小学部中学部高等部緊急時の対応お知らせ
給食室保健室作業製品
 

  • 学校概要
  • ご案内
  • 小学部
  • 中学部
  • 高等部
  • 行事
  • 生徒会&部活動
  • PTA
  • 学校評議委員会
  • 年間行事計画
  • 給食室
  • 保健室
  • 進路
  • 研修
  • 緊急時の対応
  • スクールバス
  • お知らせ


6月3日(水) ぷりぷりの生きくらげ
『五目チャーハン、揚げ餃子、ワンタンスープ、杏仁豆腐(甘夏みかん入り)、牛乳』

 湖西市の食材:米:にこまる(尾崎さん)、生きくらげ(静岡ラボ木村さん) 、玉ねぎ(佐藤昭一さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)、たけのこ(静岡県)、にんじん(愛知県)

 
                                      ↑木村さんと「きくらげの菌床」

 昨日に引き続き、湖西市白須賀の「静岡ラボ」木村さんの生きくらげを使用しました。
静岡ラボさんの生きくらげは、他のものと比較して圧倒的に水分が多く、プリプリ感がすごいです。昨日は、ビビンバの焼肉に使用しましたが、今日はスープに使いました。

 これまできくらげといえば、中国産の乾燥きくらげしか手に入りませんでしたが、最近は菌床栽培で育てる生産者さんが増えていて、スーパーでも買えるようになりました。椎茸やしめじのように味や香りはほとんどありませんが、生きくらげのおいしさは何といっても、その歯ざわりの良さ!プリプリの食感がくせになります。

 生きくらげには、食物繊維や鉄分などのミネラルも豊富です。茹でて中華サラダにするのもおすすめですよ。

6月2日(火) ビビンバもりもり!
『ビビンバ(焼肉、ナムル2種)、青梗菜の中華スープ、バナナ、牛乳』

 湖西市の食材:米:にこまる(尾崎さん)、生きくらげ(静岡ラボ 木村さん)

 地域の食材:牛乳(引佐)、青梗菜(静岡県)、にんじん、大根(愛知県)


 

 ビビンバは子供たちも大好きなメニューです。焼肉には、学校で収穫したにんにくをベースにしたたれに肉を漬け込んで作りました。地元の生産者、「静岡ラボ」木村さんの生きくらげがたっぷり入った焼肉は、プリプリした食感が最高です!ナムルは2種類作りました。自家製の胡麻ドレッシングで和えたほうれん草ともやし、甘酢に漬けた大根とにんじんです。混ぜ具合で、ごはんの味が何通りにも楽しめます。全部混ぜると、ほんのり効いた酢が、こってり味の焼肉をさっぱりと食べやすくしてくれます。

 教室を回ると、子ども達が「おいし~!」とニコニコ笑顔で声をかけてくれました。

6月1日(月) 家庭で食中毒を防ぐポイント
『ごはん、肉豆腐、野菜のおひたし、かぼちゃのみそ汁、りんごのレアチーズ、牛乳』

湖西市の食材:米:にこまる(尾崎さん)、キャベツ(宇藤さん)、玉ねぎ(佐藤さん)

地域の食材:牛乳(引佐)、葉ねぎ、にんじん(愛知県)、生しいたけ(藤枝市)




 今日から6月です。6月は入梅の季節。湿度が高くなると、カビや食中毒の原因となる細菌が増殖しやすくなるので、食べ物の扱いには特に注意が必要です。食事の前や料理をする際の手洗いはきちんと行いましょう。また、作った料理はなるべく早めに食べることが大切です。細菌が繁殖しやすい温度帯は、20℃~50℃と言われていて、その温度を避けることが大切です。本校の給食室では、料理の完成は食べる時間にできる限り近づけ、提供まで時間がある場合は冷たいものは15℃以下に、温かいものは60℃以上になるように心掛けています。

 厚労省から出ている「食中毒を防ぐ6つのポイント」の資料があるので参考にしてください。

こちらをクリック!

全ての記事を見る