静岡県立磐田農業高等学校ホームページ
 
概要 高校生活 学校行事 進路 非常時の対応 お知らせ 同窓会 PTA活動
 
ホーム>高校生活>国際交流

  • 年間行事計画
  • 生産系
  • 環境系
  • 食品系
  • 授業風景
  • 表彰
  • 部活動紹介
  • 部活動記録
  • 部活動
  • 生徒会
  • 生徒会活動
  • 農業クラブ
  • 農業クラブ活動
  • 国際交流
  • 生徒心得
平成28年度タイ王国との相互交流事業 フレンドリーパティー
平成28年9月29日(木)、フレンドリーパーティーを行いました。

フレンドリーパーティーでは、手巻き寿司やみたらし団子などの日本食と、タイの伝統食をいただきました。
  
言葉によるコミュニケーションは難しいけれど、「おいしい」という笑顔は世界共通です。

  
吹奏楽部の演奏。日本の文化であるアニメの曲を中心に演奏しました。

  
タイの生徒のみなさんに、剣玉のプレゼント。

平成28年度タイ王国との相互交流事業 ポップカンマイ式
平成28年9月30日(金)、ポップカンマイ式を行いました。
ポップカンマイ式とは、お別れ式のことです。


  

タイ伝統の演舞や記念品の贈呈を行いました。
平成28年9月30日(金)、ポップカンマイ式を行いました。
ポップカンマイ式とは、お別れ式のことです。


  

タイ伝統の演舞や記念品の交換を行いました。

平成28年度タイ王国との相互交流事業 受入式・記念植樹
平成28年9月27日(火)~10月3日(月)、タイ王国との相互交流事業で、タイ王国パヤオから生徒・職員を受け入れました。

平成28年9月27日(火)、受入式、記念植樹を行いました。

  
受入式            記念植樹平成28年9月27日(火)~10月3日(月)、タイ王国との相互交流事業で、タイ王国パヤオから生徒・職員を受け入れました。

平成28年9月27日(火)、受入式、記念植樹を行いました。


  

受入式            記念植樹

海外派遣研修の報告
平成27年12月17日(木)、海外派遣研修の報告を行いました。

平成27年8月17日(月)から8月24日(月)までの8日間、第6回タイ生徒派遣事業が行われました。生徒8名(1年2名、2年3名、3年3名)と教員3名が参加しました。

  

タイ研修を映像と説明で報告しました。

平成27年度 タイ王国パヤオ農工専門校相互交流事業
平成27年8月17日(月)から8月24日(月)までの8日間、第6回タイ生徒派遣事業が行われました。生徒8名(1年2名、2年3名、3年3名)と教員3名が参加しました。

バンコクでは歴史ある寺院やサクラ工業㈱タイ工場(本社浜松市)を見学し、チェンライ、アユタヤでは、庭園、寺院、遺跡を見学し、象乗りも体験しました。

4日間、パヤオ農工専門校に滞在し、授業参加や食文化交流会、レクリエーション大会等により、生徒・教師共交流を図りました。

  

チェンライにて象乗り               サクラ工業タイ上場見学              パヤオ農工にて記念植樹


 
 
ドイトウンにてメー・ファー・ルアン・ガーデン見学 歓迎会にて浴衣で踊る               歓迎会にてタイ民族ダンス


  

パヤオ農工歓迎セレモニー             農業実習(薬草による防虫剤作り)         田植え実習


  

食文化交流(書道)                食文化交流(書道)                食文化交流(抹茶・すし等)


  

食文化交流(タイ料理)              アユタヤ「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」見学  アユタヤ遺跡見学

平成27年度 タイ王国生徒派遣交流事業 結団式
平成27年7月21日(火)に平成27年度 タイ王国生徒派遣交流事業に伴う結団式を行いました。
タイ王国へ研修に行く生徒たちは、
「この研修で得ることを今後の生活に活かしたいです。」など、それぞれ決意表明をしました。

