池新田高等学校ホームページ
 
学校案内学校生活部活動進路情報中学生の皆さんお知らせ交通アクセス
 
ホーム>部活動>野球

第99回全国高等学校野球選手権静岡大会1回戦
7月9日(日)に第99回全国高等学校野球選手権静岡大会1回戦が行われ、本校は掛川球場にて浜松北高校と対戦しました。

結果は 本校 1ー9 浜松北

でした。3年生はこの大会をもって引退となります。

応援にきてくださった皆様、ありがとうございました。

10月1日、10月2日の試合
10月1日は三島南高校と練習試合を行いました。

結果は 1試合目 池新田 1 - 9 三島南
      2試合目 池新田 1 - 13 三島南  でした。

朝から雨が降る中でしたが最後まで試合をやりきることができました。三島南高校は秋季大会で県大会に出場したチームで非常に力のあるチームでした。1試合目は1点を先制したもののすぐに返され、後半は引き離されてしまいました。チーム内で雰囲気を作ることができず、1日を通して元気のない試合をしてしまいました。

10月2日は浜松江之島高校と練習試合を行いました。

結果は 1試合目 池新田 2 - 4 浜松江之島
     2試合目 池新田 6 - 5 浜松江之島  でした。

前日とは雰囲気も変わり、良い雰囲気で2試合を戦うことができたと思います。周りへの声掛け、元気を出すなど誰でもできることをしっかりやれるチームになっていきたいです。ウォーミングアップ不足で1試合目の前半はうまく攻撃がつながらず、最終回に2点を取るのみになってしまったことを反省点として、次回の試合につなげられれば良いと思います。

人数が少ない中でやっていて、相手チームや父母会の皆さんに支えていただいて毎週の練習試合ができていることを忘れず、感謝の気持ちを持って日々の練習や試合に取り組んでいきたいと思います。

感謝!!

8月6日、8月7日の練習試合

  ↑練習試合後の選手ミーティングの様子です。(数名はかなり疲れているようです・・・)

8月6日は池新田高校にて吉原高校と練習試合を行いました。

結果は 池新田 3 - 5 吉原
     池新田 3 - 9 吉原  でした。

どちらの試合も点を取れるチャンスはありました。得点力のアップが前チームからの課題です。
打撃+走塁を絡めた攻撃ができるように練習や練習試合でチャレンジをしていかなくてはなりません。

8月7日は池新田高校にて新居高校と練習試合を行いました。

結果は 池新田 7 - 19 新居
     池新田 12 - 7 新居  でした。

1試合目は久しぶりに大量失点をしてしまいました。被安打24と、投手にとっては、打たれてしまった時にどういう工夫ができるかを考えさせられる試合となりました。

これで秋季大会前に残された練習試合は1試合のみとなりました。
自分たちが今できることを1つずつ丁寧にやることを目標にしていきます。

現在、リオ五輪が開催されていますが、ある競技の選手たちのインタビューを聞いていると「メダルを獲る」ことよりも「自己ベストを出す」というコメントが多かったように感じました。
自分たちのベストを尽くすことが結果的にメダルにつながると信じて競技を行っているのだと思います。

私達も15日の大会初戦でベストが尽くせるように、この1週間準備をしていきたいと思います。

感謝!!

8月5日 秋季大会対戦校決定!!


本日(8月5日)、秋季大会の抽選会が行われ、対戦校が決定しました!

8月15日(月)掛川球場第一試合 掛川東高校と遠江総合高校の勝者です!

公式戦でまず1勝することを目標にして、日々の練習に取り組んでいます。

練習試合もこれまで数試合行っています。大会までの試合数も残り少なくなってきました。

1試合1試合で成長できるように、毎日の目標を明確にして取り組んでいきたいと思います。


8月2日、3日に練習試合を行いました。

8月2日は、神奈川県の白山高校と練習試合を行いました。

結果は 池新田 2 - 5 白山  でした。

白山高校が御前崎市で毎年合宿を行っているため、今回の試合を行うことができました。
元気があってキビキビしており、学ぶべき点が多くありました。
県外のチームと試合ができたことは、非常に良い刺激になったと思います。


8月3日は、藤枝総合運動公園野球場で藤枝東高校、誠恵高校と練習試合を行いました。

結果は  池新田 1 - 1 藤枝東
      池新田 2 - 1 誠恵   でした。

最近の数試合では、なかなか得点できずに苦しんでいます。
しかしながら失点が少なく、ランナーを出しながらも耐えながら守り抜けたことは、
次につながる良い経験だったと思います。
このような緊張感のある試合で、力が発揮できるようにならなくてはなりません。
プレッシャーのかかる場面でバントが決められる、与えられた役割を果たすことができる
選手たちに成長していってほしいと願っています。



対戦校も決まり、ここからは大会に向けての準備の時期です。
最高の準備をして、大会に臨めるようにしていきます!

感謝!!