浜松大平台高校ホームページ
 
 

学校案内事務室より入試情報各種便り定時制交通アクセスQ&A
 
ホーム>部活動(文化部)(全)>美術工芸部

  • 吹奏楽部
  • 園芸・食品部
  • パソコン部
  • 茶華道部
  • 書道部
  • 写真部
  • 新聞部
  • 囲碁将棋部
  • 美術工芸部
  • ボランティア部
  • ダンス部
2019 さが総文へ出場しました
第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)へ出場しました。


・開会式の様子


・出品作品


・交流会の様子
 全国の代表生徒たちと作品について意見交換します


・研修講座
壁画を共同制作しました。この作品は来年パキスタンに贈られます

日学・黒板アート甲子園2019入選
春休みに取り組んだ白板アートが「日学・黒板アート甲子園2019」

にて入賞いたしました。

詳細は以下を御覧ください。

白板アート甲子園2019入選

令和元年度 美術工芸部紹介
部員数
1年 2年 3年
男子 0 2 0
女子 9 9 7


活動場所
美術室、工芸室


活動日・活動時間
火・水・木

15:40~17:00


モットー
①創造力・共感力・個性を伸ばす。
②計画性・集中力・実行力をつける。
③他の部員の良さを認め合い、協力し、チームとして集団を高める。


アピールポイント・活動内容
ポスターやイラスト、陶芸、油絵、日本画など様々なことに取り組んでいます。

個人作業が中心になりますが、和気あいあいと頑張っています。

秋には西部展という大きな大会があり、毎年入賞目指して精一杯制作しています。

2018年・2019年と2年連続で全国大会へ出場するなど着実に結果を残しています。


春季休業中活動の様子
春季休業中に美術教室のホワイトボードに点描、黒板を利用して描画を行いました。

本作品は授業開始日とともに、消えてしまいます。

 

全日制「美術工芸部」活躍しています






第66回静岡県高等学校美術・工芸展にて、下記生徒が入賞いたしました。

静岡県高等学校文化連盟優秀賞(2019全国大会出場)

 11HR 和久田 尚希  

静岡県高等学校美術・工芸教育研究会優良賞

 33HR 金城 琉斗

厳しい選抜規定がある中で、昨年に引き続き全国大会出場を果たすことができました。
ありがとうございました。

静岡県立美術館にて、11月25日(日)まで開催されております。

是非、ご高覧ください。









第49回 西部展 特選・奨励賞受賞
10月30(火)~11月4日(日)、クリエート浜松にて第66回静岡県高等学校美術・工芸展

第49回西部展が行われました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

<結果>
特選(県展へ出品)
 → 11月21日(水)~25日(日)まで静岡県立美術館にて展示
 33HR 金城琉斗
 12HR 和久田尚希

奨励賞

 23HR 山﨑斐那
 24HR 井嶋桜子
 11HR 高田桃花
 11HR 土屋佳央里

              < 西部展(クリエート浜松)の様子 >
 

第49回西部展 入賞



第49回西部展 審査結果です。

特選  33HR 金城琉斗
    12HR 和久田尚希
     (以上2名、県展へ出品)
奨励賞 23HR 山﨑斐那
    24HR 井嶋桜子
    11HR 高田桃花、土屋佳央里

10月30日(火)~11月4日(日)
9:30~19:00(最終日は14:30まで)
クリエート浜松にて展示されております。






高校生新聞 2018年10月号に掲載されました
             

平成30年度 美術工芸部紹介
美術工芸部


部員数
1年 2年 3年
男子 1 0 1
女子 9 8 4


活動場所
美術室、工芸室


活動日・活動時間
火・水・木

15:40~17:00


モットー
①創造力・共感力・個性を伸ばす。
②計画性・集中力・実行力をつける。
③他の部員の良さを認め合い、協力し、チームとして集団を高める。


アピールポイント・活動内容
ポスターやイラスト、陶芸、油絵、日本画など様々なことに取り組んでいます。

個人作業が中心になりますが、和気あいあいと頑張っています。

秋には西部展という大きな大会があり、毎年入賞目指して精一杯制作しています。


美術工芸部大会結果報告
☆第65回静岡県高等学校美術・工芸展において、3枚の生徒が授賞、
さらに2018信州総文祭(第42回全国高等学校総合文化祭)に本校生徒の参加が決定しました!


 ・静岡県高等学校美術・工芸教育研究会優良賞
   井嶋桜子(全国大会出品)
   金城琉斗
 
・西部特選
   寺澤春奈

詳しくはこちら(pdf)をご覧下さい。