浜松城北工業高等学校ホームページ
 
学校案内 学科案内 進路 部活動 中学生の方へ 年間行事予定
災害時対応 各種証明書 交通アクセス ダウンロード リンク 城北工NOW!詳細
 
ホーム>部活動>コンピュータ

  • 最近の活動報告
  • 運動部
  • 文化部
  • 技術部
  • 陸上競技
  • テニス
  • サッカー
  • 野球
  • 水泳
  • 卓球
  • バレー
  • バスケット
  • 体操
  • 剣道
  • 柔道
  • ハンドボール
  • ジョギング
  • 読書・文芸
  • 放送
  • 科学
  • 美術・書道
  • 吹奏楽
  • 軽音楽
  • 写真部
  • 囲碁・将棋
  • 料理調理研究
  • 環境
  • 発明・製図
  • 電気
  • 機械研究
  • 省エネ研究
  • メカトロ
  • コンピュータ
ジュニアマイスター顕彰へも積極的に挑戦しています!!
 コンピュータ部の生徒たちは、技術があって資格がある!」を合言葉に、大会・コンクールに向けた技術アップだけに限らず、資格・検定にも果敢に取組んでいますそうした自分の将来を展望しひたむきに挑戦する姿には、頭が下がる思いです。
 その結果として高校時代に取得した資格・検定を社団法人全国工業高等学校長協会が主催する「ジュニアマイスター顕彰制度」に申請し、毎年数多くの認定を頂いています。
 この3月の卒業生も積極的に挑戦し多くの認定を頂きました。これまでのコンピュータ部員の受賞状況を以下に示します。




浜松科学館で「親子電子工作教室」 コンピュータ部員が毎年企画・運営!
2011年(平成23年)から毎年、コンピュータ部員浜松市科学館「親子電子工作教室」の企画・運営につとめ、当日のボランティア講師役を行っています。生徒たちは、さらなる活躍の場に目を輝かせて取り組んでいます。こんな時、生徒は大きく成長します。
【浜松科学館HPはこちら】

親子電子工作教室の模様は、日テレ『真相報道バンキシャ!』やDaiichi-TV『FRONT ZERO』などで度々紹介して頂きました。

今年は、自動運転技術にも役立っている白いラインを読み取って走るライントレースカーを青色LEDで製作しました。ライントレースカーのボディには牛乳パックと木材のみを使用し、地球に優しい環境配慮型ものづくりを目指しました。
昨年のライントレースカーでは、赤色LEDを使っており誤動作が時々ありました。そこで、今年は、波長の短い青色LEDの使用に成功したため、誤動作も少なくなりました。また、浜松科学館の天野 浩名誉館長にちなみ、浜松らしい青色LEDを意識してみました。

【牛乳パックを使用したライントレースカー】   2016年度(平成28年度)実施


【ペットボトルを使用したライントレースカー】   2015年度(平成27年度)実施


【ふしぎなメロディの小箱と光通信】   2011年度(平成23年度)~2014年度(平成26年度)実施


掛川ひかりのオブジェ展で「銅賞」受賞!
掛川ひかりのオブジェ展(展示期間:平成28年12月4日~平成29年1月20日、表彰式:1月20日)の審査結果が発表され、コンピュータ部の作品「四季」が銅賞を受賞しました。作品の概要と製作にかかわった生徒は、以下です。
尚、優秀作品とのお褒めの言葉を頂き、来年も参考作品としての出展を依頼されました。

【タイトル】四 季

【生  徒】
伊藤 零(電子科3年八幡中出身)、安松桜矢(電子科3年入野中出身)、
      加藤圭哉(電子科1年新居中出身)、南 佑樹、伊藤 颯(以上、電子科1年浜松中郡中出身)

