静岡県立磐田西高等学校ホームページ
 
緊急対応『 道  自ら求め 自ら拓く 』登校許可証
 
ホーム>IWANISHIBLOG

  • いじめ防止対策
  • 学校案内
  • 学校紹介
  • 交通アクセス
  • 経営・評価
  • 学校生活
  • IWANISHIBLOG
  • 学習・補講
  • 学校行事
  • 部活動
  • 運動部
  • 文化部
  • 商業部
  • お知らせ
  • 中学生の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • PTAの皆様へ
  • 定期刊行物
  • 磐商アーカイブ
  • メール連絡システム
静岡県珠算選手権大会
 1月13日(土)、静岡労政会館において、平成29年度静岡県珠算選手権大会が行われました。以下のとおり結果を報告いたします。

◆個人総合競技

 優  勝 喜多野智大(21HR)
 2等1席 寺井 佐織(32HR)
 3等1席 本田 祐那(22HR)
 3等4席 永田茉奈実(22HR)
 3等7席 丸尾百芽香(11HR)

◆種目別

読上暗算競技
 2等1席 寺井 佐織(32HR)
 3等1席 喜多野智大(21HR)
読上算競技
 優  勝 寺井 佐織(32HR)
 3等1席 本田 祐那(22HR)
フラッシュ暗算競技
 3等1席 寺井 佐織(32HR)

多くの御声援ありがとうございました。

3学期始業式・表彰式
1月9日(火)に3学期の始業式・表彰式が行われました。以下はその要旨です。

◆始業式
校長先生のお話 
・3年生:受験は団体戦。いい仲間としてのつきあいを。
・2年生:3年生の0学期としての過ごし方を。
・1年生:東京研修をきっかけとしてこれからの2年間を考える。
・アンナプルナ登頂記序文より「山の峰々は一種の触媒である」
・お互いを触媒として大きく変化してほしい。
・あくまでも触媒。一人一人が自分を高め進んでほしい。

◆表彰式
全国商業高等学校英語スピーチコンテスト 全国大会
 スピーチの部 第3位 桑原マリオ(26HR)
 「MARIO'S LECTURE」
 ※1月7日(日) 全商会館(東京都新宿区)

 

2学期終業式・表彰式・壮行会
 12月22日(金)に表彰式・壮行会・2学期終業式が行われました。表彰者等は以下のとおりです。

◆表彰
・簿記珠算部(珠算) 全日本通信珠算競技大会(県大会)
 団体優勝
 個人優勝       32HR 寺井佐織
 個人二等       21HR 喜多野智大
・簿記珠算部(珠算) 全日本通信珠算競技大会(全国大会)  
 団体11位
・簿記珠算部(珠算) 東海地区商業実務競技大会       
 団体3位
 個人3位       32HR 寺井佐織
 個人8位       31HR 山本千裕
 個人佳良       21HR 喜多野智大
 読上暗算優勝    31HR 山本千裕
 読上暗算3等2席  22HR 本田祐那
・簿記珠算部(簿記) 静岡県高等学校簿記新人競技大会    
 2年の部団体準優勝
 個人準優勝      21HR 青島光佑
 個人4位        21HR 中山紫温
 個人5位        21HR 平田名央大
・マーケティング  
 ヤング草莽塾企画提案発表会
 最優秀賞       31・32HR選択者
 優秀賞        31・31HR選択者
 文書デザインコンテスト
 佳作         31HR 近藤 藍
 名古屋学院大学商学部POPコンテスト
 敢闘賞        31HR 森下いずみ
・書道部 富士山学生書写書道展
 優良団体賞
 県高等学校長協会長賞 14HR 寺田有沙
 審査委員長賞     24HR 大庭梨音
 審査委員長賞     25HR 匂坂美月
 奨励賞         12HR 大石祐歌
 奨励賞         21HR 鈴木日和
 奨励賞         25HR 永井陽那
・演劇部      
 静岡県高等学校演劇研究大会 優良賞
 静岡県高等学校演劇研究大会(西部大会) 優良賞
  最優秀演技賞     24HR 半場夢人
・保健課 薬物乱用防止ポスター・標語コンテスト
 佳作         25HR 井嶋 龍
・体育科 新体力テスト記録会
 男子優良校

◆壮行会
・全国商業高等学校英語スピーチコンテスト全国大会
 スピーチの部 桑原マリオ(26HR)
 ※ 1月7日(日) 全商会館(東京都新宿区)

 

富士山
 12月18日(月)、季節も冬となり空気が澄んでくると、本校から富士山を見ることのできる日が増えてきます。特に、北館・南館4階の窓から見える富士山は全容を見ることができます。教室移動中など、窓から見える富士山に癒される時期となりました。


球技大会
 12月15日(金)に球技大会が実施されました。2学期末試験を終え、すっきりとした気持ちで、生徒はクラスの勝利のため、思いっきり応援の声を張り上げていました。
 以下は、種目別の結果です。

