掛川東高等学校ホームページ
 

学校概要  教育課程  学校行事  部活動  進路

掛東の今  中学生の皆さんへ  在校生の皆さんへ  保護者の皆様へ  卒業生の皆さんへ
 

平成30年度 新人大会 西部地区予選
12月22日(土)から新人大会の西部地区予選が始まりました。(37チーム参加のトーナメント)

1回戦 掛川東 68-61 袋井

(14-13、13-19、18-19、23-10)

アウトサイドシュートが決まらず、第3Qまで最大10点差を追いかける苦しい展開でした。第4Qでエースの3Pが2本連続で入ったところから流れが変わり、逆転で何とか勝利することができました。

2回戦 掛川東 67-69 浜松江之島

(20-16、11-23、14-17、22-13)

動きの堅い江之島の立ち上がり、いきなり流れがきましたが、イージーショットが決まらず点差をつけられない展開に。逆に江之島はゴール下の粘り強いプレイから立て直し、互角の戦いへ。第1Q中盤で掛川東のPGが負傷しベンチに下がるとチームに動揺が広がり、第2Qに逆転され8点差で前半を終える。
第2Qの後半からPGがコートに戻るが、なかなか流れをつかみきれない。しかし、江之島のリバウンダーのファウルトラブルが起こり、点差を詰めはじめ、第4Q残り2分をきった場面で、ついに逆転に成功する。
残り1分の攻防、最初の江之島の攻撃が成功し同点、残り1分をきった掛川東のシュートが外れる。江之島のタイムアウト後の攻撃が成功し、2点差。残り2秒の攻撃に希望をもってチャレンジしましたが、シュートが外れタイムアップ。
残念ながら2回戦敗退となりました。

西部選手権に続き、地区で県大会出場圏内に勝ち上がることができませんでした。 ただ、試合終盤に粘りがでてきたのは西部選手権からの成長と感じています。
総体ではこの悔しさをぶつけ、10年以上続く県大会連続出場を絶対に果たしたいと思います。

応援ありがとうございました。

平成30年度 西部選手権
西部新人大会のシードを決める西部選手権に参加しました。

★予選リーグ(9月8日、9日) 8分×4の試合
掛川東 78-22 磐田東
掛川東 61-41 浜松学芸
掛川東 61-53 浜松東
掛川東 50-49 掛川西

4戦全勝で1位通過を決めることができました。

★決勝トーナメント1日目(9月15日) 10分×4の試合
1回戦
掛川東 69-81 磐田南

敗者戦
掛川東 92-54 横須賀

残念ながら1回戦を突破することができなかったので、第12シードまでのシード権を獲得することができませんでした。

新人大会で巻き返すことができるように頑張ります。応援ありがとうございました。

2018 EIFS JAPAN CUP 争奪高校招待バスケットボール大会
小笠・掛川バスケットボール協会主催、EIFS JAPAN株式会社後援で毎年、掛川のさんりーなで夏休みに実施される交歓大会に参加しました。

☆8月17日(金) 交歓大会
参加12校
掛川東、掛川西、掛川工業、小笠、横須賀、常葉大菊川、浜松商業、浜松湖北、浜松北、沼津商業、小坂井(愛知)、豊川(愛知)

☆8月18日(土) EIFS JAPAN CUP
参加12校
掛川東、掛川西、掛川工業、小笠、横須賀、池新田、常葉大菊川、浜松湖北、浜松湖南、静岡市立、小坂井(愛知)、豊川(愛知)

<予選リーグ>
静岡市立、掛川東、横須賀
 ・2勝して1位トーナメントに進出

<1位トーナメント>
準決勝 掛川東 39-35 豊川(愛知)

決勝 掛川東 40-31 浜松湖南

試合は10分×2のハーフゲームでしたが、初優勝することができました。
ご声援ありがとうございました。

前へ
次へ