静岡県立川根高等学校
 
川根留学生募集 学校概要 川高ニュース 学校生活 部活動 進路情報 中学生の皆さんへ
中高一貫 保護者の皆さんへ 卒業生の皆さんへ 広報かわね 関連リンク 交通アクセス
 
ホーム>川高ニュース>30年度8月

インドサマーキャンプ報告
 インドサマーキャンプの学習の中で、川高生にとって初めての挑戦はプログラミングです。
 プログラミングの授業は川高生だけの特別プログラムです。この授業ももちろん英語で行われます。
 夕食後、4人で、昼間の授業で出された課題に取組みました。ゾーホージャパンの社員さんにも助けてもらいながらがんばっています。


インドサマーキャンプ報告
 インドサマーキャンプでは、朝夕食は宿泊先のホテルで摂っています。バイキング式なので、体調や食欲に合わせ、各自好みの料理を食べます。

 昼食はゾーホーの社員食堂で摂っています。もちろん、メニューはカレー中心です。インド人のみなさんは手で食べますが、川高生はスプーンを使って食べます。やっぱり、インドのカレーは辛いです!

インドサマーキャンプ報告
 8月12日(日)、川高生4人がインドサマーキャンプに向けて静岡駅を出発しました。
インドサマーキャンプは、インドのチェンナイにあるIT企業「ゾーホー」の企業大学ゾーホーユニバーシティで2週間行われ、参加生徒は英語、数学、プログラミングを学びます。
 学習だけでなく、インドの食事や文化・習慣を実体験できる貴重な機会です。また、現地の同世代の若者との交流も楽しみの一つです。


8月13日(月)とうとうゾーホーに到着しました。大きくて近代的なビルに、みんなびっくり!



早速、英語で自己紹介。2週間、英語漬けの日々が始まります。がんばれ!


1年生家庭基礎 1学期の成果
 1年生の家庭基礎の授業で、エコバッグを手縫いで製作しました。
 川根高校は寄宿舎で生活する生徒が多く、制服のボタン付けやシャツ等のほころび直しを自分でしなければいけないので、手縫いは良い勉強になりました。早速、被服室で自分の制服を縫う生徒もいました。


完成後には、グループに分かれて品評会をし、ポーズをとって記念撮影をしました。
   
部活動の衣類を入れたり、休日に持って出かけたり、家族にプレゼントしたり、とどんな使い道をするのか楽しみです。

インドサマーキャンプ 事前学習
 川根本町高校生サマーキャンプ海外研修事業として、川高生4人が8月12日から26日まで、インドのチェンナイにあるIT企業のゾーホーでのサマーキャンプに参加します。
 参加する生徒は、事前学習としてオンライン英会話レッスンやインド料理体験、インド文化や習慣の学習を行っています。

 ゾーホー川根本町サテライトオフィスに出張できているインド人エンジニアと一緒に英語でインドカレーランチを楽しみました。日本のカレーより辛い!インドではもっとたくさんの種類のインドカレーに出会うはず。
 

 8月9日(木)には、遠隔通信システムを使って、静岡県立大学の冨沢准教授から、食事や服装などの滞在中の注意事項やインド英語の特徴やカースト制度に対するインド人の考え方など専門家の視点から多くのことを教えていただき、生徒はインドへの思いをより一層強く持つことができました。
 

前へ
次へ