静岡県立磐田農業高等学校ホームページ
 
概要 高校生活 学校行事 進路 非常時の対応 お知らせ 同窓会 PTA活動
 
ホーム>高校生活>生産系

  • 年間行事計画
  • 生産系
  • 環境系
  • 食品系
  • 授業風景
  • 表彰
  • 部活動紹介
  • 部活動記録
  • 部活動
  • 生徒会
  • 生徒会活動
  • 農業クラブ
  • 農業クラブ活動
  • 国際交流
  • 生徒心得
生産科学科 授業風景 アピタへプランター設置
平成30年6月27日(水) 「総合実習」にて、生産科学科3年 草花専攻生14人でアピタ磐田店へプランターを設置しました。

来店される際はぜひご覧ください。

  

  


生産科学科 授業風景 講師招請事業「花束作り」
平成30年6月8日(金) 科目「草花」にて、講師の先生をお招きし生産科学科草花専攻生14人が花束作りを行いました。

講師は、内山 准子先生です。

今回は2回目のフラワーアレンジメントということで、花束作りの基本である「スパイラル」を学びました。
「スパイラル」とは、茎をらせん階段のように一定方向に束ねていく手法です。

内山先生の手向きを一生懸命に真似しながら、何とか作り上げることができました。

内山先生、ありがとうございました。

  

  


出前授業 生産科学科
平成30年6月8日(金) 磐田市立豊田中学校に出前授業のため生産科学科職員が訪問しました。
分野「農業」には27人の生徒さんと多くの保護者の方が参加してくださり、本校の紹介のあと、キキョウの鉢替えを行いました。

生徒さんと保護者の方々は楽しそうに作業を行っていました。
農業に少しでも興味を持つきっかけになればと思います。

  

生産科学科 授業風景 駅前装飾
平成30年5月29日(火) 科目「課題研究」にて、生産科学科3年草花専攻生11人が明治安田生命の方々と協力して磐田駅周辺にプランター設置を行いました。

設置した所は、磐田駅北口いわしん前、磐田駅北口コンビニ横、磐田駅北口東側駐輪場、磐田駅南口交番前の4箇所です。毎年、本校の生徒だけで行っていた地域貢献活動でしたが、今年は明治安田生命磐田営業所の方々10名と協力して設置しました。

設置しながら様々な話をすることができました。磐田駅を利用する際はぜひご覧いただきたいと思います。

  

  


生産科学科 授業風景 農林大学校にて切花実習
平成30年5月28日(月)科目「草花」にて生産科学科3年草花専攻生14人が農林大学校に訪問し切花実習をさせていただきました。

切花専攻生の方にご指導をいただきながらカーネーション・バラ・トルコギキョウの収穫、出荷調整をさせていただきました。

初めての切花収穫だったため慎重に作業することを心掛けました。貴重な実習をさせていただき大変勉強になりました。ありがとうございました。

  

  

  

  

生産科学科 授業風景 講師招請「母の日」
平成30年5月11日(金) 科目「草花」の授業にて、講師の先生をお招きして生産科学科3年草花専攻生14人が母の日のアレンジメントを作成しました。

講師の先生は、内山 准子先生です。

バッグタイプのアレンジメントで、容器から手作りで作成しました。
初めてのアレンジメントでしたが先生のご指導のもと、日頃の感謝を感じながら丁寧に作ることができました。

  

  

生産科学科 授業風景 花文字の作成
平成30年4月5日(木)、生産科学科3年草花専攻生14人が入学式に向けて花文字の作成を行いました。
入学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 

生産科学科2年生 インターンシップ
平成30年1月30日(火)~2月1日(木)の3日間、生産科学科2年生41人が農業法人17箇所でインターンシップを行いました。

花屋やチンゲンサイ農家、農業資材屋など、様々な業種を学びました。
生徒は真剣に仕事に取り組む事ができました。

この経験を進路決定に役立ててもらいたいと思います。

  

  

  

 

生産科学科 ふじのくに食と花の都の祭典 フラワーアレンジメント大会参加
平成30年1月13日(土) ふじのくに食と花の都の祭典 フラワーアレンジメント競技に生産科学科2年生4人が出場し、その内2人が銅賞を受賞しました。

参加したのは生産科学科2年生
小柳津 桃香さん(銅賞受賞)、山中 愛理さん(銅賞受賞)、永田 こうめさん、渡邊 夏光さんの4人です。

作品制作中は来場者に360度見られ、1時間で仕上げなければならないという、今まで体験したことのない環境の中、4人の生徒は堂々と作品制作に取り組んでいました。

多くの出場者の作品を直に感じ、大変勉強になった大会でした。
指導してくださった内山先生、ありがとうございました。

  

  

  

  

授業風景 11HR農業と環境
平成29年11月28日(火) 「農業と環境」にて11HRでダイコンの加工実習を行いました。
漬物用品種「新八洲」という細長くなるダイコンを収穫・乾燥させたものを樽に漬け込みました。初めて漬物を漬ける生徒が多く、塩分計算や樽の入れ方など興味津々な様子でした。

どのように漬かるのか過程をしっかり観察しながら約1ヶ月間漬け込みます。

  

  

 

授業風景 生産科学科 課題研究発表会
平成29年11月28日(火) 科目「課題研究」にて生産科学科の科内発表会を行いました。
学習を通して自らが、疑問に感じた事柄について、この1年かけて研究した成果を発表しました。

この発表会で校内大会に出場する団体を決めるため、生徒はみんな真剣に発表に取り組んでいました。

  

生産科学科 フラワーアレンジメント
平成29年11月24日(金) 「草花」の授業にて講師の内山先生をお招きし、生産科学科3年草花専攻生13人がクリスマスアレンジメントを作りました。

