静岡県立伊豆総合高等学校ホームページ

 
 
ホーム>学校活動>2022年度学校活動

  • 中学生向けのお知らせ
  • 2022年度学校活動
  • 2021年度学校活動
  • 修善寺大掃除
  • 新型コロナウィルス感染症対策
令和4年度 工業科 類型別 企業見学の報告
【実施内容】
1 日 時  令和4年5月12日(木) 12:40 ~ 17:00
2 場 所  株式会社 明電舎 沼津事業所(沼津市東間門)
3 参加者  工業科3年生 機械工学類型(12人)、電気電子類型(13人), 引率教員

【生徒の感想】
・説明担当の方のお話が分かりやすく、スイッチギヤや配電盤がどのように製造されているか、どのように使われているかを知ることができました。スイッチギヤは環境に配慮して真空遮断器を使い、製品の生産、試験から出荷までを一貫して一つの工場で行うことがとても凄いなと思いました。
・働きやすい職場づくりや環境に配慮した活動、地域活動にも貢献していて、私も働いてみたと思いました。
・社員の方が一生懸命働いている姿を見て、仕事って大変そうだな、格好いいなと思いました。自分の中で働くことのイメージができたのでとてもよい体験になりました。
【お礼】
お忙しい中、昨年に引き続き本校生徒の会社見学を実施させていただき誠にありがとうございました。


工業科3年生課題研究報告会(第1回)の開催
 工業科3年生3類型合同の課題研究報告会(第1回)が行われました。第1回は、各班がどのようなテーマを設定し、1年間どのように取り組んでいくかの発表です。
 本年度は類型共通コラボレーションテーマと各類型毎のテーマに対して、生徒が一人ひとり取り組み希望を提示し班を組んで進めていきます。
 類型共通コラボレーションテーマには「ものづくりを通して湧郷祭(文化祭)をもりあげよう」、「ものづくり交流で地域貢献」、「福祉支援活動」の大きなテーマが上がっています。 
 第2回は5月19日(木)の4限目に行う予定です。各班の着手の様子、計画の具体案などを発表する予定です。さてさて、各班がどのような活動をしてどんな研究成果をだしてくるのか、今後も逐次報告していきますのでお楽しみに。

 

生徒総会
4月27日(水)に生徒総会がありました。生徒総会は生徒会の最高議決機関であり、学校全体のことを考える貴重な機会でもあります。
議題としては、令和3年度生徒会会計決算報告及び令和4年度の生徒会予算案の提示がありました。
また、各委員会の委員長が活動予定を発表し、生徒会長からは今年度の湧郷祭文化の部の実施時期の変更と校則の改定について話がありました。
皆が代表者の話を真剣に聴いていました。生徒一人ひとりが「伊豆総合高校」の一員であるという自覚を持って、これからも生活してほしいと思います。


2年生 遠足
4月22日(金)に2年生は江ノ島、鎌倉方面へ遠足に行きました。
晴天の中、普段の教室では見せない姿を多く見せ、良い一日になったかと思います。
また班別での行動が主でしたが、12月に予定されている修学旅行に向けてもよい集団活動となりました。





3年生 総合的な探究の時間(未来伊豆探究)
4月25日(月)に、3年生は「総合的な探究の時間」(未来伊豆探究)がありました。
今日は「自分のよさ」について考えるワークショップを行いました。まずは自分自身で「自分のよさ」を考えた後に、グループのメンバーにも「自分のよさ」を考えてもらい、その結果を見比べて、表にまとめました。

このワークショップを通じて、自分では気づいていない「自分のよさ」や周りが気づいていない「自分のよさ」に気付くことが出来た生徒も多かったようです。

ある生徒の感想を紹介します。

「あまり関わりのなかった人に印象をきいてみて、それが面接などの印象につながってくると考えると、すごく参考になるし、自分しか知らない特徴については、もっと知ってもらえるようにしたいです。」




前へ
次へ