掛川西高校公式ホームページ


最新のニュース(過去の記事は「掛西情報館」にあります
奨学金等進学資金ガイダンス(R3.1.21)
 2年生の生徒および保護者の皆様を対象に、奨学金等進学資金ガイダンスを実施しました。日本学生支援機構からスカラシップアドバイザーの鈴木様をお招きして、大学等への進学に係る費用、奨学金制度、入学後と社会人になってからのお金のことについてお話を頂きました。生徒は教室にてzoomでの視聴となりましたが、自身の将来を見据え真剣に話を聞いていました。前日に静岡県で発令された感染拡大緊急警報を受け、急遽、実施形態を変更させて頂きましたが、日本学生支援機構、保護者の皆様のご理解と御協力のもと、無事開催することができました。講演内容は校内関係者に限り、後日Googleクラスルームにて配信予定です。

冬の一斉街頭指導
 令和3年1月20日(水)、本校の交通安全委員が生徒課職員と共に冬の交通安全運動を行いました。今回は交通安全委員会から1年生と2年生のみが参加し、活動場所を学校周辺の要注意箇所に絞って呼びかけを行いました。吐息が真っ白くなるほど寒い中での活動となりましたが、積極的に自転車マナーの向上を呼び掛けることができました。自転車は車両であるという意識を持ち、運転時の道路交通法とマナーの遵守を徹底できるようこれからも活動していきます。


食物研究部 「お弁当・お惣菜大賞2021」丼部門 2年連続 全国一!
 「掛西フレッシュ丼」最優秀賞(丼部門)、「『華の17歳』バラちらし寿し」入選(寿司部門)
地元スーパーサンゼンと共同開発を行ってきた2つの商品が、「お弁当お惣菜大賞2021」で受賞しました。
 1月12日に発表され、応募総数は10部門42,000を超え、丼部門は4,408件、寿司部門は4,019件のエントリーがありました。今年度は、コロナ禍の中、地元を応援したいという思いを込めて商品開発を進めてきました。全国1位になった「掛西フレッシュ丼」は、静岡フレッシュポークを使い、「華の17歳 バラちらし寿し」は、掛川で生産されているバラをイメージして掛川牛を使うなど、地元の良さを表した商品です。


理数科課題研究発表会が開催されました
 1月12日(火)に、令和2年度理数科課題研究発表会が行われました。


 今年度は約2カ月の休校期間があり、例年通りに研究時間が確保できませんでした。
 そんな状況下でも、各グループが設定した課題の解決に向けてよく努力していました。

 審査の結果、数学班の『コラッツ予想のビジュアル化 ~拡張を目指して~』が、3月に開催される予定の『静岡県理数科課題研究発表会』に本校代表として出場することになりました。

令和2年度 静岡県高等学校新人サッカー大会 西部地区大会 予選リーグ突破
 12月12日から1月11日にかけてリーグ戦方式で大会が開催されました。
1次リーグは掛川東高校、本校、大平台・浜松啓陽合同チームの3チームリーグで行われ、1位通過で2次リーグ参加することが出来ました。

 2次リーグでは、掛川工業・浜松南高校・本校によるリーグ戦となり、初戦で掛川工業高校に勝利し、県大会進出が決定しました。


以下戦評です。


①1次リーグ VS 大平台・浜松啓陽合同チーム
②1次リーグ VS 掛川東高校
③2次リーグ VS 掛川工業高校
④2次リーグ VS 浜松南高校



1次リーグ
第1試合【12月19日(土)馬郡G】12:00~kick off
 本校 9-0 大平台・浜松啓陽合同チーム

戦評

 公式戦初戦ともあり、立ち上がりは少し緊張気味の選手たちであったが、守備からリズムを作り、徐々に攻撃にもテンポが出てきた。その中でFW陣を中心に果敢にゴールに迫り、得点を積み重ねることができた。後半からは、選手を大幅に代えて臨んだ。交代で出場した選手はアピールの場ともあり、攻守に渡り自分の持てるパフォーマンスを発揮した。その成果もあり、前半戦にも劣らない得点をあげ、チームの勝利へ貢献した。
 これからの厳しい試合展開で対応できるようにチームの総力をあげ試合に臨みたい。




1次リーグ
第2試合【12月20日(日)さわやかG】12:00~kick off
 本校 1-1 掛川東高校
 PK  (4-2)
 
