静岡県立磐田北高等学校ホームページ
 
 
ホーム>卒業生の方>おしらせ

H31.01.17 古時計が復活
 昭和32年3月卒業の卒業生が卒業記念品として贈呈していただいた時計。
実は、2年以上前に止まってしまい、そのままになっていました。

 この度、修理ができる時計屋さんを探して依頼したところ再び時を刻むよ

うになって戻ってきました。そして定位置に・・・。


     
  先日贈呈された絵画の横が定位置です。何事も無かったかのように
  振り子が動いています。

            
         60年以上前のアイチ時計製の時計です。

  
    

H31.01.10 卒業生から寄贈された絵画の掲示
 先月、59回卒業である石代節子様が、卒業50年の記念として本校に絵を
寄贈していただきました。また、卒業アルバムもご持参になり、合唱部だった
ことや関東大会出場のため修学旅行にいけなかったこと、木造の校舎がピン
ク色でとてもモダンだったことなどお話してくださいました。作品は熊本の河島
卓也氏の作品で、パステルを使った明るくさわやかな作品です。本当にありが
とうございました。
 この度、準備が整い正面玄関から入って左手に飾りました。

    
 贈呈式。右が卒業アルバムに掲載された木造校舎の写真です。
 ピンク色と分かります。

    
 玄関から入って左手です。地震でも落ちないようしっかりと付けました。

  

H30.08.26 第108回同窓会総会
 8月26日(日)、磐田グランドホテルにて、第108回同窓会総会が
開催されました。今年は5年次(104回)の方も参加し盛況でした。

  
   
  古山会長のあいさつで始まりました。議事終了後、原田茂吉

  先生のお話もありました。

  
  
  5年次(104回)、40年次(69回)に続いて年次発表のパワーを見せ

  たのが、50年次(59回)です。
 

  
  
  続いて、古山会長も加わって55年次(54回)、60年次(49回)。いずれ

  も替え歌で合唱、「北高時代」と「ぼけない小唄」・・・。

  
  
  65年次(44回)は80歳越えてもお若い。最後に皆で校歌を歌いました。


 総会に出席する年次とは、卒業後5年が5年次、以下10年、20年と10年

ごとに出ます。50年次から55年、60年、65年とまた5年ごとになります。
 節目に総会に集い、午後からは年次ごとの懇親会が開かれるようです。

  

H30.06.24 関西支部同窓会総会
 6月24日(日)13時から関西支部同窓会総会が開かれました。
会場はJR大阪駅近くのグランドフロント大阪にある「近畿大学水

産研究所」です。53回卒の高橋茂子さんが幹事をやっていただき、

45回から67回卒まで集まりました。

 会場はいわずと知れた近大マグロのお店。さすがに校歌は歌えま

せんでしたが、近況報告など親睦を深めました。茨木、吹田、高槻

にお住まいの方もおられ、18日朝の大阪府北部でおきた地震につ

いても話題になりましたが、出席者の皆さんのところでは大丈夫だ

ったようです。


   
 本部から会長さんをはじめ役員の方々、校長も出席しました。

 皆で海の幸を堪能しました。


H30.06.03 関東支部同窓会
 6月3日(日)東京の市ケ谷で今年も関東支部同窓会が開かれました。
40人近くの多くの方に集まっていただきました。石野支部長をはじめ

66回生の皆さんご苦労様でした。


 
 最初に、全員で記念撮影。会の終了時にはプリントできています。

  
 ホテルの掲示ではいくつか同窓会があるようです。今年は、手書きの式次第で演出。

  
 同窓会長のあいさつ。同窓会長、学校長、関東支部長の3ショット。

  
 手品もあります。関東一円から集まりました。名古屋からという方も・・・

  
 近況報告や出身中学、自転車登校やバス通学など話に花が咲きます。


 皆、健康に気を遣っていらっしゃるようでした。元気にまた来年お会いいたしましょう。

 

H30.05.21 昭和38年度卒業生の贈呈した鏡
 校舎の1棟と2棟の2階を結ぶ通路にスクールセンターと呼ばれる
ダンス部が練習で使う鏡の部屋というかホールがあります。

 そこに置かれたいくつかの鏡の中にタイトルの昭和38年度卒業生が

贈呈した鏡があります。昭和38年度というと昭和39年3月の卒業で

す。もう卒業生は70歳を超えていらしゃるのではないでしょうか。


    
 まだ、文字もくっきりと読むことができます。遠くから見るといくつかの鏡の
 一つですが…

  

H30.05.21 衣替え時期での合い服
 衣替えの時期ですが、今では一斉に替わるのではなく、合服、
夏服などが混在します。


    
  左が合服、右が夏服の長袖バージョンです。まったく色合いが
 逆ですね。襟の色も逆です。分かりにくいですが、合服は冬服

 のセーラーカラーのブラウスに紺のベスト、夏服はセーラーカ

 ラーのオーバーブラウスとなっています。




  

