静岡県立川根高等学校

        川根高校にようこそ        
 
ホーム>学校概要>トップ

  • トップ
  • 沿革
  • 基本情報
  • 学校経営
  • 施設概要
  • 校歌・校章
校長挨拶

   校長  須藤 隆広

 本校は、昭和38年4月、地域の大きな期待を受け「静岡県立藤枝東高等学校川根分校」として開校しました。その後1期生が卒業する昭和41年3月末に「静岡県立川根高等学校」として独立し、現在に至っています。この間、校訓「自省」「創造」「果断」の精神をもとに川根高校で育った7000人近くの卒業生が、県内外の様々な分野で活躍しています。
 本校の目指す学校像及び教育目標等については、「学校経営計画書」において示しておりますが、生徒、保護者、地域社会にとって、安心・安全な学校を実現していきます。具体的には、生徒たちが、日々の授業・学校行事・部活動等に落ち着いて自分の全力を出し、充実した学校生活を送ることができ、保護者にとっては信頼して学校に子どもを送り出すことができ、地域にとっては高校生が地域の活動を盛り上げてくれる学校を目指します。同時に高校生の本分である学習・生活・進路については、「生徒たちが、よりよい学習習慣と生活習慣を身につけ、自分の目指す進路を実現する」ことを本校の使命と考えております。
 本校の教育の大きな特色は、生徒一人一人に対し、きめ細かな教育が行われていることです。生徒数が少ないことの利点を生かし、教員が生徒一人一人に接する機会や時間をより多く確保しており、このため日常生活や進路相談、授業における少人数・進路希望別学習などの丁寧な指導が行え、生徒の可能性を十分引き出すことができています。また平成14年から地元川根地区の4つの中学校との連携型中高一貫教育をスタートさせ、現在に至るまで教員の授業交流や生徒の学校行事等における連携をとおして、中高の接続が効果的に行われています。こうした取組が評価され、地元3中学(平成19年度に川根中学と笹間中学が統合)からの入学生が多くを占めます。一方それ以外の中学からの入学生は「川根留学生」として、川根高校において充実した高校生活を送ることができる体制を整えております。また授業においてはICT機器を効果的に活用するとともに、新しい学力観の目指すアクティブ・ラーニング型授業に積極的に取り組むなど、大学入試にも十分対応できる学力の育成を図っております。このように安心・安全に加えて先進的な教育にも積極的にチャレンジしております。今後とも地域に愛される学校を目指して、教職員一同努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。