静岡県立掛川西高等学校ホームページ
ホーム>理数科>理数科だより

理数科だより2022‐3
6月24日(金)第92回科学・技術・数学特別講座を開講しました。
理数科主催、年3回実施の講座で今回は令和4年度の1回目です。
2学年理数科担任・小金澤貴弘先生が講義をしました。

組立除法を利用した「速算法と検算述」を紹介。

二次関数の頂点の速算や、接線の方程式の検算などを中心に練習しました。

三次方程式の解法の初手や、第二種スターリング数への応用なども紹介され、1年生から3年生の参加者は集中して講義に臨んでいました。

今回は多数の申し込みがあったため、隣の教室でZOOM視聴も行いました。
数学科の先生方も多数参加しました。
研究者としての視点をたずさえ、日々の授業に臨む教員の姿を見ることができました。



<<生徒の感想>>
1年
僕は二次関数のときの平方完成から頂点を求めることが苦手で分数だと尚更複雑だと感じていたので今回の速算術、検算術の組立除法を用いたやり方を知ることができて本当に良かったと思います。
今後は計算ミスを減らし素早く計算出来るように組立除法に慣れていきたいです。

後半は難しいと思うものがありましたが、これからの計画を立てていく中で色々な解き方を知ることができたことや組立除法など今からでも使えるものなど予習の大切さを知ることができました。ありがとうございました。

2年
先生が言っていた通り、一度はやったことあるものだったけど、色々復習になったり、さらに詳しい定理の名前とか知れたりすることが出来たので良かったです。

KJがとても便利なことがわかり、代入のときや平行移動のときに使えるようにするべきだと思いました。
土曜日の模試でも検算で使うことができました。とても為になる話ありがとうございました。

理数科案内2022
理数科案内2022

理数科だより2022-2
1 
 令和4年6月3日 総合探究の時間で、本格的に 「理数探究基礎」の活動が始まりました。
 「研究の目指すもの」の単元で、大学教員出張事業の一つとしてスペースシステム創造研究センターの、寺島千晶先生にご講義を頂きました。
 宇宙空間にヒトの活動がまさに広がろうとしていることがわかり、そこで今求められる研究テーマについて具体的に知ることができました。大学の研究の目的や、宇宙へでの研究の具体的な方法を易しく教えていただき、これまでの自然科学の分野に抱いていた興味が大きくひろがる瞬間でした。



2 
 「理数探究基礎」の授業では、科学的な物の見方、探究する上での心構えをはじめに学び、研究に向かう姿勢を培います。実験室では理数生物の授業で行った細胞学の実験を基礎にして、同じ分野に興味を持った生徒が班を作り、実験を行いました。

 *テーマの設定と班の準備のためのブレインストーミング      仮説を立て実験を組み立てる

理数科だより2022‐1
1 令和4年4月7日 入学式とともに新しい理数科クラスが発足しました。
高い志望と希望を抱いた42人を新たにメンバーとして満開の桜の下で迎えました。
 
 
2 理数科は課外実験・研究所見学など特別な授業や行事が用意されています。
  
令和3年度 課題研究のビデオクリップのQRコードです。

2年生は週に科学的な探究を授業の中で行います。自分で決めたテーマで研究します。今年も掛西ラボで各班小中生とワークショップを持ちます。

3 教室には「大学への数学」や「ニュートン」等が定期購読で届けられます。バックナンバーも充実しています。

理数科案内2021
理数科案内2021

前へ