浜松西高等学校・同中等部ホームページ
 
本校は、創立96年目を迎え、併設型中高一貫教育校になって18年目を迎えました。

緊急・速報・案内事務・相談・窓口学校案内中等部高等部特色ある教育活動部活動(運動部)部活動(文化部)中等部入試高校入試
 
ホーム>学校案内>活躍する卒業生

天野浩氏ノーベル物理学賞を祝う校長メッセージ
(2016年10月掲載内容)
「限りある身の力試さん」



                                   校 長 木 村  功


 天野 浩 氏(第31回卒業生)のノーベル物理学賞の受賞は、本校関係者はもとより静岡県民全体にとっても、言葉では表現できないほど素晴らしく感動的なニュースでした。
 本校では10月8日午前に全校集会を開き、先輩の偉業を讃えるとともに、喜びを分かち合ったところです。集会では、理科の実験で使用する青色LEDを点灯させながら「この小さな青い光は、皆さんにとっては『希望の光』『勇気の光』であり、また、ものづくりを通して発展を遂げてきた浜松市及び県西部地域の人たちにも大きな誇りと自信を与えてくれる光です。・・・(中略)・・・天野先輩は試行錯誤を繰り返しながらも『21世紀への階段(1960;科学技術庁編)』を一歩ずつ登り続け、今世紀初頭の科学技術の夢のひとつを実現してくださいました。皆さんも、社会の中核として活躍する40年後には、社会の各分野を代表して22世紀初頭の日本の夢を責任持って語れる新しい時代の担い手になっていてほしいと思います。皆さんのこれからの道程は、社会貢献を果たそうとするこころざしの道、22世紀への階段なのだと心に留めて一歩ずつ前進していきましょう。」と期待を込めて生徒たちに語りかけました。
 天野さんが座右の銘とする「憂きことのなおこの上につもれかし限りある身の力試さん」(熊沢蕃山)は当時の校長曽根雄一先生が朝礼等の度に引き合いに出された言葉とのこと。この言葉が天野さんの研究に対する姿勢を一貫して支えてきた教えだと思うと大変感慨深いものがあります。これから先も本校は「意欲を持って困難に立ち向かえる西高生・西高中等部生」の育成を目指して教育活動の一層の充実を図っていきます。




第31回卒業生 天野浩氏ノーベル賞受賞
本校の第31回卒業生である天野浩氏(名古屋大学大学院教授)がノーベル物理学賞を受賞いたしました。
偉大なる先輩の栄誉を称えるための全校集会を開催しました。


平成24年度浜松西高校卒業生(H25.3.1卒業)の声
卒業式後、大学受験結果がわかった卒業生から在校生に向けて貴重なメッセージを寄せていただきました。
先輩たちも、本校を巣立って新天地でさらに活躍が期待されます。
私たちも、本校でさらにそれぞれを磨き、先輩たちに恥じない成長を遂げたいと思います!

■「初心を貫くこと」


○ 三年間初心を忘れずに努力すること。
○ 迷った時は原点に立ち返って考える。

強い思いはきっと形になるので、あきらめずに頑張ってください。
ブレない人が最後に笑うと僕は思います。

鈴木 崇史 (北海道大学獣医学部 進学)


■「あきらめない心」


この一年は全く成績が伸びず、何回もめげそうになったし、本当に苦しかったです。
でも、あきらめずに努力し続けたから、夢が叶いました。
本当に逃げないで良かった。
怖くても、立ち向かってください!
頑張る心を忘れないでください!

袴田 鈴 (浜松医科大学医学部医学科 進学) 


■「西高生として」


各教科の先生方に添削していただいたことで、実力を付けることができました。
先生方が一番、僕たち生徒のことを分かっています。
西高生として合格を勝ち取ってください。

長谷川 敬介 (東京大学文科二類 進学)

活躍する卒業生たち


オリンピック等でも活躍した先輩たちの碑


古橋廣之進 氏 (水泳、ヘルシンキ大会)S20卒
倉橋範彦 氏 (水泳、ヘルシンキ大会)S27卒
石川準司 氏 (陸上、東京大会) S39卒
溝口紀子 氏 (柔道、バルセロナ・アトランタ大会)H2卒


台座
「努力の前に壁はない」

古橋廣之進 氏