静岡県立掛川西高等学校ホームページ
ホーム>中学生の皆さんへ>掛西ラボ

掛西ラボ2021 顕微鏡で観察&ドローンを飛ばそう! が開催されました
11月20日(土)に掛西ラボ2021 『顕微鏡で観察』&『ドローンを飛ばそう!』が開催されました。
『顕微鏡で観察』は中学1・2年生、『ドローンを飛ばそう!』は小学5・6年生対象の講座で、指導は本校理数科2年生の生徒が務めました。

『顕微鏡で観察』では、顕微鏡を使用して細胞の中の濃度や細胞の大きさ、葉緑体の動く速さを観察・測定しました。

高校生の丁寧なサポートもあって、参加した中学生は順調に課題を消化していくことができました。


『ドローンを飛ばそう!』では、飛行ドローンをiPadで作成したプログラムで制御し、設定したコースの完走を目指すものでした。

ドローン本体にも個性があり、なかなかプログラムどおり飛行してもらえないなど、参加者は悪戦苦闘しながらも休憩時間を忘れるほどプログラム作成に集中していました。


今年度の『掛西ラボ』はこれで終了しました。
開催時期と講座内容は未定ですが、来年度もより魅力的な講座を開催していきたいと考えています。

掛西ラボ2021『ドローンを飛ばそう!』が開催されました!
 11月6日(土)に、『掛西ラボ2021 ドローンを飛ばそう!』が開催されました。
 掛西ラボとは、理数科生徒が講師となって、小中学生向けに実施する科学講座です。

 今回は小学校5・6年生が飛行ドローンをプログラミングで制御して、設定した課題をクリアすることに挑戦しました。

 なかなか思い通りに動かないドローンに悪戦苦闘しながら、高校生と課題解決を目指して粘り強く試行錯誤を繰り返していました。

 短時間ではありましたが、小学生たちの吸収、成長は早く、高校生も自らの指導を振り返りながらともに成長していく姿が見られました。

次回は11月20日(土)に実施します。

第2回 『掛西ラボ2020』が開催されました
11月21日(土)に、第2回『掛西ラボ2020』 ~あつまれかけにしの森~ が開催されました。
   第1回の様子はこちら
 今回は前回の少学5・6年生を対象とした『ドローンを飛ばそう!』の講座に加えて、中学1・2年生を対象とした『納豆鉛筆』の講座も開催されました。
 令和2年度の『掛西ラボ』はこれで終了となりますが、これからも皆様の御期待、御希望にかなうようなイベントの企画、情報発信をしてまいります。
 次の機会にこのような企画で多くの方々とお会いできることを、理数科生徒ともども心待ちにしております。

【ドローンを飛ばそう】
 ※11名参加
 今回は参加人数も多かったため、チームでのプログラミング・課題解決となりました。




【納豆鉛筆】
 ※16名参加
 多くの参加者の『納豆鉛筆』ってなに?という疑問が、実験・実習を進めていくことで『なるほど!』に変わっていく様子が手に取るようにわかる講座となりました。




『掛西ラボ2020が開催されました
 11月7日(土)に、『掛西ラボ2020』 ~あつまれかけにしの森~ ドローンを飛ばそう!が開催されました。

『掛西ラボ』とは、


 掛川西高校理数科の生徒が探究活動を通じて体得した知識や技能を、自らが先生となって『未来の科学者』である小学生、中学生に伝える、体験してもらうというイベントです。

『掛西ラボ2020』 ドローンを飛ばそう!

 日頃から学び、培った能力や理数科での取り組みを、自分たちが育った地域・社会およびそこに暮らす多くの人たちに対して生徒自身の創意・工夫をもとに発信していくことで、生涯にわたって学び、進化・成長し続け、社会に貢献していこうとする力を養う新たな挑戦です。



 小学5、6年生が『ドローンを飛ばそう!』に参加してくれました。iPadのアプリを使ってプログラミングしたドローンを、思い通りに飛ばす体験をしました。指導したのは課題研究でドローンプログラミングを研究している理数科2年生7名です。



 参加した小学生は設定したコースのゴールを目指して、飛行ドローンのプログラミングに試行錯誤を繰り返し、最後まで粘り強く挑戦していました。



 見事に完走できた時には、付き添いの保護者からも大きな拍手が送られ、とても満足そうな表情をしていました。



 次回の掛西ラボ2020は11月21日(土)に開催されます。この日は『ドローンを飛ばそう!』のほか、課題研究化学班による『納豆鉛筆』も同時に開催されます。
 ※申込みの締め切りは11月11日(水)、12時までです。