静岡県立伊豆総合高等学校ホームページ

トップ
 
ホーム>学科>建築デザイン類型

  • 総合学科
  • 機械工学類型
  • 電気電子類型
  • 建築デザイン類型
【建築デザイン類型】 〜どぼくらぶ座談会建設技術者と語ろう開催〜
〜どぼくらぶ座談会建設技術者と語ろう開催〜を開催しましました。
去る26日、本校に地元で活躍する15人もの建設技術者をお迎えし、
建築デザイン類型二年生の授業で技術者を囲む座談会を開催しました。
主となり生徒に語っていただく講師5人のうち、4人が本校卒業生でした。
講師のみなさんが各々、担当する現場の写真や資料を持参し、
建設業の魅力を熱く語ってくれました。
生徒たちは、講師の熱量に押されながらも食い入るように聴いていました。

最後に土屋建設株式会社 土屋昭様から、「私達の仕事は当たり前を守ることです。」というお話がありました。「蛇口ひねれば当たり前に水が出るように、当たり前の暮らしを守ることが建設業の大きな役割です。」

この座談会では先輩はじめ多くの方々から、未来を担う生徒たちに期待を注いでいただきました。
これを機会に生徒の意識に感謝、意欲、目標、プライド、使命感、などが芽生え、
生徒たちの心に変化が起こってくれればと切に願います。

文責 寺井賢一


               








【建築デザイン類型】 ~田中山学校林林産実習を実施しました~
田中山学校林にて林産見学実習を行いました。
去る
129 伊豆の国市田中山にある、本校学校にて建築デザイン類型二年生が林産見学実習を行いました。本校が農学校であった当時、植林や間伐他の実習を行っていた学校林ですが、
農業の学科がなくなってからは荒廃が進んでいます。


本類型では数年前から、生徒が学校林を訪れ下草刈りを行ない、あわせて業者による間伐作業を見学する実習を年一回行っています。年一回の作業ですが、毎年の積み重ねで、森の中はだいぶ木もれ陽がさすようになってきました。これからも、長く続けて少しずつでも森を良くしていきたいと考えています。

下草刈りの後、林業業者による推定年齢
5090年の桧木6本を伐木作業を見学しました。
倒した桧木は後日製材し、今回参加した二年生が三年生になってから教材として活用。

ベンチやテーブルなどの家具製作を行う材料にあてます。

単にものづくりをするだけでなく、森林や林業のことを思いやり、材を無駄なく大事に使おうという心を育てたいと願いこの事業に取り組んでいます。

実施するにはなかなか障害も多いですが、生徒の成長に有益な経験と信じて、できる限り続けていきたいと考えています。

文責 寺井賢一




【高校生ものづくり競技大会】 ~3位入賞!~
2AHRの下熊君 3位入賞!
昨日、科学技術高校で行われた高校生ものづくり大会木材加工部門に本校から三名が出場しました。
2AHRの下熊君は大きなミスなく作品を完成させ、堂々の3位入賞をはたしました。
惜しくも東海大会出場はあと一歩届きませんでしたが、本校初の快挙を達成してくれました!
14HRの長谷川君は全選手中最速で完成させ8位と健闘としました。
同じく14HRの紅一点、谷口さんは順位こそふるいませんでしたが練習を上回る好タイムで完成することができました。
今回は出場できなった控えの三名も会場に趣き、応援と会場運営の手伝いにあたりチームを支えました。
11月から練習を開始し、部活や授業課題とのやりくりで苦労しましたが、
部活動やクラスでもご協力いたたきました。
また、マイスターの高橋道安先生には熱心なご指導をいただきました。
お陰様で控え生徒も含め、チーム全員で大会を良い形で終えることができました。
ありがとうございました。お礼申し上げます。

文責:建築デザイン類型 寺井賢一

 


【建築デザイン類型】 ~高校生ものづくり大会にむけて~
高校生ものづくり競技大会まであと二週間をきりました。
一日練習をおこないました。
情報技術検定やCAD検定などの受験と重なり大変ですが、
意欲的に取り組んでいます。
今日は大幅にタイムを縮めることができました。
しかし、まだ制限時間内に完成させることができません。
来週以降は毎日の放課後練習で追い込みをかけます。

文責 建築デザイン類型 寺井





【大工技能検定&ものづくり技競技大会木材加工 特訓】
冬休み初日です。
検定合格と競技大会上位進出をめざし、
特訓中です。
講師は
高橋工務店 高橋道安 先生
伊豆職業訓練校 野田克典 先生
をおむかえしています。
技能検定2 1
技能検定3 7
ものづくり大会 5
13名で練習に取り組んでいます。


文責 建築デザイン類型 寺井賢一


前へ