浜松湖南高等学校のホームページ
ホーム>部活動>吹奏楽
第22回中日個人重奏コンテスト クラリネット三重奏 金賞 メンバーと賞状
賞状が届きましたが、
コンテストの次の日から学年末テストとなり、
なかなか一緒に写真を撮ることができませんでした。
今日(2月27日)やっと果たせました。



いい笑顔です!

中日個人重奏コンテスト静岡県大会でクラリネット三重奏が金賞!
2021年2月21日(日)に浜松市浜北文化センターで中部日本管打楽器個人重奏コンテスト静岡県大会が開催され、
本校から出場したクラリネット三重奏が9位に入って金賞を獲得しました。
あと数点で本大会出場を逃しましたが、よくがんばりました。



今年はクラリネットパートが、アンサンブルコンテストに向けて、
三重奏を3グループ組んでそれぞれ練習に励んでいました。
Aチームは東海大会4位金賞、
Bチームは県大会7位金賞、
そして今回のCチームが個人重奏県大会9位金賞と、
いずれも県大会以上で金賞に輝く快挙を成しとげました!

東海管打楽器アンサンブルコンテスト金賞メンバー
東海吹奏楽連盟から金賞の賞状と盾が届いたので、
出場したクラリネット三重奏のメンバーで
寒風吹きすさぶ中、正門前にて記念撮影をしました。


名手はいませんが、努力とチームワークで金賞を獲得しました。
コナンバンドの新しい歴史を切り開いてくれました!

東海管打楽器アンサンブルコンテスト クラリネット三重奏が金賞!
2月13日に行われた東海管打楽器アンサンブルコンテスト高等学校の部において、
クラリネット三重奏が金賞を獲得しました!
順位点では光ヶ丘・浜松聖星・名電に続いて4位でした!
西部大会の音源を県大会でも、東海大会でも使用しましたが、上位大会に進むにつれて演奏の評価が高まっていきました。
3年生や音楽大学志望者が出場する中、2年生ひとりと1年生ふたりのフレッシュな3人がチームワークで金賞を勝ち取りました!

※東海管打楽器アンサンブルコンテストの結果については、東海吹奏楽連盟のホームページをご覧ください。

吹奏楽部第5回ファミリーコンサート
2月11日(木・祝) 雄踏文化センター大ホールで、
第5回ファミリーコンサートを開催しました。
最初に、東海アンサンブルコンテストに出場する(音源審査)クラリネット三重奏が演奏を披露しました。
「ルトゥール」という、メロディもリズムもハーモニーもない、音の印象のみの不思議な曲を、表現豊かに演奏するメンバーに、客席も息を飲んで聞き入りました。

次に、21日に行われる中部日本管楽器個人重奏コンテスト県大会に出場するクラリネット三重奏が演奏を披露しました。
曲は「ウェントス」。軽快なリズムと美しいメロディの魅力的な作品です。
こちらはまだ成長途中。9日後の本番に向けていい度胸試しとなりました。

そのあとバンドが登場し、笑顔いっぱいにポップス6曲を歌有り(マスク着用です)、ダンス有り、パフォーマンス有りの元気いっぱいのステージを繰り広げました。




特にMCの1年生2人は、独特のセンスで会場を爆笑の渦に巻き込んでいました。
これぞ、コナンバンド!
演奏終了後にたくさんの「楽しかった!」という保護者の方のコメントをいただきました!

静岡県管打楽器アンサンブルコンテスト受賞メンバー紹介
1月30日に行われた静岡県管打楽器アンサンブルコンテストですが、音源審査でステージでの演奏がなく、またメンバーも会場で表彰されることもなかったので、賞状や盾を持っての写真を掲載します。



金賞を獲得したクラリネット三重奏チームです。


金賞で静岡県代表となったクラリネット三重奏チームです。


銀賞を獲得した金管八重奏チームです。

よくがんばりました!