戦評

 自力に勝る相手チームに対し、試合前にとにかく守備を粘り強く行き続けようと全員で意思統一を行い試合に臨んだ。予想通り試合の立ち上がりから相手チームにボールの主導権を握られ、苦しい展開となった。その苦しい展開の中で1失点を喫してしまう。ただ、苦しいながらも11人全員で守備をし前半は1失点で相手の攻撃を凌いだ。
 後半に入り、相手のペースダウンもあって、本校もボールを持つ時間が増え、相手ゴールに向かうシーンが増えた。後半10分過ぎに、更なる攻撃に期待し右の前線の選手を代えた。
その交代で入った選手が早々に、裏へ飛び出し相手DFラインの裏でボールを受け、キーパーとの1対1を冷静にゴールへ流し込み同点。ファーストタッチでのゴールとなった。その後、一進一退の攻防を繰り返し、後半戦タイムアップ。
 PK戦となり本校GKのファインセーブが功を奏し、1次リーグ負けなしで1位通過となり、1月10日から始まる県大会決定リーグにコマを進めた。




2次リーグ
第1試合【1月10日(日)新居高校G】12:00~kick off
 本校 1-1 掛川工業高校
 PK  (4-2)

戦評

 県大会をかけて両校負ければリーグ戦敗退という状況での1戦であった。
強風吹く中風下での戦いとなった前半戦。相手校は中盤の選手を中心にパワーをもって本校ゴールに向かってくるというなか、前半の中頃中盤でボールを握られ、本校ディフェンスラインの背後にボールを供給され、ラインが崩れたところに相手選手が飛び込みゴールを許し、0-1で前半を折り返した。
 ハーフタイムでは、攻撃の組み立て方を再確認し、後半に臨んだ。後半は風上での攻撃ともあり、両サイドを中心にダイナミックに攻撃を展開した。なかなか点が取れない中で前線の選手を中心に交代し、攻撃リズムの活性化を図った。後半残す時間10分くらいのところで、本校中盤の選手がドリブルでゴール近くまで侵入し相手選手に当たったこぼれたボールを途中交代選手が冷静に流し込み同点。引き分けでタイムアップとなりPK戦に突入。
 掛川東戦でもビッグセーブをした本校GKがまたしても2本のビッグセーブによりチームを勝利に導いた。
 この試合により、県大会出場を手にした。




2次リーグ
第2試合【1月11日(月)湖西運動公園G】12:00~kick off
 本校 0-3 浜松南高校

戦評

 シードチームとの対戦となった4試合目、県大会へ向けて自分たちの力量をとにかくチャレンジして試そうと気持ちを作り試合に臨んだ。相手校は前試合12点という大量得点をあげた、攻撃に特徴のあるチーム。このチームのプレースピードに対し、なかなか対応できない場面が続いた。サイドを中心にボールを運ばれ、制度の高いセンタリングにやっとのことでボールを掻き出すような場面が続いた。しかし、それも長くは続かず前半中頃にセンタリングをきれいに合わされ失点。前半最後10分くらいでようやく相手選手のプレーにも慣れて、攻撃も形になるシーンも多少見られたが、そのまま前半終了。
 後半は相手チームのフォーメーションを見て、本校は交代選手を投入しながらシステムチェンジを行った。選手たちはシステムチェンジにも順応し、攻められながらも攻撃の機会をうかがった。しかし相手チームの勢いも止まらず、コーナーキックからの失点などにより2点を追加されタイムアップ。0-3で試合を終えた。
 県大会を控えるなかで、自分たちのできることを十分に確認できた。県大会でも勝てる準備をし、向かっていきたい。




県大会に向けて練習に励みます!

12月24日 掛川西高校クリスマスコンサート2020
 12月24日(木)掛川市生涯学習センターにて「掛川西高校クリスマスコンサート2020」を開催しました。今回はコロナウイルス感染症対策として、出演生徒(ダンス部・音楽部・吹奏楽部)の保護者、本校教職員及び生徒に観客を限定しました。一般のお客様をお招きできず残念ではありましたが、ライブ配信という新しい形でのお届けを、掛川市の協力を得て叶えることができました。ステージのために努力を惜しまなかった生徒たちにとって、成果を見て頂けることは何よりの喜びです。大変ありがたい機会を与えて頂きました。
 当日は一席間隔を開けての使用、こまめな換気、マスク着用・手指消毒の呼びかけなど、感染症対策を徹底して無事に終えることができました。この日を迎え、実際にステージに立てることはあたり前ではないとかみしめている生徒たちのはじける笑顔が印象的でした。
 来年は、お客様を招いての開催が叶うよう願います。御来場、御視聴頂きありがとうございました。




 下記URLより、1月24日まで「掛川西高校クリスマスコンサート2020」の視聴が可能です。どうぞご覧ください。
https://youtu.be/31wzY_mVplU

