小学部中学部高等部緊急時の対応お知らせ
給食室保健室作業製品
 



10月19日(月) りんごの種類
『<食育の日:旬の食材「りんご」>肉うどん、いろどりかき揚げ、りんご(長野県産:シナノスイート)、牛乳』

 湖西市の食材:さつま芋(浜名湖ファーム近藤さん)、小松菜(石田さん)、生しいたけ(潮見坂朝日さん)
地域の食材:牛乳(引佐)




 りんごの季節になりました。りんごの種類は世界で15000種類、日本国内には2000種類もあるそうです。今日は長野県林さんの「シナノスイート」というりんごが届きました。シナノスイートは肉質が硬めで歯触りがよく、甘い果汁が豊富なりんごです。給食で出るりんごの種類だけでも覚えられたらいいですね。

 今日はとても肌寒い雨の一日だったので、温かいうどんは喜ばれました。めんメニューは、塩分がどうしても規定の2.5g以下に納まらないのですが、少しでも塩分を減らすための工夫として、だしを濃くとるようにしています。今日は、昆布とさば節、かつお節を贅沢に使用し、じっくり時間をかけてだしを取りました。(普段のみそ汁は、煮干しを主流にとっています。)かき揚げをうどんつゆに浸して食べている子がたくさんいました。だしがしみ込んだかき揚げもまた格別です。

10月16日(金) 秋のおすすめ献立(高等部1年1組)
『:<高等部1年1組のおすすめ献立>秋の炊き込みごはん、ツナとポテトの卵焼き、さくさくサラダ、みそ汁、さつま芋と栗のタルト、牛乳』
 
 湖西市の食材:米:こしひかり(尾崎安平さん)、さつま芋(浜名湖ファーム近藤さん)、きゅうり(小池さん)
地域の食材:牛乳(引佐)、しめじ(静岡)


               炊飯前の釜はきのこでいっぱい! ↑

 今日は高等部1年1組のおすすめ献立でした。高1-1では、秋においしい食材にこだわって考えてくれました。きのこ、さつま芋、栗など、秋らしい献立になりました。炊き込みご飯には舞茸、しめじ、しいたけの3種類を使いました。みそ汁には、浜名湖ファーム近藤さんの甘くておいしいさつま芋(紅はるか)を使いました。朝の給食室は、食材でいっぱい!きのこの山ができていました。調理員さんはいつもより1時間早く来てくれた方もいて、朝からフル稼働でした。

 きのこがたくさん入ったご飯は、きのこが苦手な子どもには辛かったかもしれませんが、「ごはんがおいしかった」と言ってくれた子が多かったです。ふっくらと厚く焼けたじゃが芋とツナの入った卵焼きも、好評でした。デザートのタルトは、秋らしい栗の風味がしました。和食好きの高1-1らしい献立でした。

10月15日(木) 「チャウダー」ってどんな料理?
『コッペパン、マカロニミートグラタン、野菜のチャウダー、バナナ、牛乳』

地域の食材:牛乳(引佐)


 

 チャウダーは、アメリカの代表的なスープのことで、具だくさんに煮込んだスープを意味します。「クラムチャウダー」の「クラム」は、アサリやハマグリなどの二枚貝のことです。 同じアメリカでも、地域によってチャウダーの特徴が分かれ、白いクリーム仕立てなのが「ニューイングランド風」、トマトを加えた赤いスープ仕立ては「マンハッタン風」、澄んだ魚介のスープ仕立ては「ロードアイランド風」なのだそうです。今日のチャウダーは、ニューイングランド風ですね。

 少し涼しくなってきましたが、これから寒くなるとこういうスープがおいしいですね。今日はじゃが芋、ほうれん草、玉ねぎ、人参を煮込んで作りました。野菜たっぷりでしたが、子どもたちは思い思いの食べ方で、おいしそうに食べてくれました。

全ての記事を見る