かけとく日記 今日の給食 学校案内 教育内容 お知らせ 進路・就労支援 センター的機能 交通アクセス 御前崎分校

かけ★とくさんぽ(旅日記) 平30東知研案内


アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター


  かけさんとくさんの
かけ★とくさんぽ(旅日記)


静岡県立掛川特別支援学校
〒436-0030
静岡県掛川市杉谷南一丁目1-2
TEL 0537-29-6791
FAX 0537-23-3555
かけとく日記 (過去記事はメニューバーの「かけとく日記」をクリック)
4月18日(水)給食
「ひじきサラダ、まぐろのねぎま和え、小松菜のみそ汁、わかめしらすふりかけ、ごはん、牛乳」
 ひじきサラダは県内産芽ひじきをマグロの水煮、たまねぎ、きゅうりと混ぜて、ポン酢しょうゆで味付けしています。玉ねぎは浜松産の新玉ねぎです。ひじきの黒色で玉ねぎの白さが際立ちました。
 ひじきというと煮物の印象がありますが、給食ではサラダや混ぜご飯などにも使います。食物繊維や鉄分など体の成長に大切な栄養素がたくさん含まれているので、おいしく味わえるよう献立を工夫しています。
 
左:今日の給食  右:ひじきサラダ
 

4月18日(水) 小学部1年 初めての給食
 小学部1年生の給食が4月17日(火)から始まりました。入学して初めての給食はハンバーグとお祝いゼリー!!初めての場所で、出会ったばかりの仲間と一緒の食事でしたが、美味しそうに頬張る姿が印象的でした。苦手な野菜も少しずつ頑張る児童もいました。学校の給食は美味しかったかな?(池谷)
 

4月17日(火) 第1回防災訓練(地震)
 4月16日(月)に予想される南海トラフ地震を想定した避難訓練を実施しました。各学級で避難の方法を確認した後、緊急放送により避難行動をとりました。校長から「2年前のこの日は熊本地震の本震がありました。今日は全員が落ち着いて避難できました。」と講評がありました。このあと全員で「おちついて」「あるいて」「しずかに」「すばやく」の『オアシス』の合言葉を確認しました。(吉永)
 

 

4月16日(月) 高等部新入生歓迎会
 4月13日(金)に高等部で新入生歓迎会を開催しました。生徒会による日課の説明に続き、2年生からは自己紹介カードをプレゼントしました。3年生からはくす玉の披露があり、割ると「入学おめでとう。働く人になるためにいろいろがんばろう。先輩は力になるよ。」というメッセージが現われました。新入生は緊張しながら、自分の好きなことを発表しました。(中村)
 

4月13日(金) 中学部1年 保健体育
 いよいよ新しい生活が始まった中学部1年生は、4月11日(水)から保健体育の授業が始まりました。最初の授業は体育館で集団行動の練習です。新しいクラスの列を覚え、すばやく集合し、整列する練習をしています。「集合」の掛け声に反応してかけ足で集合し学級委員の声掛けで列をまっすぐに並ぶことができました。(築城)
 

4月12日(木) 小・中学部入学式
 4月10日(火)の午後に小・中学部の入学式がありました。小学部1年生は、新しい学校にワクワクドキドキした表情で式に参加していました。中学部1年生は、新しい制服を身に纏い、卒業式のときとはまた違った引き締まった表情で式に参加していました。誓いの言葉では、作業学習という新しい勉強が始まること、仲間と一緒に、自分のことは自分でやり、運動や勉強、作業学習を精一杯頑張る中学生になることを誓いました。(池谷)
 

4月11日(水) 高等部入学式
 4月10日(火)に高等部の入学式がありました。入学生は緊張した表情で式を迎えましたが、緊張しながらも高校生らしい態度で式に臨みました。新入生の誓いの言葉では、「夢の実現に向けて頑張ります。働く人になるための態度や言葉づかい、体力などを身に付けたいです。」と頼もしい決意が聞かれました。生徒会会長からは「元気、笑顔、夢の実現に向けて、一緒に歩んでいきましょう。」と歓迎のあいさつがありました。(中村)
 

4月9日(月) 着任式・親任式・始業式
 今日から新学期が始まりました。児童生徒は「新しい先生はどんな人かな」「担任の先生は誰かな」「誰といっしょのクラスかな」と期待に胸を膨らませて元気よく登校してきました。新たに着任した古木庄吉校長のあいさつに続き、校長から新任の教職員の紹介がありました。代表生徒からて「新しくきれいな学校、元気なあいさつが響く学校、給食がおいしい学校です。」と歓迎のあいさつがありました。始業式では校長から「目標を持ち、夢を実現しましょう。」とこれからの1年間の成長を期待する話がありました。(中村)
 
左:新任式での歓迎の言葉 右:始業式での校長の話 

4月6日(金) 6年生卒業制作「教室表示板」
 春休みも残り少なくなってきました。職員は新学期の準備で大忙しです。昨年度の小学部6年生が卒業制作で作成した「教室掲示板」を新しい教室配置に合わせて順次取り付けていきます。タイルモザイクでカラフルに仕上がっています。教室の入口が明るくなります。(吉永)
 

4月5日(木) 「希望の丘」に仲間が増えました 「のびる~む」開所
 掛川市発達相談支援センター「のびる~む」が、学校のある「希望の丘」の中部ふくしあ内に4月4日(水)に開所しました。発達に不安を感じる本人や家族からの相談を受ける機関です。子どもから大人まで利用でき、来所相談、電話相談等に応じてくださいます。希望の丘の各施設が連携を図ることにより、相互によい影響を及ぼすことが期待されます。本校にとっても大変心強く感じます。(吉永)
「のびる~む」パンフレットはこちらから
 

4月4日(水) 高等部 丸凧づくり
 4月2日(月)に掛川西高校で、袋井・小笠地区の高校生約60人が袋井の伝統文化である丸凧の骨組づくりをしました。本校からも高等部新2年生4人が参加しました。この夏にエコパアリーナを会場に全国高校総体の弓道競技が開催されることから、おもてなしの一環として、会場に飾るとともに全国からの参加チームに、記念品として丸凧を贈呈します。生徒からは「凧を作るのは初めてで難しかったけど楽しかった。早く完成品が見たい」との感想が聞かれました。(松本)