静岡県管打楽器アンサンブルコンテスト高等学校の部 結果
アンサンブルコンテスト県大会(1月30日 清水マリナート)の結果を御報告します。
地区大会(西部大会)の録音による音源審査でした。

クラリネット三重奏A…4位・金賞・県代表

クラリネット三重奏B…7位・金賞

金管八重奏     …23位・銀賞

クラリネット三重奏Aは2月14日に清水マリナートで行われる東海アンサンブルコンテストに出場します。


クラリネットAの演奏曲は、西部哲哉作曲、「ルトゥール」。
現代曲です。
音楽の三要素、リズム・メロディ・ハーモニーがなく、音の印象のみで表現されます。
この難曲を、三要素に頼ることなく、高い技術と豊かな感性で表現し、審査員の高い評価を得ました。


クラリネットBは片岡寛晶作曲「紅影」。
メロディの移り変わりが印象的な、ニュアンス豊かな曲。
審査員の一人が満点をつけるなど、表現について特に高い評価をいただきました。
惜しむらくは、西部大会の演奏に少しミスがあったこと。
それがなければトップに食い込んでいたと思います。


金管8重奏は田村修平作曲「楽市楽座」 。
前半・後半の輝かしいサウンドと、中間部の「和」テイストの濃厚な、シックなメロディが持ち味です。
こちらも西部大会でミスが多く銀賞でしたが、ブリリアントかつ美しいサウンドが高い評価を得ました。
十分湖南高校吹奏楽部金管セクションの力をみせた演奏でした。



静岡県管打楽器アンサンブルコンテスト西部地区大会高等学校の部 結果
アンサンブルコンテスト西部大会の結果を御報告します。
 出場した金管8重奏・クラリネット3重奏(曲:ル・トゥール)・クラリネット3重奏(曲:紅影)
3グループとも金賞を獲得して、1月30日(土)に清水マリナートで行われる県大会への出場が決まりました!

クリスタルハピネスコンサート2020
 

12月27日(日)雄踏文化センター大ホールにて、クリスタルハピネスコンサート2020を開催しました。
今年はコロナ対策を万全にした上での、保護者・関係者限定のコンサートでした。

今年も開成中学校吹奏楽部の皆さんをお迎えして素晴らしい演奏を披露していただきました。
生徒さんひとりひとりのきびきびとしたみごとな動きにも感銘を受けました。

本校は、アンサンブルコンテストに出場する3グループの演奏のあと、
イタリアの作曲家ジョルダーノのオペラ「アンドレア・シェニエ」より数曲。
2日遅れのクリスマスソング「サンタが街にやってきたin swing」
映画「鬼滅の刃」の主題曲「炎」
そして、ディズニー映画「アナと雪の女王」から「生まれてはじめて」を、湖南十八番のミュージカル仕立てでお聴きいただきました。
司会は2年生と1年生の男子部員ふたり。
お笑いコンビ「ナイツ」ばりのギャグ連発で会場を大いに盛り上げました!
最後は合唱「糸」でしっとりと聴かせました。
コナンバンドらしい、活気あふれるコンサートになりました。

吹奏楽部第3回ファミリーコンサート

10月25日(日)午後6時より本校体育館にて、第3回ファミリーコンサートを開催しました。
これはコンクールやコンサートの中止などで演奏を聴く機会がなくなってしまった生徒の家族向けに行うものです。

全部で142名、大勢の方においでいただきました。
曲は厳かなワーグナーの「エルザの大聖堂への行列」から始まり、2曲目からはガラリと趣向をかえてポップスに。2年生2人の明るく楽しく元気なMCと華やかな演出で、「紅蓮華」「また君に恋してる」「日本を勇気づける名曲メドレー」「風になりたい」「ソーランファンク」を演奏しました。
家族のみなさんの温かい拍手をたくさんいただいて、無事終了することができました。
客席にはほかに、「鬼滅の刃」の楽譜を提供してくださったネクサス音楽出版の代表の方、楽器店でリペアパーソンを務めている卒業生、それに噂を聞いて鑑賞を申し出てくださった中学生とその保護者の方においでいただいて楽しんでいただきました。
また来月に向け企画していきたいと思います。

前へ