静岡県立川根高等学校
 
川根留学生募集 学校概要 川高ニュース 学校生活 部活動 進路情報 中学生の皆さんへ
中高一貫 保護者の皆さんへ 卒業生の皆さんへ 広報かわね 関連リンク 交通アクセス 夢ぷろ
 
ホーム>川高ニュース>令和元年度7月

中学生1日体験入学
7月25日(木)に1日体験入学をおこないました。県内外から100人以上の中学生が参加してくれました。
国語、数学、英語、理科、社会、商業のうち1つを選択して、授業を体験しました。
授業体験の他に、遠隔通信システムの体感や部活動見学をおこないました。
午後は、希望者対象に「川根留学」説明会をおこない、寮を見学しました。

 

 

インドサマーキャンプ2019 事前研修(2)
 8月10日からインドのテンカシで行われるインドサマーキャンプ(2週間の日程)に向けて、7月30日(火)、静岡県立大学国際関係学部の准教授からインドの文化や習慣についての講義をしていただきました。
 この講義は、静岡市内の大学にいる先生が、ウェブ会議システム(遠隔通信)を使って行いました。

 講義は、双方向でのやりとりが可能な遠隔通信のメリットを生かし、インドサマーキャンプに参加する生徒たちの質問に答えていただく形式で行いました。
  
 講義は、先生の経験に基づいた具体的で専門的な内容で、生徒たちは研修への不安を取り除き、参加意欲を高めることができました。

川根茶手揉体験
7月27日に地名農林業センターにて、川根茶手揉体験にお招きいただきました。
茶葉の感触に驚きながらも、最後の工程までやりきることができました。
参加した生徒は「体験を通して、食品に対する苦労とありがたみを感じることができた。大変だったけど、ぜひ来年も参加したい。」と話をしていました。





インドサマーキャンプ2019 事前学習(1)
 8月10日からのインドのテンカシで行われるインドサマーキャンプ(2週間の日程)に向けて、7月26日(金)若者交流センター「奥流」で、ゾーホージャパン株式会社の迫社長や川根本町サテライトオフィスに勤務しているインド人エンジニア3人を迎え、インドサマーキャンプで発表する「川根高校紹介」「日本と川根本町の紹介」のプレゼンテーションを見ていただき、本番に向けてのアドバイスをいただきました。

 日本人の名前はインド人には分かりにくいので、なるべくゆっくり話す、また、身振り手振りをつけて話す、等のアドバイスを受けました。
  
 迫社長からは、「皆さんは、川根高校にとっても、川根本町にとってもファースト・ペンギンという存在。またとない大きいチャンスを素晴らしい体験にしてきてください。」と激励していただきました。
 

勉強合宿1日目
 7月31日(水)~8月2日(金)の3日間、特進クラスを対象に夏休み勉強合宿が行われます。
 本年度は生徒の自学を中心としたカリキュラムになっています。生徒の自主性が磨かれることを期待しています。特に3年生は勝負の夏休みです。目の色を変えて学習に取り組んでいます。
 

 
写真上左:全体説明 上右:合宿中の計画立て
   下左:3年理系物理 下右:3年理系物理

前へ