静岡県立掛川西高等学校ホームページ
ホーム>中学生の皆さんへ>一日体験入学

令和3年度 中学生の高等学校一日体験入学
 7月30日に掛川西高等学校にて中学生の高等学校一日体験入学が行われました。当日はコロナ感染症対策として、受付では検温・消毒が徹底されました。受付を終えると、参加者の皆様は校舎の中へ。


 校舎の中では、校長挨拶及び学校紹介動画の上映の後、授業公開と本校生徒との交流会が行われました。コロナ感染症対策として、授業は事前録画した授業を投影する形での公開となってしまいましたが、本校生徒との交流会は、生徒の生の声を届けようということから、ライブで行われました。
 授業公開では、ペアワークの時間なども動画内に組み込まれており、リアルさながらに授業体験をしている中学生の生き生きとした姿が見られました。また、中学生だけでなく、付き添いでいらした保護者の皆様も、時に真剣に授業に聞き入っておられる様子でした。

 また本校生徒との交流会では、お越しになった方々は、本校生徒が用意したプレゼンを見たり、本校生徒に質問したりして、貴重な時間を過ごしている様子でした。


 限られた条件下での一日体験入学とはなってしまいましたが、これを機に一人でも多くの方が本校に興味関心を持ってくださることを願っております。

中学生一日体験入学が行なわれました。
 7月30日(火)に、令和元年度の中学生一日体験入学が行なわれました。厳しい暑さの中ではありましたが、1,035人の中学生と500人を超える保護者の参加がありました。
 今年度は、暑さを避けるため体育館での全体会は行なわず、中学生は直接指定された教室に入り、プロジェクターで投影された映像と音声で、校長先生あいさつや日程説明などを受けました。その後、グループごとに体験授業を受けたり、在校生と交流したりして、掛川西高校への理解を深めていました。
 保護者を対象とした学校説明会も同時に実施され、多くの保護者が学校の特色等についての説明を受けました。