静岡県立浜名特別支援学校
 
小学部中学部高等部緊急時の対応お知らせ
給食室保健室作業製品

'
ホームへ戻る
  • 今日の給食
  • 献立表
  • おたより
7月7日(火) ふるさと給食週間2日目「きゅうり」
『<七夕の献立:地元食材「きゅうり」白須賀の小池さん>洋風混ぜ寿司、星形ハンバーグ、枝豆とコーンのソテー、すまし汁、七夕ゼリー、牛乳』

 湖西市の食材:米:あいちのかおり(尾崎さん)、きゅうり(小池さん)、オクラ(山本さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)


 

 今日は七夕ですが、あいにくのお天気ですね。でも、浜名の給食にはたくさんの星がちりばめられていました。子ども達が「わ~!かわいい~♪」と、喜んでくれました。
 洋風まぜ寿司には、湖西市白須賀小池さんのきゅうりを1cmの角切りにして加えました。カリカリの食感が楽しいです。その他、ハム、チーズ、錦糸卵、ごまを加えて、サラダ風のお寿司になりました。暑い季節には、さっぱりとしたサラダ寿司が食べやすくておすすめです。子ども達も、モリモリ食べてくれました。

7月6日(月) ふるさと給食週間1日目「冬瓜」
『ごはん、鮭のこがね焼き、ひじきとチーズの和風サラダ、冬瓜のみそ汁、ブルーベリーゼリー、牛乳』

 湖西市の食材:米:あいちのかおり(尾崎さん)、冬瓜(加藤さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)、ほうれん草(愛知県)


  

 今日から金曜日までの5日間は「ふるさと給食週間」です。地元生産者さんの農作物を使ったメニューで給食を楽しむと同時に、地元のおいしいものや生産者さんの顔を知る機会にします。初日の今日は、白須賀加藤さんの冬瓜です。

 加藤さんは冬瓜をハウス栽培しています。宙にぶら下がって生っている冬瓜の姿がとても面白いですね。地面に転がしていないので、皮に傷ができにくいそうです。きめが細やかで軟らかく、とてもおいしい冬瓜です。今日はかつお節でとっただしで煮て、豚汁にしました。「冬瓜をかむと、後からじゅわ~っとおいしいおつゆが出てきて、とてもおいしかったです。」と、高等部3年のTさんがニコニコ話してくれました。

7月3日(金) みんなの「おすすめ献立」始まりました
『<高等部2年1組のおすすめ献立>ごはん、チキンカツ、野菜のおひたし、たまごスープ、アイスクリーム(チョコ)、牛乳』

 湖西市の食材:米:あいちのかおり(尾崎さん)、小松菜(石田さん)、玉ねぎ(佐藤さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)、青じそ(愛知県)


 

 今年度も各クラスのおすすめ献立が始まりました!高等部2年1組が最初を飾ってくれました。

 高等部2-1の一番のおすすめはほうれん草のお浸しでした。でも、先日の大雨の影響でほうれん草が傷んでしまい、今日の給食のほうれん草が届けられなくなってしまったと、業者さんから連絡がありました。それで、ほうれん草の代わりに地元の小松菜の生産者さん(石田さん)にお願いをして、小松菜を届けていただきました。私たちの給食は、毎日の天候に大きくかかわっていることを、今日のことで生徒たちは学んだと思います。

 今日のおすすめ献立は大好評!みんなニコニコでした。(次回のおすすめ献立は、小学部3年生です。)

 

7月1日(水) お米の種類が変わりましたか?
『ごはん、春雨と豚肉のオイスター炒め、ツナと切干大根のサラダ、みそ汁、牛乳』

 湖西市の食材:米:あいちのかおり(尾崎さん)、切干大根(佐藤桂子さん)、生きくらげ(静岡ラボ 木村さん)、玉ねぎ(佐藤昭一さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)


 

 春雨と豚肉(にんにく醤油で下味つけしておいたもの)と野菜をごま油で炒め、こくのあるおかずに仕上げました。中華的な味付けは、ごはんによく合いますね。このような炒め物を好きな子供たちは多く、苦手な野菜があっても春雨や豚肉と一緒にモリモリ食べてくれました。

 先週からお米の種類が、「にこまる」から「あいちのかおり」に変わっています。このことにいち早く気づいてくれたのが給食委員長のUさんです。にこまるよりも小粒ですが、ふんわりとお米らしい甘い香りがする「あいちのかおり」。「お米の種類が変わりましたか?」と声をかけてくれました。感性豊かな浜名の子ども達の給食づくりは、やり甲斐があります。

7月2日(木) 豆を食べよう!
『食パン、ブルーベリージャム、ポークピカタ、ポテトサラダ、ウインナーとお豆のトマトシチュー、牛乳』

 湖西市の食材:じゃが芋(宇藤さん)、きゅうり(小池さん)、玉ねぎ(佐藤昭一さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)、ピーマン(愛知県)


 

 今日の トマトシチューには子ども達が大好きなウインナーと、金時豆を入れました。食物繊維の摂取基準を満たすことにいつも苦労しています。豆を入れるとたくさんの食物繊維が摂れるので、給食では色々なメニューに使っています。豆は子どもの嫌いな食材と言われますが、甘く煮た金時豆や五目煮にした大豆などは人気があります。白いんげん豆や金時豆をトマトで煮た料理も好評です。
 豆は水でもどしてから炊くと時間がかかるので手間のかかる食品ですが、最近は色々な豆がそのまま食べられる形状で市販されているので、とても手軽な食材になりました。そのまま彩りよく野菜やチーズと盛り合わせれば、おしゃれなサラダになります♪