静岡県立伊豆総合高等学校ホームページ



伊豆総合高校が静岡の県立高校で初のユネスコスクールへの加盟を承認されました。 詳しくはこちらをご覧ください。
ユネスコスクールHP 
http://www.unesco-school.jp/

伊豆半島ジオパークが、日本ジオパークに認定されました。  伊豆総合高校 Facebook ができました  IZUSO Facebook


              ※「年間行事予定」は「学校案内」バナーよりお入りください
 
学校案内 ニュース 機械工学科 電気電子工学科 建築工学科 総合学科 部活動
ジオパーク・SPP お知らせ 事務室 ダウンロード 交通アクセス
 
ホーム>学校案内>学校概要

  • 学校概要
  • 学校長挨拶
  • 年間行事予定
  • 学校経営計画
学校概要
教育目標・教育方針

教育目標

(1) 生徒一人ひとりの個性を大切にし、多様な教育活動を通して、その可能性の開発を図ります。

(2) 地域社会の産業・文化を理解し、その発展に貢献できる人材を育成します。


教育方針

(1) 基礎・基本を重視するとともに、専門的な知識・技術の習得を図ります。

(2) 心身ともに健全で情操豊かな人間を育成します。

(3) 自主・自立の精神及び責任を重んじる態度を養います。

(4) 体験的活動を重視し、社会の変化に柔軟に対応できる能力を育成します。

(5) ガイダンス機能を充実するとともに、地元企業との連携を図り、望ましい職業観・勤労観を育成します。



校章


ハート形のデザインには、美しく、雄大な伊豆の山々や狩野の清流に思いを馳せ、郷土への愛、地域社会への貢献の願いが込められています。



校訓
 「無私の心」

  開校から4年目の本校には、これまで校訓がありませんでした。

 本年度初めから校訓制定の準備を始めて、湧郷祭文化の部に合わせ

 「無私の心」を校訓として制定しました。【校長】


 【校訓の制定にあたり】


  地球は、今、様々な意味で危うい状況にあると指摘されています。

 その危うさを招いているものの一つが、自分さえ良ければという気持

 ちや自分の利益を守ろうとする思い、すなわち私心です。これに対し

 て、持続発展可能な社会を目指そうという動きがあります。


  例えば、本校はユネスコスクールに加盟しておりますが、日本では、

 ユネスコスクールを「持続可能な開発のための教育(ESD)」の推進

 拠点と捉えています。


  私たちの住む伊豆半島においても、少子高齢化や人口減少といっ

 た問題があり、まさに持続発展への対応が強く望まれています。この

 ような状況の下、本校は、地域の発展に貢献する人材を育成する学

 校として、平成22年4月に開校しました。言うなれば、開校当初から、

 地球規模というマクロで考えても伊豆地域というミクロで考えても、こ

 れからの人や社会の在り方という重要な問題に立ち向かうことを使

 命としているのです。


  さて、持続発展可能な社会で活躍する人に、あるいは、地域の発

 展に貢献する人に、求められるものは一体何でしょうか。


  その最も基本的なものが「無私の心」であると考えます。まず、様々

 な危うさの根源の一つである私心を捨て去り、地球であったり地域で

 あったり仲間であったりする全体を思いやる気持ちをもつことです。


  しかし、それだけでは不十分です。全体のことを考えようとすると、

 そこには、おのずと自分の役割が生じます。一人一人が自分の役割

 をもって、その役割を果たしてこそ、全体が望ましい方向に動いてい

 きます。自分の役割は何であろうか、自分は何をすれば世の役に立

 つのであろうか、それを見つけ出すことは決して易しいことではありま

 せん。見つけ出すためには、自身の個性と能力を磨く必要があります。


  「無私の心」とは、私心を捨てて自分自身の個性を磨こうとする意欲

 です。この心をもった人々が絆で結ばれた社会は、必ず発展を続ける

 ことができるでしょう。


  これからの社会は、社会全体が持続発展しようという方向に向かい

 ます。そうでなければ、地域も国も地球もなくなってしまいます。その社

 会で活躍する人は、「無私の心」をもった人でなければなりません。


  本校で学ぶ若者が、「無私の心」をもって社会で活躍できる人となるこ

 とを期待します。


日課表



※曜日によって7限目が設定されている日もあります。

校納金等納入一覧表


平成29年度校納金等納入額一覧表