◆男子バスケットボール
  優勝 36HR 2位 23HR 3位 24HR 
◆女子バスケットボール
  優勝 24HR 2位 34HR 3位 22HR
◆サッカー
  優勝 31・32HR 2位 34HR 3位 13HR
◆卓球
  優勝 35HR 2位 34HR 3位 25HR

  

あせふこの日(12月朝礼)
 12月1日(金)は「あせふこの日」として朝礼がありました。応援団長の八神志樹さん(25HR)の音頭に合わせ、全員で校歌を歌った後、保健委員会の研究発表がありました。発表者は、金原有佑さん(26HR)と疋田朱彩実さん(26HR)です。内容は「食生活について家族で育む『食』」についてでした。校内で実施したアンケートを基に食生活の傾向、マナー、関心事項などに関連して、現状・課題・提言等を分かりやすく説明してくれました。今回の発表を参考にして、今後の食生活等へ活かしてほしいと考えます。

 
 12月1日(金)は「あせふこの日」として朝礼がありました。応援団長の八神志樹さん(25HR)に合わせ、全員で校歌を歌った後、保健委員会の研究発表がありました。発表者は、金原有佑さん(26HR)と疋田朱彩実さん(26HR)です。内容は「食生活について家族で育む『食』」についてでした。校内で実施したアンケートを基に食生活の傾向、マナー、関心事項などに関連して、現状・課題・提言等を分かりやすく説明してくれました。今回の発表を参考にして、今後の食生活等へ活かしてほしいと考えます。

 

卒業生、静岡文芸大で活躍(平成27年3月普通科卒:竜洋中出身)
静岡文化芸術大学 文化政策学部に進学した生徒の所属しているゼミの研究発表が、「日本学生経済ゼミナール大会予選」で優勝し、本大会進出を決めましたとの知らせが大学から届きました。
 詳しくは、大学ホームページの記事  http://www.suac.ac.jp/news/success/2017/01447/ を御覧ください。

 放課後自習クラブ「西進(にっしん)ハイスクール」の講師としても、よく来校して、後輩の面倒を見てくれています。頼もしいOGです。

彼女の言葉です 
 「挑戦」
磐田西高は、普通科でも商業科の検定を受けることができるという特徴があります。私は秘書検定と日本電卓技能検定を取得しました。普段の勉強と部活動と検定取得を両立できたのは、友だちの支えや先生方の指導、整った環境のおかげだと思います。この検定取得により、私は知識と技能を身に付け、考え方を広げる機会になりました。高校生活で多くのことに挑戦し充実した三年間を過ごしてください。

磐田市長表敬訪問
 11月30日(木)、全国商業高等学校英語スピーチコンテスト 静岡県大会で優勝し全国大会出場を果たした桑原マリオ(26HR)さんによる磐田市長表敬訪問が行われました。結果報告、生徒紹介等の後、磐田市長より激励の言葉をいただきました。なお、静岡県大会の結果等は以下のとおりです。

◆全国商業高等学校英語スピーチコンテスト静岡県大会

 スピーチの部
 優勝
 桑原 マリオ(26HR)
 「MARIO'S LECTURE」

 ※ 全国大会:1月7日(日) 全商会館(東京都新宿区)

 

「ヤング草莽塾企画提案発表会」で本校生徒が最優秀賞・優秀賞
 11月25日(土)にワークピア磐田において「ヤング草莽塾企画提案発表会」が開催され、本校から2グループが出場しました。その結果は、以下のとおりです。

◆結果
 最優秀賞 「ふんどしすた~」
      服部恵実(32HR)宮村温子(31HR)吉田あみ(32HR)森下いずみ(31HR)
      ※提案要旨
       磐田新駅周辺開発。花による癒し効果。スケートボード場建設。Jubiloとしっぺいのコラボ。

 優秀賞  「WEST GIRLS CORECTION」
      阿部真菜香(31HR)岡本優香(31HR)近藤藍(31HR)四ノ宮楓香(31HR)
      ※提案要旨
       SNS(インスタグラム)の活用。魅力スポット開発。磐田市公式インスタグラム×学生。
       冊子作成配布。インスタ映えするモニュメント・建造物。

 本年度は、「笑顔あふれるまち磐田をつくろう」を研究テーマとして、6月の入塾式以来、調査・視察・研究・企画立案等を進めてきました。なお、この2グループは3年総合ビジネス科で「マーケティング」を選択している生徒です。

  

平成29年度東京研修(磐西1年キャリア研修旅行)
11月20日から22日の2泊3日で、東京の大学・企業等で体験型のキャリア研修をしてきました。
 目指す大学が見えきたり、何を学ぶために進学するのかが見えてきたり、企業がグローバルに活動しているのを目の当たりにして、例えば地元企業に就職するのにしても、世界とのつながりを意識することができるようになったり。
 そのためには、磐田西高で、3年間、自ら求め 何を どのように 勉強するのか強く意識することができるようになりました。
 

   
NHK                 OB講話 公認会計士         JAL     

    
国立国会図書館           中央大学                 ディズニーアカデミー

前へ