静岡県立川根高等学校

        川根高校にようこそ        
 
ホーム>中高一貫>川根の郷の夢を語る会

川根の郷の夢を語る会
------------------------------------------------------------------------
平成27年2月13日(金) 中高連携事業「川根の郷の夢を語る会」
 今までの事業の見直しによる初の中高連携事業です。昨年までは、「在り方生き方講演会」と「総合的な学習の時間の成果発表会」を行っていましたが、中学生と高校生の交流をより図るため、中高生徒同士が地域を題材としたテーマに従い、自分の考えや意見を交換するというものです。この日は、川根高校1年生、連携中学校2年生全員が川根高校のセミナーハウスに集合しました。(中川根中学校はインフルエンザのため不参加)
 今年は、県教委の「規範意識向上のための子ども連携研究事業」指定があり、事前に「安心して暮らせる元気な町づくり」をテーマに標語を募集しました。グループ討議では「川根地域をよりよくするためにはどうしたらよいか」をテーマとしました。会は、優秀標語の表彰式を行った後、中高生混合7~8人の12グループに分かれて話し合いを行い、結果をホワイトボードにまとめました。
【優秀標語】
 思いやる 心と心が 生きる町     (静岡県立川根高等学校 石原詩歩美)
 夢・愛・笑顔 優しい気持ちをつなぐ町 (川根本町立本川根中学校 石川想大)
 ゴミ拾う 拾った数だけ まちづくり  (川根本町立中川根中学校 中村龍之介)
 挨拶は 心をつなぐ 川根の自慢    (島田市立川根中学校 小玉玲菜)