静岡県立天竜高校春野校舎HP
ホーム>学校紹介>学校の様子

平成30年度 卒業証書授与式
3月1日、卒業生25名が多くのご来賓の方々、保護者の方々、先生方、後輩たちに見守られながら、3年間通いなれた春野校舎を巣立っていきました。
 25名全員が堂々と胸を張って、校長先生から卒業証書を受け取りました。答辞では、卒業生代表の河合絢華さんが努力を重ねた3年間を振り返るとともに、支えてくれた方々に感謝する想いを伝えました。
 卒業生の未来に幸あれ!
   

1年生総合学習「春校アワー」最終日
 1年間、地域のお母さま方と料理をつくったり、専門の先生に本格的に茶道を習ったりしていた春野校舎伝統の地域性豊かな総合学習「春校アワー」も2月で年度の最期を迎えました。お祝いの料理を作ったり、楽しいゲームをしたりして、思い出をつくりました。

百人一首大会
1月9日(水)に毎年恒例の全校生徒による「百人一首大会」が行われました。2~4人のグループを25チーム作り、チーム戦で行われました。
 対戦方法は、それぞれ自陣に50枚ずつ札を並べ、自陣の札がなくなった方が勝利となる「源平合戦」で行いました。全チーム3回戦を戦い、3年生の天野莉奈さん(春野中出身)、松田大空君(春野中出身)のチームがグループ部門で優勝しました。3年生チームは、どのチームも強敵で下級生チームは苦戦していましたが、どのチームも最後まで諦めることなく、札に集中して戦いを楽しんでいました。
   

冬季球技大会
12月20日(木)、2学期終業式の前日、冬季球技大会を行いました。種目は、バスケットボールです。第1、第3Qを女子チーム、第2、第4Qを男子チームが試合をするクラス対抗で行われました。最初に3チームずつのリーグ戦が行われ、その結果から上位3チーム、下位3チームに分けてのトーナメント戦で順位を競いました。
 熱戦の結果、優勝は31HR・Bチーム、準優勝は31HR・Aチームとなりました。さすが3年生!抜群のチームワークを1、2年生に見せつけての優勝、準優勝でした。
   

商品開発 スコーン販売
春野茶好コーンを販売しました!
はるの産業まつり 11月17日(土)

 商業類型3年(13名)が、はるの産業まつりで『春野茶好コーン』を販売しました。
 地元特産の春野茶を使用したスコーンを考案し、自分たちで製造しました。
 浜北区のスコーン専門店『Haru』さんからアドバイスをいただき、試作を繰り返し商品化しました。
 販売当日は、お客様からお褒めの言葉や温かい声援をたくさんいただきました。ありがとうございました。
 今後も春野の良さをPRしていきたいです。


第55回 校内マラソン大会
11月16日(金)、小笠山総合運動公園において「校内マラソン大会」を行いました。男子8㎞、女子5㎞の周回コースを参加生徒全員が完走することができました。風もなく、快晴の空の下、生徒たちが心地よい汗を流し、精一杯走る姿が印象的でした。
    

春老連の方々とのふれあい交流会
11月7日(水)、秋晴れの日の午後、春野地区老人クラブ連合会のみなさんに本校にお越しいただき、1年生と交流会を行いました。体育館では輪投げ、立志舘でフォークダンス、そしてふれあい公園でグラウンドゴルフをそれぞれ教えていただきながら楽しみました。
 それぞれの活動を楽しんだ後の茶話会では、お茶とお菓子を囲んでとても和やかな時間を過ごすことができました。
    

天竜文学賞最終選考会
9月25日(火)に二俣校舎で行われた「高校生のための読書アクション『天竜文学賞』」最終選考会に行ってきました。
高校生が、高校生に読んで欲しい本を話し合いで決めるというものです。
今年は、桜町はる先生の『僕たちの小指は数式でつながっている』に決まりました。

春野であんしん川遊び!2018~救助法を学ぼう~
水難救助法講習&川遊び体験(9月19日)
 商業類型2年(15名)は、ビジネス基礎の授業で春野町の魅力を発信する取り組みをしています。
 今年度もクリークサウンド(磐田)のスタッフの方に講師を依頼し、指導していただきました。
 この講習で、川の危険箇所や救助方法を学ぶだけでなく、気田川の素晴らしさと川遊びの楽しさを知ることができました。この情報を発信し、多くの人に春野町の魅力を知ってもらいたいです。








新体力テスト
9月13日(木)、5・6時間目に「新体力テスト」を実施しました。50m走は、グラウンドの状態が一部不良だったため、後日実施となりましたが、その他の種目については全て実施することができました。
 シャトルランでは、健脚を誇る先生方も生徒とともに、限界にチャレンジしました。周囲の声援を受け、生徒たちは自分の目標突破を目指して精一杯取り組みました。

  

生徒総会・東日本大震災被災地訪問研修報告
9月12日(水)6限に、体育館にて「生徒総会」が行われました。生徒会長の菅沼玲希君の挨拶を皮切りに、平成30年度後期専門委員会および後期部活動それぞれの目標、活動内容等が示され、承認されました。
その後、生徒会から10月3日に実施される体育大会について、クラス旗の製作、生徒会種目の説明が行われました。
 引き続き、「東日本大震災被災地訪問研修報告」が行われました。この研修は静岡県の高校生の代表が被災地を訪れ、地元の高校生や被災した方々と交流し、高校生の視点で問題意識を持つことと研修で学んだことを周囲へ啓発していこう、という取り組みです。本校からは22HRの柴田実衣奈さんが選ばれ、8月に岩手県大槻町での研修に参加しました。大槻町の震災時の様子と現在の様子、震災当時に高校生が感じていたこと等を紹介した後、「ひとごとではない、静岡県に生きる私たち」ということで、今後発生することが予想される南海トラフ地震についても触れ、高校生としてできることはなにか、を全校生徒に投げかけました。
 

