静岡県立磐田農業高等学校ホームページ
 
概要 高校生活 学校行事 進路 非常時の対応 お知らせ 同窓会 PTA活動
 
ホーム>学校行事>平和を願う日

  • 入学式
  • 部活動見学
  • 新入生歓迎会
  • 防災訓練
  • 集団宿泊研修
  • 生徒総会・農ク総会
  • 田植え実習
  • 学校農業クラブ意見発表校内大会
  • 校歌(応援)練習
  • 平和を願う日
  • 野球応援
  • 講話・講座
  • 中学生一日体験入学
  • 修学旅行
  • 体育大会
  • 澄水祭
  • プロジェクト発表校内大会
  • 球技大会
  • 卒業式
  • 花販売
令和元年度 「平和を願う日」
「志」と「学業」を半ばにして戦争の犠牲となった、かつての5名の在校生を慰霊し、令和元年5月16日(木)に、平和を願う式典を行いました。

 農場の生産科学棟の近く、丸山みかん園の一郭に「平和の願い」の碑が本校百周年を迎えた平成8年5月19日に建立されました。これは戦争の犠牲者となった5人の生徒を慰霊するとともに平和を願うため、当時の同級生が中心となり基金を募り建てた慰霊碑です。
この碑文には当時の惨状が刻まれています。


碑文(抜粋)
 この日、生徒達の一部は勤労動員に一部は学校実習に分かれ、それぞれの場所で作業に汗を流していた。10時50分空襲警報発令、各所で作業中の生徒達は、近くの防空壕に避難した。飛来する米軍機は猛爆の雨を降らせ、空は暗く風はよどみ、相次ぐ爆音と不気味な落下音は続いた。
 11時13分、校内に落弾した5発の内の一発は、至近弾となり丸山茶園南側の防空壕、前方わずか5メートルに落下した。身を伏す瞬間炸裂した弾片爆風は容赦なく壕内を襲った。悲惨極まりない壕内の惨状はただ絶句するのみ。一蓮托生5人の学友は、一朝にして幽明境を異にした。罪なき若い命をも奪う無謀な戦争のもたらす無慈非な凶行に非憤慷慨を覚えざるを得ない。
 将来を嘱望するわが子を失った遺族の悲嘆を察すると、涙を流し哀悼せざるを得ない。亡き友を偲ぶ中、慰霊碑建立の機運高まり殉難者の冥福を祈るとともに恒久の平和と母校の発展を祈念し、この碑を建つ。




  

  


平成30年度 平和を願う日
「志」と「学業」を半ばにして戦争の犠牲となった、かつての5名の在校生を慰霊し、平成30年5月18日(金)に、平和を願う式典を行いました。

 農場の生産科学棟の近く、丸山みかん園の一郭に「平和の願い」の碑が本校百周年を迎えた平成8年5月19日に建立されました。これは戦争の犠牲者となった5人の生徒を慰霊するとともに平和を願うため、当時の同級生が中心となり基金を募り建てた慰霊碑です。
この碑文には当時の惨状が刻まれています。

碑文(抜粋)
 この日、生徒達の一部は勤労動員に一部は学校実習に分かれ、それぞれの場所で作業に汗を流していた。10時50分空襲警報発令、各所で作業中の生徒達は、近くの防空壕に避難した。飛来する米軍機は猛爆の雨を降らせ、空は暗く風はよどみ、相次ぐ爆音と不気味な落下音は続いた。
 11時13分、校内に落弾した5発の内の一発は、至近弾となり丸山茶園南側の防空壕、前方わずか5メートルに落下した。身を伏す瞬間炸裂した弾片爆風は容赦なく壕内を襲った。悲惨極まりない壕内の惨状はただ絶句するのみ。一蓮托生5人の学友は、一朝にして幽明境を異にした。罪なき若い命をも奪う無謀な戦争のもたらす無慈非な凶行に非憤慷慨を覚えざるを得ない。
 将来を嘱望するわが子を失った遺族の悲嘆を察すると、涙を流し哀悼せざるを得ない。亡き友を偲ぶ中、慰霊碑建立の機運高まり殉難者の冥福を祈るとともに恒久の平和と母校の発展を祈念し、この碑を建つ。



