静岡県立浜松北高等学校 公式サイト
静岡県立浜松北高等学校 書:松井博幸先生
 
ホーム>学校案内>校長室より
学校長挨拶
「今日の理想を明日の現実となさん」

校長 松本直己


○平成三十年度学校経営計画について
 
 一 目指す学校像  <教育目標>

「学問と知性を愛する豊かなこころ、良識に基づく自主独立の精神を基盤として、心身の調和的発達を図り、文化国家の形成者として社会の要請に応えるとともに、広く世界的視野に立って人類の発展に寄与できる人間を育成する。」
 二 本年度の取組  
 「ア 学びの真髄に触れる質の高い授業を行う。
 イ 高い志の維持と進路選択能力の育成に努め、確かな学力を形成する丁寧な進路指導を行う。
 ウ 自律した人間として、規範意識、マナー、人権尊重の精神を養い、自己管理能力を磨く。
 エ 建学の精神「自主独立」の体得を図り、骨太の人づくりに努めると共に、様々な能力・個性を磨く。
 オ 異文化理解の推進とグローバルリーダーの育成に努める。
 カ 生徒の心身の健全な発達を促す保健、情報(図書)指導や設備の充実など、安心して快適に過ごせる育環境を作る。
 キ 教職員の資質の向上、危機管理、コンプライアンス意識の高揚を図る。
 ク 信頼される学校づくりをめざし、本校の魅力を発信する。」
    
 今年度は、前年度からの目標を、基本的には踏襲し、その具現化に努めてまいります。その一方で、現状を的確に分析し、今後より柔軟で充実した教育環境の構築及び教育活動を推進してまいりたいと考えております。

○北高生に期待すること

 1学期始業式の時に、生徒には、「理想のない人には、現実は見えない」と話しました。自らの「理想(夢または目標)」があれば、そこから逆算して自らの現在置がわかるはずですし、到達するためにクリアすべき課題も認識できると思います。 「今日の理想を明日の現実となさん」とするためには、どのような姿勢で学校生活を過ごしたら良いのでしょうか。
 一 授業を大切にすること
     学校生活の最重要ポイントはやはり「授業」です。授業にしっかり取り組む姿勢が、目標とする進路実現
    を達成する上で重要な要素です。そして、「学力」は普段の授業の積み重ねによって成り立つことを忘れ
    ないでください。
 二 学校行事、部活動等で人間力向上

     すべての教育活動、特に学校行事(学校祭・合唱大会・運動会等)や部活動の中で良好な人間関係の
    構築や人間的成長・寛容さ・社会性等の育成、そして互いに切磋琢磨することがで「人間力」を向上させ
    ることができると考えます。積極的に参加して欲しいと思います。
 三 基本的生活習慣の確立
     充実した学校生活のためには、家庭での規則正しい生活が必要です。食事・睡眠をきちんと摂る中で
    健康と体力保持が実現できます。また挨拶や社会的マナーの遵守などを含む、基本的な生活習慣をしっ
    かりと身に着けてください。家庭学習時間の確保も重要です。

 北高生の確かな成長、成果をあげることができますよう、本校の教育に一層の御理解と御支援をお願い申し上げます。