浜松城北工業高等学校ホームページ
 
学校案内 学科案内 進路 部活動 中学生の方へ 年間行事予定
災害時対応 各種証明書 交通アクセス ダウンロード リンク 城北工NOW!詳細
 
ホーム>部活動>コンピュータ

  • 最近の活動報告
  • 運動部
  • 文化部
  • 技術部
  • 陸上競技
  • テニス
  • サッカー
  • 野球
  • 水泳
  • 卓球
  • バレー
  • バスケット
  • 体操
  • 剣道
  • 柔道
  • ハンドボール
  • ジョギング
  • 読書・文芸
  • 放送
  • 科学
  • 美術・書道
  • 吹奏楽
  • 軽音楽
  • 写真部
  • 囲碁・将棋
  • 料理調理研究
  • 環境
  • 発明・製図
  • 電気
  • 機械研究
  • 省エネ研究
  • メカトロ
  • コンピュータ
「コンピュータ部NEWS2016-冬号」を発刊しました!
こちらから ⇒ コンピュータ部NEWS2016-冬号

日本情報オリンピック全国大会に向けた壮行会ありがとうございました
 日本情報オリンピック全国大会への参加を決めている、コンピュータ部 佐々木千裕君(電子科2年、磐田城山中出身)内山豊海君(電子科1年、与進中出身)壮行会が、1月6日の始業式後に行われました。
 校長先生や生徒会長の激励のお話、応援団によるエール、全校生徒からの校歌斉唱に続き、選手を代表して、佐々木君がこれまでお世話になった先生や生徒たちへの感謝と全国のひのき舞台で強豪たちと競えるうれしさを堂々と話してくれました。
 壮行会を企画してくださった先生方をはじめ、生徒会のみなさん、応援団のみなさん、本当にありがとうございました。
 

第16回日本情報オリンピック全国大会に2名出場!
平成28年12月11日に実施された、第16回日本情報オリンピック全国予選大会の結果、コンピュータ部所属の電子科2年佐々木千裕君(城山中学)と、同じく電子科1年内山豊海君(与進中学の2名の全国大会出場が決定しました。
 佐々木君(下の写真左側)と内山君は、なんと、全国からの参加者1,273名中、87名の狭き門を突破しました。

  

 全国大会は、平成29年2月11、12日に、つくば国際会議場(つくば市)で開催される予定です。

高校生ICT Conference in静岡にてコンピュータ部員が大活躍!青少年のネット利用を語る
このほど、平成28年9月25日に高校生ICT Conference in静岡が開催されました。
静岡県教育委員会からの募集があり、本校生徒13名(コンピュータ部)が高校生ICT Conference in静岡に参加しました。
大会の模様が、安心ネットづくり促進協議会(JISPA)のHPに掲載されました。ご覧ください。
【安心ネットづくり促進協議会(JISPA)のHPはこちら】

尚、参加した生徒は、以下のとおりです。
 電子科2年:◎D2b安川郁真、D2a池野真史、新村晋平、田光史拓、山下 輝、D2b板倉有佑
 電子科1年:○D1a杉井拓真、D1a新林勇平、殿内達哉、永瀬創也、廣田樹哉、山本竜也、D1b渡辺智大

コンピュータ部2年の飯尾淳矢君、全国特別表彰に輝く!
第56回情報技術検定(全工協主催)の全国特別表彰者が発表されました。コンピュータ部所属で電子科2年の飯尾淳矢君(電子科2年、D2a)(浜松東陽中学出身)が受賞しました。コンピュータ部としても、これで特別表彰が10年連続という快挙となりました。

特別表彰は、1級試験で試験Ⅰ(100点満点:ハードウェアに関する問題)と試験Ⅱ(100点満点:プログラミングに関する問題)の合計が、190点以上取得した人に顕彰されるものです。
今回の特別表彰者は、全国11,176名のうち、たった7名(0.06%)でした。静岡県では、飯尾君だけの受賞でした。2年生での受賞は全国2名(他の1名は愛知県の生徒)でした。

パソコン甲子園全国予選が開催!!
9月10日、パソコン甲子園全国予選が開催されました。
全国の高校生・高等専門高校生、642チーム(1,284名)が一斉参加し、20チームの本選(全国大会)選抜に向けてチャレンジしました。
 

本校からは、コンピュータ部20チーム(40名)が参加し全力でチャレンジしました。
2年生の飯尾淳矢君(電子科2年a組、D2a)と佐々木千裕君(電子科2年b組、D2b)組が、あと1問で全国大会出場のところまで善戦してくれました。
その他の部員たちも、よく頑張りました。

コンピュータ部員が「産学官連携による企業人財育成事業の企業研究」に参加!
8月24日、コンピュータ部員1年生17名と2年生6名が、「産学官連携による企業人財育成事業の企業研究」(浜松信用金庫と遠州信用金庫主催)に行ってきました。㈱トーキン、㈱エコム、庄田鉄工㈱、新日本特機㈱など、浜松市内の企業を見学させていただき、高校生の視点で企業研究を行いました。
見学では、代表取締役社長さんをはじめ経営者の方々から直接、会社の取り組みやものづくりの魅力を聞くことができ、とても参考になりました。 質問も積極的に行うことができました。


コンピュータ部の生徒たちは、企業のことが知りたくて興味津々でした。今回、初めて企業を訪問しさまざまなことを教えていただき満足した様子でした。
夏休み後半には、見学の成果を活かして部内発表・報告会を実施します。
コンピュータ部では、このように毎年、学年を問わず生徒の希望に応じて企業研究を実施しています。

「コンピュータ部NEWS2016-7月号」を発刊しました!
こちらから ⇒ コンピュータ部NEWS2016-7月号

コンピュータ部員が「ビジネスマッチングフェア」に参加!
7月20日、コンピュータ部員1年生17名と2年生6名が、「工業高校生のためのビジネスマッチングフェア」(会場:アクトシティ浜松)に行ってきました。
株式会社オノックスエムティーティー 代表取締役社長の青嶋亮治氏の『中小企業が思う高校生とは?』という講演を聞きました。とても参考になりました。
質問も積極的に行っていたようです。

コンピュータ部では、進学希望・就職希望を問わず、1年生部員の「社会のことを知りたい」という気持ちを受けて、希望者は毎年こうしたビジネスフェアに参加しています。 今年も参加した部員たちの表情は、一層引き締まったように見えます。
8月24日には約10人単位での企業見学も予定されており、さらに興味津々の様です。

やった!超難関・応用情報に2名など多数合格!!
4月に行われた国家資格・情報処理技術者試験(経産省)の結果発表があり、社会人でも超難関といわれている「応用情報技術者試験」に、コンピュータ部所属の電子科3年林 隼也君と電子機械科3年鈴木貴大君の2名が合格しました。 その他、応用情報の次に難関である「基本情報技術者試験」に3名「ITパスポート試験」に8名が合格しました。

合格した生徒は以下のとおりでした。応用情報の合格者が出たのは近年まれです。 生徒はよく頑張りました。

前へ
次へ