今年は「スワッグ」という壁飾りを作りました。もみの木をベースに様々な植物やオーナメントを付けて完成となります。

生徒は一生懸命、全体のバランスを考えながら作っていました。

今年度の講師招請事業はこれが最終回となります。
内山先生、ご指導ありがとうございました。

  

  

生産科学科 授業風景 いずみ第3保育園交流
平成29年11月7日(火) 課題研究にて、生産科学科3年草花班の10人が、いずみ第3保育園の年長さん31人と草花を使った交流を行いました。

まつぼっくりを使ったクリスマスツリー作りと押し花を使ったしおり作りを行いました。
園児たちは楽しそうにまつぼっくりに触ったり、パンジーやビオラの押し花を「キレイ」と言いながら積極的に作ったりしていました。

あっという間の交流活動でしたが、園児たちに農業の楽しさを伝えることができた交流でした。

  

  

生産科学科 授業風景 フラワーアレンジメント ハロウィン
平成29年10月25日(水) 講師の内山先生をお招きして、生産科学科3年草花専攻生9人がハロウィンのアレンジメントを作成しました。

今回のアレンジメントは、「平らに挿すのではなく凹凸を意識して、怖いイメージを出す」ことを意識し、また花の挿す場所は自由で自分の感性で作成しました。同じ花材を使用しているのに、一人一人違う作品になるのがアレンジメントの魅力だと感じました。

コウモリが飛び交い、少し不気味な作品の出来上がり。
Trick or Treat!!!! Happy Halloween☆

  

  

  

第16回全国高等学校フラワーアレンジメントコンテスト出場
平成29年10月21日(土)22日(日) 全国産業教育フェア秋田大会 第16回全国高等学校フラワーアレンジメントに生産科学科2年 小柳津 桃香さんが出場しました。

当日まで使用する花材は公表されず、緊張と不安でいっぱいでしたが堂々と作品製作することができました。
結果、入賞することはできませんでしたが、小柳津さんにとってとても貴重な経験となりました。

外部講師の内山先生に、丁寧なご指導をいただきました。ありがとうございました。

  

  

生産科学科 授業風景 課題研究「花班」老人ホーム訪問
平成29年10月17日(火) 課題研究にて、生産科学科3年草花専攻生10名が訪問し、花かるたと寄せ植え体験を行いました。

花かるたは生徒のアイデアで作成し、読み札の内容は花の知識を楽しく伝えることができるよう工夫しました。
また、本校で栽培している花を持参し寄せ植え体験を行いました。
趣味で作られている利用者様もいて楽しく作業を行うことができました。

利用者様たちとの交流は勉強になることも多く、とても素晴らしい体験となりました。
ありがとうございました。

  

  

  

生産科学科 アグリマイスター(シルバー)取得
平成29年9月1日(金) 生産科学科3年生2名にアグリマイスター顕彰制度のシルバーの称号が授与されました。

アグリマイスター顕彰制度とは、資格取得や検定合格、各種農業クラブ競技・コンクールの成績を得点に換算し、総得点数に応じてプラチナ・ゴールド・シルバーの称号を与えるものです。

シルバーの称号が授与されたのは生産科学科3年
伊藤 和正(いとう かずまさ) さん
渡邊 美勇(わたなべ みゆう) さん

の2名です。

おめでとうございます。


生産科学科 フラワーアレンジメントコンテスト出場
平成29年7月27日(木)富岳館高校にて 第3回フラワーアレンジメントコンテスト静岡大会 兼 第27回全国産業教育フェア秋田大会予選会が行われ、本校の生産科学科2年生が7人参加しました。

本大会は、大会当日に花器・花材が発表され1時間内に自分の作品を作る、技術力や発想力が求められる大会です。

生徒たちは時間内に思い思いの作品を作ることができ
21HR 小柳津 桃香さんが優秀賞2位に入賞し、全国大会への切符を手にしました。


その他、参加生徒の成績は以下の通りです。
【金賞】 21HR 山中 愛理さん  渡邊 夏光さん
【銀賞】 21HR 有永 ひかるさん  大石 恵理さん  川島 颯希さん
【銅賞】 21HR 池之谷 陽向さん


全国大会は10月下旬に秋田県で行われます。頑張ってください。

  

  

  

  

中学生一日体験入学 生産科学科
平成29年8月3日(木)・4日(金)の二日間に中学生一日体験入学を行いました。

生産系 草花講座では、生産科学科3年 草花専攻生が先生となって中学生に模擬授業を行っています。
普段は受けるだけの授業を自分で行うことで、伝えることの難しさや理解してもらうにはどうしたらよいか考える良い機会となるためです。

今年は多肉植物の寄せ植えを行いました。
事前に自分で作成してみた結果、やりやすい方法やコツを中学生に上手に伝えることができました。

また、中学生や保護者の皆様も楽しみながら作業を行っていました。
この体験で農業に興味・関心を持っていただけたら、大変嬉しく思います。

  

 

生産科学科 授業風景 花束作り
平成29年6月2日(金) 講師の内山先生をお招きして、生産科学科3年草花専攻生13人が「スパイラル」という技法を使って花束作りを行いました。

「スパイラル」とは、らせん状に花を束ねていく手法です。
らせん状に束ねていかなければ、花が折れてしまう可能性があるため、花束の基本手法となります。

  

  

慣れてしまえば簡単な作業ですが、初めて取り組む生徒たちは悪戦苦闘しました。
先生の力を借りてラッピングまで、何とか完成させることができました。
内山先生、ありがとうございました。

前へ