H29.10.21 筝部 全国大会に出場決定!
 10月21日(土)島田市民総合施設プラザおおるりにて、
平成29年度 第21回静岡県高等学校文化連盟 日本音楽専門部発表会

(平成30年度全国高等学校総合文化祭長野大会静岡県予選大会)が

行われました。

 本校をはじめ多くの学校では、箏(十三絃、十七絃)を用います。

 本校筝部は、佐藤敏直作曲の「風と光と空と」を演奏し、
見事
最優秀賞
(第1位)を受賞。来年8月長野県塩尻市で行われる
全国大会に出場
することになりました。

 静岡県の日本音楽専門部はレベルが高く、県代表校は全国大会でも、
何度も上位入賞を果たしています。本校も過去全国4位も。
 さあ、来年、がんばれ。

             ■大会会場で■
        


  

H30.04.10 さっ!みどり池?清掃
 4月10日(火)、玄関前にあるみどり色ににごった池があります。以
前から何回か浄化に取組んできましたがこれといった打開策はありま

せんでした。そこに1人の若い先生が、誰にも言われていないのに

「池の水全部抜く」と宣言。

 1人で黙々とその作業に取りかかりました。見かねた生徒も数人手伝
いに入り、数時間後・・・、何ということでしょう、きれいな水をたた

える清廉な池によみがえりました。


    
  みどり色の池の防鳥網をはずして池の中に入るW先生。
   「池の中の水を全部抜く」始まりです。

    
  春の陽気とはいえ、なかなか根気のいる作業です、魚も確保。

    
  よみがえった池、まるでプールのようです。魚も池に戻されました。


  

H30.03.30 離任式
 平成30年3月30日(金)離任式が行われました。ご退職、ご異動の
教職員の皆さんと名残惜しいお別れの会となりました。


        
  ご退職、ご異動、再任用の方、臨時講師の方と8人が壇上に上がりました。

   
  新井先生               柴田先生

    
  ロマノスキー先生          鈴村先生

    
  坂口先生               小田先生

    
  増尾主査               一場主査


  いつまでも磐田北高のことを忘れないで、応援してください。

   

H30.03.14 卒業生講話
 3月14日(水)に、今年度卒業した卒業生による講話が行われました。
 卒業生の進路先は、警察官や介護福祉士での就職、短大、専門学校、

4年制大学への進学など様々で、それぞれの将来実現のためのノウハウ

を語ってくれました。

 まだ1・2年だから大丈夫と考えている人は、この機会に将来につい

てのビジョンとそれに向かうための計画を立ててみましょう。


■卒業生講話の様子■
  
就職:中村さん(左)、八木さん(右)

  
進学:古川さん(左)、豊嶋さん(右)

  
進学:寺田さん(左)、鈴木さん(右)

  
進学:松島さん(左)、宮下さん(右)

  
進学:西畑さん(左)、大石さん(右)


  

H29.08.27 同窓会総会が開催されました
 8月27日(日)磐田グランドホテルにおいて、静岡県立
磐田北高等学校第107回同窓会総会が開かれました。

 議事終了後には、卒業からの何年かを示す年次と呼ばれる
各会からアトラクションの発表がありました。

   
 会長あいさつ、校長祝辞等と続き議事に入ります

   
 関東支部による活動報告があり、そして記念品贈呈

   
 年次発表のトップは30年次の着ぐるみダンス、次に40年次ズンバダンス

   
 50年次はフラダンス、55年次は合唱、お手製のベレー帽で

   
 60年次はなんとシャンソン、ピアノ伴奏もあり7?歳とは思えません、
    65年会(8?歳)は合唱、歌は「高校3年生」でした


  

H29.06.20 オルガン 浜松市楽器博物館へ寄贈
 古いオルガンが浜松市楽器博物館へ寄贈されました。
 本校初代校長が日本楽器製造(株)(現ヤマハ)に注文した山葉

オルガンの初期のもので、同窓会所蔵品としてさみどり会館に展示
されていました。
100周年にはその音色が披露されました。

■搬出の様子■

   
(左)さみどり会館に展示されていました。
(右)今ではめずらしいボタン式のオルガンです。

   
下に台車を置いての移動です。

   
丁寧に車に載せました。
トラックでの搬出かと思ったら、バンでした。

   
「さようなら」

   
オルガンが搬出され、まだ空虚感が漂っています。


夏頃には浜松市楽器博物館に展示したいとのことでした。
展示されたら、ぜひ見学に行ってください。



H29.06.18 関東支部同窓会
 6月18日(日)アルカディア市ケ谷で、平成29年度静岡県立磐田北高
等学校関東支部同窓会が開かれました。

 30回生から77回生まで50人近くの参加がありました。


 支部長の51回生の藤田信子さん、司会、写真、会計の67回生の

戸崎里美さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

 関東地区にお住まいの方、来年は是非!


