池新田高等学校ホームページ
 
学校案内学校生活部活動進路情報中学生の皆さんお知らせ交通アクセス
 
ホーム>学校案内>校長あいさつ

地域と共に ~御前崎市唯一の高等学校として~
 本校は、大正8年に、初代校長丸尾謙二先生が私財を投じ、笠南(りゅうなん)農業補習学校として設立されました。昭和22年に県に移管され、静岡県立池新田農学校と改称されました。昭和23年の学制改革により現在の名称である、静岡県立池新田高等学校に改称されました。地域の政治・経済を担うリーダーを始めとして、大学教授、芸術家やオリンピック選手等が輩出され、御前崎地域の中核的教育機関としての役割を果たしてきました。現在も、地域の期待に応えられるよう、類型別の少人数授業等の日常の授業を基盤とし、各種進路行事により進路実現に向けた教育活動を行っています。

 平成25年度は文部科学省の研究指定「英語によるコミュニケーション能力・論理的思考力を強化する指導改善の取組」を受け授業改善に取り組みました。平成26・27年度には、文部科学省の「外部機関専門機関と連携した英語指導力向上事業」の指定を受けました。平成28年度からはこれまでの蓄積をさらに定着、発展させるために、静岡大学教育学部三浦孝名誉教授の御指導を仰ぎながら校内の自主的な研修を継続しています。

 新しい時代のニーズに呼応し、日々授業改善に励む教育実践は、英語科のみならず全ての教科・教員に波及しています。平成27年度からは、浜岡中学校区スクラムスクール運営協議会の一員として、御前崎市スクラム・スクール・プランを利用した授業公開等に参加し、地元中学校との連携を進めています。また、本校の公開授業週間には義務教育諸学校の先生方に授業を見ていただき、高校と小中学校との相互の教育内容や指導方法の情報交換を行っています。

 平成31年度に本校は、創立百周年の節目の年を迎えます。初代校長丸尾先生が定めた校訓「礼譲」「勤労」「協同」を大切にし、服装・マナー指導の徹底、基礎学力の充実、きめ細やかな進路指導、人権教育や共生教育等の心のユニバーサルデザインの推進を重点としております。平均年齢37.4歳の若く、活力ある、熱心な指導を行う先生のもと、恵まれた施設(ゆとりのある5階建て教室棟、野球専用グラウンド、2つの体育館等)で安心・安全な学校生活を送ることができる本校を、多くの方が目指していただければと思います。地域を愛し、地域から頼りにされる人材を育成するため、さまざまの分野の方々とスクラムを組み、本校生徒の力を最大限に引き出す指導を実践してまいります。
                                      


静岡県立池新田高等学校長