■作品の紹介です。Raspberry Pi3制御により4種類のマイコンを動かし、季節の行燈とLED Cubeが四季の情景を醸し出します。


コンピュータ部卒業文集を発刊しました!
こちらから ⇒ コンピュータ部卒業文集2016
※本人の許可を得て掲載しています。

「コンピュータ部NEWS2016-冬号」を発刊しました!
こちらから ⇒ コンピュータ部NEWS2016-冬号

日本情報オリンピック全国大会に向けた壮行会ありがとうございました
 日本情報オリンピック全国大会への参加を決めている、コンピュータ部 佐々木千裕君(電子科2年、磐田城山中出身)内山豊海君(電子科1年、与進中出身)壮行会が、1月6日の始業式後に行われました。
 校長先生や生徒会長の激励のお話、応援団によるエール、全校生徒からの校歌斉唱に続き、選手を代表して、佐々木君がこれまでお世話になった先生や生徒たちへの感謝と全国のひのき舞台で強豪たちと競えるうれしさを堂々と話してくれました。
 壮行会を企画してくださった先生方をはじめ、生徒会のみなさん、応援団のみなさん、本当にありがとうございました。
 

第16回日本情報オリンピック全国大会に2名出場!
平成28年12月11日に実施された、第16回日本情報オリンピック全国予選大会の結果、コンピュータ部所属の電子科2年佐々木千裕君(城山中学)と、同じく電子科1年内山豊海君(与進中学の2名の全国大会出場が決定しました。
 佐々木君(下の写真左側)と内山君は、なんと、全国からの参加者1,273名中、87名の狭き門を突破しました。

  

 全国大会は、平成29年2月11、12日に、つくば国際会議場(つくば市)で開催される予定です。

コンピュータ部が「掛川ひかりのオブジェ展」に出展!
平成28年12月4日(日)~平成29年1月20日(金)まで、掛川駅北口駅前通にて展示されている、 「掛川ひかりのオブジェ展」に本校コンピュータ部員の作品(作品名、四季)が出展されています。展示場所は、連雀西交差点の38番の場所です。
写真は、展示風景です。街行く家族連れが関心を持って、見ていってくれました。

この作品は、タイトルが「四季」で、光を使って季節感を出すために、raspberry pi3やArduino、Nucleo、LPC1114など4種類のマイコンとトランジスタ、cds(カドミウム)といった電子部品を使って制御を試みています。

製作に携わった生徒は、電子科3年 伊藤 零君(八幡中学出身)、安松桜矢君(入野中学出身)、
電子科1年 加藤圭哉君(新居中学出身)、南 佑樹君、伊藤 颯君(以上、中郡中学出身)の5名です。

高校生ICT Conference in静岡にてコンピュータ部員が大活躍!青少年のネット利用を語る
このほど、平成28年9月25日に高校生ICT Conference in静岡が開催されました。
静岡県教育委員会からの募集があり、本校生徒13名(コンピュータ部)が高校生ICT Conference in静岡に参加しました。
大会の模様が、安心ネットづくり促進協議会(JISPA)のHPに掲載されました。ご覧ください。
【安心ネットづくり促進協議会(JISPA)のHPはこちら】

尚、参加した生徒は、以下のとおりです。
 電子科2年:◎D2b安川郁真、D2a池野真史、新村晋平、田光史拓、山下 輝、D2b板倉有佑
 電子科1年:○D1a杉井拓真、D1a新林勇平、殿内達哉、永瀬創也、廣田樹哉、山本竜也、D1b渡辺智大

コンピュータ部2年の飯尾淳矢君、全国特別表彰に輝く!
第56回情報技術検定(全工協主催)の全国特別表彰者が発表されました。コンピュータ部所属で電子科2年の飯尾淳矢君(電子科2年、D2a)(浜松東陽中学出身)が受賞しました。コンピュータ部としても、これで特別表彰が10年連続という快挙となりました。

特別表彰は、1級試験で試験Ⅰ(100点満点:ハードウェアに関する問題)と試験Ⅱ(100点満点:プログラミングに関する問題)の合計が、190点以上取得した人に顕彰されるものです。
今回の特別表彰者は、全国11,176名のうち、たった7名(0.06%)でした。静岡県では、飯尾君だけの受賞でした。2年生での受賞は全国2名(他の1名は愛知県の生徒)でした。

前へ
次へ