静岡県立伊東高等学校全日制ホームページ
 
伊高の出来事学校案内進路部活動PTA活動高校入試お知らせ卒業生の方へアクセス
 

  • 進路状況
伊東高校 進路シラバス
伊東高校進路シラバス
伊東高校での3年間の進路学習は、進路実現を目指すことだけではありません。地域に貢献することはもちろん、これからの社会でも通用する「学び続ける姿勢」をもった人材を育成できるように、計画的に準備されています。様々な学習や進路イベントを通して、少しずつその実現に向けて学びを進めていきます。

伊東高校で自分の「進路」を広げませんか?
 皆さんは「進路」という言葉から何をイメージしますか?進路という言葉自体の意味は「進んで行く道」です。だから、君たちがこれからどんなことをしていきたいかという夢を、自由にイメージすれば良いわけです。
 幸福な人生とはどんな人生か。様々な条件があると思いますが「仕事にめぐまれていること」は重要な条件です。自分の能力や特性が十分発揮できる仕事、社会に貢献でき、やりがいと誇りを持てる仕事、そして自分の興味や関心の持てる仕事。そんな仕事にめぐまれ毎日を充実して送ることができたなら、きっと君たちは幸福な人生だと感じられるのではないでしょうか。


 そのためには学力はもちろん、コミュニケーション能力などの様々な能力が必要です。しかし、能力があっても、その仕事に必要な適性と自己の能力とが合わなければ、やりがいをもってその仕事に取り組むことはできません。

 つまり、自分の適性を客観的につかんだ上で、自分に適する分野についての情報を十分に集めなければならないということです。その過程で、絶えず検討と修正を繰り返しながら最良の道を見つけることが、進路に関しての正しい態度といえるでしょう。


 上述した通り、将来の職業をある程度選択して、自分の進路を決定していかなければなりませんが、AIの発達により、「現在ある職業の47%はなくなる」という論文が発表され世界が衝撃を受けました。実際、世界は凄まじいスピードで変化しており、2020年にはコロナ禍で経済は大打撃を受け、リモートワークが進み、新たな生活様式が確立されてきています。この状況を誰が予想できたでしょう。現在、皆さんが考えている職業も今後変化していく可能性があります。また、どれだけの職業を現段階で知っていますか?身近な人の職業、テレビで見た職業から自分の職業を決めていませんか?


 これからの時代を考えたとき、職業をベースにした従来の考え方から「自分の学びたいことは何か」という学問をベースにした進路選択をすべきだと伊東高校は考えます。例えば、大学での学問のあり方は、自分の興味ある分野を選択し、一つのテーマについて深く掘り下げて学び、研究するというものです。自分が本当に学びたいことを研究することが、充実した学生生活に繋がり、その後の生き方に大きな影響を及ぼします。

 そのために、高校生活の中で自分が本当に興味を持っている分野や学問は何か?そのためにはどのような力を身に付けなければならないか?それらを伊東高校で探していきませんか?


皆さんとともに学べることを楽しみにしています!