タイ王国へは、8月17日(月)~8月24日(月)の1週間滞在し、現地の農工専門学校やバンコク郊外へ行きます。

※参加生徒は以下の9名です。
12HR 兼沢 美月(可美中学出身)
15HR 木下 鼓乃美(豊岡中学出身)
25HR 市川 愛美(袋井中学出身)
25HR 増田 萌恵(附属浜松中学出身)
25HR 矢部 朱音(袋井南中学出身)
33HR 高野 紗恵(磐田南部中学出身)
35HR 中村 亜依(周南中学出身)
35HR 野末 日菜子(湖西中学出身)

  

  
平成27年7月21日(火)に平成27年度 タイ王国生徒派遣交流事業に伴う結団式を行いました。
タイ王国へ研修に行く生徒たちは、
「この研修で得ることを今後の生活に活かしたいです。」など、それぞれ決意表明をしました。

8月17日(月)~8月24日(月)の8日間、パヤオ農工専門校での交流事業やチェンライでの研修を行います。

※参加生徒は以下の8名です。
12HR 兼沢 美月(可美中学出身)
15HR 木下 鼓乃美(豊岡中学出身)
25HR 市川 愛美(袋井中学出身)
25HR 増田 萌恵(附属浜松中学出身)
25HR 矢部 朱音(袋井南中学出身)
33HR 高野 紗恵(磐田南部中学出身)
35HR 中村 亜依(周南中学出身)
35HR 野末 日菜子(湖西中学出身)

  

  

平成26年度第3回ブラジル生徒派遣交流事業
平成26年8月15日(金)から8月26日(月)までの11日間、ブラジル生徒派遣交流を行いました。
ブラジルの農業及び農業教育を学び、静岡県人会との交流を通して静岡県人及び本校同窓生が築いた南米大地での偉大な足跡に触れ、国際理解を深めます。

詳細はPDFでダウンロードできます。




平成26年8月15日(金)から8月25日(月)までの11日間、ブラジル生徒派遣交流を行いました。
ブラジルの農業及び農業教育を学び、静岡県人会との交流を通して静岡県人及び本校同窓生が築いた南米大地での偉大な足跡に触れ、国際理解を深めることができました。


詳細はPDFでダウンロードできます。






オーストラリア生徒受入交流事業
平成26年6月30日(月)に、オーストラリア・メルボルンの私立ケビンズ・カレッジの高校生24人が来校し、校内見学や授業見学、授業体験を行いました。

授業体験では、
・園芸デザイン(草花)・・・桜の押し花を使用してしおり作り
・栽培技術(野菜)・・・野菜や果物の糖度検査や栽培作物の紹介
・食品流通(果樹)・・・ オーストラリアとの輸出入の実態、お茶の試飲
・総合実習(食品)・・・パンの製造
を行いました。
オーストラリアの生徒さんたちは、積極的にコミュニケーションを取ってくれ、本校生徒と楽しく授業が行えました。日本語を勉強している生徒さんが多く、「日本には興味がある、面白い」と言ってくれました。

  
桜について生徒が英語で説明したあと、一緒にしおり作りをしました。
オーストラリアの生徒さんたちと楽しく交流しながら、素敵なしおりができました。

  
校内の環境制御施設などを説明したあと、トマト・スイカ・メロンの糖度検査をしました。
試食の時は、スイカが人気で、「おいしい」と言いながら食べていました。

  
オーストラリアとの輸出入について、スライドを用いて説明しました。
お茶の輸出量が増えているということで、お茶の入れ方を学んだり、試飲をしました。

  
パンの製造をしました。
オーストラリアの生徒さんたちは、真剣に説明を聞き、パンの成型に取り組んでいました。

  
授業のあとは昼食会を開き、授業で交流できなかった本校生徒の多くが一緒に昼食をとりました。
本校生徒も、オーストラリアの生徒も楽しく話しながら写真を撮ったりしました。

今回の交流では、とても貴重な体験ができました。

国際交流の報告

平成24年度 タイ王国生徒派遣交流事業

平成23年度 ブラジル生徒派遣交流事業

平成22年度 タイ王国生徒・教員受入交流事業

平成21年度 タイ王国生徒派遣交流事業