静岡県立伊豆総合高等学校ホームページ

トップ
 
ホーム>学校活動>2019年度学校活動

コンクリートの圧縮試験
令和元年9月3日(火)、工業科建築デザイン類型3年の授業にて、コンクリートの圧縮試験を行いました。
建築デザイン類型では、材料の破壊試験を行っています。これは素材の強さの限界を知ることで、各部材が壊れないような構造設計を考える機会としています。来週は鉄筋の引張試験を行います。
また、facebookでは動画を公開しています。是非ご覧ください。
   

なまこ壁製作開始
工業科では毎年3年生が課題研究という科目で、今まで学んだ専門知識、技能、技術を生かし、自らが考えた課題に取り組んでいます。建築デザイン類型では、昨年、一昨年とプール脇トイレのタイル張りを行ってきました。今年はその外壁をなまこ壁風にします。なまこ壁とは、平らな瓦の上になまこの形の漆喰を盛る壁のことです。伊豆は日本3大なまこ壁通りの1つであるため、なまこ壁の研究とともに製作にあたることになりました。今年も静岡県職業能力開発のものづくりマイスター制度を用いて、静岡県左官業組合のご支援を受けて製作にあたります。本日の作業は{下地調整 → 目地こすり → 下地塗り }でした。鏝の扱いは難しいですが、とても楽しんでいる姿が印象的でした。

  

令和元年度 中学生の高等学校一日体験入学【総合学科 体験授業】
8月2日(金)、本日は総合学科の一日体験入学が行われました。
はじめに、体育館にて学校の説明、総合学科の説明と総合学科3年生による『総合的な学習の時間』の取り組みについての発表が行われ、その後、希望する授業を受講しました。主な授業として、音楽ではギターの授業、理科ではスーパーボール作り、家庭科では『かつお節だけの出汁』と『昆布とかつお節の出汁』による味の違いの検証、数学ではipadを使った黄金比の授業、外国語はスペイン語の授業、国語では川柳作りなどです。

本校は全てのHR教室にプロジェクターが設置されており、ipadも80台あります。他にも、普通高校には無い介護設備や多くのパソコン室などを有しているため、本日もそれらを生かした特色ある授業が展開されました。放課後には部活動見学も行われました。暑い中、半日お疲れ様でした。

令和元年度 中学生の高等学校一日体験入学【工業科 体験授業】
8月1日(木)、本日は工業科の一日体験入学が行われました。
本校工業科には、機械工学類型、電気電子類型、建築デザイン類型の3つ類型があります。事前に体験入学希望の中学生には、この3類型の中から体験したい類型を1つ選択してもらい、その他の類型に関しては施設見学を行いました。
機械工学類型では、『機械を身近に感じてみよう』と題し、最新のレーザー加工機(3000万円)などを用いて、最新の金属加工を体験しました。
電気電子類型では、『スマートライトを作ろう!』と題し、回路の組み立てから、LEDの光り方をプログラムするまでの一連の流れを体験しました。
建築デザイン類型では、建築棟の各実習室を回りながら、①製図、②測量、③木工の3つの体験を行いました。ちなみに、最後の写真は測量機器を使う前に、歩いて距離を測っている様子です。
どの類型においても、中学校には無い施設や設備に驚いていたり、体験を楽しんでいる姿が印象的でした。暑い中、半日お疲れ様でした。



令和元年度1学期終業式、表彰式、生徒会役員任命式
7月22日(月)令和元年度1学期終業式が行われました。
終業式に先立ち、表彰式と生徒会役員任命式が行われました。
表彰団体及び生徒会長、生徒会副会長は以下のとおりです。
 レスリング部(5名)、自転車競技部(1名)、陸上競技部(2名)、テニス部(1名)、写真部(4名)、
 放送部(3名)、工業科電気電子類型(16名)、家庭科(17名)
 生徒会長 2MHR 萱間義人、生徒会副会長 2EHR 安藤航平、23HR 秋山瑞稀
おめでとうございます。また、宜しくお願いします。
1学期終業式の校長先生の話は谷亮子さんのことでした。努力を継続することの大切さについて話をし、生徒も真剣に耳を傾けていました。



前へ