 
       
       古山美津子同窓会長の挨拶


         
 
      喜寿のお祝い贈呈・・・

 
       
           元気いっぱい、67回生を中心にパチリ・・・


           また、来年もお会いしましょう・・・

 

H29.06.11 第27回磐田北高同窓会浜松地区総会
6月11日(日)ホテルコンコルド浜松において、第27回磐田北高
同窓会浜松地区総会が開催されました。
 70人近くの出席があり盛大に行われました。


   
 議事の後の講演会では手作り家具工房「スタジオ・マエストロ」の
山口氏が「好きなことを楽しく」~木のぬくもりと共に~と題して
手作り家具作家になった経緯や「カフェ・マエストロ」土日5食
限定幻のカレーなど楽しいお話でした。その後、声楽家である奥様
の歌、そして皆で合唱しました。


 
  
 懇親会では、テーブルごとに話に花が咲き、最後に皆で新旧の
校歌をそれぞれ1番ずつ歌って閉会しました。

 

 同窓生の作品も展示されていました。




H29.06.03 さみどり祭 同窓会の部屋
 ことしもさみどり祭では同窓会の部屋が設けられ、同窓生の
さまざまな作品が出品されました。

 部屋では訪れた同窓生同士で話に花が咲いて大変活気があり

ました。なお、作品の一部は同窓会浜松支部総会でも展示されます。


    

    


開かずの南入口
 正門の東に南入口と書かれた門があります。本校に長く勤務している教職員に聞いてみても開門した記憶はないといいます。
 そこで本校OGの教職員に聞くと、高校時代に「かめのこ坂」を登った後利用したといいます。


 以前、このすぐ横にさみどり会館が建っていました。さみどり会館の前を抜けて昇降口に回ったのでしょうか。詳しいことは分かりません。


 
  
こんなところに、門が?? でも閉まったままで利用されていません。


 
  
「東」ではなく、「南」、「出入口」ではなく「入口」。名前も不思議です。

署名、落款らしいものが側面にあります。



かめのこ坂
 同窓生から時々話題に上るのが「かめのこ坂」のことです。
 以前、北高の正門から左(東)へ抜ける急な坂がありました。その坂は「かめのこ坂」

と呼ばれていました。竹やぶだった、暗かった、狭かった、急だった・・・さまざまな印象

とともに語られます。

 どうして「かめのこ」なのか「亀の子」なのか「亀の甲」なのか分かりません。今は、

そこを横切る自動車道路が開通したため一部階段化されましたが、どうも下のほう

は痕跡らしき坂が残っていますので、今回調べてきました。


 
  
 北小のほうから来てここを左に曲がると「かめのこ坂」と思われます、

 曲がるとつぎはぎの路面です


  
  
  良く見るとこんな模様。とすると「亀の甲」だったのでしょうか。


  
  
 右半分は「亀の甲」ではなくなっています、道路を渡ると急な階段となります。


  
    
階段から振り返ると、道路で分断され舗装された「かめのこ坂」の名残…

矢印で示したところです。もう少し上ると北高が見えてきました。



年次委員会開催
11月14日(月)、第107回同窓会総会に向けての年次委員会が開催されました。会の始めに同窓会長から同窓生の活躍の様子を、校長先生から北高の現在の様子をお話していただきました。その後、年次同窓会について、役員から説明がありました。

第107回同窓会総会  平成29年8月27日(日)9時30分から磐田グランドホテルにて実施されます。

以下の方が来年度、同窓会の年になります。


75年会 見女33回  昭和18年3月卒業
     磐女18回  昭和18年3月卒業
70年会 磐女23回  昭和23年3月卒業
65年会 43回    昭和28年3月卒業
60年会 48回    昭和33年3月卒業
55年会 53回    昭和38年3月卒業
50年会 58回    昭和43年3月卒業
40年会 68回    昭和53年2月卒業
30年会 78回    昭和63年3月卒業
20年会 88回    平成10年3月卒業
10年会 98回    平成20年3月卒業
 5年会 103回   平成25年3月卒業


今後、年次委員より同窓会の連絡がいくと思います。ぜひご出席下さい。

卒業生の絵画作品の掲示
 本校卒業生である版画家の佐々木(旧姓村上)暁子氏の作品が、同窓会を通じて
本校に飾られることになりました。


 佐々木氏は、平成3年3月に本校を卒業し武蔵野美術大学へ進学、武蔵野美術大

大学院造形研究科美術専攻版画コースを修了し、活躍されています。

 神奈川県在住ですが、2003年には静岡県立美術館で行われた静岡NEW ART「

わたしの居場所」展に作品を寄せ、地元出身の若手作家として注目されました。

 10月17日(月)同窓会長さんはじめ役員の方から校長に手渡されました。


 
  
   同窓会長さん、役員の方々と   展示は玄関正面大時計のすぐ横です


          

左となりの絵画は高42回(第80回)卒業生寄贈の新象作家協会会員河村家正先生の

作品です
ちなみに村上さんは翌高43回(第81回)卒業ですのでこの作品を学生のときにご覧に

なっているのでは?

前へ