令和2年度2学期終業式、表彰会を行いました。
 12月22日、Zoomを使って、2学期始業式と同様に終業式、表彰会を行いました。校長による掛西生に身に付けさせたい4つの資質のうち主体性や協働性に関する話をはじめ、副校長先生によるコロナ感染症蔓延防止に向けた留意点や教務課長、生徒課長、進路課長からの話を聞き、2学期を振り返るとともに、3学期を展望しました。

掛川西高校クリスマスコンサート2020
 12月24日(木)に、生涯学習センターにて「掛川西高校クリスマスコンサート2020」を開催します。
 ただし、コロナウイルス感染症対策として、来場者を出演部活(ダンス・音楽・吹奏楽)部員の保護者、本校教職員及び生徒に限定いたします。御理解いただけますと幸いです。
 同時刻にライブ配信を行いますので、添付画像のQRコードを読み取り、ぜひ御覧ください。
 ※18時からのダンス部のステージに関しては、音源の著作権の関係により配信できません。ライブ配信は18時35分の音楽部ステージからになります。

スクールカウンセラー訪問日

令和2年度 2年生学年レクリエーション 王様ドッジボール
 R2年12月17日(木)にLHRの時間を使って、2年生学年レクとして王様ドッジボールを行いました。企画、運営はクラスのLHR委員が中心となって行い、生徒は寒さに負けず、元気いっぱいにドッジボールを楽しみました。クラス、学年の親睦が深まった時間となりました。

少年野球交流会を開催しました
 12月12日(土)に掛川市内の少年野球団に所属する小学生を対象として、本校グラウンドで野球部員と少年野球交流会を開催しました。

 今年はお手本を見せたり一緒に動いたりする部員以外はマスクを着用するなど、コロナウイルス感染防止対策を行い、実施しました。

 参加した小学生たちは元気いっぱいにグラウンドで野球を楽しんでくれていました!
 野球部員も小学生と触れ合って自然と笑顔がこぼれ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 野球部員も野球少年に戻れた交流会。参加してくれた小学生の皆さん、コロナウイルス感染防止対策に御協力いただいた保護者・指導者の皆様、ありがとうございました。

2年模擬投票
静岡新聞令和2年12月13日朝刊20面
 12月10日(木)の7限LHRの時間に、掛川市の選挙管理委員の方をお招きして、主権者教育を行いました。

 模擬投票では、“掛川西高校学力向上委員会委員長選挙”と称し、3人の立候補者が自主制作の動画を用いて公約を掲げ、投票を行いました。

 身近な話題をテーマとしたことで、生徒たちは感心をもって投票を行えました。

 早ければ来年度の選挙で有権者になる二年生が、選挙に参加することの重要性を理解できた出前授業となりました。

 


 



自然科学部 鈴木梅太郎賞準賞受賞
令和2年12月5日 
  「メタセコイアの化学的防御に関する研究」が鈴木梅太郎賞(準賞)を受賞しました。
 
 創立120周年記念事業の1つとして、学校の中庭が造り変えられることに伴って、針葉樹のメタセコイアが伐採されました。
 1年生8人でこれまで、伐採前のメタセコイアのアレロパシーの有無、防虫性、伐採木を利用して抗菌性の有無について研究に取り組んできました。
 特に、この春はコロナウイルス感染症の感染拡大を受け、思うように研究活動ができないこともあり、6月から始めた中庭での研究は、泥に汚れ、蚊に体中を刺されたり、猛暑の8月は、生物室の気温が38度を超え、蒸留で得られた精油が揮発したりと、厳しい日々の連続でした。
 最後までやり遂げられたのは、顧問の先生や先輩の助言や指導、1年生8人の仲間の協力とあきらめない気持ちがあったからだと思います。
 私たち一同は、今回の栄誉を励みとし、これからも一層の研究を重ね、今後の活動に引き続き精進していきたいと思います。                                               (代表 松村)

静岡新聞 令和2年12月8日朝刊25面

アウトドア部 森林の未来を考えるワークショップ
 12月5日、本校アウトドア部の部員12人が森林の未来を考えるワークショップに参加しました。

静岡新聞 令和2年12月7日朝刊16面

令和2年度2学期期末テスト
12月1日~4日に、2学期期末までに学習した内容についての定着度等を確認しました。多授業だけでなく自ら立てた学習計画に基づいて行った学習により得た知識・技能を存分に発揮しました。



高校生が描く掛川(文芸部)
広報かけがわ12月号に、文芸部部員が作成した記事が掲載されました。

(画像をクリックすると拡大表示されます)