます。

静岡県には、カヌー部がある高校はたった2校しかないため、あまり知られていない競技ですが、「全国優勝」目指し、日々厳しい練習に取り組んでいます。温かい応援をよろしくお願いします。

 
 
上・左右 長島ダム練習場の写真
下・左 練習風景
下・右 昨年度、県総体後集合写真

競技紹介
みなさんは、カヌースプリント競技を知っていますか。あまり馴染みのない競技だと思いますので、競技について紹介します。

カヌースプリント競技には、カヤックとカナディアンという2種類の競技があります。

 
この写真は、カヤックという競技です。漕ぐ人が艇の進行方向に向かって座り、パドルの両端にある水かき(ブレード)で左右交互に水をかきながら、艇を進めます。この艇の後方には、ラダー(舵)がついており、それを操作して方向を整えます。

 
この写真がカナディアンという競技です。漕ぐ人は立ち膝の姿勢で、片側にブレードのついたパドルで艇の片側だけを漕ぎます。漕ぐと同時に、方向も整えながら進むため、非常に操作が難しい艇でもあります。

これらの競技に使われるカヌーは、レジャーで使うものとは違い、レーシングカヌーと呼ばれます。
速さを極めるために艇はできるだけ細くしているので、非常にバランスが悪く、すぐに乗れるものではありません。
入部したばかりの1年生は、練習のたびに艇から落ちてしまいますが、必死に練習しています。

 

上・左 1年生練習風景(今は、まだ艇を漕いでいるよりも、泳いでいる時間のほうが長いようです。)
上・右 1年生集合写真(先輩に追いつけ、追い越せ!がんばります。)