「はるのマスコットキャラクターコンテスト」優勝者・中田さん表彰
9月3日(月)、本校生徒会主催の「はるのマスコットキャラクターコンテスト」で優勝した、春野町在住の中田文美さんをお招きして、表彰式を行いました。表彰式では、生徒会長の菅沼玲希君から表彰状と副賞をお渡ししました。中田さんは、「春野町に少しでも貢献できれば、という思いでデザインを考えました。」と今回のコンテストに応募してくださった思いをお話してくださいました。
今後の取り組みとして、生徒会ではキャラクターの名前を募集し、本年度中には決定していく予定です。

 
 9月5日(水)静岡新聞記事

2学期始業式
9月3日(月)、2学期の始業式が行われました。校長先生からは、「学校での学びは、未来を考える力となる。先生方には生徒の『学ぶ力』と『考える力』の育成をお願いしたい。そして、生徒諸君は『Think、think、and think!』」という話がありました。
また、2学期の始まりにあたり、各学年の代表者による「生徒スピーチ」が行われました。3年生代表の花田倭君からは、後輩たち、同級生たちそれぞれへ向けた力強いメッセージが発信されました。

   

中学生一日体験入学
8月1日(水)に「中学生一日体験入学」を行いました。連日の猛暑が続く中での実施でしたが、中学生の皆さんは大変熱心に説明に耳を傾け、意欲的に体験授業に参加してくれました。また、多くの保護者の皆様にもご参加いただきました。ありがとうございました。
 以下、中学生のみなさんのアンケートに寄せられた声を少し紹介します。
「先生も先輩もみんな優しくて安心して過ごすことができました。今日だけで高校のいろいろなことを知ることができ、これからの進路選択に役立ちました。」
「今回の体験入学で一番よかったのは、先輩たちの学校についての説明で、とてもわかりやすかったです。」
「先生が生徒一人ひとりのことをしっかり見てくれるのは良いことだと思いました。」など

    

7月20日 1学期終業式
終業式に先立って、1学期に活躍した生徒たちの表彰式を行いました。実用英語検定2級合格をはじめ、様々な場面での活躍を表彰しました。また、生徒会長・副会長の認証式も行われました。
 その後、ALTのAvah先生の離任式を行いました。先生はALTとしての任期を終え、母国に帰国されます。大変流暢な日本語で、離任のあいさつをしてくださいました。最後は温かな拍手でお送りしました。
 その後行われた終業式では、織田校長先生から「リスペクト」についてのお話がありました。「春野校舎をリスペクトであふれた学校にしよう」という提言があり、生徒たちは真剣に聞き入っていました。
 最後に、各学年の代表者による生徒スピーチが行われ、1学期で思い出深かったことや、頑張ったことなどを発表しました。

   

交通安全教室を行いました
7月20日、明日からの夏休みを前に、1年生を対象とした「交通安全教室」を行いました。高校生になり4ヶ月。登下校を含め行動範囲も広がったことに加え、新しい生活に慣れてきたことによる気の緩みなども出てくる時期だと思います。そこで、学校を離れて生活することが多くなる夏休みに入る前に、交通指導員さんに来校していただき、実施しました。
 また、本日は個人情報をSNSで発信することの怖さや、絶対にしてはいけない他人を誹謗中傷することについてもお話いただきました。

 

平成30年度生徒会選挙
7月11日(水)6限のLHRの時間に、「生徒会立会演説会」及び「生徒会選挙」が本校体育館で行われました。まずは、会長候補者と応援者、その後、副会長候補者と応援者の演説がそれぞれ行われました。いずれの候補者も堂々と所信表明を行い、生徒たちは真剣にその演説に聞き入っていました。
その後、天竜区の選挙管理委員会よりお借りした、実際の選挙で使用される投票箱等を利用して投票が行われました。
 3年生の中には、18歳となり選挙権を有する生徒もいます。主権者としての意識を高めることにも役立った生徒会選挙となりました。
   

春校の充実した補習
 春野校舎では、進学希望者には多くの進学校と同様の「スタディサプリ」を使った進学補習を、個々で操作できるiPADで行っています。大勢でスクリーンを見る他校に比べ、個々のペースに合わせて学習できます。一方、基礎学力補習を教員とマンツーマンに近い形で行い、学びなおしにも力を入れています。年間を通じて週2回と夏休みにも1週間連続で実施します。こうして生徒は高い進学の夢をかなえたり、中学で不安だった高校の授業にも対応できるようになっていきます。

薬学講座
6月20日(水)6限に、学校薬剤師の松本健先生をお招きして、「一般薬の正しい使い方」について講話をしていただきました。実際に市販薬についている説明書を参考にしながら、薬を飲む際に注意すべきことを学びました。また、薬を飲む際にジュースやお茶で飲むとどうなるか、ということなどを実験により教えていただいたので、大変理解が深まりました。                                    

     
                                   

朝読書スタート!
4月11日より、本年度も朝読書がスタートしました。
8時30分からの10分間、生徒も教員も好みの本を読み進めます。学校全体が静寂に包まれるこの時間を経て、落ち着いた雰囲気で、1時間目の授業に臨んでいきます。


前へ