  

  



平成29年度 平和を願う日
「志」と「学業」を半ばにして戦争の犠牲となった、かつての5名の在校生を慰霊し、平成29年5月19日(金)に、平和を願う式典を行いました。

 農場の生産科学棟の近く、丸山みかん園の一郭に「平和の願い」の碑が本校百周年を迎えた平成8年5月19日に建立されました。これは戦争の犠牲者となった5人の生徒を慰霊するとともに平和を願うため、当時の同級生が中心となり基金を募り建てた慰霊碑です。
この碑文には当時の惨状が刻まれています。


碑文(抜粋)
 この日、生徒達の一部は勤労動員に一部は学校実習に分かれ、それぞれの場所で作業に汗を流していた。10時50分空襲警報発令、各所で作業中の生徒達は、近くの防空壕に避難した。飛来する米軍機は猛爆の雨を降らせ、空は暗く風はよどみ、相次ぐ爆音と不気味な落下音は続いた。
 11時13分、校内に落弾した5発の内の一発は、至近弾となり丸山茶園南側の防空壕、前方わずか5メートルに落下した。身を伏す瞬間炸裂した弾片爆風は容赦なく壕内を襲った。悲惨極まりない壕内の惨状はただ絶句するのみ。一蓮托生5人の学友は、一朝にして幽明境を異にした。罪なき若い命をも奪う無謀な戦争のもたらす無慈非な凶行に非憤慷慨を覚えざるを得ない。
 将来を嘱望するわが子を失った遺族の悲嘆を察すると、涙を流し哀悼せざるを得ない。亡き友を偲ぶ中、慰霊碑建立の機運高まり殉難者の冥福を祈るとともに恒久の平和と母校の発展を祈念し、この碑を建つ。

  


  


平成28年度 平和を願う日
「志」と「学業」を半ばにして戦争の犠牲となった、かつての5名の在校生を慰霊し、平成28年5月19日(木)に、平和を願う式典を行いました。

 農場の生産科学棟の近く、丸山みかん園の一郭に「平和の願い」の碑が本校百周年を迎えた平成8年5月19日に建立されました。これは戦争の犠牲者となった5人の生徒を慰霊するとともに平和を願うため、当時の同級生が中心となり基金を募り建てた慰霊碑です。
この碑文には当時の惨状が刻まれています。


碑文(抜粋)
 この日、生徒達の一部は勤労動員に一部は学校実習に分かれ、それぞれの場所で作業に汗を流していた。10時50分空襲警報発令、各所で作業中の生徒達は、近くの防空壕に避難した。飛来する米軍機は猛爆の雨を降らせ、空は暗く風はよどみ、相次ぐ爆音不気味な落下音は続いた。
 11時13分、校内に落弾した5発の内の一発は、至近弾となり丸山茶園南側の防空壕、前方わずか5メートルに落下した。身を伏す瞬間炸裂した弾片爆風は容赦なく壕内を襲った。悲惨極まりない壕内の惨状はただ絶句するのみ。一蓮托生5人の学友は、一朝にして幽明境を異にした。罪なき若い命をも奪う無謀な戦争のもたらす無慈非な凶行に非憤慷慨を覚えざるを得ない。
 将来を嘱望するわが子を失った遺族の悲嘆を察すると、涙を流し哀悼せざるを得ない。亡き友を偲ぶ中、慰霊碑建立の機運高まり殉難者の冥福を祈るとともに恒久の平和と母校の発展を祈念し、この碑を建つ。

  
8時35分 慰霊碑の方を向き、1分間の黙とうを行いました。

  
8時36分 黙とう後、生徒の代表が、献花しました。



御冥福をお祈り申し上げます。